2017年11月13日 (月)

二子玉川 蔦屋家電

2017/11/12
P1030406 P1030412
インスタグラムの猫友仲間さんから教えてもらった情報で、11/11~12の両日開催のイベントに行ってみました。

P1030407
場所は、二子玉川にある蔦屋家電の2階で、「しまうまプリント特別展:みんなでつくる 猫フォトブックギャラリー展」です。
今回は、第2弾(1回目は京都で開催されたらしい)で、京都で展示された猫フォトブックを含め、2000冊が集合していました。飼い主さんが愛情込めて撮った&作った、猫、ネコ、ねこ、の写真集、圧巻です。

Img_4979

会場には、イベント会場や観光地によくある「顔出し」て記念写真を撮る、猫のボードがありました。夫婦でそれぞれ顔出ししてカメラに納めました。いわゆる面白写真smilesmileってことで、オットは、フェイスブックのプロフィール画像に採用してました(笑える)
P1030416

蔦屋家電、もっとゆっくり見てみたかったです。
オットと行くと、目的果たすと、さあ、次(スーパーで買い物&お昼ご飯)、となってしまう。 そのうち一人でゆっくり再訪しよっと。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2017年10月31日 (火)

映画「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き」

2017/10/31

Img_4914
先週は台風21号、今回は台風22号、と2週連続、週末が悪天候だった。
今週は予定していた計画が雨天中止となったため、雨でもOK,
といえば、映画館、ということで上映館が少なめで気になっていた映画
「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち」
を観に行ってきました。cartyphoonrain

解説とあらすじ(シネマトゥデイ より)

解説

動物写真家の岩合光昭が、ネコの目線でいろいろな国のネコを撮影する様子を映した人気ドキュメンタリー番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」初の劇場版。「津軽の四季」から「コトラとその家族」をはじめ、岩合イチオシのネコたちの姿を再編集し、厳選された未公開シーンや、コトラの子供たちのその後の姿も活写する。語りをテレビドラマ「ごめん、愛してる」や『明烏 あけがらす』などの吉岡里帆が担当している。

あらすじ

動物写真家として世界中を飛び回る岩合光昭は、40年以上ネコを撮影してきた。世界的カメラマンは優しくネコに語りかけながら、さまざまな国の街角で生きるネコたちにカメラを向ける。一方青森県の津軽では、コトラの子供たちが元気に成長していた。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

テレビ NHK BS 岩合光昭の世界ネコ歩き の視聴者には、同じフィルムを大劇場で見ている時間が結構長い映画です。ナレーションの音量も、自宅でならリモコンで微調節可能ですが、劇場では、少々「残響」が気になるsweat02、そして、ああ、これも知ってる〜などと思うにつけ、rvcar 雨の中ハンドル握ってきた身には、睡魔が…でもほんのちょっと眠っただけ?なのか、話は進んでいませんでした(というかそれほどストーリー性が無いのかも)

岩合さんによる、岩合さんとネコ好きのための映画、という印象。
割引料金で見られて、良かった(笑)

そして、本日は、ハロウィンデー cake(←最適な絵文字が無い) であります。

P1030680 Img_4928
我が家では、人間は特に何でもなく、ただの月末なのですが、ハロウィン2回目の
五郎丸には、ちょっとだけ衣装身につけてもらいましたhappy01 Happy Halloween.

