Instagramはこちら

  • Other Other: ID=nyonyakato
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • rakuten
  • ブログムラ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の5件の記事

2013年6月11日 (火)

傷跡の経過観察と日記

2013/6月

今月も、上旬が過ぎた(今月が終わると今年も折り返し地点…Time flies.光陰矢の如し)健康のために、と始めたフィットネスクラブには、多忙を理由に3月、5~6月、休会していて、その代わり、ということで(?)、お金のかからない「ラジオ体操」を(お彼岸過ぎから)毎朝行っている。

物事は、継続することに意味があるものがあって、ラジオ体操などはその典型かもしれない。

運動に力の入らない女子校で、体育の授業=やっつけ仕事、のような中学高校時代、テストはラジオ体操でした。

記憶はおぼろげですが、とりわけ第二好きな先生だったようで、テストの課題は第二。

というわけで「体操」に関しては「正しく」行える自信があり、CD→i-pod録音、でご近所および車庫の外(の道=通勤通学路)から気づきにくい体制を整えて、雨の日以外はほとんど毎日、朝の6時頃に起きて体操してきたその結果…

なんと「肩こり」がゼロになりました(喜)(v^ー゜)!!

が、他にも、発見があり、体操中に術側が引き攣れるようになってきました。

「横曲げの運動」と「身体をねじる運動」の時、特に「引っ張られる」感覚です。

鏡に映すと、「横曲げ」状態の時、術痕の周辺から肋骨にかけて「数本の筋」が見えました。

何の筋?かは判りませんが、まあ、傷口とその周辺組織が、硬いので、身体を捻じ曲げると引きつるのでしょう。次回24(月)の診察で確認してくることにしよう。

ψ(`∇´)ψ

2013/06/06

勤務先の同期入社仲間四人で集まった。

パートなので年齢はもちろん、子どもの年齢も小5から社会人まで幅広い。

配属先もバラバラだけれど、会って話すと実に盛り上がるんだなこれが(^o^)/。

きっと、それぞれの配属先での仕事中の悩みなど、「思うところ」に共通部分があるのでしょう。

息子ぐらいの年齢から配偶者ほどの年齢が混在している職場は当然ながら男女入り交じっているし、主婦となって家庭に入った身としては、日常では巡り合えない人達と一緒にガンバるぞって働いている。「若い子が頑張る姿」を見ていてパワーをもらえるなぁ、(と思うのは何もAKB等のアイドルファンだけじゃないのですhappy02)

もちろん、なんでこんなにハードワークdownと思うこともあるけれど、ミスなくこなす達成感は家で料理が美味しく出来たときかそれ以上に?嬉しい(というかホッとする)

昼食は社内の食堂で早番遅番交代制でまかないのオバサンが作ってくれたお昼ご飯を食べる。(昼食の幸せ度は、オバサンの能力に比例する)

ご飯がおいしい、ということは私たちにとって「かなり重要」であることに改めて気づいた┗(^o^ )┓三

cafe

2013/06/08

 

大学生の劇団サークルの公演を観にいく

 

テレビドラマの収録ではないのでマイクが声を拾ってくれない…のに、声が小さいです。普通にしゃべってる、のが芝居がかっていなくて良いけれど。

情報化の時代、この舞台のために関わった人数の多さにびっくり「スペシャル・サンクス」に数多くの団体名と165人もの名前がずらり。

さらに劇団員のほとんどが(除く出演者)、男女に関係なく黒いスーツ姿で観客を出迎えたり見送ったり大学構内で宣伝したり、とまるで「シューカツ生」のようなキチンとした様子でさらにびっくり。

とくに、「見送り」は、「ちょっとした有名人の法事」を思わせる賑々しさ(観客を見送る道を作りその両脇にズラリとシュー活姿の学生が50人くらいはいたような)でした。

撮影した写真(といっても劇場内と上演中は撮影禁止でしたが)や、内容を記すと

いろいろバレバレになってしまうため割愛しますが、今の若者から見た「家族」というものについて考えさせられました。それと、会話を中断してまでも飲み物を飲む場面がやたら多かった!きっと、この劇団のみなさん、スタバやドトールが好きなんじゃないかな?と本気で思った。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

2013年6月 7日 (金)

シャネル・ネクサスホール

2013/06/05

銀座のシャネルビルの4階にホールがあるのをご存じですか?

http://www.chanel-ginza.com/nexushall/index.html

若い将来性のある音楽家たちを育てよう、と企画や支援をしているシャネル㈱が、彼らの成果を披露する場を提供し、希望者には抽選でコンサートに招待してくれる、という、我が家のような庶民にしてみれば「お得感いっぱい」のコンサートです。

実はこれ、昨秋の入院前日にも行っております。http://pulauseribu.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/mripet-ct-2247.html

ということで、当選2回目!。

ピアノ仲間と行きたかったのに、前回は手術前日、ということで保護者?のノリのオットと…

そして今回は、「抽選に当たった日が6/5=オット誕生日」ということで、「銀座で音楽聴いてディナーする」企画を誕生日プレゼントとする結果になりました。(抽選は5/31~6/6のいずれかに当選または落選ということでした)

仕事を終え、地下鉄で銀座へ。

少し早目に到着したので、まだ十分明るい銀座通りのシャネル周辺をぶらぶらすると、ダンヒルの店舗のショーウインドウにザックジャパン(キリンチャレンジカップ2013ラトビア代表戦 招集メンバー)の等身大?ほどの写真(勝負服)があった(*゚∀゚)=3 !!圧巻

http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20130426/106541.html

前夜の試合(オーストラリア戦、引き分け)を思い出し、カメラを自宅に置いてきたことを後悔しながら、オットに「ダンヒルの前にいます」などとメールし、じ~っと眺める。

18時開場、自由席の中で良い席をゲット(後で気づきましたが、私の横右へ5人目に日本テレビの木村優子アナウンス部長がいました。自信に満ちた堂々たる姿が印象的。開演まで連れの人と仲良くおしゃべりしていました)

プログラミング コンセプトが、バッハから現代の作曲家までの作品をバランス良く、だったので、この日のプログラムは、

1 モーツァルト 四手のためのピアノソナタ 変ロ長調 K-358

2 ラフマニノフ 14の歌 作品34より No14 ヴォカリ-ズ

          12の歌 作品14より No11 春の洪水

3プロコフィエフ ヘブライの主題による序曲 作品34

4ブラームス ピアノ三重奏第2番 ハ長調作品87

という変化に富んだものでした。

前の晩(サッカー試合のテレビ観戦)の疲れと、当日の仕事の疲れ?からか、頭痛がするのであらかじめ飲んでおいたロキソニンが効いたのは良かったけれど、演奏中に眠くなってしまったのが残念(とくに1曲目)

今回、私が知っている曲(家にCDとかある)はラフマニノフのヴォカリーズだけでした。クラシック音楽というのは、奥深い世界です。連弾曲も世の中、たくさんあるわけだし、トリオ(三重奏)に至っては、ただ聴いただけでは、ブラームス、メンデルスゾーン、ベートーベンのあたりは全く区別がつきませんsweat01

自分でチケットを手配するコンサートの場合、演奏者や曲目を吟味するわけですが、抽選に当たってゲットした今回のようなコンサートはそのどちらも選べません。旅行に例えたら、びっくりバスツアーみたいなものでしょうか?

音楽、好きなほうです、と言ってる割には、大したことない自分を改めて感じたのでした。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

2013年6月 5日 (水)

玉ねぎとパン籠

2013/05/30

ショパン・フェスティバル2013  in表参道  を聴きに行く 

(会場:カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」)

5/27~6/1の間、表参道にあるカワイの2F サロンで「ショパン」のピアノ曲を披露するイベントが開かれました。昼の部はランチタイムコンサート(30分、500円)、夜の部はリサイタルで2時間、3000円)  今回は夜の部、演奏者は宮谷理香さん(1995年ショパンコンクール第5位)を聴きにいきました。(宮谷さんは、マイピアノティーチャーの姪っ子さんです。96年のサントリーホールデビューコンサートを聴いて以来、好きなピアニストの1人なのでした。)

