Instagramはこちら

  • Other Other: ID=nyonyakato
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • rakuten
  • ブログムラ

« パソコンストレス | トップページ | カルミナ・ブラーナ »

2013年12月 8日 (日)

大田黒公園の紅葉とピアノ

2013/11/30~12/1

ここ数年、気になっていた紅葉スポットを見に行きました。
その場所とは杉並区荻窪にある大田黒公園
音楽評論家の大田黒元雄氏(1893~1979)の遺志に基づいて出来た、区内では唯一、日本庭園の趣向を凝らした公園
です。昨秋は日テレの天気予報で「そらジロー」が紅葉の下で生中継していたし、今年もTBSやテレ東でライトアップのことが伝えられていた様子。
30(土)夜、オットと歩いて行ってみた。
P1000587
この公園の存在は、かなり昔から知っていて、当時この周辺の社宅住まい(数社)の「幼稚園仲間」のお宅へ自転車で遊びに行ったことが(かなり頻繁に)ありました。
が、子連れで日本庭園式の庭で桜を見たり紅葉を見る、という発想は皆無だったため
いつも通り過ぎるばかりでした。
P1000596
この時間の来訪者は大人(年配)中心なのだろうとタカをくくっていたら、さにあらず、小さい子供を連れた親子連れや若いカップルなど、車椅子の方や、ワンちゃん抱っこも含め、本当にいろいろな方たちがわんさか訪れていました。(サックスとキーボードによる若い女子2人のコンサートも行われていました)
P1000609 ライトアップの写真。
カメラ持参の人々がやたらめったら写真撮影しているので、ついついフラッシュ付きで撮っていたら、オットに、そうじゃない方がいい、とフラッシュ強制禁止して撮ったのが2枚目。
でも、目で観る限りは、ライトアップの紅葉素敵ですが、写真としてはイマイチなので、この晩は、荻窪駅まで歩き春木屋のラーメン食べて帰宅(タクシーに乗る、なんて言っていたのに結局帰りも歩いた)
翌日、もう一度見に行ったのです。(写真のため?)
P1000622
P1000623本日の秀作はこれ。(昨夜まったく上手く撮れなかった木戸門とそのズーム写真)
P1000625
公園内では茶室でのお茶のサービス、屋外コンサート、そして大田黒氏が書斎として使った「離れ」にピアノが展示されていました。
スタインウェイ社製(1900年、ドイツ、ハンブルグ工場)
外装はマホガニー仕上げです。
 
NHK大河ドラマ「八重のさくら」の主人公:新島八重(1845〜1932)が55歳の頃に製造されて100年以上経過したピアノです。   
                      パリ左岸のピアノ工房、を読み終えて数日だったので、マホガニー製のピアノ(って具体的にどんな感じ?などと考えていたので)、ピアノの第一印象が強烈でした。脚は何本ついているのか!?(答えは…8本です)とか、脚の写真までバチバチ撮って、周囲の人は何なのだろうと思っていたかも。本当は、鍵盤も観たかったな〜。
P1000626

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« パソコンストレス | トップページ | カルミナ・ブラーナ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/58719489

この記事へのトラックバック一覧です: 大田黒公園の紅葉とピアノ:

« パソコンストレス | トップページ | カルミナ・ブラーナ »