« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月の17件の記事

2014年3月31日 (月)

日経健康セミナー 21スペシャル 講演会 (続き)

2014/03/31

昨日、記せなかった分
「講演タイトル: 最近よく耳にするジェネリック医薬品って何?」
ということで、がん専門薬剤師さんによる基調講演の2つ目は、乳がん治療に使われる薬の話し、とジェネリック医薬品との付き合い方 についての話しでした。
ここで、パネルディスカッションのことを思い出しましたが、
乳がんの浸潤タイプでは、微小転移(将来の再発の種)を摘み取るために薬物療法があります。治療方法を決めるに当たっては、医療者向けの「診療ガイドライン」と一般向けのガイドライン(乳がん学会等が編集している)があり、大抵の場合、「標準治療」を行います。 この「標準治療」という言葉。誤解を招きやすく、「標準=スタンダード」と解釈すると、治療のレベルが、食べ物(寿司や鰻)に例えたら「松竹梅」の竹か梅?と勘違いされることがしばしば起こるそうです。標準治療 とは今の医学のレベルでの「最高水準クラスの治療」なのだそうです。 ネーミング、なんとかなりませんか?とパネラーから上がりました。
さて、ジェネリック医薬品の話し
パワーポイントの画面をレジメにして配布してくれていたので、画面展開が早くても後からゆっくり復習出来ましたhappy01
私が服用中のタモキシフェンで考えてみると…
P1000891
P1000890
P1000892
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
ホルモン治療で使う薬には、すでに多くの
ジェネリックが存在していました。
錠剤の組成、などが一覧になっていて、これ
は帰宅後、ネットで調べました。
タモキシフェン20mgの場合、先発品(多
分ノルバデックスでは?)とジェネリックS
では、ジェネリックだけ1つ組成項目が多く
、それは、カルナウバロウという成分。
調べてみると、それは、南米で生育している
カルナウバロウヤシの葉から採れた植物性のワックスらしい。
全く同じ組成項目は、
トウモロコシデンプン、 
クロスカルメロースナトリウム、
ステアリン酸マグネシウム、
ヒプロメロース  の4つ
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
似ている名前のものは、
先発→ジェネリック の順に記すと、
 乳糖水和物→乳糖、
 ゼラチン→コハク化ゼラチン、
 マクロゴール300→マクロゴール6000、
 酸化チタン→酸化チタン・タルク
○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*
これも判る範囲で調べると、 コハク化ゼラチンは別名コハク酸ゼラチン で 役割は主に コーティング剤、剤皮に用いられる。
マクロゴール は 後につく数字で、常温での状態が違うもののようで、
 400だと粘液性のある液体、1500だとワセリンの風、6000だとパラフィンのような塊 
またファイザー製薬の解説では 乳糖「ホエイ」(一般名:乳糖水和物)
とありました。  こうなると、素人には違いが全くわかりません。
そして、これを5年服用した場合、3割負担の私の場合、先発品だと¥186,862円で、ジェネリックだと¥51,081円  結構な差が出ます。
主婦を長年やっていると、この差額で何が買えるだろうとか何処に旅行に行けるだろうか?などと考えてしまいます。
個人的には、ジェネリックを試してみたい気持ちにかられます。
が、昨年薬局で判明したことは、私が持参した処方箋には「後発医薬品への変更不可」欄にマイドクターの署名が入っていたのでした。
しかも、今現在、私は投薬(飲み薬&注射)の副作用はほぼゼロに近い状態。
家族に相談したら、先生に頼んで変更した挙げ句、それによって副作用が出たり、最大の不幸は再発したら取り返しのつかない気になると思うよ。と言われ、それもそうだな、とジェネリック医薬品に踏み切れないまま今に至っています。
がん治療、などという「敵が見えない」病気でなく、近所のお医者さんに掛かるとき(風邪やら何か)でジェネリックを先ず試してみようと思っていて、私は乳がん治療以外では、ほとんどお医者さんに行っていなかったことが判りました。例えば風邪薬3日分程度をジェネリックにしても、金銭的な負担差は…どうなんでしょう?
スーパーの売り出しで、あれもこれも買って、これを売り出しじゃない時に買った価格との差に喜ぶ程度かな?
ジェネリックが出るほど年月が経っている(特許が切れる)のなら、先発品の価格だって下げたっていいのになあと思うのは私だけでしょうか?
そもそも、副作用が無いホルモン療法の薬の効き目というのは私にはあるのかな?
(副作用があるのは効いている証にも思える昨今)
基調講演①のドクターは、「究極のがんリスク軽減」は「スポーツと食事」がポイントだと最後にお話されました。暖かくなるこれから、スポーツ頑張る方が手っ取り早いと思いました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2014年3月30日 (日)

日経健康セミナー21スペシャル 講演会に行く

2014/03/30

日経新聞主催のイベント「日経健康セミナー21スペシャル: 乳がんとともに生きる」
を聞きに行ってきました。
会場は横浜、みなとみらい にある「はまぎんホール  ヴィアマーレ」 13時〜
P1000883
ランドマークタワーや横浜美術館の近くにある、横浜銀行本店ビルの1階ホールです。
P1000882
サブテーマは、あなたと家族のためのがん治療とジェネリック医薬品
プログラムは 、乳腺外科医の基調講演、がん専門薬剤師による基調講演、そしてこの2人に、がん専門看護師とNPO法人キャンサーネットの代表者(患者代表という感じ)を加えたパネリスト4人&元NHKアナウンサー総合司会のディスカッションでした。
P1000880
乳腺外科専門医(51歳のベテラン医師)による「がん」という病気の話は、なかなか奥深かった。生命あるものには終わりがあり、どんな人もいつかは死を迎える(この世に生まれたからは、致死率100%)。さあ、そんな中で、あなたはどんな思いでその日までを過ごしますか? と聴衆にマイクを向けて数人の発言を拾ったあと、ご自身が医師として亡くなる患者を見送るときの話をしました。  患者さんが亡くなるとき、「先生、今までありがとう。」と周囲に感謝を述べて安らかに息を引き取る人と「先生、何で私は死ななきゃならないの?何とかして!もっと生きたい、死にたくない」と訴え続ける人、の2通りだそうです。
これは、生きている時間の長さ、だけでなく、「納得」出来るか出来ないか、ということらしく、納得出来る人生を送るにはどうすればいいのか、という人生相談のような展開に。
人間には基本的に、生きる力が備わっているので、患者の持っている不安とは何なのか?(どうやったら安心できるのか?)  まずは、話を聞いてあげる。「そうか、そうなんだね」と聞く、それだけで充分です。とのこと。
薬剤師の方の講演は、乳がん治療に使われる薬についての話とジェネリック医薬品との付き合い方  が主な内容でした。 ジェネリック医薬品について、とパネルディスカッションについては、 いろいろ勉強になることがあったが、今夜sleepyはもうくたびれたので明日に改めて記録することに。
今日は、帰りに横浜美術館を覗いてくる予定だったけれど、荒れ模様の天候で止めてしまいました。久しぶりの横浜みなとみらい。春到来(子どもは春休み)ということでなのか、人で一杯でした。
P1000885
春らしく華やかcherryblossom
ランドマークプラザ 3F 風の灯台 に 「クリスタル桜」」が期間限定でありました。
クリスタル桜、とは、桜の生木に桜色のスワロフスキー社製のクリスタルエレメンツ約5000個を飾り付けた高さ約3mの展示。  
P1000888

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2014年3月29日 (土)

世界フィギュアスケート選手権  2014

2014/03/26~29

ソチオリンピックからひと月経って、フィギュアスケート世界選手権が日本(さいたまスーパーアリーナ)で開催されました。そのうち、男子シングルと女子シングルは、金メダル!! 羽生クンと真央ちゃん、おめでとうheart
昨夜の、男子フリーと今夜の女子フリー、をテレビ観戦で楽しみました。
会場のさいたまスーパーアリーナ、は1万8千人余りの観客数だったそうで、
フィギュアスケート観戦にこんな大きな会場があったとは、日本も捨てた物ではありませんねhappy01
その、会場に詰めかけた皆さんの声援に答えるように、男子(羽生選手:意地と気合いの逆転優勝)、女子(浅田選手:自己最高を更新)とも表彰台の真ん中をゲット、国旗掲揚には君が代、なので、表彰式までずっとテレビを見ていました。
女子の結果は概ね思った通りだったので、さておき、昨日の男子の結果が印象に残りました。
男子の結果  (フジテレビ HP より)
選手名出身トータルSPFS
1 羽生結弦 日本 282.59 91.24 191.35
2 町田樹 日本 282.26 98.21 184.05
3 ハビエル・フェルナンデス スペイン 275.93 96.42 179.51
4 マキシム・コフトゥン ロシア 247.37 84.66 162.71
5 ジェレミー・アボット アメリカ 246.35 79.67 166.68
6 小塚崇彦 日本 238.02 85.54 152.48
僅差で羽生君が逆転優勝しましたが、ソチ五輪金メダリストのプライドですね。
町田君も初出場ながら、よく頑張りました。二人とも大健闘!!。
でも、気になったのが、最終滑走で登場した、小塚選手。
高橋大輔選手の欠場で、急遽、出番が訪れ、3週間で仕上げなければならなかった結果、スタミナ不足で、特にフリーはヘロヘロ、体がなんだか重たそうでした。
この結果に、佐藤信夫コーチは以下のコメントを残しているそうです。
「もう少し、まとめられたら良かったかな。(ソチ)五輪出場が叶わず、心のブランクが長かったから(練習が)十分にできていなかったと思う」
「心のブランク」  そうですよね。
五輪代表は何で自分じゃないのか、と憤りを感じることがきっとあったことでしょう。
フィギュアスケートの世界、って、芸術の世界(音楽や絵や書道など)と似ているような気がして、私はスポーツとしては、何となく好きになれません。(気持ちよく見るなら、スピードスケートのほうがフェアでスッキリhappy02
非凡な才能を持っているフィギュアスケートの代表に選ばれる選手たち。
そんな彼らにも「心のブランク」は容赦しない、というのが今回の小塚選手の結果だと思う。佐藤コーチは、人間的に懐大きい方(本質的に優しい人)のようで、心のブランクには、、どう励まそうが叱咤しようが、結局は本人の心次第、という目で選手を見守る。
完璧な人間がいないように、完璧な選手もいない。
肝心なのは、自分に向き合う(弱さや脆さを含めた全てに向き合う)辛さに耐えることだと思う。
表彰式後のインタビューで、浅田選手は「スケートっていいな、と改めて思いました」と語っていましたが、ひたすら練習を重ね、膨大な時間をかけて、自分を磨いてきた本人の口から出たその言葉は、輝きを放っているように感じました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2014年3月28日 (金)

診察待ち時間

2014/03/26

先週に引き続き、乳がん検診のために病院へ行ってきました。
本日のメニューは、腹部エコー検査とマイドクターの診察。
エコー検査の予約が14:20でそのあとドクターの診察が15:00という予定です。
病院へは、14時少し前に到着。受付など順調に進み、エコーの順番待ちに入りました。多くの検査室が稼働中のようで、待っている患者数も結構あったのに、予約時間より前に呼び出され、検査が終了した時間が14:20ジャスト(◎´∀`)ノ
順調な滑り出しに気をよくして、すぐさま階下の乳腺外来のブロック受付で、予約確認してもらって、再びベンチで待ちます。
この時点で、この場で待っている(と思われる)人数が数名だったので、この調子なら診察も早いかも…と思っていたのですが…。
今日に限って?診察室の回転が悪く、その上、待ち人は増えていく状況…。
どのみち、予約時間以前には呼ばれないような気がして、同じフロアのナチュラルローソンまで気分転換に足をのばすことに。(腹部エコー検査のために昼食まだでしたbearing
いろいろ迷った挙げ句、わさび味ごはんを使った「いなり寿司」とチョコレート、飲み物とグミを購入。食品とりわけ「お菓子」に関して物珍しいものをすぐに買ってみたくなるたちであります。  本日の、お茶とグミはこちら
P1000877
鹿児島県産ごぼう使用の「ごぼう茶」
和歌山県産 紀州梅エキス使用の「うめぼしグミ」
です。
両方とも、風味と香りがなかなかで、白い炊きたてご飯が食べたくなる感じ。
さて、その後、待てど暮らせど?なかなか順番が来ない。
担当医はかなり多忙な日々をお過ごしのようで(自身が入院中、見ていて、実に良く働くなあ、と感心してました) こうして予約していても、かなり待つことは、時々あります。
そういうときのために、本とかipodとか食べ物飲み物をバッグに準備して、覚悟を決めているのでイライラしないかちゃまたさん(笑)。 それどころか、周囲に熟睡している人が二人以上いると、あくびじゃないけど、伝染してくる。 ふと気づくと、文庫本閉じて、
10分ほどでしたが、熟睡しちゃいました。(短時間の熟睡sleepyこれがまた気持ちよい)
が、しかし、「もうそろそろかな?」と16時を過ぎるあたりから。予約進行状況掲示が気になりました(本日はずっと空欄のまま)。結局、呼ばれた時刻は 16:20。
それでも、いつもの明るく元気な先生に診ていただき、次回以降の話をするために
再度、ブロック受付に寄ったら、強い口調で、
「順番が遅すぎる。私は抜かされているのではないか?
こんなに待たされる事情は何?。そもそも、こんなでは「予約」の意味ないじゃん」
と猛烈に抗議している患者さんがいました。
感情って、イライラがイライラを呼ぶんですよね。
しかも、「怒り」というネガティブな感情は、一度高まると、なかなか厄介で、
スーッと収まるように出来ない自分にまた腹が立ったり、自己嫌悪したり。
「自分の」感情に振り回されると、心が苦しく、きっと表情も暗くなりがち。
(実際、クレームしている同年代の患者さんは、表情がキツかった)
50代からの、人間磨きのポイントは感情を無理なくコントロールするノウハウかもしれないと思った診察日でした。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

 

2014年3月27日 (木)

テレビドラマ TBSxWOWOW コラボレーション「ダブルフェイス」

  3/24 と 31 の2回に渡って放送のTBSドラマが、とてもいい!!

