Instagramはこちら

  • Other Other: ID=nyonyakato
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • rakuten
  • ブログムラ

«  帝劇:ミュージカル「モーツァルト!」を観る | トップページ | 映画「天才 スピヴェット」を観る »

2014年12月 4日 (木)

音楽の夕べ(An Evening with Music)

2014/12/03

ミュージカルの帰り道に、もうひとつのミニリサイタルを観る(欲張りな私であります)。
ピアニストの山岸ルツ子さんの演奏(曲目が全曲私好みでありました:結果的にはアンコールの2曲も含めて・・・happy01
この音楽会の正確なタイトルは「音楽と数学の夕べ」
開始時刻が。18:15〜と半端なのは、18:15〜30の15分間だけ、音楽と数学に関してのレクチャーがあるからなのでした。この「15分だけならオッケーcoldsweats01 」という同輩が多かったのでしょうか?  18時開場で、18時5分頃行ったら、もう、残り20席があるかないかsign02。入場無料、というのももちろん魅力のひとつです。
(この状況から、会場は一般的なホールでないことは明らかと思われることでしょう。)
某大学の音楽実習室で、定員120人での開催でした。
が、この、何の変哲もない、学校の音楽室が拡張されたような部屋(天井は高かったが)
に、なんと、スタインウェイのフルコンサートピアノが、ドドーんと置かれているのです。(去年初めて見たときは、ちょっとびっくりでした)
15分のレクチャーですが、フリップを多数揃えて、手短かながら沢山の内容を話してくれましたが、フリップがあるから絵やら写真で「つかみはOKsign02。。。いや、かなり怪しげsweat01」でも、もう途中から、頭の上にハテナマークが5個ぐらい並んじゃう感じ?????

ま、なんとなく(ということが既にいい加減sweat01)面白かったので、フリップの写真は撮りました。
P1000195色付きの棒グラフのようなものは、ピタゴラス音律を図説したもの。
そして、右側は、ピタゴラスの定理
(直角三角形の2辺の積の和は、最長辺の積に等しいyacht 中学の数学の教科書に載っている例のアレです)
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
P1000193
フランスの数学者のメルセンヌ氏
音響学の父とも言われているそうです。
ほぼ完璧な「平均律」を記述したことで有名。(このためには2の12乗根の計算が必要だったそうです。パソコンの無い時代にご苦労様でした)
なお、この「平均律」は。私が唯一知っているバッハの「平均律クラヴィーア」とは何の関係もないようですdown
その他、熱伝導方程式(フーリエの方程式)
→音や光といった波動の研究に広く用いられ今では調和解析という数学の分野があるのだそうです(Wikipediaより)
教授先生は、方程式の調和のとれた美しさと音楽(調和のとれたクラシック?)を褒めていました。(この場合、音楽には、ヒップホップとか除外されちゃうんだろうなあ)
そして、もうついて行けない私の頭では、これが何と結びつくのか全然判らないまま、一番感動したのが、次のフリップです。(アルゴリズムって何??)
P1000196
指示通りに、中心の点を見つめながら顔を近づけたり離したりして、「ひええ〜sign03wobbly
でした。本当に、リースが円上を動くように見えるの何故?????。
さて、お楽しみのピアノ演奏。

曲目は、
1L.V.ベートーベン  :ピアノソナタ第14番 嬰ハ短調「月光」
2 F.リスト :   12の歌(シューベルト)から   糸を紡ぐグレートヘン  、 
                        アヴェ・マリア、魔王
              : エステ荘の噴水
              :ラ・カンパネラ
              :スペイン狂詩曲
アンコール曲  リストの「愛の夢」・  ショパンの「ノクターン 遺作20番」
でした。     ものすごく清潔感のある手足も指も細めで長くて綺麗な、インテリジェントビューティフルっていう感じのピアニストさんでした。(背はスラリと長身)
演奏は、低音聴かせる曲は、骨太で(魔王とか)、その反面、エステ荘とかラ・カンパネラのような高音部分のトリルも大得意のようで、聴きがいがありました。
ベートーベンの月光、フルバーションで聴いた夜、帰り道、空を見上げたら、月が美しく夜空に輝いていました。この季節は、本当に美しく輝いています。この広い宇宙に「はやぶさ2」は飛び出して行ったのかと思うと、何だか胸が「ジ〜ンmoon1」となりました。                                          

«  帝劇:ミュージカル「モーツァルト!」を観る | トップページ | 映画「天才 スピヴェット」を観る »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/60757963

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の夕べ(An Evening with Music):

«  帝劇:ミュージカル「モーツァルト!」を観る | トップページ | 映画「天才 スピヴェット」を観る »