2020年9月16日 (水)

秋来ぬと…

2020/09/16

Img_3101

また1ヶ月ぶりの更新です。

世の中は2012年冬から続いてきた安倍内閣(首相在職日数最長記録達成)が総辞職して官房長官の菅義偉氏が内閣総理大臣職を引き継ぎました。

私の個人的な出来事は、8月下旬に一歳年をとり、夫の会社で「ご家族もどうぞ」と言われたために新型コロナウイルスの「抗体検査&PCR検査」

を受けに出かけ、一緒に受けた夫とハッピーアワーの食事をしたことぐらいかな。松竹から誕生日割引券(映画)が届いたので、明日、乳がん検診行く前に新宿ピカデリーで映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」をみようかな、と座席予約してみたり、などという日々です。

Img_2651

検査会場となった六本木のビルは、放送中のドラマ「半沢直樹」のロケにも使われた場所で南野陽子が副社長を務める電脳雑伎集団という会社が入っているビル、という設定でした。へえええ〜そうなんだ〜と写真を撮ってきました(ミーハーです笑)

 

ディスカバー 「ビル内レストラン」 ということで営業中のお店を探した結果「ディップパレス」というタイ料理とインド料理のお店に入りました。ハッピーアワーのビールが1杯300円という安さ!!!。

 

F4f91cab8fed46f29d8beeadf3745a70

コロナの検査は、PCR検査が「唾液」、抗体検査が指先から一滴血液を採取、という簡単なものでした。社長の方針で今月も検査を行うそうです。ハッピーアワー目指して?また行ってみようかな?

結果は両方とも「陰性」でした。

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

 

 

2020年8月14日 (金)

月に一度

2020/08/14

Img_2570

月に一度というのろのろペースのブログとなております。こんばんは。

 

先月無事に義母及び父親の新盆も過ぎ、やれやれと思ったのも束の間、今月から仕事が増加(職場の同僚の、やはり新盆で実家へ長期で戻っている方の代わりの勤務も合わせて引き受けたため)先週は月曜〜土曜日まで毎日出勤するという(コロナ禍は大丈夫なのか?とツッコミ入れたくなるような)状況です。ま、来るものは拒まず&この年齢(アラウンド60)でも仕事があってありがたや〜〜という前向き気分で過ごしています。

その中で印象に残ったエピソードを3つほど

1 ドライブレコーダー:今月初め、車で実家を往復した帰路で、後ろから来た車が進路変更するように迫ってきた挙句、私が運転する車のフェンダーミラーに当たってそのままスピード出して過ぎ去ってしまいました。ボン!と音がした後、「え、今の何?」と思ったら追い抜いていった車のフェンダーミラーが右側だけ畳み込まれた状態に。。。帰宅して、夫に事情を話し、ドライブレコーダーからSDカードを抜き取ってもらいパソコンで再生。ドライブレコーダーは車体の前後に2台取り付けてあるため、後ろから迫ってきて「ボン」とぶつかって、そのまま走り去る様子がすべて克明に写っていました。(もちろん、車種、色は当然のことながらナンバープレートもはっきり読めます)。幸い、我が家の車にキズや損傷は全く無かったので、今回はそのままこれで一件落着、ですが。ドライブレコーダーって凄いなあ、と改めて感心しました。

2 飼い猫五郎丸のインスタ写真が、ベネッセの「いぬのきもち・ねこのきもち」公式Instagramサイトに採用されたこと。単純に嬉しい❤️

Img_3022

3 昨日(8/13) 仕事で東池袋地域を歩いている際に、コミュニティバスの写真を撮ってそれだけでも満足していたら、夕方豪雨(この時はビルの中で仕事中)のあと帰り道に虹を見たこと。

Img_2571

Img_2598

熱帯雨林気候地域(その昔住んでたジャカルタ)のような雨の降りかた、そしてそのあとのハワイの空のような虹・・・東京でも見られるようになったのは、やはり地球温暖化の影響なんでしょうか?

Img_2573

Img_2590

Img_2579

撮影後10分ほどして駅のプラットフォームに上がったら、まだ見える虹の輪郭。大きな虹だったのですね。

そしてよくよく見ると、二重の虹でした(最後のショットに薄く映り込んでいるか?)。これって幸先良いのかな???

8月後半も、暑さに負けずに頑張りたいと思います。では(^^)

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

 

2020年7月14日 (火)

7月14日 今日は何の日

2020/07/14

 

昨年から今年の始めにかけて週に1〜2回は車の運転をしていた。

片道3〜40分、車内でラジオを聞く習慣がつき、今は、家の中でも聞いて過ごすことが多々ある。

今でも気に入っているのは、文化放送の「大竹まことゴールデンラジオ」と「斉藤和巳ニュースワイド先取り」

夕方5時半ごろ「アーサービナード 午後の三枚おろし」というコーナーがあり(あまりに流暢な日本語のアーサー氏をアメリカ人だとは思わなかったくらいでした)毎回面白いネタをまな板に乗せてくるこのコーナーが気に入ってます。今日のお話は「今日は何の日」でした。

7月14日、といえば世界史上で有名なのが「フランス革命記念日」(1789年の7/14、早朝にパリの市民たちがバスティーユ監獄を襲撃して占領し、多くの政治犯を解放、これによってフランス革命が始まったのでした。

となるのが一般的、と思われそうですが、「ひまわりの日」でもあるのだそうです。(初めて知った私😃)
1977年(昭和52年)のこの日、日本初の静止気象衛星「ひまわり1号」がアメリカのケネディ宇宙センターから打ち上げられた、そうです。

「ひまわり」の名前は、植物の「ひまわり」が由来、いつも太陽を向いているヒマワリのように、地球の方向を向いているということで命名されたのだそうです。ひまわり1号は1989年(昭和64年)に運用を終え、平成時代の「ひまわり2号」以降は鹿児島県:種子島宇宙センターから打ち上げられている、ということで なんと2022年から運用されるのが「ひまわり9号」(2016年に既に打ち上げられ済)。私たちの暮らしには気象衛星からの「情報」が必須で重要で、今後もずーっとお世話になること間違いないです。感謝💕

それで、今日の🧩ジグソーパズルは、「ひまわり」にしてみました。

Img_2997_1_20200714220301

 

先週からの豪雨で九州や岐阜長野県、そして今日は、広島県島根県が加わっている💦😖、

被害状況はかなり深刻で、それにコロナ禍が追い討ちをかけている状況がニュース映像で伝わってきます。

コロナ感染者数がダントツの東京在住の私に出来ることは、ネットを通じての「被災地への寄附」。来月から、仕事が増えることになったので(雀の涙のような収入ですが)、お金で応援させてもらうことにします 

Img_2505

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

 

 

2020年6月30日 (火)

明日から7月…(5ヶ月ぶりの投稿)

2020/06/30

Img_2468

5ヶ月前の投稿が新年会だったので、季節が春を通り越して夏本番のところまで来ています(まだ梅雨明けしてませんが)。

今一番季節を感じる写真は何と言っても紫陽花、これは隣の家の紫陽花です。

去年までは、ほとんど同じような色合いだったのに今年はなんだかゴージャス!!あれ?こんな色だったっけ??って思います。

猫も元気で毎日家の中、思えば「ステイホーム」の達人(極めてマイペース、肥満に注意だけで後は「快食・快眠・快便」の日々だなぁ〜)。

さて、私といえば、2月に父を見送り、3月に人事異動となって4月から新しい職場、研修が終わるや否や緊急事態宣言となってその週末に父の納骨…。新型コロナウイルスの影響で、入院先の父の面会が不可となってから2週間ほどで父は他界しました。なんとか葬儀(通夜&告別式)、納骨式が行えただけでもラッキーだったと今では思っています。

Wi-Fi環境を求めて、息子たちが家に戻ってきてずっと滞在していたこともブログから遠ざかった一因かも、です。

なんだか毎日ご飯ばっかり作ってた。

2020年も明日から後半、夫は出張中、息子2人は出勤した後、それぞれの家(アパート)へ。五郎丸は雨が降ると寝てばかりで静か。

そうだブログを再開しよう!と思い立ったのでした。とりあえず、今日はここまで。

Img_2209

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

 

 

2020年1月30日 (木)

遅い新年会

2020/01/24

 十数回は行なっている恒例の新年会。今年は、出席者14人の都合がなかなか合わず、この日になりました。幹事さんの計らいで、ランチは兎も角ディナーだったら我が家だったら行かないだろうレストラン。昭和9年に竣工、平成9年に重要文化財に指定された明治生命館の地下です。

Img_2673

この日のメニュー : 帆立貝柱と文旦のマリネ

          紅ズワイ蟹タルタルとアボカドのピュレ りんごサラダ添え

          対馬穴子のグリエ 野菜のラグーとバルサミコ

          長崎産金目鯛のヴァプール 木の子のソテーとホウレン草のピュレ

          アメリカ産牛フィレ肉のロティ グリーンマスタードのソース

          宮崎・金柑のコンポート 黄ゆずのジュレとソルベ

シェフは カガミ トモユキ さんという方だそうです(メニューにローマ字で記載)

 食事の後は、同じフロアにあるバーのようなスペースでお酒を飲みながら談笑しましたが、そこでTさんがオーダーした「サンブッカ」というイタリアのお酒が面白かった。

Img_2019

興味をそそられて私も同じものを注文!!。なかなか濃いお酒です。コーヒー豆を4粒(この数が意外に重要らしいです・笑)

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

 

2020年1月23日 (木)

壽 初春大歌舞伎(連獅子:幕見)

2020/01/22

 

Img_1980

 ブログの更新を1ヶ月近く怠けていました。本年も宜しくお願いします。

入院中の家族(父親)の事情で、2ヶ月先のチケット予約が出来ず(いつ何時なにが起きるかなんて考えていたら何も出来なくなってしまうので通常生活は普通で良いとは思うけれど、さすがに歌舞伎座のチケットは不謹慎かな〜と思うのでした)、この日の午後、仕事から解放されたので、銀座まで「幕見」で連獅子を見るために出掛けてきました(嬉)

Img_1973

Img_1974

歌舞伎座のお正月は、新年の幕あきを寿ぐ演目で賑やかです。市川団子ちゃんと4代目(猿之助)が連獅子をする、と知って心が躍りました。これだけはどうしても観たい!!!!。2時までは仕事で拘束されていたので、歌舞伎座の幕見チケット売り場に着いたのが発売前30分、もうここで「立ち見」決定でした。入場番号112番(座席が得られるのは90番までなので、もう少しだけ早く来られればなぁ)ですが、まあ良いや。

澤瀉屋の連獅子も猿之助の連獅子も初、そして高校一年生になった団子ちゃんはもう「ちゃんずけ」で呼ぶには大人に成長してました。一歳年下の市川染五郎くんももう色気も漂う青年歌舞伎役者だから、それはそれで当然のこととも言えますが、実際にこの目で見ると感慨深いです。

場内は立ち見も含めて満席状態、新春の歌舞伎座は好景気でした。着物姿の観客もチラホラ見えて、暮らしに余裕のある方々の空気が心地良かった。

以下、チラシの情報 ***勇壮な獅子の豪快な毛振り***

連獅子 出演:狂言師右近&親獅子の精(猿之助)、狂言師左近&仔獅子の精(市川団子)、僧蓮念(中村福之助)、僧遍念(市川男女蔵)

芝居の内容:霊地清涼山の麓にある石橋。狂言師の右近と左近が石橋の由来や、文殊菩薩の使いである霊獣獅子の親子の伝説を踊って見せます。その後に親獅子と仔獅子の精が現れ…。

能の「石橋」をもとに親子の厳しくも温かい情愛を描いた一幕。初世市川猿翁の当たり芸をまとめた「澤瀉十種」の演出で、歌舞伎舞踊の代表作をお楽しみいただきます。


もう、ホント、楽しみました💕💕💕。猿之助は小柄な歌舞伎役者だからか、身長がすすーっと伸びた団子ちゃんとほぼ互角、団子ちゃんの歌舞伎メイクはまだ細面で引き締まっているから誰かといっても分かりにくいけれど、猿之助の表情は従兄弟で団子ちゃんの実父:市川中車=香川照之のそれによく似ています。さすが血縁だなぁ、しみじみ。だから、親子の舞、という感じでもあり、しかも猿之助は踊りが上手い、本当に上手。きっと団子ちゃんに厳しい指導をしたのだろうけれど、彼はさすがに役者の息子だけあって見事に演じていました。実父の香川照之さんもこの演目歌舞伎座で観たのでしょうか?きっと目頭が熱くなると思いました。(或いは号泣??💧)

そして、4階席から観てたからよく聞こえたのが「澤瀉や!!」の大向こうが多発連発状態だったこと。女性の大向こうもありました(男女雇用機会均等法だなあ)クライマックスの毛振りは、時間が経っても団子ちゃんの動きの方がキレッキレで観ていて気持ちが良かったし何と言っても最後の拍手の凄さが「これ、新橋演舞場だったらスタンディングオベーションだろな」と思えるほどだったこと。割れんばかりの拍手、久しぶりに心が震えました。若手が頑張っている光景というのはなんとも清々しくて心が元気づけられます。猿之助にとっても血縁関係にある甥っ子の団子ちゃんとの連獅子は思い出深いものとなるでしょう。彼、最近のインスタグラムでは、横浜中華街でご馳走のハシゴしてスタミナつけてましたが、初春大歌舞伎を楽しくエネルギッシュにこなしていることが判りました。これ、シネマ歌舞伎になったら絶対見に行こうと思う。
Img_1975 Img_1979 Img_1977 Img_1976


年末年始の間休業して駅舎(ホーム)を移動していた地下鉄銀座線渋谷駅、今日初めて乗降しました。行きの電車待ちで撮った写真には、まだ活躍中?の作業車(クレーンのような)がガラス越しに見えて、その向こうの明治通りとの対比が珍しくてパチリ。帰りは、ホーム全体と天井の様子をパチリ。相変わらず乗降客数は多いです。

 

 

歌舞伎座にdoor to door 1hour で行ける環境に感謝。

Img_1972

 

Img_1981

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

 

 

2019年12月25日 (水)

メリークリスマス

2019/12/25

Img_2573001

ブログの更新を一日延ばしにしているうちに、とうとう今日になってしまいました。

昨日、無事に仕事納め。

今日は午後から車で実家へ行き、父の病院へ面会に行きます。

結局なんだかんだとほとんど出掛けている師走です(五郎丸は留守の番太郎役ばかりかも?ゴメン)

 

Img_1911001

 

令和初の年末年始は喪中になりましたが、天寿をまっとうした姑は比較的幸せな人生だったと思うにつけても私を含め家族みな元気だし家を片付けながら呑気に過ごしたいと思います。五郎丸がいる4回目の冬🐱🎄
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村</a

2019年11月27日 (水)

スーパー歌舞伎セカンド 新版オグリ

2019/11/23

Img_1789

8月(自身の誕生月)に取ったチケット。実父の余命宣告月が6月だったので、行けるかどうかも判らず「いざとなったらチケット救済サービスに出す」つもりで購入したもの。結果的に見に行けました😃

原作:梅原猛

脚本:横内謙介

演出:杉原邦夫・市川猿之助

スーパーバイザー:市川猿翁

出演:市川猿之助、中村隼人、坂東新悟、市村武松、市川男寅、市川笑也、中村福之助、市川猿弥、中村玉太郎、市川弘太郎、市川寿猿、市川右近、市川笑三郎、市川男女蔵、市川門之助、 石橋正次、下村青、石黒英雄、高橋洋、嘉島典俊、浅野和之、ほか

あらすじ(松竹月刊誌 ほうおう より)

武芸学問に通じた美貌の若者、藤原正清のちに小栗判官=オグリは、縛られることを嫌って心のままに生き、集まった若者たちと共に自らを小栗党と称していた。ある日小栗党は、横山修理の娘、照手姫を輿入れ行列から奪い去る。 照手姫とオグリは強く惹かれ夫婦となる事を誓うが、修理は2人の仲を許さず、オグリたちは殺され、照手姫は川に流されてしまう。閻魔大王の前にやってきたオグリたちは地獄で大立ち回りを繰り広げるが、ついには捕らえられ、オグリは顔も手足も重い病に侵された姿で娑婆に送り返される。

 生き返ったオグリは、遊行上人の導きで善意の人が曳く土車に乗り、熊野を目指すことになる。その道中、照手姫と再会するが、姫はオグリに気づかず再び別れていくのであった。果たして2人は再び会うことができるのか、オグリの旅の行く先は…。


何よりも先ずは、この舞台を観にいくことが出来て幸せでありました。

今年の1月に梅原猛氏が亡くなっていることを思うと「追悼」のような意味合いになっているのかな、などと勝手に想像していたけれど、猿之助は、彼独自の解釈で「光と闇が交差する生命と歓喜の物語」としています。本来は「再生と救済の物語(をぐり 鳥居明雄 ぺりかん社 2011年)」です。先に、こちらの本を読んでしまったためか、なんとなく違和感があるにはあったスーパー歌舞伎になりました。

しかし、舞台の演出はとてもチャーミングで、猿翁時代の初演の時もそうだったらしいですが「鏡」を上手く使い、舞台上の大道具を極力減らしている(能の舞台風)、そこにダイナミックなプロジェクションマッピングを多用し、殺人馬の鬼鹿毛は、なんとメタル装備でスーパーカーのような仕様(目が怒りのレッド点灯)馬の操作も歌舞伎の舞台の馬とは違い創意工夫の結果とてもアクティブ!!カッコイイです。

Img_1792

主演(オグリ)を猿之助の上演時間を選択しましたが、照手姫役の坂東新悟くんがスラーっと細身高身長(父親の坂東彌十郎氏は歌舞伎界一の高身長でギネスブックに乗ってるらしい)であるがゆえ、猿之助が小さく見えて令和天皇皇后両陛下のようでした(笑)。身長的には(あと美男子ぶりでも若さでも)中村隼人くんを観たかったかも、と思ったりしましたが、遊行上人の出番はほんのちょっとで、それでは猿之助ファンの私には不満が残るというわけで、やっぱりこちらを楽しむべき=残念ながらの納得でありました。

この舞台、タイトルは「オグリ」ですが、内容的には照手姫の物語です。政略結婚の輿入れをオグリ党から救い出してもらった、という「感謝」から始まる照手姫の心は、実家を恨むことなくいつも前向きで明るく逆境にもめげず名前のように太陽の明るさを持ち続けます。まるでN H K朝ドラの主人公。新悟くんの声が良く通り滑舌も滑らかで頭脳明晰照手姫〜って感じです。(今年は朝ドラ、BSで「おしん」の再放送を春から見てますが、主演の田中裕子のセリフの聞き取りにくさとは対照的)

地獄とそれに関連する人物(閻魔大王夫妻など)が、全て「白色」を基調に造られていたところも斬新でした。閻魔大王役の浅野和之さんはさすがに圧巻。ぶつくさ文句言いながらの登場では、先月突然辞任した菅原一秀元経産大臣のことをぶつぶつ言いながら(メロンやカニ、秘書がどうの…)だったり、地獄というところも「構造改革」が必要だから、いったん「焼き払うことにする」などと言ってみたり、がごくごく自然で本当に面白いので、いつまでも閻魔大王(&夫婦仲良い奥さんも)見ていたかった(笑)

本水の立ち回りは今回もディズニーランドのような派手さで一階席は前から3列目までが飛散水避けのビニールシート配られていました。血の池地獄、なのだけどやはりここの場面も「ホワイト」一色。皆も猿之助楽しそう!(これを2ヶ月続けるのは当人たちも関係者も大変だったことでしょう、お疲れさまーと言いたい)

2幕で本水、3幕で天馬使用による左右同時両宙乗り、と企画が押しているのも一因だとは察しますが、1幕の展開が速すぎてあれっ!えっ?、という間に、オグリと照手姫が出会い別れ(小栗党が全員毒殺)ということで、あっけないのです。人物描写とか、思いの強さとか、照手の実家の人間関係とかまだよく呑み込めていないのに、です。

照手姫がそのような中、数奇な運命に3年も耐えているというのは素晴らしい!やっぱり朝ドラだなぁ、とまたしても考えてしまう私。

赤い薔薇の花が小道具に使われているのも違和感でした。スーパー歌舞伎とはいえ、時代は古典の世界。バラは「宝塚」の十八番でしょう?!。中村隼人くんはいざ知らず、猿之助丈は蘭のオンシジュームのイメージが強いので(その昔東京ドームの「蘭展」にゲストで招かれ、彼のイメージの花だとオンシジュームを貰ってた)バラが全然似合わない。かと言って、じゃあ、何の花が良いのだろうか?と考えてみたけれど、3日間考えてもこの話に似合う「花」って出てこない💦

一方、割引券を持っていたので、パンフレットも購入しましたが、こちらの内容は「赤いバラの花」がとても効果的に使われていて大満足💕。構成も内容も、ここ数年で購入したどのパンフレットよりも良い出来でありました。

12月は新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」を上演するそうだし、猿之助丈はこの次「ヤマトタケル」に挑むらしい。

どうなんだろう? もう、梅原猛先生も天国だし、もっとゆっくりじっくりと取り組んでもらっても良いのでは? 

 

Img_1790

 

Img_2263

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

 

 

 

 

2019年11月22日 (金)

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ

2019/11/19

私の「見たい映画リスト」には全く入ってなかった映画ですが、見た人から強く勧められて仕事前に鑑賞。

原作:サンエックス

監督:まんきゅう

脚本:角田貴志

ナレーション:井ノ原快彦、本上まなみ

解説とあらすじ(シネマトゥディより)

*解説

 

たれぱんだ、アフロ犬、リラックマなどのキャラクターで知られるサンエックスによるすみっコぐらしの劇場版アニメ。寒がりで人見知りのしろくまをはじめ、ぺんぎん?、とんかつたちが、絵本の世界に迷い込む。監督を『アイドルマスター』シリーズなどのまんきゅう、ナレーションを井ノ原快彦、本上まなみが務める。

 

*あらすじ

「喫茶すみっコ」にやってきたすみっコたちが、地下室で発見したとびだす絵本を見ていると、仕掛けが動き始めて絵本の中に吸い込まれてしまう。絵本の世界ですみっコたちは、自分が誰かわからないひよこ? と出会い、ひよこ? の家を捜すことにする。

 

 

 

 

Img_1776

 

 


(以下ネタバレ)

子供だけでなく、大人も癒される「すみっコ」たちの見た目の姿、それが想像以上に元気に動いている様子がなんとも良いなぁ、とほっこりしながら見始めました。昔話や名作童話の中に入っていく展開は、ストーリーが途中でプツンと切れて次に、という形でなんとも落ち着かない〜と感じていたら、それが実は伏線で、最後に回収されますが、そのクライマックスはちょっと涙を誘います。なかなか考えられてるストーリー👀
しかし、そこにしっかり現実的な側面も入れていて幼い子には「バッドエンド」だと解釈されそう。がしかし、これで良いのです。

住む世界は違っても、それぞれが別々の山(頂上)を目指して、それぞれのペースで心身共に元気で暮らしていくことが大切!!。

個人的には「エビフライのしっぽ」ちゃんが可愛かった💕
カルシウム不足を補うために、私はいつも食べちゃうんですがね😃

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

 

 

2019年11月 8日 (金)

目の保養「カルティエ、時の結晶」

2019/10/31

朝のニュースで沖縄の首里城大火災のニュースに気持ちが重くなった今年のハロウィンデー。

Img_1732

趣味や話が合う友人とのランチ&美術館見学が企画されていて、六本木の国立新美術館まで出かける。今回も、Hさんが3人分の美術展の切符を用意してくれて、レストランも予約してくださいました(いつも素敵な企画に感謝💕)。

今回は、フランスの有名ブランド:カルティエの作品を集めた展覧会。単に宝飾品や時計を展示するのではなく、「アーティストが作る美術品としての企画」ということで会場構成は「新素材研究所」
が担当していて、「フォルムとデザイン」「色と素材のトランスフォーメーション」などという章構成で個性的なスペースに時計や宝飾品が約300点展示されていました。

美術展でよくある「イヤホンガイド」が無料な上に「スマホ」使用で、入場するところから「さすがカルティエ!!」と思うまもなく、最初のスペースが暗い部屋に高さ8メートルの透ける布で12本の柱を作り、その中にミステリークロック(水晶の中に針が浮かんで見えるように作られた時計)を配置していてビックリ。世界の顧客約90人の「個人蔵」の所蔵品が展示品の約半数を占めるということで、美術鑑賞でありながらやたら展示品の想像もつかない価格がなんだか気になる(下世話な)私でありました。最終章のスペースでは、「撮影可能」ということを知り、スマホでバンバン撮影してきましたら、なんとモナコ王室から貸し出された「グレース公妃のルビーを配したティアラ」もありました。

Img_1714

栃木県の大谷石を積んだスペースにアール・デコ風の作品が並んでいたりして、面白い構成や、展示品のキラッキラに引き込まれて見学時間が一時間半を超えてしまい、13時予約の(美術館から徒歩10分ほどの)レストランに遅刻して到着する始末。

Img_2242

Img_2243

ゆったりと午後のひとときを楽しみ、レストランを出た後、車のベンツ(ヤナセ)が営業するお店でお茶(ベンツパフェなるものを食べる笑)して別れました。Hさんは今秋、長女が結婚💕、Tさんは新春に初孫誕生💓、おめでたい話を聞くとこちらまでなんだか嬉しい&そのうち我が家にも良いことあるといいなぁ😃⤴⤴の気分になります。ブリリアント写真たくさん付けておこうっと✨✨✨

Img_2254

Img_2245


Img_2256










 

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

 

 

«ランチ&ディナーのダブルヘッダー