最初のオンエアは、2012年10月で、この月は私は「入院手術」をしたため、気になりながらも見損なっていたもの。この期に及んで、再放送です(理由は来月から始まるTBSとWOWOW共同制作ドラマの宣伝になるから、なのですが) 
以下、TBSのホームページから「ダブルフェイス」」の解説を引用しました。
主演の二人には、それぞれこんなコピーが…
  「ヤクザの幹部、実は潜入捜査官  : 西島秀俊」
 「エリート警察官、実はヤクザの潜入員 : 香川照之」
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
表と裏、2つの顔を持った2人の男。その運命をシリアスかつダイナミックに描くスペシャルドラマ「ダブルフェイス」を、TBSとWOWOWで共同制作&放送する。 今年10月にTBSで放送された『ダブルフェイス 潜入捜査編』の主人公は、闇組織の中で警察の潜入捜査官として生きる森屋純。 同じくWOWOWで放送された『ダブルフェイス 偽装警察編』の主人公は、エリート警察官ながら実は闇組織のスパイである高山亮介。 まったくの正反対な立場であり、決して相容れることのない純と亮介。善と悪、光と陰、葛藤と愛、友情と裏切り、そして対決・・・複雑に絡み合う2人の運命を、「潜入捜査編」「偽装警察編」の2作品で描く。 トニー・レオン&アンディ・ラウの主演で世界中で大ヒットした香港映画「インファナル・アフェア」をリメイク、舞台を日本に設定し単なる刑事モノ&やくざモノの作品では終らない濃い人間ドラマとして味付けし、緊迫感あふれるスリリングな作品をお送りする。 ドラマ『ダブルフェイス』では、このビッグ・プロジェクトにふさわしい人気・実力を兼ね備えた主演俳優が決定した! 『ダブルフェイス 潜入捜査編』の主人公・森屋純には西島秀俊。『ダブルフェイス 偽装警察編』の主人公・高山亮介には香川照之。日本のテレビ・映画界をリードする名優2名が、夢の「競演」を果たすことになる。 さらに脇を固める共演者も、和久井映見、伊藤淳史(「潜入捜査編」のみ)、蒼井優(「偽装警察編」のみ)、角野卓造(「潜入捜査編」のみ)、小日向文世と豪華な顔ぶれが集まった。 また、出演者だけでなく、制作陣も豪華な顔ぶれとなった。監督には映画「海猿」シリーズでメガホンをとった羽住英一郎。脚本には「パッチギ!」「フラガール」を手がけた羽原大介。音楽はドラマ「SP」シリーズ、「外交官 黒田康作」シリーズなど印象深い劇伴を創り出している菅野祐悟。万全の制作体勢で注目のコラボレーションに挑む! 『ダブルフェイス』は、「潜入捜査編」だけでも1つのドラマとしても成立、「偽装警察編」だけでも1つのドラマとして成立する作品となる。 しかし2つのドラマを併せて見ることで、このドラマの奥深い世界感が分かること間違いなし。日本のテレビ業界初の試みを、豪華な出演者&隙の無い制作陣でお届けする『ダブルフェイス』。そこにあるのは希望か、絶望か? TBSとWOWOWが贈るビッグ・プロジェクトに、ご注目下さい。
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
設定が設定だけに、見ていてハラハラする。
ドラマなのだと判っているのに、スリリングな場面が多く、「わーん、その後の展開見るのが怖い!!」とベソかきながら見ている気分なのです。
主演の2人、は申し分無く上手い。それぞれ、昨夏の「半沢直樹の大和田常務役」や今年1月公開の「ゲノムハザード」主演、というような活躍ぶりである。
31日放送分はまだ見ていないのだけれど、それでも今のところ、役柄的に、一番、残忍そうで怖さが光っているのは、暴力団の親分演じている小日向文世。
静かな雰囲気で、時には「微笑」をたたえた表情までも、裏に残忍さがあるがゆえに非常に恐ろしいのです。この人をボスとするヤクザを演じなければならない潜入捜査官(西島秀俊)の苦悩は「並大抵」のことでは決してないことがドラマに深みをもたらしています。
来週(31日)は、香川照之が主演の「偽装警察編」です。
これだけの演技が出来る役者は、歌舞伎に専念、は宝の持ち腐れです。
スーパー歌舞伎に、中車、として香川照之いないわねえ、と新橋演舞場で歌舞伎見たとき他の観客が言っていましたが、う〜ん、歌舞伎役者を無理にやらなくてもいいんじゃないか?  というのが率直な感想。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2014年3月26日 (水)

同期の昇格祝いランチ会

2014/03/24

私は昨秋、自己都合退職してしまったけれど、続けていれば今春9年目となるパートの仕事。入社同期で今でも仲良く連絡している仲間がいます(辞めた身には嬉しいことデスlovely
そのうちの一人が、職種を変えるべく「試験を受け(受験するには支店長の推薦状が要るそう)」合格率が約30%の競争を勝ち抜いて、見事「リーダー」の職種に就くことになり、そのお祝い(をダシにして)ランチ会しました。
場所は新宿。小田急ホテルセンチュリーサザンタワー 20F 
レストラン「トライベックス」
実はここ、私たちの定例会場所でもあり、8年前からランチの常連です(といっても年に1〜2回利用)
お天気が良いと見晴らしが良く、値段的にもお手頃で、気分が上がるupようなお店ゆえか、ママ友やらオバサマグループの女性層でいつも満杯です。
P1000865
今日は、スカイツリーもなんとか写真に収まりパチり
P1000866
席から見下ろす風景がこれ。
食事とお喋りに夢中で、これっきり、外などしみじみ見ませんでしたが、JR新宿駅に出入りする電車が上から丸見えです。
鉄道好きな人なら居座り心地がさらに良いかも!?
ランチは2000円のコース(肉か魚かパスタを選ぶ&サラダバー)に500円追加で選べる6種のデザート&珈琲紅茶
P1000867_2
P1000869
P1000871
野菜の値段が高かったこの冬〜春を思う我々兼業主婦は、サラダバー、をてんこ盛りにしたあげく、モリモリ食べて(食べ過ぎて?)デザートとコーヒーあたりでは、ものすごくお腹いっぱいになりました。
この年齢(老眼や更年期が気になるお年頃)になって、敢えて「勉強」し、「受験」して、さらに仕事のテリトリーを広げ、かつ、責任も持つ、という彼女の選択。すごいです。本当に頭が下がります。彼女と働ける、行員さんたち、幸せ者だなあ。
心ばかりのお祝い品として、彼女に「お花とお菓子」を渡そう、という話になって、私はミニブーケを担当。最寄駅に行く、途中の花屋で作ってもらったら、季節だから、と「さくら」を入れてくれて、なんだか華やいで可愛らしいので、電車待つあいだに、ベンチでパチり!!  ついでに、他の人が買ってくれたスイーツ「シュークリーム」…なんと私の分まで用意してくれました感謝heart02  も自宅で食べる前にパチり(シュー皮がサクサクです)  
P1000863
P1000873    
                      パティシエ ジュン ホンマ というお店の看板商品。吉祥寺と高円寺にお店があるようです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2014年3月19日 (水)

