« 「春風亭昇太・林家たい平 スクラム会」(府中の森芸術劇場) | トップページ | 新聞まとめ読み(主にスポーツ) »

2014年5月11日 (日)

シニア劇団かんじゅく座「ちいさなお店」を観に行く

2014/05/11

職場の先輩が「劇団員」をしていることを知りました。
連休前あたりから、舞台の練習が正念場になって多忙とのことで、
勤務先をしばらく欠勤する連絡とともに、私宛に案内チラシが来ました。

シニア劇団 かんじゅく座 
第8回 公演 ちいさなお店
60歳以上のアマチュア劇団(平均年齢69歳)

本日の公演内容;
非正規労働者(老いも若きも関係なくなりつつある)の労働環境に目をつけた
労働組合の話し。(実在する某鉄道の売店従業員による労働組合をモチーフにしたフィクション)
駅の売店に勤務する60歳前後の女性たちが、勇気を奮って労組を立ち上げるところから始まります。職場のしがらみと、それぞれの家庭の事情に惑わされながら、主張し、挑戦し続ける女たち・・・
P1010016
小劇場での公演、と聞いていましたが、
到着してビックリ、ほぼ満席(200人くらい?)でした。
自宅から自転車で行けるところだったので、途中の花屋でブーケを買って、などと寄り道していたらギリギリ到着。
会場の案内係りの方に「お一人様ですか?」と聞かれ、「ハイ」と答えたら、なんと最前列に案内されてしまいました。
Σ( ̄ロ ̄lll)・・・「て!」←花子とアン風

と、最前列の先客がいて、その方も「私、途中道に迷って今しがた到着したもので・・・」と言うので、話しを聞いたら、本日の「主役」のご友人でした(私の先輩の役は「主役の職場仲間」セリフも歌も出番も結構あるのでビックリ)。主人公の「職場歓迎会」の場面など、私の目の前1mほどで展開するため、実際に本当に「おつまみ(乾きもの)」を開封して食べるシーンでは、イカの薫製とかの香りが漂ってきて笑ってしまいました。(役者さんたち本当に食べていました!!食べながら愚痴ると演技がリアルだ)
シニア劇団といえども、登場人物に「子ども」がいれば、彼らの誰かが演じなければならず、「小5の女子」という設定のシニア劇団員は、やはり厳しいものがありました(でも仕方ないですよね)彼女が、学校の宿題(自由研究?)として駅員さんに取材して、作り上げた「壁新聞」を主人公に見せて渡す、というシーンがあるのですが、両面に文字がびっしり・・・しかも客席最前列からは読み取れるくらいハッキリくっきり、黒ペンで書いた「カンペ」になっていて、お隣の席の方と一緒に失笑してなごんでしまいました。

アマチュア劇団の持つパワーというのは、「やりたくてやっています。誰がなんと言おうと楽しんでおります」とでも言いたそうな空気があって、観客も恐らく100%劇団員の知り合い(友人、親戚、子、孫等)で、カーテンコールと同時くらいに、役者さんが狭い客席通路に飛び出してきて、あっという間にワイワイガヤガヤの騒々しいくらいの明るく賑やかスポットとなってしまいました。(受付に預けた「アレンジブーケ」を取りに行って客席に戻って先輩に渡すまでにものすごく時間がかかった・・・)
大人の学芸会、演劇の原点、う〜ん、演じる方はハマってしまうと楽しそうかも・・・
などなど、いろいろ感想が浮かびましたが、私の場合、ピアノを弾く のに舞台に立つことすら、考えるだけで、めまいを覚えるこの頃なので、今後も一切迷うこと無く「観る人」に徹したいと思います。
P1010017
小劇場  中野ザ・ポケット入り口の写真(上の方は居住用の物件:アパート)のようでした。駐輪場付き(◎´∀`)ノP1010018
P1010019
【ついでに・・・】「本日は母の日で受け取りました」
Img_0124

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

« 「春風亭昇太・林家たい平 スクラム会」(府中の森芸術劇場) | トップページ | 新聞まとめ読み(主にスポーツ) »

観劇(歌舞伎以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/59625456

この記事へのトラックバック一覧です: シニア劇団かんじゅく座「ちいさなお店」を観に行く:

« 「春風亭昇太・林家たい平 スクラム会」(府中の森芸術劇場) | トップページ | 新聞まとめ読み(主にスポーツ) »