Instagramはこちら

  • Other Other: ID=nyonyakato
フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • rakuten
  • ブログムラ

« 傷跡の経過観察と日記 | トップページ | この1ヶ月(よく遊び&働き!?) »

2013年7月 6日 (土)

診察日(放射線腫瘍科)

更新を怠っておりまして、今頃先月末週の診察日記ですε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

2013/06/24

放射線腫瘍科の診察日、待ち時間はわずか10分程度で、この診療科の外来は大抵、快適です。

担当ドクターに、胸を診察していただき、気になるところとかないかと聞かれたので、毎朝のラジオ体操時に、ひきつれ感があることを伝えてみた。

術側の腕を真上に挙げて、そのまま身体を伸ばして反対側に反らせると…やはり、ツッパルbearing そして、ストロー(というよりマカロニ?)のような筋が数か所に見える。

ドクターの回答

 「こういったスジ状のもの、出るケースもありますけれど、時間の経過とともに落ち着き、良くなっていきます。」

「ひどい症状の場合は、お腹中にたくさんスジが、チューブのように現れて、それが引き攣れるように痛むことがある。」

のだそうです。(先生からはそれ以上の症状に関する情報は伺えませんでした)

次回の診察は3ヶ月後、、しかも、担当ドクターは、7月~半年ほど『留学』するそうで、この次の診察は別の先生になることを知らされ、さらに、その次の診察でお目にかかりますとのこと。

「ということで、『よいお年を』ですねェ」などと言われてしまいました。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村>

« 傷跡の経過観察と日記 | トップページ | この1ヶ月(よく遊び&働き!?) »

外来診察日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー。

半年別の先生になるのですね〜。そんな事ってあるんですね。
「放射線腫瘍科」っていうのは、いわゆる放射線科と同じですか?
私はたまたま放射線の治験に参加したので、定期的に診てもらって
いますが、普通に放射線やっても診てもらえるのかな〜?

>お腹中にたくさんスジが、チューブのように現れて
ううう痛そう(´Д`;)
かちゃまたさんの腕も、早く良くなると良いですね☆

こんばんは(^^)

お腹にチューブのようなスジ、ってちょっと怖いですね^^;
手術から1年近く経っても、まだまだ正常な状態には戻ってないということなんでしょうね。

かちゃまたさんの担当の先生はまだお若いのでしょうか?
留学から戻られたら、最新の放射線治療についてのお話が聞けるかもですね(^^)

ぬまさん

りコメ遅くなりましたm(_ _)m

ご指摘の「放射線腫瘍科」は恐らく「放射線科」と同じなのではないかと思います。

地下深い治療室で放射線治療を受けていたころ、私を含め、順番待ちの患者は
ほぼ全員(?)、癌患者、と思われました。

部長先生(教授)が「放射線を武器に癌と闘う」と主張していましたので、
このようなネーミングなのかもしれませんね。

お腹の引き攣れ、ですが、今月に入ったら、ほとんど消えてしまいました。
体操も、気を使わず、腕をぶんぶん振り回して(蚊よけも兼ねて?)います。

担当医は、若くて声も含めて「知的美」に溢れた女医さんです。
おしゃべりに花が咲く、という感じでは決してないのに、いつも診察が
なんとなく楽しみなんです。

次回はどんな先生なんだろか??

お腹のスジ、ほぼ解決しました。 無理のない範囲でラジオ体操を続行して
きましたが、それが程良いリハビリだったのかもしれません(結果的に)。

何か「症状」があるときに、「適切」な対応、というのが人それぞれでもあり
なかなか難しいのでしょうねー。

しかし、早朝のラジオ体操とはいえ、この数日は「爽やかさゼロ」、
見上げた空だけは、スッキリ、ということが多いです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/57738212

この記事へのトラックバック一覧です: 診察日(放射線腫瘍科):

« 傷跡の経過観察と日記 | トップページ | この1ヶ月(よく遊び&働き!?) »