診察前の採血・エコー・レントゲン

2014/03/19

先週、ブログ更新してから、確定申告(医療費還付)だの法事だの現実的な用事をこなしているうちに、今月も間もなく下旬、昨日は彼岸の入り、でした。
ブログを始めるきっかけとなった「乳がん」が見つかってから1年半。今では3ヶ月ごとに病院に行き、検査と診察(投薬と注射)を受けながら、何事もないような元気な日々を送っています(が、近頃、花粉症がツライ)。
診察は来週ですが、その時のデータを用意するために、本日は「採血と胸のエコーとレントゲン」を受けてきました。昨秋、金融機関のパートを辞めて以来、とてものんびり気分で病院通いをしています。
担当医との相性もさることながら、病院の建物自体が結構気に入っている私。
入院中も院内探険(と称して、しょっちゅうコンビニ行ってた)が楽しかったのは、
古い入院病棟よりも、新しい外来棟が好きだったからかもしれません。
(ナチュラルローソンもタリーズも好き)
第一印象が、その昔子どもたちを通わせた「南国の日本人学校」に似ているなあ、でした。4階までの吹き抜けにトップライト、至る所に「南の島っぽい?観葉植物が植えられています。インコやオウムが枝にとまっていたら似合いそうな感じです。
さて、本日は、到着直後に「採血」でした。
それほど混んでいなくて良かった〜などと思いながら順番を待ち、
呼ばれて席に着き、フルネームで確認取ったり、どちらの腕から採血しましょうか〜?
などと、看護師さんと会話していると、2席隣り(すぐ隣りはクローズ)に男女大人二人が立っていて、よく見ると、イスには小学校低学年と思われる男の子が座っていました。
彼の顔は蒼白でヒキツッていました。担当の看護師さんにああだこうだ言って時間稼ぎしている様子。脇に立つ両親が懸命になだめているけど、もう、理屈なんて耳に入らない状況です。
こちらは、平和に採血しているので、2席隣りのやりとりがまる聞こえhappy01
思わずクスッと看護師さんと一緒に笑ってしまいました。
「子どもの患者さんから採血するのは大変そうですね」と言ってみたら、
「そうですねー。お隣のボクくらいだと、待ち合い場所では神妙に待っていたりするんですけど、いざ、採血始めようとすると結構パニクる子もいます。」と返事が。
そしてさらに続きました。
「先日、4歳の子が来たのですが、そのお子さんの大好物(アンパンマンチョコレート)を親御さんが用意されていて、採血用の腕乗せ台の脇にチョコレートを置いて、「がんばって、終わったらチョコレート食べようねheart04」と言いながらスムーズに採血できました。こちら(採血ルーム)には、子供用に、キャラクター絆創膏があって、アンパンマンもあったので、終了後にそれを貼ったら、とても喜んで帰って行かれました」
という、ほっこりする話。
「キャラクター絆創膏、っていいアイデアですね〜。アンパンマン以外にもあるのですか?」と聞き返したところ、
「アンパンマンの他に、ディズニーとポケモンがあります!」というお答え。
そんな会話で、私の採血はタイムアップとなりました。
それにしても、アンパンマンチョコレートをじっっと見つめながら( ゚д゚)ホスィ…
辛い待ち時間を乗り越える、って微笑ましいですね。
そのお子さんには失礼なはなしですが、その昔実家で飼っていた犬がおやつの
ジャーキーが大好きで、「おあずけ」の練習によく「試していたこと」を思い出しました。
当時、ムスコは、今日の採血席のボクくらいで、ボールペンの長さ程度の「ジャーキー」を1〜2cmにちぎって、犬に何度も何度も「おあずけ」させていたこと、そして「おあずけ」の間中、犬はひたすら「ちぎられた小ちゃいジャーキー」を見つめながら身悶えして待っていたことをふと思い出して楽しくなってしまいました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2014年3月13日 (木)

舞台: 「フローズン・ビーチ」 を観に行く

2014/03/13
お天気午後から荒れ模様の中、渋谷まで舞台を観に出かけました。
場所は、CBGKシブゲキ  タイトルは「フローズン・ビーチ」
ケラリーノ・サンドロヴィッチ 作
1999年 - 第43回岸田國士戯曲賞(ナイロン100℃『フローズン・ビーチ』)した作品
出演:石田えり 、松田美由紀、 渡辺真紀子、山口美也子
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
時代は、1987年とその8年後とさらに8年後(数年後、という形で同じ部屋で同じ登場人物が集う形式 。3つのオムニバスのような展開のスタイル)
孤島の別荘で5人の女性による不条理なシリアス(サスペンス)コメディ
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
渋谷、は電車で1本で行ける場所なので、こんなところに劇場があったなんて!!!
というのが、私の第一印象です。もと、映画館のようです(シネマセゾン?)
島の別荘での話なのに、日本の話題になったとき、石田えり(市子:イチコ)が、我が家の最寄り駅の名前を出したのには驚いたhappy02  観客へのサービスなのでしょう。(先月は神奈川県での公演だったからそちらの地名にしていたはず)
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
女だけだから…、女にしか出来ないいやらしさ、醜さ、迫力、そんなパワー全開です。
バブル時代の「お金のある」家庭、で、みんなが徐々に歯車が合わなくなっていくように精神の平衡を失っていきます。 殺人計画したり、暴言吐いたり、下ネタ言ったり…
ケラ氏作の舞台は、2008年に「あれから」を観て以来ですが、あのときも、「女性の心理描写が的確で凄いな〜」と思いましたが、今回は出演者全員「女」です。
つまり「男」のセリフがゼロなわけで、その脚本を描けるケラ氏って、あまちゃん書いた「クドカン」と同じようにある意味天才じゃないかと感じました。
登場人物は、全員「毒」を吐く人間ばかりなのですが、この年齢になると 「女性ってこういうことありえるなあ」と、心の中でうなずいたり感心したり。
女優さん4人(渡辺真紀子→双子の2役)、とても上手だったと思います。セリフも聞き取りやすかったし、笑いもしっかり取ってました。そして、中央前から2列目、というホントに間近に女優さんを見て、肌の美しさ(顔だけでなく、腕も手も足も)に一般人との違いを感じました。渡辺さんは、スタイルも抜群だしheart01
この、スリリングで毒気漂う展開の舞台を、今回は女性演出家:高羽彩さんが手がけている、と雑誌で知った。舞台美術も音楽もなかなか良かった。
実年齢が60代(山口美也子:舞台は15年ぶり)、50代2人、40代(スタイルの良い渡辺) を、30歳の女性が演出家としてまとめ上げる、なんて現実もどっこいヘビーではないか!ベテランのお姉様方を、若い演出家がねえ…などと帰り道いろいろ考えてしまった。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
それにしても、今回、この作品が観られたことは良かったけれども、欲を言えば、当時の「ナイロン100℃」の上演を観てみたかったなあ・・・。犬山犬子さんがエキセントリックな市子を演じていたそうで、もう当時のメンバーでの再演は叶わないのでしょうか?
今日の、市子役の石田えりさん、53歳でも演じられるのだから、犬山さんでもイケルと思ってしまう。小道具に村上春樹の「ノルウェイの森」の本、上下2冊が使われるのだけど、それにまつわるセリフ(本のこと、作家のこと…龍と比べて)が個人的にはツボでした。
Leaflet

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2014年3月12日 (水)

私の本棚2014(読んだ本のこと)

今年は、1ヶ月に1冊は、雑誌以外の「本」を読破しようと思い、いまのところクリア出来ています。(夕方からのパート仕事というのは、そういう意味で天国)

1月:下町ロケット  池井戸潤著 小学館文庫
昨年、高視聴率をたたき出したTVドラマ「半沢直樹」の原作者、池井戸潤の直木賞受賞作品。(文庫になったので買った)
元銀行員だけあって、なかなか鋭い表現をしている点はこの本も同様でした。
主人公(中小企業の社長)に感情移入すると、銀行なんて嫌いだ〜と思ってしまう内容。
そして、同様にOO重工(巨大企業)にも抵抗感抱くような内容。(でも、現実には、大企業だって色々な人がいるし、中小企業の経営者が皆主人公の佃航平のようなカッコイイ人間ということもないだろうし…お話として楽しめましたheart04
半沢直樹が話題の頃、前後してNHKでは「鉄の骨」という土曜ドラマ(東山紀之主演)が放映されており、そちらも録画してバッチリみましたが、この「鉄の骨」の原作者も池井戸潤氏。(しかも2010年の直木賞候補作品だった)
ここまで知ると、2006年の同じく直木賞候補作品「空飛ぶタイヤ」も読んでみたくなりました。池井戸氏のことを知る以前は、タイトルだけ聞いて「飛ぶタイヤ」なんて、イメージとしてはショートショートで有名な星新一氏のような本ではないかと勝手に想像していましたが…全く違いました。(タイヤ脱落事故と大手自動車メーカーのリコール隠しをテーマにした作品)
Img_0100
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
2月 :  三匹のおっさん  有川浩 著   文春文庫
今期のテレビ番組で「来週が楽しみ〜」と親子で楽しんでいる唯一のドラマの原作。
水戸黄門的というか桃太郎侍的というか、とにかくそういった判りやすい展開のドラマですが、今時の社会問題をきちんと取り上げて、そこは正面からぶつかっていて気持ち良い!!  ムスコは有川浩というペンネームに、この作者は男性だとばかり思っていたそうです。(女性でしかも、ママ友 =Iクンのママに似ているんだよ〜と彼に解説)
文庫化される折に追記された「あとがき」や「特別収録:児玉清ラジオビタミン」そして中江有里さんの解説も面白かったです。
Img_0104
。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
3月 : 本日は、お日柄もよく  原田マハ 著    徳間書店
昨秋?の新聞「ひと」欄に、キュレーターで作家の人、と紹介されていた原田マハさん。
ママ友(Nさん)から、面白かったよ、世の中にはスピーチライターって職業があるのね。
とオススメされた本。世の中、あまりに本がある時代。大御所作家以外は書店では新刊しか扱いが無いため、結局図書館から借りました。
Img_0101
印象に残った表現。(112ページ)
きらきらした魔物。
不思議な表現だった。けれどすんなり納得できた。
言葉っていうのは、魔物だ。
人を傷つけも、励ましもする。
本やネットを目で追うよりも、話せばなおのこと、生きた力をみなぎらせる。
この魔物をとう操るか。
それは話す人次第なのだ。
。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚
感想:言葉の力、信じたくなる本でした。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2014年3月11日 (火)

新橋演舞場と歌舞伎座

2014/03/10

昨日は、新橋演舞場で猿之助主役のスーパー歌舞伎を見ました(猿之助についてはまたのちほど・・・)が、閉幕して外へ出て、お茶の一杯でも飲んで帰ろう、と歩き出して気づいたら、歩いて数分(直線距離なら数百メートル!?)のところにある、「歌舞伎座」でも、ちょうど演目が終わったところらしく、人人人・・・とにかく、見終わった観客とこれから観る?観客で道まで人が溢れて大賑わいの晴海通り周辺でした。(3月は歌舞伎座も「鳳凰祭」と称して、力を入れた演目を並べています。スーパー歌舞伎と同時に興行するってどうなんでしょう?それとも、スーパー歌舞伎はこの世界では「異端」扱いなのでしょうか? )
どこかで、「お茶」は、近隣のお店数軒はどれも、いち早くお店に入った観客らしき面々に占領されていました。ならば、少し歩こう、ということで、歌舞伎見たんだから、と「歌舞伎座タワー」の屋上庭園へ向かう。(そろそろ夕方、というのに、まったく寒くなく、厚手の防寒着では汗がにじみそうで、屋外は逆に気持ち良い場所でした)
P1000828                                 庭園(5階)より、タワーを見上げたもの。
P1000830001
先人の碑 & 旧 歌舞伎座に使われていた屋根瓦
P1000831歌舞伎作家の河竹黙阿弥が使用していた
「石灯籠」と「つくばい」
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
さて、猿之助についてですが、小さい頃から歌舞伎を演じていて、1度も嫌になったことない、という天性の才能(性質?)の持ち主ならではの「演技の上手さ、見栄の格好良さ」に私自身は拍手喝采でありました。
プロのピアニストの演奏時にもつくづく感じますが、どうして間違わないのでしょう?
または、間違っていても、観客にバレないのでしょう。  プロフェッショナルの凄さですね。
2月下旬に東京ドームで「世界らん展」が開かれていて、チケットあるから、と母に付き合って見てきましたが、そのパンフレットに
「スーパー歌舞伎Ⅱ『空ヲ刻ム者』上演記念トークショー * 市川猿之助X佐々木蔵之介」
とありました。日時は17(月)で、もう終了してましたが、猿之助のイメージの「ラン」が選ばれたそうで、その花には
「オンシジューム・エンノスケ」と名がついたそうです。
ランのなかで私が一番好きなのが、じつはオンシジュームheart04
贔屓の役者&好きな花、とは私のお気に入り(例えば待ち受け画面とか)にしたくなりそう。
Images C00084dl
それにしても、歌舞伎、というのは江戸時代からずうっと民衆に愛されているエンターテインメントなわけで、今は、海外でも高く評価され、今後東京オリンピックもあるわけだし、まだまだ将来のある「演劇」なのでしょう。
劇団新感線がひたすら楽しく感じるのも、「歌舞伎」」の手法を取り込んでいるからであって、あの、拍子木にあわせてポーズをとったり殺陣をするというスタイルは、慣れ親しむと、どんどん快感になってくるものだ。
一般的に歌舞伎を観に行くと、「ヤマトや!!」とか「ナカムラや!!」とかいうように、掛け声放っているオジさまを見かけますが、昨日は一切聞こえてきませんでした。
観客も8割以上が女性だったし。初めての演目だと、(古典と違って)どのタイミングで合いの手を入れれば良いのか迷うかも、ですね。
お弁当にも大満足だったし、まあ、1年に1回くらいは、「いい気分」で歌舞伎を鑑賞したいものです。亀ちゃん改め、猿之助さんをこれからも応援していきまーす。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2014年3月10日 (月)

「俺のフレンチ」行きました

2014/02/27  

「俺のフレンチ」というレストラン、話題になっていますが、「立って食べる」というのがアラフィフの我々には抵抗感がありました。が、、ほんの僅かですが「テーブル席」があるらしい、ということも聞いていました。  ママ友の集まりでも「お祝い事」がある友人のためなら、と2時間もの間、予約電話をかけまくって、座席をゲットしてくれたママ友Nさんにより、この日、16時から「俺のフレンチ:恵比寿店」で食事を楽しめました!!
俺のシリーズとは・・・

一流のレストランで腕をふるっていた料理人を招聘し、高級食材を使いながらもリーズナブルな価格で料理を提供し人気を得ている[2][3]。立席をメインとすることにより客の回転を速めて低価格を実現[4]。俺のイタリアンでは「原価率40%」、俺のフレンチでは飲食業界としては異例の「原価率60%」でも利益を生み出すビジネスモデルを確立した。

  • 俺のイタリアン
  • 俺のフレンチ
  • 俺の焼肉屋
  • 俺の焼き鳥
  • 俺の割烹                    Wikipediaより

調べてビックリ。すでにこんなに色々展開している「俺の・・・」シリーズなのですね。
いったいどんな方が、この斬新な「飲食店」を作ったのだろう、とWikipediaをさらに見ると、
なんと、ブックオフを創業して成功した坂本孝氏が、ブックオフ退社後、今度は飲食業界に参入して展開したビジネスだとのこと。アイデアマン、というのはこういう人のことを言うのでしょうね。    座れて食べられて幸せでしたが、開店前から並んでいる多くの若い方たちは、お店に入ってからもずうっと立ちっぱなしで食事していました。(座る方も、予約に10分遅れると、キャンセルさせられてしまうんだそうです)

お店のスタッフのキビキビした、しかも感じの良い接客は好印象でした。
その雰囲気に誘われて、テキパキ注文して、わしわし食べてしまいました。

P1000798


P1000799









P1000800











P1000801_3
P1000802











P1000803
P1000805








P1000807










2014年3月 9日 (日)

スーパー歌舞伎セカンド 空を刻む者 を観る

2013/03/09

新橋演舞場にスーパー歌舞伎を観に行く。
P1000824
P1000825四代目市川猿之助(襲名以前の亀治郎)によるスーパー歌舞伎ⅱ 「空ヲ刻ム者」(若き仏師の物語)
作・演出 前川大広(オリジナル脚本)
主なキャスト :市川猿之助、佐々木蔵之介、市川右近、市川笑也、笑三郎、春猿、猿弥、
弘太郎、門之助、寿猿(スーパー歌舞伎常連の皆さん)と福士誠治、浅野和之
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
舞台はいにしえの日本(政治権力に貴族社会の壁がある時代)
仏師の才能に恵まれる一方で、仕事の意義や自分のあり方に思い悩む若者と、その幼馴染みで、志を持って、地方の民衆の声を中央に届けようと、都の権力に近づいていく若者、の友情を基に、政治、宗教、人間が生きて行くとは…というような様々なテーマを投げかけるお話。(エンターテイメントでありながら結構真面目で人生訓ぽい)
三代目市川猿之助(現猿翁)によって創造されたスーパー歌舞伎。初演は1986年というこことで、今年で28年になるそうです。(個人的には結婚した年でもあり、当時はまだ世の中バブル景気の空気が漂っていました)
今回は実母の誕生日祝い、ということで(それをダシにして)チケットを取りました。座席は、花道からは遠かった10列目でしたが、舞台はよーく見えましたscissors
 
昼の部であったので、入場前にお弁当を購入。
  第一部  ・・・11:00〜11:55
  休憩(30分)
  第二部  ・・・12:25〜13:40
  休憩(20分)
  第三部  ・・・14:00〜15:25
観劇料金も高いけれど、時間もそれなり。P1000822
 
劇場内の食事処で食べるには、30分は慌ただしいということで、演舞場の正面にあるおべんとう屋さんで、購入しました。
ゆしま扇  笹巻すし本舗  つくしんぼ店(支店名がなんとも可愛げでしたが、中で販売しているオバちゃんはちっとも可愛げがなかった)
第一部のあとの休憩に2人並んでお弁当をいただきましたが、「場内撮影禁止」と館内放送されていたため、お弁当の写真がありません(撮っても良かったのかしらねーと後悔)  笹に巻かれた寿司も、炊き込みご飯も、その他オカズ色々、美味しかったです。
さて、本日の歌舞伎のことになりますが、新作であり、時代劇であるため、状況説明と人物描写のためにあった第一部は、ひとことで言えば「地味」でした。
スーパー歌舞伎初体験の私にとって、あら〜こんなものなの?という印象。先代の猿之助が始めた当初は時代の勢い(バブル)もあり、派手だったのだろうと思うにつけ、平成の「デフレ時代のスーパー歌舞伎?」などと思う始末。
お腹も減ったし、お弁当の楽しみもあったので、それなりに終わり、30分後の第二部。
ここから、演出も展開も場面もだんだん派手になってきました。女性陣も美しく、火事の場面では、「炎」が実に迫力満点。
さらに、第三部では、「これぞスーパー歌舞伎happy01」といえる、会場全体が「わーっ」となる仕掛けがあって、「楽しい、というよりムスコ言葉でいう『スゲーsign03』でありました。
紙吹雪系が舞うのも迫力ありましたが、戸板倒し(市川弘太郎&龍美麗による)と猿之助による逆戸板倒しがお見事でした。この第三部の派手な舞台を、出演者は16時30分からの部でもう一度演じるのかと思うと、役者さんて凄いなあ(エネルギー)と感じました。
歌舞伎役者の主な人たちは、全員市川姓で、三台目からのスーパー歌舞伎皆勤チームの面々だけに、舞台で映えるし、見せ場ではそれぞれ大活躍!!
その点、俳優で今回舞台に乗った3人はどうだったかと言えば、
浅野和之=祈祷師で産婆の鳴子役。狂言回しやストーリーテラーを兼ねて上手でした。
福士誠治=口上で「ここ新橋演舞場が私の舞台デビューの思い出深い場所です頑張ります!!」と宣言していただけあって本当に熱演していました。死別のシーンでは本当に泣いていた。
佐々木蔵之介=う〜ん、白塗りで変身した割には、演技がぎこちなく、セリフも早口で聞きづらく、宙づりも何だか「早く終わらないかな〜」というような表情に見えてしまい残念。役者の名前的には、「くらのすけ」なんて一番「歌舞伎向き」と思っていただけに、ガッカリでありました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2014年3月 8日 (土)

東京まちさんぽ

イベントに参加してから、早くも2週間が過ぎてしまいましたが、写真があるのでブログにしてます(本当は2月中にアップしたかったのに、かなわず、ダラダラ延びて今sweat01
2013/02/22
東京メトロ 主催のウォーキングイベント「東京まちさんぽ」に参加(抽選で当たり、夫婦で参加)
案内のチラシのコピーライトによれば、「都心の街をのんびり歩くさんぽみち。 春の訪れを告げる梅の花が、お散歩へと誘います。季節の移り変わりを楽しむ一日へ」
スタート時刻は 8:30〜から11:00〜までの5グループに分かれるのですが、午後に用事があるオットの希望で、8:30スタートでエントリー。
当日、電車(メトロ)を使って(新宿や池袋など主要ターミナル駅を通って)有楽町線の「千川」に行き、受付で「ヘルシアウォーター500ml」とコース案内図をもらってスタート。
通過ポイントは、【江古田の森公園】→【哲学堂公園】→【平和の森公園】→【新井薬師梅照院】→【高円寺純情商店街】→【氷川神社(気象神社)】→【蚕糸の森公園】
歩行距離=約11km
歩行時間は、のんびり散歩すると、3時間半くらいかかるとありましたが、我々は(というか週末ウォーキングを欠かさないオットの歩き方につき合いまして)、2時間40分で歩き上げ、アンケートに答え、参加賞を貰って、バスに乗って帰宅したら、そのときがまさにスタートから3時間30分後でありました。
さて、そんな歩き方で、公園を通過ポイントとしても、公園の入り口を「確認」するだけ、「公園の春の訪れなんて知る由も無い」→写真のシャッターチャンスゼロ、のウォーキングでした。カメラ持参は無駄だったなあ〜と思った終盤に、チャンスは巡ってきました。
最後から2番目のポイント、「気象神社」です。
このウォーキング、一般歩道を歩くため、要所要所にガイドの若人が立ってくれていました。気象神社のある、氷川神社の前に立っていたお兄さんが、「一見の価値ありますよ」というようなコメントだったので、どれどれ…と立寄りまして、お参りついでに写真をパチり。
気象神社そのものは、境内の末社でしたが、「日本で唯一」という希少価値があります。
P1000782
祭神の八意志兼命(やごころおもいかねのみこと)は知恵の神様。
天照大神(あまてらすおおみかみ)が天岩戸にお隠れになった際、八百万(やおよろず)の神に知恵を与えたことから、気象の神として祀られているそうです。
P1000780絵馬やおみくじが吊るされているところ。絵馬が下駄の形、てるてる坊主もラインダンス状態happy01
P1000785
いいですねー。時はいま、卒業式シーズン!!
P1000787
ひらがなの、「なつこ」がカワイイheart01
P1000789 
   なんとなく、良さげな布で出来ている風情のてるてる坊主クン
P1000786_2
こんなのもありました。 合格祈願ですね。
P1000784    お願い事、下駄フォームの絵馬、ギッシリです。赤と黄色の鼻緒がイイネ(◎´∀`)ノ

2014年3月 7日 (金)

婦人公論3/22号:老いのわがままにどう向き合うか

婦人公論、昨年末あたりから、この雑誌が面白く、2月より定期購読に踏み切りました。

今号の特集テーマが、私にとって興味深くて一気に読破happy02
〈特集〉 面倒な親との関係に、折り合いをつけたい
義父母、および実父母、4人存命でしかもオットの親と二世帯住宅という私にとりまして、目下の課題は、親たちと「上手く」やっていくことなのであります。
読者アンケートには、 老いた親の性格の変わりように戸惑って、とあり、また
(新・直木賞作家の明るいタメイキ)←ため息がカタカナ表記がまた良い
の企画で、姫野カオルコさんが 手記を寄せています。この姫野さん、偶然ですが、昨日(3/6)の朝日新聞教育面「おやじのせなか」というコーナーで父親のことを語っています。
(偶然というよりも、受賞作のタイトル「昭和の犬」と関連あるのかな?もしかして)
Img_0099
雑誌の表紙を拡大して見ていただければ一目瞭然ですが、
その他の読み物として、
 宮崎駿x中川李枝子「簡単に賢くならない、それが本当の子どもです」  
古田新太「ハレ」の舞台に立つため、おいらに枯れてる暇はない。
カラーグラビア 「氷上の貴公子たち」少年時代から見守り続けてきた作家が綴る
などなどです。定期購読では一昨日郵送されてきましたが、書店販売は今日からのよう。
定期購読にして思いがけず楽しめているのが、雑誌に付帯してくるA4一枚にかなりびっしり書かれている「編集長からのお手紙」です。
世代も一緒(多分3歳上くらい)で
しかも元記者さんだけあって、なかなか読み応えあります(年代的に共感するということで)。
何だかまるで、中央公論新社の回し者みたいですね。(何の関係もございません)
デフレの時代だから?、雑誌も洗練されて中身が充実していないと売れないのでしょう、と感じたので記しました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2014年3月 4日 (火)

第86回アカデミー賞について

2014/03/04

アカデミー賞が発表され、そのことを本日の朝刊が取り上げていたものです(朝日)
アカデミー賞 実話ベースを好む傾向
2日(日本時間3日)授賞式が開かれた第86回アカデミー賞で、過酷な奴隷制度を描いた「それでも夜は明ける」が作品賞など3部門で受賞した。  対抗馬とされた3DのSF「ゼロ・グラビティ」は監督賞など7部門受賞と、数の上では他作品を圧勝した。
しかし、今年もまた、SF映画が作品賞という頂点に達することはなかった。
「ゼロ・グラビティ」は宇宙飛行中の事故で無重力空間に投げ出された飛行士の決死の闘いを描いた作品。 最新の映像・音響技術の粋を尽くし、観客が体験したことのない息詰まるリアリティーを生み出した。アルフォンソ・キュアロンの監督賞をはじめ、技術系の賞を総なめにした。とりわけ監督賞と編集賞は作品全体の出来にかかわる賞。この2つを確保しながら頂点を逃してしまった。  (以上、 新聞記事より引用)
今回、作品賞にノミネートされた9本の2/3にあたる6本が実話に基づいた作品だと言うことで、実話ベースがブームなのでしょうか。
受賞作で思い出すのは、昨年の「アルゴ」(一昨年、手術退院後、どうしても観たくてロードショウの公開最終頃になんとか見に行った映画。スリル満点で、某評論家ではないけど「映画ってホントにいいもんですね」と改めて感じた作品)
東日本大震災の数週間前に観た「英国王のスピーチ」も、実話ベース。
よくよく調べると、今日に至るまで、SF作品がアカデミー賞作品賞を得たことは、1度もないのだそうです。 映画史上の金字塔と言われる「2001年宇宙の旅」はノミネートにもあがらず、言わずと知れた名作「スター・ウォーズ」や「 E、T。」もノミネートされただけだったとのこと。
デジタル3Dに時代に入って、(「アバター」からはや4年目)、アカデミー賞はSF映画に、栄誉を与えてあげられないのは何故なのでしょう。
新聞記事は、見出しがなかなか洒落ていて「それでも夜は明ける」に打ち勝てなかったSF作品を言い得て妙な表現で、
「それでもSFは作品賞逃す」
となっておりました。

2014年3月 3日 (月)

職場の懇親会

先月はオリンピックに大雪、と数年に1回(または数十年に1回)の出来事に
すっかり気を取られっぱなしの私でありますが、「職場の新年会(2/15)」というものも
実は開催されていました。
二度目の大雪の翌日で、「駅に6時集合」→変更なし、の連絡メールに、オットから本当に行くの? 酔っぱらって転ぶとかやってくれるなよーとか注意喚起だか嫌み?言われて出発。
秋から本格的に働き始めた仕事先は塾なので、新年度が2月なのです。
よって新年会も連動してるようです。
講師の先生方ばかりかと思っていたら、事務方さんの2人がメンバーに入っていて、
私はこのお2人と、特におしゃべりしたかったので(勤務中は雑談出来る空気でないため)非常に有意義で楽しかった懇親会でありました。
日頃から、2人とも事務をテキパキこなしていて、感じも良いし、塾の中心にいる
「太陽みたいなお母さん」っぽい雰囲気がある人たちです。(しかも一人は太陽で、もう一人は月、みたいな感じがまた面白い。出勤するたびに、あ、今日は「月の日」だわ、なんて勝手に思う)
太陽みたいな方を、仮に陽子さん、月のような方を月子さん、とします。
月子さん、塾長経由で、彼女の息子さんの勤め先が私の昨年までのパート先金融だったことを知って、かねてからお話してみたかった人。
実際お話ししてみると、とても会話がはずみました。
お子さん、3人(私の理想としていた1姫2太郎)を育て上げ、しかも今ご主人は単身赴任で(これも理想happy01)、2太郎くんたちは、我が家のムスコ1&2と学校が上の子下の子で逆転してはいましたが「共通」で、過去の「母親業」での体験話で盛り上がりました。
一方で、陽子さん。こちらは、元塾生の保護者だった方だそうで、姑と同居という点が私と共通。血の繋がらない女2人が同居している現状を身をもって知っている、という「同士」の感覚が芽生える(お酒飲んでいるからか握手したくなる)方。
陽子さんは、太陽だけあって、もうお孫さんもいらっしゃるというのに、明るく弾けるような笑顔で塾の雑用をズンズン片付けます!!
こういう方のお宅はきっと、こざっぱり片付いているんだろうな〜なんて想像していたら、月子さんから、「陽子さん、て素敵なお姑さんしていて、お嫁さん&孫が二人だけで10日も滞在しちゃうような、居心地抜群なんだそうよ」
と聞いて、想像は確信に変わりました。陽子さん自身は「ううん、私が何でもやり過ぎちゃっているのかもしれないけど」と謙遜していましたが、お嫁さんはご主人の実家で羽を延ばしてくつろいでいるらしいです。
まあ、姑の面倒を見ることに比べたら、孫&嫁のセットのほうが遥かに楽しいかもしれませんけどcoldsweats01
ともあれ、優秀な事務員さんお二人と一緒だった懇親会は楽しかった〜heart04
会のお開きの頃、陽子さんが、モゾモゾと出して来たのが、参加者全員(8人分)の手作りケーキsign03 お菓子作りは、もうほぼプロ級なんだそうです(月子さん談)
帰宅して一口食べたら、本当に美味しい!! 思わず、再包装して写真を撮っておきました。世の中、リスペクトに値する人、たくさんいます。 何だかわからないけど、私も「春からガンバローrock」と思ったのでした。
(ケーキの味は、抹茶ベースで小豆入り。日本茶でも珈琲でも、もちろん紅茶にもピッタリです。焼きっぱなしケーキ大好き)
P1000777

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ

2014年3月 1日 (土)

「鑑定士と顔の無い依頼人」  を観る

2014/03/01

 今年は、映画や本になるべくたくさん接したいと思い、時間が出来るとセッセと映画館に行き、往復の電車内では本を読む冬の日々でしたが、どうも、「勘」が冴えてないこのごろの私。
 小さいおうち、と ゲノムハザード と迷って、ベルリン映画祭の銀熊賞(主演女優)を取った「小さいおうち」を後から見に行く形になりましたが、今度は本年度アカデミー賞に最多10部門ノミネートされてる映画「アメリカンハッスル」を見ずに、ポスターでこっちにしようと決めて見て来た映画が、「鑑定士と顔のない依頼人」です(新宿武蔵野館)
映画の感想を書くだけでも、気持ちが重くなって、ブログの更新に響きましたdown
こんな感情、映画の後に抱くのは久しぶりです。「カッコーの巣の上で」「太陽がいっぱい」「青春の蹉跌」あたりで感じたような。(どれも相当古い映画です)
「鑑定士と顔のない依頼人」(この邦題の付け方もちょっとセンスない気が…)
名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が、刺激的な謎をちりばめて紡ぐミステリー。天才鑑定士が姿を見せない女性からの謎めいた鑑定依頼に翻弄(ほんろう)されていくさまを、映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネの音楽に乗せて描く。偏屈な美術鑑定士には、『シャイン』などのジェフリー・ラッシュ(yahoo 映画 より)



 ひと言で片付けると、「後味の悪い映画」でした。
孤独な初老紳士の哀愁が漂う老いらくの恋、結果がなんだか判ってしまい、主人公にはもちろんのこと登場人物の誰にも感情移入出来ない中で見る、ちょっと無理矢理サスペンス。後半の展開が結構強引んな感じで、私の頭にはいろんなハテナ?が浮かんでしまう。
映像に映し出される「名画」の数がものすごく、それが見応えある、との前評判でしたが、主人公が 「高名で『女性の肖像画』だけを愛している初老の美術鑑定士」という設定なので、 秘密の部屋めいた奥の間に一気に展示されているその作品群にはクラクラめまいがしました。
こんな2次元オタクが老境に差し掛かって初めて3次元の生身の人間を愛するのです。恋は盲目、とは本当に良く言ったもので、人間、未経験のことには老いも若きも一緒ですね。年寄りの冷や水、結構見苦しい、熟語で表現すると「老醜」。役者名演技!!
最近、幸せな結婚式を挙げた息子を持つ友人と食事する機会があったりしたためか、進学や就職も大事かもしれないけれど、やはり良き伴侶に恵まれるというのは素晴らしいことだと思う次第。
今日はこれからwowowで、23時〜無料放送で「アカデミー賞授賞式ノミネート作品紹介」がありますね。ノミネート映画で観たものは、「ゼロ・グラビティ」だけでありますが、応援しよう。(授賞式中継は、日本時間3/3午前9時)
でも、「アメリカンハッスル」が受賞したら、近日中に見に行ってこなきゃ、と思います。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »