Instagramはこちら

  • Other Other: ID=nyonyakato
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • rakuten
  • ブログムラ

« 弥生美術館&竹久夢二美術館(村岡花子と「赤毛のアン」の世界展) | トップページ | 映画『GODZILLA ゴジラ」を見る »

2014年8月 7日 (木)

カリグラファーズ・ギルド作品展

2014/08/03

趣味でカリグラフィーを習っています。
今日は、先生方(ギルド会員約300人)が出品する作品展
「第6回 カリグラファーズ・ギルド作品展」に行ってきました。
P1010305
2014年7/29~8/3   ギャラリーくぼた(中央区京橋)にて
P1010306
展示作品は写真撮影禁止でしたので、
この日の写真はこれだけ・・・。

Img_0169

作品を見て気づいたことは、
マイティーチャー(カルチャースクールで指導してくださる先生)は、トラディショナル作品では、かなりの実力者であるらしいことです。(ご自分を決してひけらかさないので10ヶ月も習っていながら何も知らない私) 
うわ、こんなところ(場所)に先生の作品が展示されている〜と、皆さん静かに鑑賞しているので、心の中で「わお!!happy02」でした。
そんなわけで、先生の作品は、聖書の言葉です(タイトルは、[Ask] )
ギルディング(Gilding):文字や装飾に金箔を貼るテクニック   の素晴らしい作品でした。
会員300人の作品群ともなると、本当に300人300色、と言える状態で、
トラディショナルと対をなす、モダン作品の方々は、実にいろいろなところから「コトバ」を持ち込んで描いていました。
例えば、 
・トーベ・ヤンソン・・・ムーミンの話しに登場する「スナフキン」の言葉
・相田みつを、の言葉(日本語を英訳して記述)
・マザーグースの歌
・松尾芭蕉の俳句(英訳)
・モーツアルトの魔笛(歌劇の中のクライマックス部分)
・犬(自宅の愛犬)の家系図(犬系図?)
・プルースト(作家)の言葉
などです。
さて、作品展の翌々日(8/5)、月に1回のカルチャースクールの日
この日は、「カード作り」がテーマ。
いつものペンとインク、以外に水性色鉛筆や水筆、絵の具やパレット、定規などが持ち物でした。自分の作品は駄作過ぎて見るに耐えないので、尊敬するマイティーチャーがくださった「お手本」を・・・(先生に無断で掲載します、ごめんなさい)
Img_0167_2
Img_0168

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« 弥生美術館&竹久夢二美術館(村岡花子と「赤毛のアン」の世界展) | トップページ | 映画『GODZILLA ゴジラ」を見る »

出かけてきました」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/60113701

この記事へのトラックバック一覧です: カリグラファーズ・ギルド作品展:

« 弥生美術館&竹久夢二美術館(村岡花子と「赤毛のアン」の世界展) | トップページ | 映画『GODZILLA ゴジラ」を見る »