« 「アナと雪の女王」を観に行く(関東地方:夏日) | トップページ | ピアノ演奏会(聞きに行く) »

2014年5月16日 (金)

三谷幸喜「大空港2013」を観に行く

2014/05/15

用事があって出かけた先で、タイミング良く見られた映画。
しかも、今は、東京(池袋)と長野(松本)←松本空港が舞台で、オール空港ロケ。
この2カ所でしか上映されておらず、見られてラッキーな映画でした。

Kc3h0029
2013年12月、wowowが放送し好評を博した話題のドラマを劇場版にしたもの。

特徴は「完全ワンシーン・ワンカット」の
ドラマであるということ。

キャッチフレーズは、
(三谷幸喜脚本・監督による)
豪華キャストが空港を駆け回る“究極”のノンストップ・コメディ

Kc3h0028




★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
キャスト
空港を舞台にワンシーン・ワンカットで撮り上げたシチュエーションコメディー。急きょ、天候不良により空港で待機することとなったとある一家に、次々とトラブルが降り掛かるさまを描く
豪華なメインキャスト12名が失敗が許されない状況で見せる演技の応酬や、空港内をところ狭しと移動するキャストを追うカメラワークが見どころ。  (シネマトウデイより)

ワンシーン・ワンカットというのは、カットのないシーンが延々と続くということで、現地ルポ並の臨場感がとても面白く、演じる俳優さん皆さんの持ち味がなかなかどうして素晴らしく、主演の竹内結子はじめ、プロの皆さんのガッツ溢れる?演技を楽しく見続けた映画でした。 葬式帰りの家族が、天候不良により立ち寄った松本空港で引き起こす抱腹絶倒(ここは三谷脚本です)なストーリー。結果的に、家族全員が何かしら(問題を)抱えていて、それを(アテ書き?)役者の個性を上手く引き出しながら、最終的には竹内結子がポイントを引き締める形でガッチリまとめて一つの作品に仕上がっています(演技とてもいいsign03)。

ロケーションに使われた「松本空港」のこじんまりした所を上手く「舞台」に見立てたようなカメラワークがなんとも楽しく、エスカレーター、階段、レストラン、屋上等、映像を見ながら、実際に訪れている気分になってしまう。(2時間、ワンシーンの連続、で見ていくのだから、そうなるのも納得)

香川照之…今期のテレビドラマにもTBS、フジ、と二股かけていて、さらに来月は歌舞伎の巡業に出るというモーレツ仕事ぶり。(実は昨年の襲名披露のチケット取れず、香川照之→市川中車としての舞台を楽しみにしている私)
生瀬勝久、4/1パルコ劇場で見た実物に比べると、演技(映像)のほうが「アクが強い」印象。声もなかなか良いし、トラブルの元を持っている設定だけど、憎めないキャラ、という難しい役を上手くこなしている。

甲本雅裕、オダギリジョー、青木さやか、適役(性格がピッタリ)

石橋杏奈、池松壮亮、・・・演技、伸び盛り
戸田恵梨香・・・安心して楽しめる
綾田俊樹、梶原善・・・見ているだけでも雰囲気があるこの2人が、実はスゴい人という設定

神野三鈴さんは、ジャズピアニストの小曽根真さんの奥さんだということ、今回初めて知りました。舞台中心の女優さんなので、テレビ等ではあまりお見かけしませんでしたが、洋酒やダイヤモンドのCMに出るなど、身長も高いし、なかなか素敵な女優さんです。

役者のみなさま、制作スタッフの方々皆に、おつかれさまwinkと言いたい。
きっと、楽しい(苦しいけどやりがいのある)撮影作業だったのではないかと想像しました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

« 「アナと雪の女王」を観に行く(関東地方:夏日) | トップページ | ピアノ演奏会(聞きに行く) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/59649559

この記事へのトラックバック一覧です: 三谷幸喜「大空港2013」を観に行く:

« 「アナと雪の女王」を観に行く(関東地方:夏日) | トップページ | ピアノ演奏会(聞きに行く) »