« この1ヶ月(続き) | トップページ | 診察日記 »

2013年8月 2日 (金)

映画の日

2013/08/01(木)

毎月1日は映画の日、ということで、この日に予定が入らない限り映画を見たいと思っていたところ友人からの誘いが舞い込み、チケットも予約済み、乗る電車の時刻表も調べてくださり、至れり尽くせりの幸せな映画鑑賞でした。

 

 新宿三丁目 角川シネマ にて

映画タイトル  アンコール!!(原題は SONG FOR MARION)

主人公役は、テレンス・スタンプ(かつてスーパーマンの映画で悪役をやっている)

その妻役が、ヴァネッサ・レッドグレーヴ

劇中で合唱団とともに歌うソロパートの感動的な歌は、

シンディ・ローパー  「TURE COLORS」(トゥルー・カラーズ)

ビリー・ジョエル 隠れた名曲と言われる 「LALLABYE」(Goodnight,MyAngel)

日本でのタイトルは「眠りつく君へ」(ビリーが娘のアレクサのために歌った子守唄)

(あらすじ) 〈シネマトゥデイの文章を私後半以降書き換えました〉

寡黙でとっつきにくい性格が災いし、周囲から筋金入りの頑固おじさんと扱われ、息子とも溝ができてしまっているアーサー。そんな彼が愛してやまない、性格の明るい妻マリオンの癌が再発してしまう。

折しも彼女が在籍するロックやポップスの名曲を歌う合唱団「年金ズ」が、コンクールの選考大会にしゅつじょうすることに…。

マリオンは予選で「TURE COLORS」(トゥルー・カラーズ)を熱唱(感動的heart01)。予選通過を知ったところで、本選出場を夢見ながら天国へ…。

マリオンの代理で「年金ズ」のメンバーになるアーサーだが、個性的なメンバーや慣れない合唱に面喰う。

とまあ、こんな具合に展開し、最後はハッピーエンドです。

《私の感想》

イギリスという国の豊かさ、音楽文化に対する一般市民の理解のレベル、医療の在り方、

そんなこんなが、経済的には同じような先進国なのに、何だかかなり日本と違う。

「年金ズ」などというコーラスグループを小学校の音楽の先生(しかも若くて独身)が指導にあたる、などという設定は、多分東京にはありえないと思う。

癌の再発で、マリオンは末期癌患者となってしまいますが、生き甲斐とも言える合唱サークルとコンクール出場という目標があるからか、亡くなる前日まで、日々の生活は、今まで通り。夜中にベッド(ダブルベッドですぐ脇にアーサーが寄り添い寝ている)で眠るようになくなりますが、私が同じ立場だったら、この形が理想だと思う反面、夫を含めた「取り巻く環境」が、「こうはいかないのでは?」と醒めた目で観てしまった。

シンディ・ローパの歌、そしてビリー・ジョエルの歌、もう、ピッタリでした。(泣ける)

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

« この1ヶ月(続き) | トップページ | 診察日記 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(^^)
暑い日が続いてますが、かちゃまたさんは変わらずアクティブに活動されているようですね。
私も先日、映画を見ました。
『終戦のエンペラー』です。
ハリウッド映画ですが、よく見る日本人俳優もたくさん出演していました。

お仕事辞めて専業主婦になるのではなく、転職されるんですね。
今までよりも時間に余裕のある働き方をされるんでしょうか?
でも、希望通りにすぐ転職先が見つかるなんてすごいですね。
私なんて3年かかりました^^;

お仕事掛け持ちでお忙しそうですが、体調にはお気をつけくださいね(^^)

Sawaさん こんにちは

映画を見た日は、とても蒸し暑い日だったので、カラッと涼しい映画館で別世界(別時代)にひたれるのはちょっとした幸福感ですね。

終戦の…は、缶コーヒーBossのCM トミーリージョーンズ、や今年5月に亡くなった夏八木勲さんが出演している映画ですよね。(私は気分を盛り上げるために?終戦記念日の前後に観に行こうかと思っています。笑)

転職の件は、たまたまラッキーだったのと、異業種なのがポイントかなあ?
勤務時間も、フルタイム➡パートタイム➡プチ仕事(と自分で勝手に名付けました(^^))
とどんどんギアダウンしておりますf^_^;)

夏休み等を除けば、夕方からの勤務(塾の講師)という、映画観たりフィットネス行ったりするには最適(っていうかそのためにトラバりました)のプチワーカーです。
今のところは優雅ですが、そのうちジジババ4人の介護が待ち受けているのか??( ̄O ̄;)
未来のことはわかりましぇーん。

こんばんはー。
相変わらずアクティブに過ごされているようで
読んでてとっても刺激になります!
転職されるのですね。塾の先生!?何だろう英語かな?
私も今の会社に入るまえ、バイトですけど掛け持ちしてました。
雑貨屋店員と精神病院の心理士というとんでもない掛け持ちでしたがw
「忙」という字は「心」を「亡くす」と書きますが、私がまさに
それでした。
でもかちゃまたさんは、「大充実」って感じですね♪ステキ☆
神楽坂の「かみくら」私も行きたいと思ってました!
写真のどれがかちゃまたさんなのかな〜(○´艸`)

ぬまさん コメントありがとうです。 

ぬまさんの予想は図星で、確かに「英語」の先生ではありますが、対象は「小学生」。
ということで、中学生の英語の教科書がこなせていればOKという世界の先生です。

いずれにしても、本格始動は10月からで、猛暑の昨今は、サボっております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/57912664

この記事へのトラックバック一覧です: 映画の日:

« この1ヶ月(続き) | トップページ | 診察日記 »