Instagramはこちら

  • Other Other: ID=nyonyakato
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • rakuten
  • ブログムラ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の2件の記事

2013年4月19日 (金)

新緑がまぶしいほどに…

桜は終わり…(と言ってしまうと、今満開過ぎた八重桜が「あたし、まだ、咲いてるし-」と憤慨しそうですけれど) 木々は新芽が次々と枝を緑に変え、文字通りの「目に青葉…」です。

昨年までと今年で、自然の美しさに対する「感動する気持ち」がこれほどまでに違うのには我ながら意外でしたが、それは「桜」よりも「新緑」でした。

桜をしみじみ美しいと思う感情は、年に1度の桜の季節を「あと何回」体験できるのだろうか、と残数を意識したときに、人はより「桜の開花」に心を動かす、

というようなことを昔ラジオ番組で聞きました。それゆえ、今年の「桜」には泣けるだろう私、などと勝手に想像していましたが…「新緑」、そうきましたか(笑)

P1000019_convert_20130418235509


乳がん患者を経験してから、「人生は有限」意識が強くなったこと。

世の中(生活)は続いていくだろうけれど、私はいつか死ぬ=不在となる、そんなことを

思うようになったことも事実です。

「どうせ死んじゃうんだからいいや(適当で…)」という投げやりな気持ちと

「人生たった1度きりなんだから、有意義に楽しみたい、美味しいもの食べたい、

好きなものに囲まれて、着たい服着て、音楽聴いてピアノ弾いて…」とまさに中年のがめついオバサン的な欲張り気分とが絡まっているのですが、

そんなものを軽く飛び越えて、「胸を打つ『美しさ』」が今年の「新緑」でした。

先日買ったばかりの、新しいデジカメの試し撮りも兼ね、勤務先の窓から街路樹のイチョウを撮影、帰り道、川沿いの緑地公園の木(何の木かとよく見たら「カツラ」と名札が)も撮影。

この日は、空の色が良く、夕焼けも、美しく、日没後の月(月齢は上弦=半月moon2)これもナイスでこのブログのタイトルを付けた管理人としても満足度高レベルgood。帰宅後は、少し気になっていた人からメールが返ってきていて、(σ・∀・)(σ・∀・)σ気持ちがupupheart。 夕飯に餃子を沢山作りましたscissors

P1000016_convert_20130418235302

P1000015_convert_20130418232919_2
勤務先の窓から撮影した街路樹のイチョウとそのズーム写真:上2枚

P1000025_convert_20130418235846
               帰宅途中の川沿いの緑地の木々

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

2013年4月14日 (日)

映画とママ友

3/314/14/34/10といつになく続けざまに映画を見た。

ストレスを貯めない→好きにする→見たい映画は全部見る

という理屈('')  

貪欲我が儘、とも思うけど、割引利用でチケット代金は1000円だし、

と自分で自分にゴーサイン出している感じであります(ニンマリ)

 

①3/31「相棒」

夫婦50割引を使い、相方(「相棒」とは呼びたくないというか夫婦間では普通呼ばないと思う…)と行く。私は結構楽しめましたが、水谷豊の登場がかなり少ないため「水谷豊が見たい」オットは評価△

②4/1映画の日「すーちゃん、まいちゃん、さわ子さん」

毎月1日の映画の日を利用してママ友と二人連れで見る→その後ランチ

 

誘ったママ友も含め、「見て良かった」「主人公その他の心の声、聞いていて楽しめる」「女性の人生について改めて考えさせられる」

見た二人とも「このての映画(クライマックスとかはない)」が好きかも、と思える作品でした。

③4/3

「ひまわりと子犬たちの7日間」

1日と同じ映画館(シネコン)で、水曜レディースデーを利用し、これは1人で見るザアザアぶりの朝だったけど、映画とランチが待っている、と足取り軽い、ホトフラなし…楽しめた。

主演の堺雅人の宮崎弁のセリフが聞きたかった、というのが第一の理由。犬の演技が素晴らしい。

ストーリーはまあまあかな。

④4/10  「プラチナデータ」

プラチナデータは原作、監督、主演の二人に興味をそそられて観た(これも1人で)

嵐の二宮くん目的(多分)の若い子たちの隣の席、こちらは嵐もキライじゃないけど、やはりトヨエツ(同世代)が未だにスタイル抜群でかっこいいことにいちいち納得しながら映画を見る。ドラマの展開としては、途中から「犯人」の目星がついてしまったことがちょっと残念。

4/1の食事は「チャヤ マクロビオティックス」

ここのレストランの特徴は、「からだに負担のかかる 肉・卵・乳製品や白砂糖は一切使用せず新鮮な季節の野菜や未精白穀物などを中心とした料理およびスイーツ

でありました。

健康的ではあると思いますが、肉で作るハンバーグの食感、食後のコーヒーなど、普段何気なく食べたり飲んだりの、食材や香り、味わいが、やはり、違うもので作ると似て非なるものになるということが良くわかった食事でした。とりわけ、コーヒーという飲み物は、やはりコーヒーにしか出せない、味、香りがあって、見た目が似ていると返って飲みながら「がっかり」感が増します。その昔、映画「風と共に去りぬ」を観た時、戦争で物資が無く、コーヒーが飲めず、仕方なくトウモロコシで作ったコーヒーを、ものすごく不味そうに飲んでいた主人公のスカーレット・オハラを思い出してしまいました。(私のがん闘病に食事療法は、まず、無理、という結論も出ました。)

4/3 は、阿佐ヶ谷にある「山猫軒」で。

食事して、夢中で喋っている間に、雨が上がり、西の空が明るくなりました。

私の「退院&職場復帰祝い」ということで、食事&花束 をいただきました。

ありがとう!!

P1020490_convert_20130414015839              山猫軒の上に「どうかどなたもお入りください」 と印字が…

こうして書き連ねると、私のストレス発散は「観る」と「食べる」なんだなあ、と改めて思う。

 

ママ友は、皆、よく本を読んでいるし、料理習っていたり、小物制作していたり、旅行行ったり、と本当に元気でアクティブです。ランチしながら、世界が広がる感じが楽しく、刺激を受けました。 明日から私もガンバロー!と思うのだ。

P1020487_convert_20130414015700

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »