« 「鑑定士と顔の無い依頼人」  を観る | トップページ | 第86回アカデミー賞について »

2014年3月 3日 (月)

職場の懇親会

先月はオリンピックに大雪、と数年に1回(または数十年に1回)の出来事に
すっかり気を取られっぱなしの私でありますが、「職場の新年会(2/15)」というものも
実は開催されていました。
二度目の大雪の翌日で、「駅に6時集合」→変更なし、の連絡メールに、オットから本当に行くの? 酔っぱらって転ぶとかやってくれるなよーとか注意喚起だか嫌み?言われて出発。
秋から本格的に働き始めた仕事先は塾なので、新年度が2月なのです。
よって新年会も連動してるようです。
講師の先生方ばかりかと思っていたら、事務方さんの2人がメンバーに入っていて、
私はこのお2人と、特におしゃべりしたかったので(勤務中は雑談出来る空気でないため)非常に有意義で楽しかった懇親会でありました。
日頃から、2人とも事務をテキパキこなしていて、感じも良いし、塾の中心にいる
「太陽みたいなお母さん」っぽい雰囲気がある人たちです。(しかも一人は太陽で、もう一人は月、みたいな感じがまた面白い。出勤するたびに、あ、今日は「月の日」だわ、なんて勝手に思う)
太陽みたいな方を、仮に陽子さん、月のような方を月子さん、とします。
月子さん、塾長経由で、彼女の息子さんの勤め先が私の昨年までのパート先金融だったことを知って、かねてからお話してみたかった人。
実際お話ししてみると、とても会話がはずみました。
お子さん、3人(私の理想としていた1姫2太郎)を育て上げ、しかも今ご主人は単身赴任で(これも理想happy01)、2太郎くんたちは、我が家のムスコ1&2と学校が上の子下の子で逆転してはいましたが「共通」で、過去の「母親業」での体験話で盛り上がりました。
一方で、陽子さん。こちらは、元塾生の保護者だった方だそうで、姑と同居という点が私と共通。血の繋がらない女2人が同居している現状を身をもって知っている、という「同士」の感覚が芽生える(お酒飲んでいるからか握手したくなる)方。
陽子さんは、太陽だけあって、もうお孫さんもいらっしゃるというのに、明るく弾けるような笑顔で塾の雑用をズンズン片付けます!!
こういう方のお宅はきっと、こざっぱり片付いているんだろうな〜なんて想像していたら、月子さんから、「陽子さん、て素敵なお姑さんしていて、お嫁さん&孫が二人だけで10日も滞在しちゃうような、居心地抜群なんだそうよ」
と聞いて、想像は確信に変わりました。陽子さん自身は「ううん、私が何でもやり過ぎちゃっているのかもしれないけど」と謙遜していましたが、お嫁さんはご主人の実家で羽を延ばしてくつろいでいるらしいです。
まあ、姑の面倒を見ることに比べたら、孫&嫁のセットのほうが遥かに楽しいかもしれませんけどcoldsweats01
ともあれ、優秀な事務員さんお二人と一緒だった懇親会は楽しかった〜heart04
会のお開きの頃、陽子さんが、モゾモゾと出して来たのが、参加者全員(8人分)の手作りケーキsign03 お菓子作りは、もうほぼプロ級なんだそうです(月子さん談)
帰宅して一口食べたら、本当に美味しい!! 思わず、再包装して写真を撮っておきました。世の中、リスペクトに値する人、たくさんいます。 何だかわからないけど、私も「春からガンバローrock」と思ったのでした。
(ケーキの味は、抹茶ベースで小豆入り。日本茶でも珈琲でも、もちろん紅茶にもピッタリです。焼きっぱなしケーキ大好き)
P1000777

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ

« 「鑑定士と顔の無い依頼人」  を観る | トップページ | 第86回アカデミー賞について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/59227470

この記事へのトラックバック一覧です: 職場の懇親会:

« 「鑑定士と顔の無い依頼人」  を観る | トップページ | 第86回アカデミー賞について »