Instagramはこちら

  • Other Other: ID=nyonyakato
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • rakuten
  • ブログムラ

« しこり発覚 1周年  | トップページ | 退職しました »

2013年9月29日 (日)

見切り席をゲットして…

2013/09/19

彩の国さいたま芸術劇場へ、「ヴェニスの商人」を観に行きました。

チケットが取れず、ほぼ諦めかけていた矢先、「見切り席」が売り出されていることに気づく。

「見切り席」とは、席が、端っこだったりして、舞台すべてが見えない(可能性がある)という席

そのため、料金も、¥9000→¥7000 お得になっているhappy01

今回ゲットした「見切り席」…ホントに最後の1席ということで、選択の余地なし、手続きに手間取ると(インターネット上では多数の人がアクセスしているので)、チケットは入手不可能、という排水の陣、みたいな心境のなか、¥7000の価値があるか、劇場の座席図とにらめっこしながら、「決定」をクリック! 座席は、 1階 RA列の4番、要するにR(右側)扉から入って舞台のサイドに1~2列作られたサイド席でありました。

今までの、経験で(舞台も音楽会も)、この席なら、きっと大丈夫、チケット入手 coldsweats01

当日、座席は、見晴らし良好、目の前の手すりにつかまって身体を乗り出せば、舞台の最右端も観ることが出来る満足のいく席でした。happy01

さて、前置きが長くなりましたが、「さいたま芸術劇場」なかなか素敵な劇場ですheart04(近代ヨーロッパ?の芝居小屋の雰囲気が感じられます。世田谷パブリックシアターに似てる?)

P1000321_convert_20130919212904


お天気も良く、思えば、本日は「仲秋の名月」の日でもあったので、このまま夜までいれば素晴らしい満月&劇場(ライトアップされた?)がみられたのでしょうね~

残念ながら、13:00開演の部でした。

(ここは、我が家からは遠いため、夜の部観るのは覚悟が要りそう…coldsweats02

P1000324_convert_20130919213410

観客は、ほぼ満席。舞台正面の最前列から5~6列は恐らく「猿之助ファンの皆様」とおぼしき御一行さまでした。品の良い年配層中心。

(トイレ休憩のとき、並んでいたら、「なんだか私、まだ、どうしても『亀ちゃんheart01』って呼んでしまうわ…」などと奥様コトバで話している婦人連れいましたし。)

それにしても、猿之助、素晴らしかったです。 こちらは7/28に歌舞伎(猿之助襲名披露)を観に行った記憶も薄れていないのにhttp://pulauseribu.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-d68d.html

シェークスピアの舞台俳優になりきっていました。 ヴェニスの商人、言わずと知れた「高利貸しのシャイロックが、アントーニオの胸の肉1ポンドを担保にする話」ですが、そもそもの借用者バサーニオの使用目的はポーシャへの求婚費用、アントーニオが返済不能になり裁判に持ち込まれた際、利発者のポーシャは、判事に変装して、この裁判を乗り切るというもの。

個人的には、シャイロックもシャイロックだけれど、「してやったり!」のポーシャその他もろもろ、にももろ手を挙げて共感出来ない、「う~ん、なんだかなァ」という作品自体がそれほど好きでもない、私の感情に引っかからないものでした。

が、ここで、猿之助と演出の蜷川幸雄氏は、共に「シャイロック」に肩入れする舞台に仕上げてきますsign03

朝日新聞夕刊(9/8)文化面でも、「法律上の正論は彼なのにね。多勢に無勢で詭弁が喝采を受け、彼は罪人にされてゆく」と猿之助はきっぱり言い切っています。(かっこいい)

ホント、その通り。お金の貸し借りは、法律を守らなくてはいけませんconfident

猿之助は、「劇場入り口のポスター」では、「市川猿之助」で写っていましたが、シャイロックとして登場してきたその姿は、ユダヤ商人で守銭奴老人そのもの、の風貌と目つき(目で演技が出来るのはさすがに歌舞伎役者)で、最初から観客心を鷲づかみにされました。

