Instagramはこちら

  • Other Other: ID=nyonyakato
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • rakuten
  • ブログムラ

« 「辻井伸行 プレミアム・リサイタル」に行く | トップページ | 舞台「ブラック・メリーポピンズ」を観に行く »

2014年7月17日 (木)

映画「超高速! 参勤交代」を観に行く

2014/07/16

水曜レディースデーである本日、折よく、病院診察日なので、診察(予約は午後)の前を利用して、映画を楽しむ (catface これは、私の恒例行事をなりつつあります。マイドクター、水曜診察日に感謝だわンheart04
本日の映画は、
「超高速!参勤交代」
通常でも8日かかる参勤交代を5日で行うよう幕府から無理難題を押し付けられた小藩が、奇想天外な作戦の数々でピンチを切り抜けようとする時代劇。第37回城戸賞の入選作を、『鴨川ホルモー』などの本木克英監督が映画化した。資金も人数もない中、藩と領民を守るため奮闘する藩主には佐々木蔵之介、ヒロインを深田恭子が演じる。共演には伊原剛志、西村雅彦、陣内孝則ら実力派がそろう。(Yohoo映画の解説より)
8代将軍・徳川吉宗の治世下、東北の小藩・湯長谷藩は幕府から突然、通常でも8日かかり、さらに莫大(ばくだい)な費用を要する参勤交代をわずか5日で行うよう命じられる。それは藩にある金山を狙う老中・松平信祝(陣内孝則)の謀略で、弱小貧乏藩には無茶苦茶な話だった。藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)は困惑しつつも、知恵を絞って参勤交代を完遂させようと作戦を練る。(Yohoo映画のあらすじより)
時代劇映画ですが、娯楽作品です。
楽しめます!!   軽いけど…(ええ、それってあり得ないよね〜、というシチュエーションが多々ありますが、それと同じくらい、起承転結の中に主張するものが見えて(小国藩が頑張る姿とか、老中と隠密のこととか)この時代をよく表現出来ていてなるほどね〜(評価が高い理由が判る)と感心しました。私的には、転→結がちょっとくどかった(長く感じた)けれど、登場人物(役者さんたち)も、なかなか適役でしたし、時代劇がこんなにコメディになるのもまた良きかな〜heart04でした。
見終わって、映画館のエスカレーター降りながら、私の後ろに付いたオバさん連れが、
「花子とアン」の「お父やん=(伊原剛志)」も「お爺やん=(石橋蓮司)」も出ていたね。
などと言ってましたが、3月に観に行った「スーパー歌舞伎」の「主役=(市川猿之助)」と「準主役=(佐々木蔵之介←今回の映画の主役)」もセットで出てくる場面があって私的には楽しめました。
見終わってから気づいたことに「女優さん」がほとんど出ていないなあ、という点。
深キョン、こと深田恭子と元宝塚女優の舞羽美海の2人しか記憶になかったです。
今春の映画「偉大なる、しゅららぼん」を見損なったので、深田恭子が見られて良かったです。(なんとなーく好きな女優さん)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

この日の夜、テレビを見ていたら、NHKで22時〜「歴史秘話 ヒストリア」という番組で

参勤交代はつらいよ
加賀百万石 お殿様の遥(はる)かな旅

というものを放送していて、このタイミングだからこそ、などと見ているうちに、睡魔に襲われ、半分程見てバタンキューbearing でありました。
Poster2

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« 「辻井伸行 プレミアム・リサイタル」に行く | トップページ | 舞台「ブラック・メリーポピンズ」を観に行く »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/59999733

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「超高速! 参勤交代」を観に行く:

« 「辻井伸行 プレミアム・リサイタル」に行く | トップページ | 舞台「ブラック・メリーポピンズ」を観に行く »