2018年4月17日 (火)

掘りたてタケノコ

2018/04/16

Img_6183
 中高時代の友人が、掘り起こしたばかりの筍(自宅が田畑の他に筍山も持っている)を宅配便(当日便)で送ってくれました。鮮度の良さは太鼓判sign03
Img_6182
予告なく届いたので、自宅には茹で汁に入れる「ぬか」がありませんでした。
が、友人によれば、新鮮なのでそのまま(普通の水)で茹でてもほぼ大丈夫らしいのです。「でも、心配なら『重曹』入れて茹でてみて」とラインで教えてくれたので、(重曹ならありました!)夜寝際に茹でて火を止めてから就寝したのでした。
結果オッケーgoodhappy01、でありますsign01
P1030603
先週木曜日は夏日であり、実家の母と神楽坂でランチしましたが、坂の真ん中あたりに位置する毘沙門天の藤の花が咲き揃ってました。春はずんずん過ぎ行く〜、今月が終わると、今年の三分の一が過ぎちゃうんだゾsweat01sweat01

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2018年4月10日 (火)

祝:大谷翔平くん ア・リーグ週間MVP

2018/04/10

Img_6110
 ベーブルースの再来sign02と鳴り物入りでアメリカに渡った大谷翔平選手の活躍ぶりが連日報道されています。本当に拍手喝采もの!!3戦連続ホームラン、本拠地での勝ち投手(しかも12奪三振)、そして今朝入ったニュースでは、アメリカン・リーグ週間MVPに選ばれた(ま、選ばれるだけの活躍でありますsign01)ということで、ビギナーズラックの要素も多少はあるかもしれませんが、アメリカでプレーしても、実力のある有能な選手であることには間違いない(good )。
Img_6129
現地?の日本人らしき観客がスタジアムで声援を送っているような映像を見ながら、
連休などを使ってエンゼルスで活躍する大谷翔平くんを日本から観戦しに行く人達も多かろうと予想。
ま、我が家はもっぱら、猫と一緒にテレビ観戦で十分ですhappy01

2018年4月 8日 (日)

やってしまっった〜(汗)

2018/04/07

Img_6059

4/8が実家の父親の誕生日🎂であるため、前日ではありますが、都合のつく息子2人と一緒にプレゼント「花・菓子・プレゼントのTシャツt-shirt」積んで車で家を出たその数分後(距離にしたら300〜400メートルかなあ)、運転席の私は、交通機動隊の警部補が見張る小さな十字路で、「ハイ、その車、止まってさい。ピピピッ」と呼びとめられましたsweat01sweat01sweat01

(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

「えっsign03sign03、わ・た・し???」

そうです、アナタです。

「十分な減速は、認められましたが、《一旦停止》はしていませんでしたね」

交通違反ですsign03pout つきましては、手続きするのでもう少し進んだところで右折してください」(警部補の方は、持っている端末機を太い指で握ったタッチペンでロースピードで操作しながらレシート状の違反切符と振込用紙をほんの少し申し訳無さそうな雰囲気を漂わせペラリンと2枚印済み状態で取り出しました)

という展開ですcryingcrying 違反切符を切られてしまいました(泣sweat02

春の全国交通安全週間が一昨日始まり、初めて迎える週末の土曜日だったとそれから気づいても、「あとの祭り」であります。私の注意力不足、運の悪さ、慣れっこになりつつある近所の運転、のトリプル効果で、罰金¥7,000円となりましたdowndown

「あ〜あcoldsweats02」であります。Img_6107

その後、実家へ向かう途中、私のようにネズミになってしまっているドライバーを見かけたり、交差点で笛の音高らかに交通整理している警察官を何箇所かで見かけました。

Img_6108

見事に盲点を突かれたね〜、と同乗の息子たちから言われました。(こりゃ〜今後ますます、子どもたちは、運転しなさそうな気がするよ…gawk溜め息、はあ〜〜)。到着が遅い、と心配していた両親には事情を話し、娘(私)に甘い両親は、罰金の7分の5を持ってくれるような紙幣をくれましたmoneybag 。親はいつまでたっても子を思うものなんだなあ〜、まったくいつまで経ってもおっちょこちょいのムスメで御免なさい、という「あーあ」な気分が残る1日となりました(アーメン)