コンサートホールと違って、100人程度(?多分)のコンサートサロンでは、奏者との距離が近く、顔も演奏状況もよーく見えます。でも、これはピアニスト側からも同様で、聴衆の反応がよーく判るそうで、演奏にも力が入っている様子。アンコールも3曲弾いてくれました。

  この日の演奏

  子守歌 変ニ長調 op57

    舟歌 嬰へ長調 op60

    即興曲 第4番 嬰ハ短調op66「幻想即興曲」

  ポロネーズ 変イ長調op61「幻想ポロネーズ」

  バラード(1番 ト短調op23 / 2番 へ長調op38/ 3番 変イ長調op47/ 4番 へ短調op52)

    アンコール: プレリュード(op28-7)、雨だれ、黒鍵のエチュード

 

 今宵の収穫は、 舟歌と雨だれ、の2曲に 「水の音」 を感じられたこと。 「水の音」の表現なら、ドビュッシーとラベルが抜きんでている、とそれ以外、あまり集中して聴いてもいなかった。

翌日、勤務先でピアノ好き(大学ピアノサークル出身)の子(といっても今年30歳)とお昼ご飯食べながら、ショパンの話しで盛り上がる。彼は彼で、先週末、実家へ戻り、友人の結婚式でショパンのノクターン2番(フィギュアスケートでもよく使われる)を弾いてきたのだそうだ。

「舟歌」って長い割にイマイチ(良さが)判らないって思うんですけど、と言ってきたので、「うんうん、あれは、生演奏に限るのかもよ、水の音のキラキラ感が、フルコンサートピアノの音色で実に心地よかったよー」などと、オバサンなので、適当に返答してしまう。

バラード(個人的にはショパンはバラードが好き)は、何番が良かったですか?なんて言われると、彼も詳しいので、ああだこうだ、で結局何だったのか判りませんが、昨夜は3番がとりわけ素晴らしかったかな。彼は、絶対に4番が良いという。知名度は1番でしょうか。

宮谷さんは、、トークも上手で、今回は、今日のために練習をしている頃のことを披露してくれました。バラード等、大曲を弾きこなす作業のためにピアノ部屋に引き籠っているとだんだん「精神的に煮詰まって」しまう時があり、そういう場合は「気分転換」をするわけで、今回は思い切って外出、美術館に行ったそうです。

三菱一号美術館のクラークコレクション  http://mimt.jp/clark/top.html

で印象派の絵画を観てきたそうですが、その中で、ルノアールの「玉ねぎ(玉葱のある静物)1881年」 に胸を打たれ、しばらくその絵の前から動けなくなってしまったとのこと。

帰宅して、(クラークコレクションは既に終了)ネットで検索して「玉葱」を見つけました。

確かに、イイ感じです。構図が上手いし…。

ダリ(サルバドール・ダリ)の絵にも、玉ねぎ並みにスゴイのがあります。

 パン籠 (1926年)です  (カタルーニャ   サルバドール・ダリ美術館蔵)

2006年12月12日の朝日新聞夕刊(かなり古いデータですが)に「ダリ回顧展」という記事があり、当時、「うわっ、スゴイ」と感じた私は、記事を切り抜きしていました。

この当時、東京・上野の上野の森美術館では「生誕100年記念 ダリ回顧展」が開かれていたようで、ダリの幻想力をよく示す有名な絵「記憶の固執(ぐにゃりと垂れ下がる時計が出てくる、教科書等に掲載される絵)」とともに、紹介されていた「パン籠」ですが、驚くべきことに「全く違う絵」でした。

 ダリが22歳の頃に描いたこの絵は、精緻な写実的描写力で徹底しており、美術評論家の評価では、「かぎりない静けさと圧倒的な迫力」と言われています。

コラム(記事)は、「夢を紡ぎだす幻視者ダリも、実際の制作にあたって主要モチーフのデッサンから始めて画面を構築していくという古典的なやり方に従っていることを示していて興味深い」とありました。

芸術家(今日のピアニスト宮谷さんも含め)の本質には、基礎を徹底的に…などという外見からは想像出来ない、「体育会系」っぽいものが底流にあることが伝わってきました。

 

 

 

 

2013年6月 2日 (日)

乾杯

2013/06/01

今日からムスコの母校(中高)の文化祭です

それに合わせて(この方が忘れにくく集まり易い、確かに!)、ムスコその2 のクラスの「母親たちの懇親会」がありました。

卒業して2年目ゆえ2回目ですが、昨年は夜からの時間帯&姑の不調(夫は出張?)などの理由が重なり欠席でした。ということで、初参加となりましたが、幹事さんたちの手配や事前準備がとても良く、気持ちよく楽しく参加してきました。(参加者は25人ぐらい?)

場所は吉祥寺、炭火串焼 備長八(びんちょうや:昭和63年創業)

時間帯の設定も、午後3時~6時 で、貸切状態で、さらにコース料理がリーズナブルsign03

美味しく頂く中、「ビンゴゲーム」や「あみだくじ」を織り込んで、盛り上げてくれました。

こちらは、食べたりおしゃべりに夢中で、深く考えていなかったけれど、「ビンゴ」の1番乗りには「臨時収入yen」(これってかなり嬉しいかもsign01)が待ち受けるしくみであり、「あみだ」は次回の幹事が自動的に決まるというものでした。

ビンゴには、i-pad でのガラガラポン(画面タッチで数字が決定するのが斬新!)だったし、

「あみだ」は、(こちらは普通におこなわれて)結果、私は次回のお役目逃れられててラッキーhappy01

焼き鳥はもちろんのこと、デザートのわらび餅まで美味しく完食(full食べたどー)

そういえば、ムスコは「酉年」産まれだったっけ。

さて、6時というのはこの時節、外はまだまだ明るく、二次会にも行きました。

今度は、5人。 「フローズンビール」と「だし巻きアツ焼きたまご」が美味しいお店です。(名前忘れた)  私の乳がんのことを知ってくれているメンバーで、「復活の乾杯」をしてくれました。思えば、ムスコの高校卒業以来、髪の毛もバッサリとショートヘアーにして、かなり今までと違う様相の私に 「短髪が似合う」「元気そう」「肌つやもイイ感じ(放射線の影響なのかしら~smilesign02、と冗談ともマジメともとれる言い方には受けてしまいましたギャハハ)」

確かに、今まで経験したことのない「刺激」といえばそうですけど。  が、それよりも、今までは、何かと、「先ず、家族のために…」という漠然とした「大前提」が、乳がんを巡って、あっさり外れてしまい、「主たる目的=自分(朝ドラ風にいえば、ズブン)のため」という人生にシフトしているからなのでは…というのが私自身の分析です。

それにしても、「ママ友」には感謝ですo(*^▽^*)o。

ムスコその1では、同年代かそれ以上の方たちが多いのだけど、兄弟6歳違いなので、ムスコ2のママ友は、ほぼ、若い。(私には弟しかいないけど、まあ、年齢的には妹みたいなものですよね。かわいいなあ)スマホ普及率も上と下では、何だか違う感じがするのは気のせい?

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

2013年6月 1日 (土)

備忘録(演劇・映画など)

おのれナポレオン(2013/04/28)

初めて座った「ステージシート」とは、せり出した舞台の脇に舞台とほぼ同じ高さにイスを置き、役者の横顔も含め、表情や衣装のディテールまでが良く見える席でした。

ストーリーはまったく判らないまま観たので、最後まで、「・・・それでどうなるんだろ。」と目が離せない上に、途中休憩ナシのノンストップ2時間半。

女性でただ一人頑張っていたのが、その数日後に心筋梗塞で降板することになる天海祐希。宝塚でトップスターだったのだから、「舞台こなせて当然」という目で、しかも宝塚歌劇では有り得ない(と思う)「ステージシート」からも、観客が役者の全身&一挙手、セリフ回し(これがまた結構しゃべりまくり)をチェックされて、さぞかしキツイだろうな、ホントお疲れ様です。って思っていたところの降板ニュースでした。

それにしても、天海祐希は美人でした。

観劇そのものの感想は、というと、…まとまらないのです。登場人物の誰かに感情移入して観れば、良いのでしょうが、どれにもあてはまり、またどれでもない、という客観視で語るには、どの人物にも肩入れしそうな気持ちになりました。ナポレオンは野田秀樹が演じましたが、実物も、結構「ちっちゃい」人物だったらしく、結構リアルかもしれないと思うにつけても「深い」話しでありました。 個人的には、ハドソン・ロウ役の内野聖陽上手いなあ~と、また山本耕史がギターの生演奏をしたのですが、本当に目の前(1.5メートルくらい先)に見られて、ライブだ~(◎´∀`)ノってお得感に心の中でVサイン。

 

舟を編む(2013/05/01)

松田龍平・宮崎あおい、この主演の二人は言うまでもなく、だけどオダギリジョーもよかった。西川美和監督の「ゆれる」の役(次男)とちょっとかぶる気がするけど、オダギリジョーの適役かもしれないと思った。

松田龍平演じるマジメミツヤが「この仕事(辞書作り)に生涯を捧げるつもりです。」ときっぱり言うところにグッと来た。一体「生涯を捧げる仕事に出会える人間」は人類の何パーセントくらいいるのでしょうか?

そして、ビューティフルこの上ないと思ったのが、

八草薫(82歳)自然な感じで高齢者を演じていて、ものすごく魅力的…

着物姿もスタイル(体型や髪型)よりも、雰囲気で着こなして素敵

サスペンス映画のように、ドキドキハラハラしない映画だと(ストーリーもざっくり知っているからか)映像、音楽、そして登場人物そのものに興味が行きます。

仕事(生涯捧げるほどでなくてもいいです)かまたは趣味をもち、美しく老いて行けたら本望だなァ…。

 

ハーブ&ドロシ- 二人からの贈り物(2013/05/08)

ドキュメンタリー映画、現代アートのコレクション(郵便局員の夫の給料全額)生活費は妻(図書館司書)の収入だけで暮らす。

…夫婦共通の趣味があるのとないのとでは、夫婦として暮らす人生のバリエーションが違うと思った。でも、それは二人が心の底から「これが趣味で生き甲斐」と思えなかったらダメそうだ。

印象的だったのは、夫亡き後の妻の、モノの捨て方。 今どきのコトバで言えば「断舎利」です。なるほどー、モノはこうやって処分するのね、と参考になりました。

∑(=゚ω゚=;)

  わが母の記 (2013/05/12)

母の日のある今月(11~期間限定で)昨年好評だった映画のリバイバル上映を夫と観に行った(新宿ピカデリー)映画館の宣伝不足のせいか?、千円で観られる映画の割にはガラ空きでした。(ま、夫婦で行けば、夫婦50割引でいつでも千円だけど)

泣けました。 役者さんたちの熱演に拍手。冒頭から、三国連太郎が、「死にそうな父親」を演じていてあまりにリアル。主人公(井上靖)役の役所広司、母親役の樹木希林、三女(琴子)役の宮崎あおい、みな、本当に演技派だと思う。

小学生のころ読んだ(内容のほとんどは忘れかけている)「しろばんば」。そしてこの映画の撮影にも実際使われている「井上靖の世田谷の自宅」ですが、私の叔母が結婚して一番最初に住んだアパートが井上靖の敷地に隣接。窓を空けると「売れっ子作家の邸宅の庭」が丸見えでした。

そうやって、映画の中に「つながる」ものがあるだけに、興味を持って観られました。最後は涙涙。認知症の母親を、伊豆の片田舎で最後まで看取った長女役のキムラ緑子さんも、喜怒哀楽を上手に表現していました。

主人公洪作の妻役の女優さんの名前が判らず、帰宅後調べたら、「赤間麻里子」さんでなんと映画初出演でしかも誕生日が私と同じだった!!(10歳近く若いけどね)

 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »