« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月の3件の記事

2013年7月31日 (水)

この1ヶ月(続き)

2013/06/28 

落語 柳の家の三人の会  :練馬文化センター

演目  出来ごころ 柳家 花どん

     花筏     柳家 喬太郎

        仲入り

     金明竹   柳家 三三

     紺屋高尾  柳家花緑

 月末ゆえ、仕事が終わってからの落語でしたが、映画や演奏会と違って、「ワハハ…」と笑うせいか全く眠くなりませんでした。一緒に観た母が、オチを予想し的中するのでびっくり!。

2013/06/29-30

 

 虹の瓶、という綺麗なタイトルの舞台(学生演劇サークル)。 2日も観るというのは、この劇団の公演が、同じ出演者で、2つのストーリーを上演したため。  学生、スゴイ!!

抜群に演技&発声が出来ている役者さんがいました。(初日に観たムスコが同じ感想でした)

2013/07/07

第9回 イマジン七夕コンサート 鍵盤楽器の祭典

鍵盤楽器の歴史の流れに沿って、チェンバロ演奏に始まり、最後は、ヤマハが誇るCFX(フルコンサートピアノ)を4台も使い、ピアニスト8人16手での、ヨハン・シュトラウス・メドレーという華やかなピアノ演奏で終わったコンサートでした。

2013/07/13

シス・カンパニー公演  「ドレッサー」  :世田谷パブリックシアター

とても良い舞台でした。大泉洋、舞台もこなせて、役者なんだなーと感心。

音楽が良かった。バッハのゴールドベルク変奏曲BWV988~アリア

家にあるCDは「グレン・グールド  坂本龍一セレクション バッハ編」ですが、この2枚組アルバムのDISC1の1曲目が 上記のアリアです。

2013/07/21

暑気払い女子会  :ママ友の工房(アトリエ: アパート)にて

ママ友、侮るなかれ、かれこれ四半世紀の知り合いで、工房主宰しているMさんと我が家のムスコが晴れて今春から就職&自宅を出る 生活始めて、これでそれぞれ5人の息子たち全員が自立したため、母の会改め「女子会」です。

持ちよりの食べ物飲み物、美味しくて幸せhappy01  本場のタコス、最高です。

参院選の投票日だっただけあって、話しは、選挙、原発、介護や医療、女性と仕事等多岐に渡ってしゃべりまくって、気づくとあらら12時・・・。

しかし、我が家から徒歩3分のママ友工房、素敵heart01  あこがれます。

そして、仕事…。

仕事環境や内容に大きな不満があるわけではなかったのですが、

今後、親の介護?や自身の健康(体力とりわけ運動能力)や趣味のために

転職することに決めました。 思いがけず、話が進み、面接もパスして次の職場に

移るのに、今の会社から「せめて上期まで」と引き留められてしまって、結局なんと

仕事を複数抱えています。(乳がんの治療中なのにねぇ…今が一番忙しいとは…)

それなのに、仕事のテンションに合わせて?遊びもこんな状況です。

オットから、こう、次から次へと「お出かけ」ばかりしていると、記憶がどんどん上書きされてみーんな忘れちゃうんじゃないの??と、これはイヤみ?

それにしても、よくいろいろ盛りだくさんの1ヶ月を、こなしてこれて感謝です。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

この1ヶ月(よく遊び&働き!?)

週末にブログを更新、することも出来ないような1ヶ月になっています。

このまま8月に突入する前になんとかせねば…(まるで夏休みの宿題を一気にやっつけてる気分に近い)

一昨日から6/28(金)までの、遊び、のまとめ。

2013/07/28

松竹大歌舞伎: 練馬文化センターにて 

(市川亀治郎 改め 四代目 市川猿之助 襲名披露)




P1000240_convert_20130730214154


演目: 1 毛抜(歌舞伎十八番の内)  2 口上(猿之助襲名挨拶) 3 義経千本桜(川連法眼館の場)

写真は、口上の前にかかった幕(緞帳)。 猿之助の親友?の俳優:福山雅治から贈られたものだそうです。中央の隈どりは、4代までの猿之助の隈どりを、赤青黄黒の色別にして重ね合わせたというデザイン(福山雅治のアイデアなんでしょうか?)。猿之助は挨拶で「ちょうどDNAの色とおなじようになりました」とか言ってました。

歌舞伎の口上、初めて観ました。10人がずらりと横並び、一人ひとり口上述べます。中央で最後まで頭を下げていた猿之助がおもむろに顔を上げたときの緊張感で少し泣きそうな表情が、香川照之によく似ているのでびっくりでした。やはり従兄同士。どこか血のつながりで顔?表情?似るのでしょうか? でも、今までテレビとかでこの2人が似ていると思ったことは1度もないのですけどね。

2013/07/27

ボリショイサーカス東京公演: 東京体育館

思いがけず、親戚から招待券をもらい、ボリショイサーカスを堪能しました。

撮影禁止なので、何もアップ出来ませんが、定番とも言える空中ブランコは言うまでもなく、 動物たち(熊。犬、猫、馬)の演技も拍手喝采! また、ジャグリングや早替えなども目の前で演じてもらう迫力(なんと座席はアリーナ席の2列目)には圧倒されました。

2013/07/24

神楽坂でランチ(中学高校時代の友人と)

個室で楽しむ和風フレンチ(箸で食べられる)。

部屋の担当が副支配人の Iさんで、コースの説明から、ワインや食材に至る解説、そしてパンの焼き立て(追加)サービス、等、参加者全員、大満足でありました。帰り際、お店の入り口でIさんが写真を撮ってくれました(女優の柴崎コウさんがここで同じように写真を撮りました、とのことで、芸能人も訪れるお店なのだと知りました)

P10002331_convert_20130730213824

2013年7月 6日 (土)

診察日(放射線腫瘍科)

更新を怠っておりまして、今頃先月末週の診察日記ですε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

2013/06/24

放射線腫瘍科の診察日、待ち時間はわずか10分程度で、この診療科の外来は大抵、快適です。

担当ドクターに、胸を診察していただき、気になるところとかないかと聞かれたので、毎朝のラジオ体操時に、ひきつれ感があることを伝えてみた。

術側の腕を真上に挙げて、そのまま身体を伸ばして反対側に反らせると…やはり、ツッパルbearing そして、ストロー(というよりマカロニ?)のような筋が数か所に見える。

ドクターの回答

 「こういったスジ状のもの、出るケースもありますけれど、時間の経過とともに落ち着き、良くなっていきます。」

「ひどい症状の場合は、お腹中にたくさんスジが、チューブのように現れて、それが引き攣れるように痛むことがある。」

のだそうです。(先生からはそれ以上の症状に関する情報は伺えませんでした)

次回の診察は3ヶ月後、、しかも、担当ドクターは、7月~半年ほど『留学』するそうで、この次の診察は別の先生になることを知らされ、さらに、その次の診察でお目にかかりますとのこと。

「ということで、『よいお年を』ですねェ」などと言われてしまいました。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村>

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »