« 学生演劇 | トップページ | 十二月大歌舞伎(歌舞伎座) »

2014年12月22日 (月)

朔旦冬至

2014/12/22

今日は、太陽が昇っている時間が1年で1番短い冬至であります。しかも新月(陰暦でいう月齢1日=朔日(さくじつ)というそうです)
この組み合わせ 冬至&朔日 は、19年に1度 だそうです。
冬至、は二十四節気の一つで太陽の高さが一年で最も低く、この日を境に昼が長くなります(〜夏至まで)
新月、は、地球から見た月が太陽と同じ方向にあることで(この状況を「朔:さく」と呼び、これから先、新たな満ち欠けが始まる「スタート」として、縁起が良いものとされてきた。
冬至と朔日が重なる、ということは、どうやら「おめでたい」x2、ということでお祝いされるそうです。朔旦冬至(さくたんとうじ)。
P1000242
冬至の日は、カボチャを食べ、ゆず湯に入ると、風邪をひかない、という言い伝えがあるそうで、カボチャ煮ました。ゆず、は実家の庭のもの。たくさんあったので食べてみたら、結構酸っぱかったwobbly。やはり、香りを楽しむもの??
P1000244

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« 学生演劇 | トップページ | 十二月大歌舞伎(歌舞伎座) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/60849764

この記事へのトラックバック一覧です: 朔旦冬至:

« 学生演劇 | トップページ | 十二月大歌舞伎(歌舞伎座) »