全国交通安全運動期間は、気をつけなければいけませんsweat01sweat01

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2018年3月25日 (日)

我が家の飼い猫:うちの子記念日

2018/03/24

Img_5991
         ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
Img_5998
 2年前の今日、里親として猫を譲り受けることになった私は、義妹と姪っ子と3人で隣接区在住の五郎丸の両親猫が暮らすHさんのお宅に、子猫を引き取りに行きました。
  Hさんのお宅では、その日まで五郎丸(Hさん宅では、とりあえずの呼称としてモナちゃんと呼ばれていた)と双子の兄弟チョコちゃん、父猫の銀太くん、母猫モモちゃんの4猫家族で賑やかに暮らしていたのでした。母猫モモちゃんは、既にお腹に4月に産まれる予定の子猫を宿していましたが、それでも、4ヶ月間愛情をかけて育てた息子猫との別れに、五郎丸を入れたキャットケージを両手でバンバン叩いて「私の子を連れていかないで!!」とでも言うように最後の抵抗を試みている姿に、胸が締め付けられてしまいました。(しかも帰り道の車中で五郎丸はずーっと鳴きっぱなし。もう、声が枯れちゃうのではsign02とハンドル握りながらずっとハラハラしていた思い出が蘇ります)
 それから2年。体重は当時の3倍近くになり、今ではこの家のヌシ、みたいな存在になっている我が家のネコcat。健やかな毎日を過ごし、周囲に癒しを振り撒いて、ある意味理想的な「お引き篭もり生活」を送りながら楽しく暮らして今に至る《ぼっちネコ》。飼い主冥利感を堪能させてもらえた2年でした感謝。
Img_6026 Img_6027
ムスコその1は、2年前は転勤で大阪在住。去年の今頃も引き続き大阪だったため、東京へ戻り「うちの子記念日」を一緒に祝える今年は、お菓子のプレゼント持参でやって来た。
「肉球マドレーヌ」です。(ラトリエ・ドゥ・シュクル)
Img_5997
五郎丸と記念撮影。その後美味しくいただきました。三井製糖のパラチノース使用で消化速度が砂糖と比べると5分の1だそうで「スローカロリースイーツ」と呼ばれ、太りにくいらしいです。
マドレーヌが食べられない五郎丸には、ちゅーる(オヤツ)とオモチャを用意しましたが、写真は後日(同じものを来月誕生日の兄弟猫用に買ってある為)に致します。
では、この一年も、元気で明るく楽しいものであります様に(祈)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2018年3月20日 (火)

松岡茉優ちゃんの体調不良

2018/03/20

Img_5962
LINE(ライン)ニュースで知ったのが昨夜。
8日に観に行った新橋演舞場での舞台「江戸は燃えているか」の話題だったので
気になりました。
「松岡茉優ダウンで三谷幸喜氏が代役「まさか自分が」」
とあります。ええ〜、sweat01彼女の役は、勝海舟の娘「ゆめ」の役。これを三谷さんが演じるってどうゆうことsign02、と記事を読み進むと、昼公演をなんとか演じきった後、松岡茉優さんは体調不良になり、夜の部は無理ということで、代わりに三谷さんが台本を手に持ち黒子姿で舞台に立ったということでした。
 この夜の部公演を観た観客によると、時折アドリブを交えるなど堂々と演じていたということです。また、カーテンコールでは、「劇場には毎日来ているわけではないのに、まさか自分が(代役を)やることになるとは」と話して笑いを誘っていたそうです。
(LINE NEWS より)
三谷さんの舞台では、「おのれナポレオン」(2013年春)を観に行った時に、その数日後、天海祐希さん急病降板→休演/代役 宮沢りえさんで再開、という予想だにしなかった展開が待っていたことがありました。
「おのれナポレオン」はオットと観に行きましたが、降板ニュースを聞いたオットは、どちらかといえば、宮沢りえ、での舞台を観てみたかったなあ、などと不謹慎な発言してましたが、今回の松岡茉優ちゃん代役の一件、不謹慎ながら、私も「三谷さんの黒子姿「ゆめ」役」を観てみたかったかもsmile
chick
茉優さん、昨日は、病院、点滴、帰宅、休養して、今日20日、は舞台に復帰予定、ということですが、今頃舞台に立っているかな??無理しちゃダメだけど、復帰して欲しいものです。
cafe
Img_5963 Img_5964
話変わって、本日3月20日は、(23年前の今日は地下鉄サリン事件という前代未聞の大事件が起きた日ですが)、3と2と0で「サブレ」の日だそうです。
家のお菓子置き場をゴソゴソしたら、あと1パックだけ残っているココナツサブレを見つけました。3時のオヤツに食べるとしようsign03heart04happy01
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2018年3月19日 (月)

富士見ヶ丘車両基地見学会

2018/03/17

Img_5950
日頃、利用している最寄駅のチラシ・パンフレットコーナーに、「車両基地見学会」の案内がありました。最近、SNS映えする写真がない!と欲求不満気味のオットに伝えたところ「申し込もう!」ということで、夫婦でそれぞれ(2名参加希望で)申し込み、私だけ当たりましたscissors
bus
ってなわけで、物見遊山で行ってみたら・・・。
車両基地とその最寄駅は「川沿い」にあり、駅を降りて川にかかる橋を渡る頃、「入場者の最後尾はこちら」というプラカードを持った係員が見えました。親子連れ多めの長蛇の列sweat01
お天気は快晴、花粉はバッチリ飛んでますが、行楽日和!
整理券が必要(先着約100組)な運転席見学、は、私の並び場所付近の親子連れは「もう無理っぽいね」などと言ってました。他に「車体吊り上げ実演」「レール切断実演」「洗車車両体験乗車」「運転機器類操作体験」などがありましたが、何しろ初めてなので、入場したら目の前で手を振っている、ゆるキャラ「けい太くん」」とお姉さんのプラットガールに気を取られているうちに、先着イベントは次々に締め切りになった模様。かろうじて「レール切断実演」だけはじっくりと見られました。
Img_5959 Img_5958
実演担当の京王建設の説明者は「簡単そうにやっていますが、実はとても高いレベルの技術が必要なんです」ということを何度も繰り返していました。
P1030785
自社の技術者自慢?とも思いますが、見学の際にもらった手作りパンフをよく読むと、この世界も機械化が進んでいて、人力で(列車の合間をぬっての作業)1日に約50~60mぐらいしか直せない軌道修正作業を、検測車のデータを元に半自動で直す作業者(マルチプルタイタンパー)が、一度に8箇所、一晩に約600mも仕上げてしまうそうです。
P1030539
列車1両の重さは約60トンもあるそうで、それが同じ軌道の上を毎日毎日何百本も通っているわけで、支える軌道側も、例えばコンクリート製のマクラギが1本約200kgだそうで、レールは25mで約1.3トン…実生活からは想像できない重さのものばかり。
非日常体験としては、面白かった〜。子供達は、京王線だらけのプラレールや、模型電車、ミニSL乗車体験コーナーに目を輝かせていました。鉄道ファンっぽい男子学生が連れ立ってデジイチを首から下げて歩き回る姿も微笑ましく、こうしたイベントに親子で参加してこなかった自分の子育てをやや反省したり(でも当選しないと来られないんだよね)、花粉症の最盛期にこのように外出した自分を褒めたり、と色々思うことがありました。
P1030783
       ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
Img_5960
快晴の青空を撮るよりも、足元を撮ってみた(レイアウト加工)

2018年3月18日 (日)

ミュージカル「ジキルとハイド」(東京国際フォーラムCホール)

2018/03/16

P1030529
友人がダブルブッキングした、というチケット3枚を譲ってもらい、仲良し3人で観劇。13:30~の上演なので、早めに行って同じ建物内のサンドイッチカフェcaferestaurantでランチもしようね、と早めの集合で有楽町へ…。
bus
ところが、実は3人ともここ(東京国際フォーラム)というところをよく知らず、1階の店舗「POTASTA」にたどり着くまででさえ時間がかかるのでした。
「 東京国際フォーラムって広いよねえ、一体ここっていまの建物が立つ前ってなんだったんだろうね〜」とか言いながら歩く東京都民。(帰宅してオットから、え、覚えてないの?あそこには「東京都庁」があったんだよ、って教えてもらう始末)
(昔のことはどんどん記憶から削除されていくかちゃまたであります。)
さて、ミュージカル。13列の右ブロック左端、という良席。オケのピットが4列ぶんを使用しているため、事実上前から9列目。舞台も歌もバッチリ堪能できました。
この「ジキルとハイド」はその昔、鹿賀丈二さん主演で何回も上演されていて、ジキル(ハイド)役が石丸幹二さんになってからは、2012年、2016年に続いて3回目。
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
主なキャスト: ヘンリー・ジキル(エドワード・ハイド)= 石丸幹二
        ルーシー・ハリス=笹本玲奈
        エマ・カルー =宮澤エマ
        アターソン =田代万里生
        ダンヴァース卿=福井貴一
この中で、ルーシーを熱演した、笹本玲奈さんは、2012年&2016年ではエマ役(主人公の婚約者)だったようです。 今回のエマは、元首相:宮澤喜一氏の孫娘=宮澤エマさん。本名のエマが役柄のエマと同じ、とはhappy01(ま、宮澤エマさんは父親が米国人)偶然ですが面白い。 アターソン役は田代万里生くん(今回初)ですが、鹿賀丈二さん時代の2001年上演時のアターソン役は段田安則氏、2003年では池田成志氏、と一癖ある感じ?の役者さんが演じています。ジキルとハイド史上、一番好青年タイプの友人弁護士役が田代万里生くんではないでしょうか??
spade
石丸幹二さんは、2007年に退団するまで劇団四季のスター的存在の役者さんでした。思い起こせば、ムスコその1が中学生だった頃、中学校のPTA文化部の行事で「劇団四季:異国の丘」を見に行ってます。(普通の地元公立中学なのに、誰かの何かのツテ?でイベント系は結構派手だった)いわゆる「御一行様で何十人と参加したため座席は急勾配の傾斜がついた高いところから見下ろす2階&3階席。私自身は数人のママ友と、「ここまで来るのなら、すぐ隣の劇場(確か秋劇場の隣は春劇場だった)で「ライオンキング」観たかったよね〜〜」とかコソコソ話しをしてました。
が、でも、幕が上がってしまえば、さすが劇団四季、皆さん上手で、むしろ大ベテランの日下武史さんがセリフを噛んだりしていて面白がっていた記憶があります。
 その時は、「折り目正しいハンサム青年」的な存在でしかなかった石丸幹二さんでした。
 退団後、2012年にミュージカル「ジキルとハイド」で菊田一夫演劇賞を受賞、その翌年、TBSテレビドラマ「半沢直樹」で浅野支店長役を演じブレイクします。2015年春には、NHK「みんなのうた」で、怪人百面相を歌って踊った(振り付けラッキー池田)ことで、幼児とその母親たち?にブレイク。藝大卒の劇団四季プリンス、というエリートのイメージから脱却中?の石丸幹二さんです。
happy01
前置きが長〜くなりましたが、要するに石丸幹二さんのジキル(ハイド)役は、ほどよく脂の乗った「3度目」で、脇役の皆さんもレベル高く(しかも明後日=このブログ綴っている今日18日が千秋楽日、という熱の入った舞台)観客スタンディングオベーション大多数!!という、名演技&名演奏(歌)のミュージカルでした。
先週、新橋演舞場で三谷幸喜作「江戸は燃えているか」を観に行ったブログに、彼の前作の喜劇「酒と泪とジキルとハイド」のことを書きましたが、この喜劇の原作ももちろんスティーブンソン原作の「ジキルとハイド」です。こちらは、学会発表を前に「効き目のない薬」しか出来なかったジキル博士(片岡愛之助)が、役者(藤井隆)を使って二重人格を演じ分け作戦を立てて難局を乗り切ろうと画策するが、どんどんとんでもない展開になって行く喜劇、という話ではありますが、こちらの主役の片岡愛之助さんも、思えばテレビドラマ「半沢直樹」でブレイクした役者さんの一人だったな〜、などと帰り道に買い物しながらぼんやり思い出しました。
club
ミュージカルも歌舞伎も、日常からかけ離れた「別世界」を堪能出来るという意味合いでは、大好きです。。。ただ、映画と違ってチケット代が👛高額←(ワタシ的に)なので、あれもこれも、というわけには参りません。(それだけに、観に行く時は良席で見たいと思う)
でも、ライブ、はやっぱりいいなあ、と今回もしみじみ思いました。
P1030528
受付脇のフラワースペース、大きな盛り花は、なんとか健在でしたが、小ぶりなものは、萎れたり枯れかけていました。もうすぐ撤去だからそのままなのでしょうか?送り主に悪いからってそのままなんだろうか?忙しくて役者さんやマネージャーさんも気づかない??
Img_5949
ホールCの入り口から比較的近くにある(しかも1F)のサンドイッチカフェ
野菜高騰の折、たっぷり入っていました。刻んだキャベツがちょっと食べにくかったけれど・・・smile

2018年3月12日 (月)

ご冥福を祈りながら思うこと

2017/03/12

P1030514
昨日は3月11日。7年前のこの日は東日本大震災でした。
死者は15,895人、行方不明者は2,539人、震災関連死は3,647人にのぼる上に、今も約73,000 人が全国で避難生活を続けているそうです。(12日付朝日新聞朝刊より)
大きな揺れを記録した午後2時46分、テレビの追悼番組に合わせて黙祷しました。
お目にかかったことの無いたくさんの犠牲者の方々への黙祷とともに、先月亡くなった俳優の2人(もちろん直にお目にかかったことありません)を思い出し、彼らのご冥福も祈りました。
一人目は、2月21日に亡くなった、大杉漣さん。享年66歳
私は、大杉さんを主にテレビドラマのヒロインの父親役、という形で見てきたため、
訃報を聞いた際、もうこの人の「お父さん役」が見られないのはとても残念という
気持ちが一番強かった。お父さん役で思い出深いのは、朝ドラの「どんど晴れ(2007年):主演 比嘉愛未」、「ゲゲゲの女房(2008年):主演 松下奈緒」,
日テレ2014年4月期と2015年7月期水曜ドラマ「花咲舞が黙ってない」:主演 杏」 の父親役でした。適役、しかも主役を生かす脇役ぶりが、父親役でもupscissorsお似合いでした。
テレビ東京の「バイプレーヤーズ〜もしも名脇役がシェアハウスで暮らしたら」
を昨年は見たり見なかったりでしたが、大杉漣さんの訃報を知ってから、この番組が気になり、3/7放送の「バイプレーヤーズ^もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活をしたら〜」は録画予約してじっくりと見ました。(大杉さんはこのドラマの撮影の後、松重豊さんたちと夕食をともにした後、容体急変して亡くなられているそうです)竹原ピストルさんの歌&演奏を5人でしみじみ聞く姿が印象的で、最後の最後に4人(松重豊、遠藤憲一、田口トモロヲ、光石研)が黒スーツ姿で海岸で海に向かって「レンさ〜ん、ありがとうsign03」と声を合わせていうシーン(後姿のみの映像)に涙。 ご本人も、もう10年か20年、現役で活躍したかったのではないかしら、などと勝手に考えてしまいました。
もう一人の俳優さんは、女優さん。2014年の映画「マダム・イン・ニューヨーク」で主演を務めたインドの女優:シュリデヴィさん享年54歳。甥の結婚式に出席するために滞在していたドバイのホテルで急死されたのだそうです。(2月24日)
若い時から大変な美貌の持ち主で、ポリウッド映画界で大活躍した女優さんだそうですが、私は「マダム…」の映画での彼女しか知りません。
逆に知らなかったからこそ、この役を演じるシュリデヴィが魅力的だったのかも。
(ストーリー)
英語が話せない、インドの保守的な主婦が、一人でニューヨークに旅立ち、英語が話せないゆえに苦労しつつも密かに語学学校に通い、英語を磨いて自信を取り戻していくというお話。
迷わずに自信を持って決然と生きていくヒロインに拍手shineshine感銘を受けました。
mist
大杉漣さんとシュリデヴィさん、お二人のご冥福を祈ります。
そして、私自身・・・今年は「自分をちゃんと《見て》、自分らしくあり続けたい」
と思いました。
人生は有限ですheart

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2018年3月 9日 (金)

「江戸は燃えているか Touch and GO」(新橋演舞場)

2018/03/08

P1030516
楽しみにしていた、ママ友3人会で観劇。
天候はあいにくの雨でしかも真冬の気候。でも私的には、花粉症の症状がピタリと治まって快適な一日でありました。この季節は、雨の日の外出大歓迎happy01scissors
P1030517 Img_5901
三谷幸喜氏の作&演出「幕末群像喜劇」(江戸無血開城を題材にしたコメディ)
( ^ω^ )
(出演)中村獅童(勝海舟)、松岡昌宏(庭師:平次)、藤本隆宏(西郷隆盛&取的デク)、八木亜希子(海舟妻:民子)、松岡茉優(海舟娘:ゆめ)、妃海風(海舟妹:順子)、田中圭(順子の夫:村上俊五郎)、高田聖子(勝家の女中頭:かね)、磯山さやか(勝家の女中:いと)、中村蝶紫(勝家の女中:タエ)、飯尾和樹(幕臣:山岡鉄太郎)、吉田ボイス(薩摩藩士:中村半次郎)
pencil
(舞台HPより)

<あらすじ>

時は慶応四年。

鳥羽伏見の戦いで幕府軍に勝利した西郷吉之助(隆盛)率いる官軍(新政府軍)は、江戸城総攻撃のために、東海道を進んできていた。

西郷としては、無駄に血を流さずにを江戸城を受け渡してもらえるなら、こんなに嬉しいことはない。そこで幕府側の代表である勝海舟と会って、降伏を勧めることにする。

だが、この勝という男、実は元来の江戸っ子気質で、気が小さい上に喧嘩っぱやい。

こんな性格の勝が西郷に会ったら、間違いなく交渉決裂。江戸は火の海になるのは目に見えていた。江戸の庶民たちも、誰もが戦さは望んでいない。もう戦さはこりごりだ。

そこで立ち上がったのが勝家の使用人たち。

彼らが考えた作戦は、勝をニセの西郷に会わせて、ニセ会談をやらせている間に、勝家の庭師の平次に勝のフリをさせ、本物の西郷に会わせて、和平交渉をしてしまおうという、大胆なもの。

 

なんとしても江戸を戦火から守るんだ!

名もなき庶民たちによる、西郷吉之助&勝海舟を相手の大芝居が、今、始まろうとしている。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
江戸城明渡しか、新政府軍との全面戦争かの決断を迫られる勝海舟が、なんとも小心者で情け無い(この設定が笑える)
勝になりすまし、和平交渉をさせられるのは、松岡昌宏クン扮する庭師の平次。
3/8の朝日新聞夕刊5面「三谷幸喜のありふれた生活 887」にタイミング良くこの舞台の記事が掲載されています。三谷氏によると
「今回はコメディーである。お客さんに笑って頂くことだけを目的にした芝居を作るのは《酒と涙とジキルとハイド》以来4年ぶりである」
そうですが、4年前の舞台も観た者の感想としては、笑いの質が「志村けん風」になっていました。
clip引き続きコラムから引用すると
「今回は笑いのバリエーションにも工夫を凝らした。基本は定番の「勘違い」「すれ違い」から来る笑いだが、そこに普段僕がやらないタイプの笑いもプラスしている。
偽物の西郷吉之助(隆盛)や偽物の勝海舟が登場するのだが、それがどう見てもニセというチープな仕上がり。なのに誰もが本物と信じてしまう「そんな馬鹿な」的笑い。 さらには演者が共演者をアドリブで突っ込む、本来なら禁じ手の笑い。それが出来たのはひとえに、劇場が新橋演舞場であり、突っ込むのが中村獅童さんだから」
とあり、役者:中村獅童、全開sign03 でありました。(昨年の癌等、病気療養から見事に復活出来たんだなぁ、としみじみしてしまった。個人的に「がん体験者」には応援したいと思う気持ちが強いですhappy01heart02
松岡茉優さん、前回舞台で観た時は、お嬢さん役でひたすら可憐な感じだったのに、今回は、ストーリー展開に絡むセリフが多かったこともあり、ハイテンションで大声でなんだか怖いくらいでした。笑いを取るために、と気合が入り過ぎ??その点は、大ベテランの高田聖子さん(劇団☆新感線で欠かせない女優のトップスターshine)は緩急バランス取れていて、会場の笑いを上手く引き出していました。お見事であります。
西郷隆盛役の藤本隆宏さんは、実に鹿児島弁および西郷の姿形にハマっていて、現在放送中の大河ドラマの西郷役=鈴木亮平さんよりも一枚上手?と思っていたら、この方、テレビドラマ「仁」で西郷隆盛演じていたんだそうです(一緒に行ったママ友から聞いた。彼女はドラマで見た時、上手いなあ〜と印象に残っていたとのこと)。
今回、配役もナイス!!だったのでしょう。妃海風さんが元宝塚トップスターだったことで、途中、時代の解説(シチュエーション)をミュージカル風に演じる場面も、気分転換で面白かったし、池に二度落ちる役の飯尾和樹さんも適役でした。
終盤の一部、いと(磯山さやか)が、庭師の平次(松岡昌宏)を刃物で脇腹を刺す、という場面は、コメディに必要だったのかなあ??
そこのところだけ、う〜ん、bearing と思いました。この点について、劇場を後にした3人でお茶した時に聞いてみようと思っていたのに、ホッとする雰囲気のお店に足を踏み入れ、メニューを見てどうするこうする、とスイーツの話題になった途端、すっかり忘れてしまったのであります。 
Img_5900
美味しいものを見ると我を忘れるところは、cat五郎丸と同等の飼い主sweat01sweat01smile


2018年3月 7日 (水)

沖縄料理のお店&猫の本

2018/03/07

ブログの更新をサボっている間に、平昌オリンピックは閉幕し(パラリンピックが開幕カウントダウンか)、三月になりました。
月末に、元の勤務先の同期会があり、高円寺の沖縄料理店へ。
Img_5882
私が一番早く到着し、その時のカウンターの写真。
オリンピックで活躍したメダリスト達の帰国→故郷凱旋のテレビニュースが流れていました。沖縄料理店で、テレビから聞こえてくる音声が「そだね〜」は楽しかったhappy01
restaurantbeer
友人から借りていた本を、返却するために一気読み。
村松友視著、「アブサンの置土産」
Img_5885
アブサンとは、村松氏がサラリーマン(中央公論社の編集者)時代に、勤務先近くの日比谷公園で拾った猫。 飼い主に色々なことを伝え、21年の長寿を全うし、さらにまだ、村松氏には様々な「置き土産」のような思い出話しがあるというエッセイ風の小説。 表紙絵・挿し絵が和田誠さんで、カバー外した本そのものにも大きく猫の絵が、素敵に描いてありました。
Img_5883
本来は、この本の前に書かれていた「アブサン物語」を先に読むべきでありましたが、オリンピックやら今シーズンのテレビドラマやらで後回しになり、図書館の予約→到着、の連絡後も、確定申告の一件を今週末に片付けるまで、引き取りに行けない私。 アブサンの主治医と我が家の五郎丸の主治医が一緒、という共通点があります。
Img_5892
 飼い猫との関わりある生活を始めて、今月で2年。
おかげさまで、と言えることが多いです。ありがとね、五郎丸
写真は、カバーを洗濯中のクッションの上、寝ている猫(どこでも寝るなあ)

«平昌オリンピックのTV観戦が楽しい(^^)