« シネマ歌舞伎 | トップページ | タケノコとかっぱえびせん »

2014年4月16日 (水)

リュープリン注射

2014/04/16

昨夜は、満月が綺麗でした。fullmoon
ニュースでは、この満月、アメリカでは、皆既月食だったそうです。
今日は、乳がんのホルモン治療「リュープリン注射」を受けに病院まで行ってきました。
今月は2日にも放射線科の経過観察のため、診察に行ってますが、
このときは、病院敷地内の「ソメイヨシノ」が満開でした。
今日行ってみたら、新緑の芽が揃い始めているソメイヨシノのそばで
八重桜が満開でした。cherryblossom

本日の病院内での私の使命は、「注射のみ」だったので
受付済んだら、即、化学療法室(別棟)に行くのだとばかり思っていたら
いつもの診察の中待ち合い、に呼ばれ、入室すると、そこには
若い男性ドクターがいました。(アラサーかいな)

手術を手がけてくれた担当医(マイドクター)同様、元気にご挨拶
してくださる、その姿は、ヘアスタイルが岩跳ペンギン、みたいで楽しくなりました。
(話しているうちに、雰囲気もそれっぽいかな〜なんて思ってみたり(笑)catface
「お元気でしたかー」「お元気そうですねー」
というような、問診で、「今日は、かちゃまたさんの担当医○○、の代理です」
「次回は、7月△日に、○○が、お待ちしています」 
というような、文法的には正確sign01
なカンバセーションでしたが、こんな若造に○○、って何度も呼び捨てされている、
○○先生を思い出して、「良い後輩が育ってますね」って言いたくなりました。
このような注射ひとつにしても、(日本では?)ドクターの権限で縛りがかかっているのですね。
初めてお目にかかった若い先生と問診しただけです。
このあと、化学療法室で看護師さんに注射を打ってもらうのですが、
顔色や元気の有無の確認だけなら、彼女たちでも充分な気がしましたが。

本日は病院滞在時間、会計込みで20分。
ちょっとブラブラして帰りたくなりましたが、自宅ですることがあり帰路へ・・・
今日は、往復の電車、私鉄&メトロ、それぞれで何度も「就活生」を見かけました。
新宿駅のコンコースでは、背広の上着の裾、真後ろの右側がズボンに埋没している
男子を見かけ、一瞬迷いましたが、自分のムスコもやりそうだし、その場合、
指摘してくださることは有難いconfidentと思ったので、ちょんちょん、と腕をツツイて
「セビロの上着のここんところがチョッとね!!」と声掛けしたところ、マスク&メガネ姿の就活君は、
「あ、ありがとうございます」とハキハキ答えてくれました。
これから先、気温も湿度も上昇し、リクルートスーツ姿が「暑そうでお気の毒」になります。
就活生には、クールビズ、ってないもんね。
神妙な顔つきで電車に乗っている就活生を見かけると、
面接等が大詰めなのかな〜
などと、余計なお世話な想像してしまいます。

そういえば、今日の注射担当の看護師さんは、OJTという感じで
ものすごく真剣に、慎重に、神経集中して注射してくれました。
彼女の緊張ぶりがこちらにも伝わり、いつもよりちと痛かったですが、
こちらも顔をしかめず、笑顔で乗り切りました。happy01

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« シネマ歌舞伎 | トップページ | タケノコとかっぱえびせん »

外来診察日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/59479077

この記事へのトラックバック一覧です: リュープリン注射:

« シネマ歌舞伎 | トップページ | タケノコとかっぱえびせん »