Instagramはこちら

  • Other Other: ID=nyonyakato
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • rakuten
  • ブログムラ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月の5件の記事

2014年2月25日 (火)

映画「小さいおうち」を観る

2014/02/17

第64回ベルリン国際映画祭の授賞式が2/15夜(日本時間16日未明)に開かれ、コンペティション部門で山田洋次監督の「小さいおうち」に出演した黒木華さん(23)が最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した。(日本人俳優の受賞は2010年の寺島しのぶさんに続いて4人目)
このニュースを聞いて、「小さいおうち」を観ていなかったことを後悔。
早速、機会があったので見に行って参りました。
山田監督の82作目。直木賞作品(中島京子著の同名小説)を原作に、太平洋戦争前から戦中にかけての東京の中流家庭に女中奉公した女性の目から、この家で起きたひそやかな恋愛事件を描いたもの。
P1000790
黒木華の演じた役は女中タキの若い頃。優しい奥様(松たか子)を心から慕い、家事に精を出す昭和の女性を控えめな風情で初々しく演じた。
P1000792
黒木華、デビューしてあっというまにテレビや映画によく出る女優になっています(多分)、私(程度の視聴者)がよく見かけるなあ、と思うのだから。
昨年のテレビドラマでは、
「まほろ駅前番外地」宮本由香里役(なかなか上手だと思った)
「リーガル・ハイ」 本田ジェーン
映画では、「舟を編む」で岸辺みどり、という編集者を演じていましたし、「おおかみこどもの雨と雪」で声優に初挑戦。
若いって素晴らしい、演技力があるだけにどんどん幅を広げていますね。
2/17朝日新聞の朝刊には 劇作家の野田秀樹さんの話 として
  私が2009年に行ったワークショップが最初の出会いでしたが、あの年齢の女優としては、何にも染まっていないようにみせることが出来る、稀有な存在で光っていました。最初に彼女に出会ったものとしてほんとうに誇りに思います。
とありました。すごいなー、野田さんに抜擢された人なのですね。
受賞当人のコメントが可愛らしいのでこれも引用すると。
「まさか、自分とは」
「監督に金の熊さんを貰えたらいいなあ、と思っていました」
「まさか、自分がとは思いもよらず、昼間はベルリン観光をしていた。名前を呼ばれ、パニックで跳び上がりそうになりました。
P1000793

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2014年2月24日 (月)

映画「ゲキxシネ」を見る

2014/02/05

五右衛門ロック(ゲキxシネ)を見る
新宿三丁目の映画館で朝の9時〜、1日1回のみの上映ということで、一緒に行きたいというムスコ2と出かける。
休憩はさみ、3時間の上映。 朝からだというのに会場はほぼ一杯。
トイレタイムのときに聞こえてきた会話の観客の場合、当時の舞台(2008年)を観て、DVDも購入し、そして今日またゲキxシネ観に来てます!っていうことでした(熱心だなあ) ま、確かに、舞台をDVDにした劇場中継は面白さが半減してしまって楽しめないかもしれませんね。 
配役で印象に残ったのは、松雪泰子の真砂のお竜。 2006年9月全国公開の「フラガール」(シネカノン制作)を思い出す。フラガールは、日本アカデミー賞総なめした映画でした(作品賞・監督賞・脚本賞・主演女優賞・助演女優賞・新人賞;蒼井優・話題賞)
ダンスが実に上手だった松雪泰子は、アカデミー主演女優賞とともにゴールデン・アロー賞もゲットしています。
真砂のお竜の「踊り」もエキゾチックで綺麗でしたし、森山未來と川平慈英のタップダンスもプロ並み?の上手さでした。
主役の古田新太と北大路欣也はじめ、出演者のほとんどの殺陣も凄いし、そこで流れるロックバンドのBGMが効果的。
歌舞伎、って四代目猿之助が「観客が舞台観てワクワク出来るエンターテインメント」だと言っていましたが、まさにそれを踏襲しています。
映画の内容:2008年夏、圧倒的人気を誇る劇団☆新感線が、東京・大阪を熱狂の渦に巻き込んだ舞台、新感線☆RX『五右衛門ロック』。新感線の公演の中でも特に音楽にこだわった、生バンドが舞台の上で演奏する“R”シリーズ。その最新作に相応しく圧倒的な迫力のロックに乗せ、歌あり踊りあり、笑いも涙もてんこ盛り、全てが迫力満点の人気舞台が《ゲキ×シネ》に─。これまで以上にこだわった映像と音を追求し、圧倒的臨場感溢れる新たな魅力満載の『五右衛門ロック』が誕生した。

時は豊臣秀吉の世。稀代の大泥棒・石川五右衛門(古田新太)は役人・岩倉左門字(江口洋介)らの手でお縄となり、釜茹の刑に処される。 その葬儀を仕切る謎の美女、真砂のお竜(松雪泰子)。 実は、お竜たちの仕掛けにより、五右衛門は生き延びていた。そこに現れる南蛮人ペドロ・モッカ(川平慈英)たち。彼らに乗せられた五右衛門一味は、南の果てのタタラ島に眠る神秘の石《月生石》を求めて船出する。

しかし彼らを追う左門字もろとも猛烈な暴風雨が襲い、海に投げ出される。南の島に流れ着いた彼らは、タタラ島国王クガイ(北大路欣也)の手下によって捕えられる。

絶体絶命のピンチの場に、クガイを憎むバラバ国のカルマ王子(森山未來)、ボノー将軍と妻・シュザク夫人(濱田マリ )が攻め込んできて……。

《月生石》の持つ力とは? クガイとは一体何者なのか? 果たして、五右衛門の運命やいかに!  (ゲキxシネ 五右衛門ロック より引用)

2014年2月23日 (日)

今月の収穫!?!?

関東地方に大雪が二度も降った今月。

ソチオリンピックのLIVE見たさに、昼夜逆転したりしながらも
なんとか日常生活とプチ仕事、家事(かなり手抜き)をこなしながら
本日に至りました。
明日の閉会式をもってオリンピックは閉会ですが、冬のオリンピック競技って
「観る」に関しては、夏のそれより好きなくらいです。
普段は何の接点もなくそれゆえ興味も持っていないくせに
競技が始まると「にわかファン」になって、いつまでも見ていたくなる性分。
子どもが育って手がかからなくなって、初めて堪能した冬のオリンピック。
新聞のスポーツ欄とネットで予習復習??しながら、じっくり楽しませてもらいました。
日本人のメダルの瞬間、ほとんどライブで観られている感じです(幸せheart04
その一方、ソチとの時差ゆえの放送時間で、眠さよりも食欲に負けて
夜中に食べる生活を17日間繰り返し、なんと3キロ重量オーバーです(ガックリ)
特に、カーリングの試合は、休み無く食べていたような…。
大雪のために2度雪掻きをしましたが、カーリングやりたくなる気分。
友人から、あの、氷上をシャカシャカと掃くブラシは1本5万円、ストーンは十数万円するのだって、と教えられ、へえ−あれがねえ、などと思いながら、16世紀にスコットランドで始まったという、伝統スポーツに魅入ってました。
この勢いで今年はパラリンピックもテレビ観戦、応援するぞ、って思います。
これ以上おデブになっては困るので、ダイエットまたは運動しながら、という条件で。
NHKハートネットTV (Eテレ) のソチ・パラリンピック、の放送ではオープニング曲がLinkin Park の「Faint」です。映像も含めてなんだかカッコいいlovely
今月の収穫は、ソチオリンピックをテレビで堪能出来たことと、3キロの贅肉皮下脂肪でした。(おなか周りから太ももあたりがヤバいヤバいcrying

2014年2月 8日 (土)

大雪

2014/02/08

午前1時半に起きて(起こしてもらって)、ソチオリンピックの開会式を
テレビでたっぷり観る。
NHKのBS放送はコマーシャルないため、文字通り「見っぱなし」で、
時間帯が時間帯だけに、かなり疲れが…。
眠くもなり、そうだ、予報によれば、もしかして窓の外は…
「雪」でした。
演出効果、バッチリscissorsであります。
4時過ぎに眠り、8時半に起きたら、外は「大雪」」の予感がする降りかたに
変わっていました。
13年ぶりの大雪だそうで、13年前は小学生だった大学生のムスコ2と
雪掻き…ついでに、塀に寄せた雪の塊で、こんなの出来ました
P1000769
それにしても、よく降ります。
テニスしていないのにテニス肘になっている右肘が、雪掻きで酷使されて
ちょっと痛いです。雪見酒でもして…また今夜もソチオリンピック観戦?

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2014年2月 2日 (日)

夜景を堪能

2014/02/01

長い歳月を一瞬で乗り越えられる学生時代の友人、オットは友人に恵まれていて
こうした利害得失ナシの安心感で繋がった友人たちと新年会をしています。
そこに妻も参加させてもらっていて(私の場合は婚約している頃から、という筋金入り!?)この人間関係はお金で買えないプライスレスhappy01happy01
 
P1000741 新年会の記事は、参加者の要望もありFBに転載することになりました。今までFBはオブザーブに留まっておりましたので、うまくアップできるかわかりませんが、なんとかやってみます。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »