« 病理診断結果が出るまでの日々(2) | トップページ | 不調 »

2012年12月23日 (日)

ホルモン治療と放射線治療

2012/11/21

午前10時:放射線腫瘍科で診察 治療の詳細説明、同意書にサイン等

午後2時: 乳腺科で診察、 血液検査の結果が出ており、本日リュープロレリンの注射を化学療法室で受け、ノルバデックス90日分の処方を受ける。

放射線治療は12月から開始予定。

注射、1本で3カ月分、ということではあるが、会計したら、いいお値段だ!(投薬&注射で\24,560) クレジットカードのポイントがぐんぐん貯まりそうだ。

思えば、ちょうど2カ月前の今日(9/21)、細胞組織検査を受けたのだった。 疑わしいから検査している、とわかっていても、親や親類に癌がいない身としては、「認めるわけにはいかない」という思いもあって、多忙に過ごしていた日々だったっけ。

シコリが悪性と知ってからは、なんだか怒涛の日々だったので結局私はこの病気になってから涙を1滴も流していない。

手術の前日のお風呂で、右の乳房を洗う時、「明日、失うかもしれないんだ」としみじみ思い、入院の際、友から差し入れてもらったロクシタンの「泡洗顔料」で右乳房だけ泡だらけにしてよーく洗ってあげたりしました。(でもやはり涙はナシ)

感情が安定している、と言えば良い表現だけれど、要するに私はもう、どーん、と「オババ」化していて(実際オバサンだけど)、恐れるものはナシ、という心境だったのかもしれない。

我が家のがん患者第一号になってしまった私。

まぁ、誰かが罹患すると仮定してら、

ムスコたちは絶対X 

オットも世帯を支える稼ぎ主だから困るX 

 ということでやはり私でよかった、ってことではないけど「仕方ないなー」などと思ったりするこの頃です。

« 病理診断結果が出るまでの日々(2) | トップページ | 不調 »

外来診察日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/56373518

この記事へのトラックバック一覧です: ホルモン治療と放射線治療:

« 病理診断結果が出るまでの日々(2) | トップページ | 不調 »