Instagramはこちら

  • Other Other: ID=nyonyakato
フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • rakuten
  • ブログムラ

« 診察待ち時間 | トップページ | 日経健康セミナー21スペシャル 講演会に行く »

2014年3月29日 (土)

世界フィギュアスケート選手権  2014

2014/03/26~29

ソチオリンピックからひと月経って、フィギュアスケート世界選手権が日本(さいたまスーパーアリーナ)で開催されました。そのうち、男子シングルと女子シングルは、金メダル!! 羽生クンと真央ちゃん、おめでとうheart
昨夜の、男子フリーと今夜の女子フリー、をテレビ観戦で楽しみました。
会場のさいたまスーパーアリーナ、は1万8千人余りの観客数だったそうで、
フィギュアスケート観戦にこんな大きな会場があったとは、日本も捨てた物ではありませんねhappy01
その、会場に詰めかけた皆さんの声援に答えるように、男子(羽生選手:意地と気合いの逆転優勝)、女子(浅田選手:自己最高を更新)とも表彰台の真ん中をゲット、国旗掲揚には君が代、なので、表彰式までずっとテレビを見ていました。
女子の結果は概ね思った通りだったので、さておき、昨日の男子の結果が印象に残りました。
男子の結果  (フジテレビ HP より)
選手名出身トータルSPFS
1 羽生結弦 日本 282.59 91.24 191.35
2 町田樹 日本 282.26 98.21 184.05
3 ハビエル・フェルナンデス スペイン 275.93 96.42 179.51
4 マキシム・コフトゥン ロシア 247.37 84.66 162.71
5 ジェレミー・アボット アメリカ 246.35 79.67 166.68
6 小塚崇彦 日本 238.02 85.54 152.48
僅差で羽生君が逆転優勝しましたが、ソチ五輪金メダリストのプライドですね。
町田君も初出場ながら、よく頑張りました。二人とも大健闘!!。
でも、気になったのが、最終滑走で登場した、小塚選手。
高橋大輔選手の欠場で、急遽、出番が訪れ、3週間で仕上げなければならなかった結果、スタミナ不足で、特にフリーはヘロヘロ、体がなんだか重たそうでした。
この結果に、佐藤信夫コーチは以下のコメントを残しているそうです。
「もう少し、まとめられたら良かったかな。(ソチ)五輪出場が叶わず、心のブランクが長かったから(練習が)十分にできていなかったと思う」
「心のブランク」  そうですよね。
五輪代表は何で自分じゃないのか、と憤りを感じることがきっとあったことでしょう。
フィギュアスケートの世界、って、芸術の世界(音楽や絵や書道など)と似ているような気がして、私はスポーツとしては、何となく好きになれません。(気持ちよく見るなら、スピードスケートのほうがフェアでスッキリhappy02
非凡な才能を持っているフィギュアスケートの代表に選ばれる選手たち。
そんな彼らにも「心のブランク」は容赦しない、というのが今回の小塚選手の結果だと思う。佐藤コーチは、人間的に懐大きい方(本質的に優しい人)のようで、心のブランクには、、どう励まそうが叱咤しようが、結局は本人の心次第、という目で選手を見守る。
完璧な人間がいないように、完璧な選手もいない。
肝心なのは、自分に向き合う(弱さや脆さを含めた全てに向き合う)辛さに耐えることだと思う。
表彰式後のインタビューで、浅田選手は「スケートっていいな、と改めて思いました」と語っていましたが、ひたすら練習を重ね、膨大な時間をかけて、自分を磨いてきた本人の口から出たその言葉は、輝きを放っているように感じました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« 診察待ち時間 | トップページ | 日経健康セミナー21スペシャル 講演会に行く »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/59377521

この記事へのトラックバック一覧です: 世界フィギュアスケート選手権  2014:

« 診察待ち時間 | トップページ | 日経健康セミナー21スペシャル 講演会に行く »