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2017年10月21日 (土)

朗読会「もの語りの世界」

2017/10/16

フリーアナウンサーの深野弘子さんを友人に持つママ友に誘われて定期的に「朗読会」を聴きに行って、今回、3回目。昨年の秋と同じ会場(内幸町ホール)でした。

P1030397

プログラム:

深野弘子さんの朗読 

・「最後の伝言」 原田マハ 作

園田潤子さんの朗読

・「朝焼け」  藤沢周平 作

小川もこさんの朗読

・「装腰奇譚」 佐江衆一 作

原田マハさんの作品は、今まで私が読んだ本(といっても2冊だけですがsweat01
とはイメージが違うような登場人物とストーリー。越路吹雪の歌声が実際に流れるところは(原作にも書かれていることでしょうけれど)、朗読ならではの効果的演出でした。

藤沢周平氏の作品は、苦悩する主人公に気がつくと感情移入させられている、というパターンが多いのですが、今回も同様。「朝焼け」が最後に出てきますが、物悲しい朝焼けです。(予想外)

小川もこさんは、美術館の音声ガイド等にも活躍の場を広げているラジオパーソナリティさんですが、声色を変えて、腹筋を使って太く大きな男性声も出せるようなテクニックの持ち主。今回取り上げた作品は、作家の佐江衆一氏が、今日の朗読会のために原作をアレンジしてくださったそうで、アフタートークの際、客席にいた佐江氏が紹介されていました。(若々しい80代の作家さん)

Img_4789          左から、小川さん、深野さん、薗田さん

登場人物の声色を変える、話しぶりに緩急をつける、声量を変える。3人とも作品を読み込んで「自分の朗読作品」に仕上げていて本当に立派だなあ。
年齢を考えると、ストーリー全てを暗唱していることの凄さ、に圧倒されました。
Img_4787
午後2時〜の朗読会だったので、3人でランチしました。
銀座7丁目のレストランですが、ここがまた「コスパ」の大変良い美味しいお店でした。Img_4790

本日のヒットは、写真では伝わらないであろうとは思われますが「本日のスープ(かぼちゃのポタージュ)」

これが。非常に美味しいものでした。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2017年10月20日 (金)

印刷博物館(Printing museum Tokyo)

2017/10/15
Img_4788

東京都文京区水道にある凸版小石川ビル: 「印刷博物館」へ行きました。
Img_4826

この春から、通信制の大学の図書館司書コースに通う身となり、今日はその「遠足」みたいなイベントであります。(参加人数15人、実際とても楽しかったnote

当日のスケジュール
13:30〜14:00  プロローグ展示ゾーンの自由見学(良く出来たレプリカ、触ることが出来る)
14:00〜14:40    印刷工房体験(活版印刷機で栞作り)
15:00〜15:30  VRシアター鑑賞
15:30〜15:50     ライブラリー見学
〜16:30              写真撮影後、流れ解散、館内の自由見学 

プロローグ展示ゾーンは、高さ7m、長さ40mにも及ぶ大壁面で、そこに100点ほどの様々な歴史のレプリカが展示されている(紀元前1万5000年頃のラスコーの洞窟壁画から、現在の多彩な印刷物やでんしメディア、エレクトロニクス製品に到るまで)

楽しかったのは、工房体験で可愛い活版印刷機(Adana) を操作して「栞作り」を体験したことです。
P1030381 P1030378
インストラクターさん(白いブラウス)の説明がわかり易くてやる気になる!!
2人一組で取り組みました。一台に一人の補助が入ります。

P1030382 Img_4823
イギリスなどでは、今でも、家庭にこうした印刷機を置いて、クリスマスカードを手作りしている人もいるそうです(お菓子の手作り、のようなノリ??)

Img_4825

図書館学の中ではかなり偉い、博学博識で名高いM教授も、この笑顔happy01
Img_4819
油性のインクは24時間しないと乾かないそうなので、わら半紙に包んで持ち帰り、後日自宅で仕上げました〜〜(るんるん)

VRシアタアーでは、ロシアのクレムリン:ウスペンスキー大聖堂を、巨大カーブスクリーンで楽しむ三次元空間体験。ギャラリーでは、現代日本のパッケージ2017(コンペや大賞受賞作品展示)を見たり、かなり目の保養になりました。日本人てつくづく器用な国民だとしみじみ思う。

ライブラリー見学は、「専門図書館」というものの実態が垣間見られて興味深かったです。凸版印刷は、こんなに充実していますが、果たして大日本印刷(DNP)はどうなんでしょう??。
Img_4826_2
印刷博物館の入り口とその前にあるオブジェのトップを写したもの。
「見る」という象形文字を元に作られているそうです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2017年10月19日 (木)

トラや  :文春文庫 (南木佳士著)

2017/10/19

Img_4794 Img_4795

寒い雨の日には読書に限る。
日曜日、月曜日、と外出し、写真も結構撮っていて、それをアップすべきなのに
なかなか取りかかれませんsweat01(腰が重い昨今)

やらなきゃなあ〜と思いながら課題もちっともはかどりません。
読書は、サクサク進む。。。これって中学生の頃の中間テストの前みたいだね。

著者の南木佳士(なぎ けいし)さんは、ブックカバーの著者紹介欄によると、
1951年、群馬県生まれ。長野佐久総合病院に勤めつつ地道な創作活動を続けている。89年、「ダイヤモンドダスト」で第100回芥川賞を受賞。

という、内科医で作家、というなかなかの経歴の持ち主であるのですが、芥川賞受賞の翌年あたりから、心身のバランスを失って苦しみます。
ブックカバーの後ろにある、本の内容紹介を引用すると、
『うつ病に苦しみ、老父の介護に疲れた家主のもとへ現れた野良の子猫、トラ。
子供達の懇願でしぶしぶ家に入れてから15年、家主が病いと折り合いを付けたのを見届けたかのごとく逝った。   共に生き延びた愛猫への思いを綴りつつ、ある家族の、ささやかだけれどかけがえのない苦闘と再生の年月を描ききった名作。

Img_4793
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

・猫と暮らしている
・年齢がこの本の作者の過ごした年月とオーバーラップしている
この2点で、大変感動しました。(そうでなかったら、感情移入の度合いがもっと低いと思う)
著者が、霊柩車を見送るときに抱いた感情
  「永遠の不在は、遺された者の内に不在というかたちで残る。そして、それも遺された者の永遠の不在によって消滅する」
  という言葉、印象的でしたが、この言葉は、さらに続きがありました。

そのまま引用すると、
(中略)、昼ごろ、まとまらない想いを、永遠の不在、遺された者、のキーワードに集約し、診察用のパソコンに打ち込み、心身がいくらか落ち着いた。
 しかし、しばらく画面をながめているうちに、これはどこかで読んだ内容だと気がつき、昼食用のサンドイッチを食べながら医局の本棚に置いてあるマルクス・アウレリウスの「自省録」を開いてみたら、
「すべてかりそめにすぎない。おぼえる者もおぼえられる者も」
という一節を見つけた。 われ独りのつもりの心情がすでに2000年ほど前に、より簡潔に表現されているのを目の当たりにし、いま生きている以上の価値のない身を再確認し、改めてしっかり味わいながらサンドイッチを咀嚼するべく努めた。
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
Img_4809
科学技術の格段の進歩発展の一方で、古代ギリシャ・ローマと比較しても、人間の心とか人の社会性に関する事柄は、さして代わり映えしないのかもしれない。
 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2017年10月10日 (火)

四代目(猿之助丈)、開放骨折

2017/10/10

先週の金曜日(6日初日)から、新橋演舞場で始まったスーパー歌舞伎セコンド「ワンピース」(11/ 25日千秋楽予定)に出演中の市川猿之助丈が、カーテンコール中にアクシデントに遭遇し、左腕の骨折という怪我で救急搬送された、というニュースが流れました。

すっぽん、と呼ばれる、舞台下手の花道に入ってすぐのところにある、花道下から登場または退場する出入り口。ここで、退場するために地下へ下がっていった猿之助さんの衣装が機械に挟まり、左腕の骨が外に出る「開放骨折」という重傷を負ったということです。

骨折、って私は未経験ですが、折れた骨が、皮膚を破って外に飛び出す、なんてきっと激痛でしょうbearing !!しかも、ロングランの舞台の開始4日目の事故sweat01sweat01

マスコミを通じて気丈なコメントが出ていますが、本人はもとより、舞台に出演の歌舞伎役者さんや関係者、大わらわでしょう。若手がこの難局を乗り切ることになるそうです。

猿之助さん、1975年11月生まれの41歳。
世に言う「厄年」の 後厄のようです。
本人の不注意ではないとは思うけれど、不運なアクシデントってあります。
hospital
この報道のあった日の夜10時、NHK総合テレビで内村光良(ウッチャン)主演の「LIFE」にゲスト出演の猿之助さんが、ウッチャンと2人、結構本格的な舞台と衣装で歌舞伎のエッセンス的な舞を披露していました(2人で宙乗りもhappy01
オンエアの日にこんな出来事・・・でも、人生ってそんなところもありますよね。

怪我の治療に専念して、きちんと治し、その上で一日も早く元気に復活してほしいです。
Img_4704
先週(4日)の夜の十五夜。微妙な感じ。
けれども、その2日後の6(金)の満月は、雨で見られませんでした。

2017年10月 1日 (日)

10月1日

今日から10月。

朝晩はやっと涼しくなり、日差しの強い日中も、もうセミは鳴いていない。
暑さ寒さも彼岸まで、とは本当によく出来た格言です。
night
昨夜、地元の商店街で家族と食事した帰り道、花屋さんのショーウィンドウのディスプレイがハロウィンだったので撮りましたcamera
P1030357_2
今年のハロウィンは、五郎丸にコスプレの帽子を被せてみたい飼い主です。
night
10/1を調べてみたら、記念日指定がかなりあるsweat02
・シャツの日

・コーヒーの日
・メガネの日
・日本酒の日
・都民の日

そして、年始より274日過ぎていて、年末まで、あと91日
なんだか気もそぞろになりそうですsweat01

ついでに、10/1生まれの有名人を調べたら、俳優の大谷亮平さんがいました。
昨秋、「恋ダンス」で話題になったテレビドラマ「逃げるは恥だが役にたつ」の風見涼太郎役(津崎平匡役:星野源、の後輩という設定)で、好演してました。

あれからもう1年
なんだか、やばいぞcoldsweats01coldsweats01coldsweats01
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2017年9月29日 (金)

インスタグラム1年半

2017/09/29

猫の飼い主になるという希望が叶ってすぐにインスタグラムを始めました。

今月で1年半、五郎丸はあと約二ヶ月で満二歳になります。光陰矢の如しhappy01

Img_4656

先日、ムスコが面白がって五郎丸の写真を加工しました。
ちょっとタイムリーなので掲載決定(笑)
Img_4655
インスタグラムは、フォロワーさんの数が、222(ニャンニャンニャン)のゾロ目の数になりました。インスタグラムの世界も猫ブームなんでしょうか??同じ猫種や毛並みの色種(カメオタビーと言います)、名前の共通項、フォローしたりされたりの仲、とかでこのような数になりました。嬉しいな〜catface 五郎丸、これといった特技もなく、とびきりのイケニャンコでもないのに、海外の人からも👍いいね、が入ったりとまあ有難いことです。
これからも猫を中心にインスタグラム続けていく所存「いわば五郎丸の成長記録」ですかねscissors
camera
今週は、8月に行った、よなよなビアワークスに、再び行ってきた〜(今度は吉祥寺店)リピートしてもいいと思えるグッドなお店です。通常なら、2時間でラストオーダーという人気店ならではのルールがあるのですが(前回の新宿店ではそうでした)、こちらはこの日が平日でもあり余裕があったようで、2時間の倍以上も滞在していてオッケーでした。しかも、時計を見るまで、時間の経過ぶりが全然判らなかった。これってオバサンだからかなぁsign02(回転の悪い客で申し訳ないですsweat01でもラストオーダー来なかったしねえ)
P1030313 P1030317
サラダは、フライパンで炒めたキノコ類をジュージュー音たてながら持ってきて、サラダにダーっとかけます。
P1030315 P1030318
軽井沢高原ビールシーズナル2017   一番好きかも?「水曜日のネコ」
(柑橘類を思わせる爽やかな香り)

P1030323 P1030320
P1030324          ナスのカルパッチョ(gawk こんなの初めて)

同じようなメニューでしたが、美味しいものは美味しいですね。
今回も、メンバー3人の女子会でしたが、やっぱり、他の2人は、孫もいて写真や動画が楽しいです。デジタル時代の子育て&孫育て、私が母になった頃とかなり違うのがこの点かもしれません。それにしても、今のグランマ(祖母)は皆さん若いわ〜

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2017年9月22日 (金)

秋の味覚

2017/09/22

親戚に「りんごapple」を送ったら、お返しに「ぶどう」が届きました。

P1030302
ナガノパープル と シャインマスカット という2種類。

P1030304
どちらも皮ごと食べられます。マスカットは言うまでもなく「マスカットフレーバー」いい香りheart02。ナガノパープルの方は、食感が、ややシャリシャリしていて皮も口に残らない新感覚heart04  美味しいです。(写真にはマスカットのグリーンが映える!)
このぶどうは長野県須坂市にある「島田ぶどう園」Tel:026-245-3165 から届いたものです。このぶどう園は露地ぶどうを5種類持っていて、他にも「種なし巨峰」「ジャスミン(マスカット)」「安芸クイーン(広島で生まれた巨峰の赤系)」などがあるようです。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

今日は、9月22日。 22という日は、語呂で、22=にゃんにゃん、の日なので五郎丸の写真もついでに〜〜(*^ω^*)ノ彡
Img_4587 Img_4588
先日、息子たちがやってきて、五郎丸の背中にスマホを乗せて遊んでた。
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
Img_4575
          こちらは最近の(私の)お気に入り写真

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2017年9月19日 (火)

術後5年検診

2017/09/13

 乳がんの手術を受けてから、来月で満5年となる。
一年の節ごとにマンモグラフィーを受けているが、今回のマンモグラフィー検査の担当技師さん(アラフォーぐらいの中年女性)は、テキパキと働く方でした。

 特徴的だったのは、撮影室にBGMがかかっていたこと。これまでも、何か音楽は流れていたかもしれませんがオルゴールか何かの当たり障りのないようなもので、ほとんど記憶にありません。が、今回は違った!!。TBSのテレ番組「情熱大陸」のテーマ音楽です。この音楽をバックに、技師さんは、私の乳房のレントゲン撮影をどんどんこなします。

 乳房をなるべくコンパクトにして潰して測定するため、痛みのあまり息が出来ないマンモグラフィーですが、今年は、順調に進みました。撮影終了して、控えの間で着替え始めたら、なんと音楽は、「情熱大陸」のエンディング音楽に…。作曲者の葉加瀬太郎が好きなのか、テレビの「情熱大陸」が好きなのか?マンモグラフィー技師さんの趣味でしたが、いつもより痛くなく撮影を終えられた気分。

 5年検診クリアの報告をオットにすると、一杯wineご馳走してくれる、という展開になり、自宅から徒歩2〜3分のところに7月オープンしたワインバーへ。
P1030272前菜は、マグロ(アボガド添え)
P1030273 P1030275
魚のカルパッチョbreadパンは、このお店の向かい側にある手作りパン店のだというソムリエさんの話。
P1030277 P1030276
P1030274メインディッシュはオーストラリア産牛肉のサーロインステーキ
(といっても、鉄板でジュージューという感じではなく、ローストビーフのような雰囲気)
P1030279
ごちそうさまでしたrestaurant

«映画「関ヶ原」