この物語の中で、シャイロックは面白くないことばかり。(娘もキリスト教の若者と駆け落ちしてしまう)怒りや苦しみを抱えた「苦悩の表情」…メイクはしていても、おや?誰かに似ているなあ、と、しばし見つめていて気づいたのが、今期視聴率1位のテレビドラマ:半沢直樹、に敵役として出演している香川照之でした。 やはり、従兄ですねー、似てる似てる。

劇場=素敵、と述べましたが、舞台作りも当時のヴェニスを上手く、カッコよく作りこまれていて、さすがlovely 見ごたえありました。 舞台から客席に降りてくる引っ込みは、まさしく歌舞伎の花道のノリ、で「苦悩に満ちたシャイロック」にさかんに拍手(歌舞伎ファン?)があるのは、「gawk え~っ!?、今ってシャイロック、のたうち回る苦渋の中なのに…」とさすがに違和感。 拍手は猿之助にだけ起きる、というのも、他の役者さんたち、やりにくいわーって感じたりしているんだろうな~などと思いました。

大詰め、改宗(ユダヤ⇒キリスト教)を強制されたシャイロックが無言で演技をします。これ、完全にやられました。涙涙でした。

今回の座席、前にも後ろにも人がいないので、思わずスタンディングオベーションup

見切り席、も悪くないと改めて思えたこのひととき(スタンディング=立ってしまうと立ちあがりたくない?かもしれない直後の観客に迷惑なのです)立ちあがって拍手を続けていたら、なんと、こちらに向けて挨拶している役者さんたちの中央にいる猿之助と、目が合ったような…m9(^Д^)プギャー

ミーハー気分で帰路につき、家までの長い道のりも心がルンルンしていました。

それにしても、役者ってスゴイ。 エネルギー半端ないshine

亀ちゃん(猿之助さん)、同時代に生きていられて幸せです。

P1000325_convert_20130919215437_2

P1000329_convert_20130919215710
 芝居に感動して、少し「ぼーっ」としながらポスター撮影したり、記念写真撮る方のお手伝い(シャッター押してもらえますか?ってよく声掛けられるタイプ)したりとのんびり劇場を後ににたら、もう、このような状況。「そして誰もいなくなった」であります。ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« しこり発覚 1周年  | トップページ | 退職しました »

観劇(歌舞伎以外)」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー。
かちゃまたさんも、相変わらずアグレッシヴですね〜!
元気もらえるわ〜♪
見切り席というのは初めて知りました。
定価より安くそんなに近くで、しかも特に不自由なく
見られるなんていいですね☆

あ、先日、かちゃまたさんからメアド入れていただいたので
私のメアドも入れておきますね〜。iPhoneです。

元気、ってもしかしたら、「もらうもの」かもしれない、ってこの頃(この年頃)思うようになりました。 食べ物だって、身体を支えるエネルギー源です。美味しいもの食べると幸福感味わえますし、「焼き肉」食べると元気が出る、などというのは実感です。

そして、「人」から与えられるエネルギーが、持続力では食べ物を上回りますsandclock

仕事場では、1廻りも2廻りも年齢が離れている社員さんたちや、元気なお客様、景気のいい話等々から元気をもらっていましたが、職場変わってからは、小学生の子どもたちからパワーをもらっています。人間含む動物の子ども、ってみな、可愛いですよね。
ホントは猫の子欲しいんですけど…。

見切れ席って、なかなかお得ですね。
ジャニーズの場合は、見切れ席だろうがケツ見席(お尻しか見えない席)だろうが立ち見だろうが、料金は同じなんですよ。
光一さん曰く、「運」だそうです^^;

「文化の秋」ですから、かちゃまたさんはこれからもいろいろ行かれるんでしょうね。
報告、楽しみにしてます(^^)

退職して、翌日からは弾けたように?日々出歩きまわって、ブログ更新遅れ気味です。
お互いに、気候の良い時期を楽しみましょうね。(先日は、映画見てから仕事に行ったら、緊張しているはずなのに眠気が…ヤバ|( ̄3 ̄)|かったです)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/58286733

この記事へのトラックバック一覧です: 見切り席をゲットして…:

« しこり発覚 1周年  | トップページ | 退職しました »