« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月の11件の記事

2015年1月28日 (水)

映画「神様はバリにいる」を見に行く

2015/01/28

外出予定を先方に交渉して水曜にしてもらい、
それを利用して映画(レディースデー)を見る。
予告編で気に入っていた「神様はバリにいる」

P1000410

キャストは、主役が堤真一(アニキ)、
2番手が尾野真千子(照川祥子)、玉木宏(リュウ)、そして狂言回し的存在に、ナオト・インティライミ(杉田)
(以下、ネタバレあり)
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

解説

ハウツー本「出稼げば大富豪」をベースに、バリ島に暮らす日本人大富豪が独自の人生哲学で周囲の人々の人生を変えていくさまを描いた人情コメディー。『デトロイト・メタル・シティ』などの李闘士男監督がメガホンを取り、怪しい雰囲気漂う風貌でありながら周囲からの信望の厚い男を堤真一が怪演する。共演には『そして父になる』などの尾野真千子、『幕末高校生』などの玉木宏、初めて本格的な演技に挑戦するミュージシャンのナオト・インティライミらがそろう。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

婚活ビジネスが失敗に終わり借金を抱えた祥子(尾野真千子)は、訪れたバリ島で日本人の金持ちであるアニキ(堤真一)と知り合う。何となく怪しい雰囲気を持つアニキだったが、現地の人々からは厚い信頼を寄せられていた。祥子は再起を図るためアニキのもとで金持ちになるための人生哲学を学ぼうとするが、あまりに型破りな教えに疑念を抱くようになり……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚
配役は今、役者としてノリの良い堤真一ほか、尾野マチちゃん、玉木宏と、ソツない演技が出来る人たちでした(ナオト・インティライミとインドネシア人の役者たちは微妙でしたけど…)だから二重丸、映像もバリ島ロケがふんだんに入っていて、大きい○、がしかし、演出とストーリーはハッキリ言ってバツdespair。音楽は△ってところかなあ。実在した日本人の話し(体験記?)がベースのようですが、話しの進行がザツで先がザックリ読めてしまうのと、起承転結がダラダラと山場無く107分。アニキのギャグやダジャレも時間とともに飽きてしまいほとんど笑えない映画でした。しかもネシア人たちの演技は、素人演技?!というような印象のレベル。あれぐらいなら、ジャカルタで暮らしていたときの我が家の運転手でも出来そうだなあ〜なんて感じましたし、実際、小学生として出てくる男の子たちの中に、家庭用の車の運転手だったスマルノ(大人なのに坊ちゃん刈り風だった)によく似た子がいて、もう二度と会わないだろうのに妙に懐かしくなってしまいました。(映画の内容に集中出来ず、このような雑念が次々浮かぶ始末sweat01


バリ島の風景やバリダンスやガムラン等、伝統芸能の映像や街中の様子、家や病院の雰囲気が、ロケだけに非常にリアルで、暮らしていた頃が懐かしく思い出され、まるで現地での「香り」が甦りそうな気になりました。          !!(゚ロ゚屮)屮                                 

気になったことがひとつ。

バリ島で、主人公のアニキは、一夫多妻の生活をしているようでありながら、ヒンズー教を信仰しているような生活ぶりです。あれ??ヒンズー教って一夫多妻??ネットで調べたら、今の時代、一夫多妻なのは「イスラム教」「モルモン教」とアフリカの複数の部族だけだということでした。           


本日の映画の感想はただひとつ「またバリ島に行きたくなった!!」であります

P1000412
          

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年1月27日 (火)

テレビドラマ

2015/01/26

映画もテレビも映像を見る、という点では共通で、寒い季節は余計にテレビっこ(テレビオバさん)になってしまう・・・。
通年見ているドラマは、NHKの朝ドラと大河ドラマ・・・ではありますが、
今期のドラマは、配役や脚本に惹かれてついつい増加傾向に・・・。
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
Img_0270
TBS日曜、夜9時〜の「流星ワゴン」
面白そうなので、原作読みました。
文庫本の表紙絵が「ガソリンスタンド」を彷彿させる(エネオス?)もので、この絵を見たとき、先ず思い浮かんだのは、このドラマの準主役(と言える?)の香川照之が、これまたスクリーンで準主役(主役はオダギリジョー)でいぶし銀の輝きだった映画「ゆれる」(西川美和監督)でした。(映画はガソリンスタンド経営の家の跡取り兄弟の話し)
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
主役は西島秀俊。ドラマで香川&西島のコンビは、ダブルフェイス、MOZU、等共演作品が多く、「あれ、また?」というような印象でしたが(しかも、演技力はアクションならともかくセリフはちょっと一本調子で長時間見ると飽きちゃうのですが、ムスコたちがお世話になった学校の卒業生でもあるので、やはり応援することにしてます。ガンバッて!)、見始めたら、結構面白く見られています。原作読んでから見るのも良い感じ。
(´,_ゝ`)
ドラマのナレーションを、主役や準主役ではなく、幽霊役の橋本父子の父役(吉岡秀隆)が担当しているのも、なかなかはまり役で上手いですし、我が家の車が、2011年までオデッセイだったのも(ワインカラーではありませんが)妙に懐かしくて気に入ってます。
が、しかし、「黒ひげ危機一発」(オモチャ:ゲーム)が、第2話で自宅の天袋収納から出てきてしまい(原作ではほぼ最終ページ)、ちょっとこれからどうなるのか?気になります。原作のストーリーは、大まかに言って2話目でほぼ終わってしまったような印象sweat02

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*
リーガルハイ、や3月に観に行く予定の舞台「趣味の部屋」の脚本家:古沢良太が初挑戦というフジテレビ(月9)の「デート」、も録画したままであり、さらにまた、今日、友人から「アイアングランマ」(NHK BSプレミアム)が面白いよ!!と聞かされ、これも見てみたくなりました。
我が家の居間のテレビには、外付けHDDが4台も繋がっています。
一人一台、と決めた訳じゃないけど、ま、それでも良いと思って設置したのですが、
いまや、録画のほとんどは、私とムスコのお気に入り番組だらけですsweat01
今日こそ、wowowの録画済み連続ドラマを見なきゃ!!
とお昼過ぎに帰宅して、テレビに向かって電源入れたら、
「間もなく、錦織登場」(全豪オープンテニス)
という展開で、結局そのまま、錦織圭 vs フェレール 戦を最後まで観戦してしまう。
錦織くんの快進撃を見て、気持ちが上がりました。(ベスト8、おめでとうsign01
が、予定していた色々は、オットの「帰るメール」で
明日に後回し(テレビドラマもピアノの練習も)sweat01sweat01

寒いので、掃除も後回ししているし、(今日は気温が高かったのでチャンスだったが)
未だに、お正月気分のダラダラ(している自分)に凹みます。
(錦織圭くんのように、目標を定めて、それが、平凡で小ちゃくても我が身にカツをいれなきゃね)

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年1月23日 (金)

新年会

2015/01/22

親しい仲間3人で新年会をしました。
同じ沿線住民なので、その終点駅で待ち合わせして、「夕ご飯」とその前に「プラネタリウム見学」のイベント型新年会(企画はこの私かちゃまたでしたbleah自分が行きたい&食べたい飲みたいところばかり欲張って選択・・・当日は雨sweat01
(*≧m≦*)
先ずは、プラネタリウム。
P1000409
コスモプラネタリウム渋谷
(supported by Tokyu Corporation)
渋谷区桜丘町にある区の総合文化センター大和田の12階にある、座席数120のプラネタリウムです。(観覧料金 600円/大人)
16時〜の投影(平日は4回投影あり:なんとsign01 すべてプログラムが違うのでした)

本日観たのは、タイトルが
「シンフォニー・オブ・ユニバース〜第2番
天の川から銀河系へ」
写真のパンフレットの解説によれば、
『地上に、宇宙に、響き渡る銀河の調べ。デジタルプラネタリウムによる映像と、クラシックの名曲たちが奏でる壮大なシンフォニー。私たちが住む銀河系の姿を、迫力ある映像と音で「感じて」みませんか。』 
投影内にかかるクラシック音楽は、
 ・グリーグ「ピアノ協奏曲」
・ドビュッシー「亜麻色の髪の乙女」
・バッハ「2つのヴァイオリンのための協奏曲」
・モーツアルト「クラリネット協奏曲」
・スメタナ「交響詩「我が祖国」より『モルダウ』
・サン・サーンス「交響曲第3番「オルガン付き」」
でした。星空解説を聞きながら、私が子どもの頃親子で見上げた星空、及び私が母として親子で見上げた星空、中学時代、理科の先生から聞いた宇宙の話し(銀河系の宇宙はどら焼きのような形していると習ったっけ)や、独身時代の会社の同期に商船大学卒クンがいて、やたら星座の話しに詳しかったこと・・・などなどいろいろ思い出してみたり。
そんな、50分間を楽しんだあと、一同は、場所を松濤方面に変えて、新年ディナーへ。
この日、午前中から冷たい雨が降り、外気温もかなり冷え込んでいたのでしたが、メンバーに「晴れ女」がいてくれるので(というより、かちゃまた以外は晴れ女らしいのです)
傘がなくても歩けるほどに、小雨でラッキーscissors でした。
P1000396 P1000398
看板は写真写りが悪いのですが、お店の名前は
「Koibumi(〜恋文)」(ダイニング和食)です。
渋谷区松濤1-1-3 ジョワレ松濤B1
℡ 03-3460-3691
一休を通して予約した
「飲み放題付き7品、2.5H  税込み¥5000」コース
なかなか評判良かったです。(店内は大人向け?少々暗めで料理の「写真の出来映え」がgawk
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
P1000399_2

(先付) 旬菜4点 盛り合わせ  [紅葉麩・こんにゃくのピリ辛・野沢菜辛子あえ・金時豆の甘煮]
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
P1000400
(造り)旬の鮮魚 三点盛り
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
P1000401
(焼き物)  鰆の幽庵焼き はじかみ生姜
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
P1000402         (炊物)ブリ大根 九条葱乗せ
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
P1000404
 
(揚げ物)天ぷら盛り合わせ
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
P1000406
    (食事) 五目ご飯   汁物  香物
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
P1000407_2
 
(甘味)  和風テイストのきな粉ババロア風
(右脇に写っているのは、飲み放題で注文した「まっこり」デス)
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
このお店の飲み放題には、スパークリングワインもあったので、私は最初から「スパークリングワインbar その後は→モスコミュール→レモンサワー→2杯目のスパークリングワイン→まっこり」とまあ、快調に飲んで食べて喋って、scissors 幸せな新年会となりました。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
プラネタリウムの投影前に、3人でトイレに行きましたが、友人の1人が、
「ねえすごくない、ここのトイレットペーパーsign02」というので、言われて初めて気付いたのが、この写真。ブログで、出先のトイレの写真を撮って載せるのって初めてかもsign03
記念すべき1枚です(笑)
P1000395

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年1月21日 (水)

ニューイヤーコンサート

2015/01/18

Img_0267
ピアニストの村沢裕子さんが主催する
「アルモニア・ムジカ」(アルモニアはイタリア語のハーモニー、ムジカは音楽)
主催の新春コンサート
タイトルには
「クラシックで過ごす大人の時間 vol.9」
サブタイトルには、
NHK交響楽団首席チェリスト  ;藤森亮一が贈るニューイヤーコンサート
とありました。
場所は、渋谷の
ラトリエbyエーピーシー
というフランス人がオーナーの工房風?のサロンでした。
演奏:  チェロ  藤森亮一
         ピアノ   村沢裕子
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
演目
1  J.S.バッハ  : 無伴奏チェロ組曲  第三番  ハ長調 BWV 1009  1〜6
2  J.ブラームス  :チェロ ソナタ第一番  ホ短調 Op.38  1~3
3  J.ブラームス  :チェロ ソナタ第二番  ヘ長調 Op.99  1~4
4  A.ビアソラ  :  ル・グラン・タンゴ
アンコール曲には、ビアソラのタンゴをもう一曲noteと、
「カッチーニ  :アヴェ・マリア」lovely
村沢さんによりますと、「昨日が、阪神淡路大震災から20年、ということもあり、亡くなった方々への想いも込めて演奏します」とのことでしたが、本当にピッタリの曲でした。
帰宅して、YouTubeで調べてみたら、ありましたありましたhappy01
NHKのEテレ「らららクラシック」という音楽番組の進行役を作家の石田衣良氏と一緒にしている、作曲家の加羽沢美濃さんの演奏です。
P1000387
P1000390
 
☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*
一緒に行ったオットが「チェロの音っていいね」と行ってました。
ヴァイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバス  弦楽器は似た形で異なる大きさの楽器がありますが、大きさ、音(音域?)ともに、チェロが「大人の音楽」に合っているのかもしれません。  バッハとブラームスを聞いた後、ビアソラで締めてくれるというなかなかお洒落なコンサートでした。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年1月14日 (水)

映画「ベイマックス」を観る

 2015/01/14
外出先で、用事と用事の合間に映画鑑賞。
先月、岡田将生くんの映画でボロ泣きしたし、その相方が藤原竜也くんだから
『ST赤と白の捜査ファイル』を見よう、と思っていたのでしたが、テレビドラマも原作も見ていないので、ちょっと気後れしていたところに、高評価の「ベイマックス」(2D)が同じような時簡帯であることが判り、3Dだとレディースデーの特典がないので迷った挙げ句、(ポスターの前で相当悩んだ結果)「ベイマックス」を2Dで鑑賞。
(以下、ネタバレです)
201412180000000view

349726_004











...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
(アニメの写真の引用は映画の公式HPより)
Yahooの映画でユーザーレビューの評価がかなり高い映画ですが、観て納得sign03
私的には、「アナと雪の女王」より、ずっと良かったですhappy01
(概要: 公式HPより)
かけがえのない大切な人を失った時、ぽっかりと胸にあいた穴はどう治せばよいのだろうか。最愛の兄を失い心に深い傷を負った14歳のヒロの前に現れたのは、何があっても彼を守ろうとする一途な<ケア・ロボット>ベイマックスだった。
 日本とサンフランシスコからインスピレーションを得た架空都市サンフランソウキョウを舞台に、壮大なスケールで描かれる二人の絆の物語は問いかける―「優しさで世界を救えるか?」と。素晴らしい奇跡が起こるその瞬間を、ぜひ大切な人と一緒に・・・。
ディズニー史上いまだかつてない優しすぎるロボットと少年ヒロの絆を描いた感動のアドベンチャー『ベイマックス』が、日本中を限りない優しさと感動で包み込む。
何と言っても、ベイマックスがお茶目で愛すべき存在なのです。私が高齢になって老人ホームとかに入るなら、ベイマックスに介護してもらいたいなあheart04

ケアロボット「ベイマックス」  5つの特徴
  1. つぶらな瞳の丸い顔は[日本の鈴]からインスパイア!
  2. ロボットなのに、風船みたいに丸く膨らむ[柔らかボディ] 
  3. 大きなおなかで、ペンギンみたいな[よちよち動き] 
  4. 戦闘力も戦闘意識もゼロの[純粋無垢で優し過ぎる] 性格
  5. 傷ついた人の[心とカラダを守る] ことをプログラムされている
  6. (公式HPより)
とまあ、こんな具合ですが、予告編では、ああまたボヨ〜ンとした「トトロ」体型のキャラだな〜ぐらいにしか思いませんでした。
が、ストーリーの設定がなかなか泣かせますsweat02
このお話は、最先端のロボット開発を手がける兄と天才肌で思春期の弟の物語。
ベイマックスを作った兄は、不慮の事故で亡くなってしまいます。
その兄が残していった、未使用の完成品が「ケアロボット:ベイマックス」
このロボットと少年ヒロの絆の話・・・と言葉にすると陳腐ですが、そこはディズニーアニメ。細かな映像から、戦闘シーンまで、素晴らしかった(やはり3Dの方が良かったかな??と戦闘シーンでは少々後悔down
クライマックス場面では、思いがけず「敵」となった、兄の恩師と闘います。
ベイマックス:「キャラハン教授を殺せば心が落ち着きますか?」
と高速で障害物を避けながらヒロに尋ねるシーンが印象的。
ベイマックスは的確ですがあくまでもロボット、それに対して、ヒロは、大学院れべるの研究がこなせる天才研究者といえどもやはり心は「14歳」、自身の感情のコントロールが出来ません。
目前の敵への憎悪に燃える目→ヒロ
鈴を下から見上げたような形ながらも優しく冷静な目→ベイマックス
対照的でした。
ボイスキャストの菅野美穂さん、小泉孝太郎さん(私生活でもお兄さんなので、何だかとても適任だったように感じます)。ベイマックスの声担当の声優「川島得愛:かわしまとくよし」さんは、帰宅してネットで調べたら、なるほど、素晴らしい声優さんでした。
ベイマックス、声とセリフ、とてもいいです。lovely
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年1月12日 (月)

新年会ディナー

2015/01/10

オットの学生時代の部活仲間で新年会。
ご婦人方もどうぞhappy01 、という会なので参加しています。
(一番最初に参加したのは婚約中だったから、かれこれ○十年前sweat01
P1000352
六本木の高層階で、夜景、バッチリ堪能出来ました。
P1000358
本日のアミューズ
(丹波黒豆のポタージュ、ブルーチーズと何か(忘れた)を焼き付けたパン)
ポタージュは、フレンチというより御膳汁粉みたいでした。
P1000361
旬魚貝とフルーツトマトのサラダ
添えられた「花」は食用、花の脇の黄緑色のスライスは「レンコン」だそう。
P1000362
真鯛のブイヤベース
P1000364
和牛ホホ肉とフォアグラの赤ワイン煮、ジャガ芋のピュレと季節野菜添え
P1000365
チョコレートのテリーヌ、バニラアイス添え
P1000366
今日の料理はMENUとおり、すべて撮れましたscissors
今夜の食事でもって、お正月太りを打ち止めにして、明日からダイエットに励みたい
ところではありますが、寒い中、「早起き&運動」はなかなかハードル高いですbearing

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年1月 9日 (金)

新橋演舞場「初春花形歌舞伎:石川五右衛門」を見る

2015/01/08

5日(月)に観に行ったのは、歌舞伎座の新春歌舞伎でしたが、その歌舞伎座から直線距離で500〜600m程?の「新橋演舞場」にて本日、「初春花形歌舞伎」を見てきました。

演目が「石川五右衛門」、主役は市川海老蔵、敵役に中村獅童・・・up これはP1000344 楽しみ〜

主な配役

石川五右衛門・・・市川海老蔵

ワンハン・・・中村獅童

豊臣秀吉・・・市川右近

茶々・・・・・片岡孝太郎

まさに、海老蔵の本領発揮flairの五右衛門。

石川五右衛門: 釜茹でにされる壮絶な最期とナゾの多い人生ゆえに、江戸時代以降、浄瑠璃や歌舞伎作者たちの創作意欲をかき立てていたようです。

また、市川團十郎家と石川五右衛門は縁が深く、200年以上前より、代々の團十郎が五右衛門を扱った歌舞伎を手がけてきたそうです。

ストーリー(話しの流れ)は・・・(歌舞伎美人のサイトより)

――秀吉が天下を治める時代。権勢を誇る秀吉が寵愛する宝物を盗み取ろうとした天下の大盗賊石川五右衛門。そこで出会った茶々、秀吉と五右衛門の数奇な縁…。さらには、海のはるか彼方から現れたワンハンにさらわれた茶々を救うため、五右衛門は大陸に渡る――

とまあ、ストーリーは何でもあり、かな、でしたが、お正月(ご祝儀?)なので、面白ければ良い、とする気分で最期まで楽しめました。

中村獅童、という役者。やはり、この人が輝くポイントは、悪役としての存在感が半端ないところだと思うのです。声量もあるし(太さ、大きさ申し分なし)、役者の衣装とメイクで舞台に立つと、なんという「迫力」なのだろうhappy01

一方で、映画やテレビ等を通じて知られている獅童丈、今回は、中国の女真族(ツングース系)、ヌルハチをも恐れぬワンハン役、舞台の姿を見ているうちに、ふと思い出したきっかけは、彼の衣装の襟飾りです。襟というよりもうほとんどポンチョのような代物で、縁取りに大ぶりな金色の模様が・・・。ラーメン丼の縁によくある四角い渦巻き模様(Yahoo知恵袋で調べたら、『正式には「雷文」(らいもん)といいます。この「雷文」は雷の稲妻を図案化したもので、遠く殷【いん】の時代(紀元前1500~1100年頃)から使われている文様です。中国では古来より雷は天の意志を表すものとして恐れ崇められ、魔除けのおまじないとして使用されてきたようです』とありました)

ラーメン好きな、獅童丈にピッタリ(*^m^)。そうして見ていると、悪役ながら、どことなくユーモラス・・・。

最終場面で海老蔵五右衛門と1対1の大勝負をするのですが、五右衛門の(ヌルハチから手に入れた)キラッキラの宝剣(それだけでもパワーがありそうな)に対して、獅童ワンハンの武器は灰褐色の「巨大な雪掻きスコップ系」で、振り回すだけでもお疲れ様でした〜と言いたくなる代物。どう決着するのかは、もう見え見えでしたが、ワンハンの死に様がなかなか格好良かったです(退場は8人の兵に担ぎ上げられて最後まで勇ましく)

一方の海老蔵五右衛門、宙乗り以降、見せ場だらけでした。

ワンハンに茶々が殺されそうになってしまったそのとき、3階の特設スペースから、カラスの群れに運んでもらう、という設定で五右衛門が宙乗りで現れます。

カラスたちの羽も(8羽くらい?)全員バタバタしてなかなかよくできた仕掛けです。

運んでもらった海老蔵は、カラスにお礼を言う余裕ぶり。

救出した茶々を秀吉に返し、お話はハッピーエンド。すると、一旦、幕が降り、それと同時に役者の皆さんが次々に開場の通路(1階席)に現れ、新年の祝賀舞を踊ります。新形歌舞伎ならでは、ですよね、これってsweat01 ・・・(なんだか劇団四季のような錯覚を起こす)

今回は6列目にいたので、役者さん達の、白塗りの顔も、この距離で見ると(しかも顔に汗の演者さんもいた)、見ちゃいけないものを見てしまったような気持ちになる。妙齢の女役やはり、若い女性が演じる方が、これからの歌舞伎の未来に合ってるのではないかな???(茶々を演じた片岡孝太郎丈も、昭和天皇役は素晴らしかったのですが、女形はねえ・・・お父さんの仁左衛門(旧、片岡孝夫)さんのハンサムぶりがあまり遺伝していなくてちょっと残念sweat02セリフや仕草、踊りは上手なんですがねえ・・・)

そして、この劇団四季風の時間稼ぎは何のためかと思っていたら、幕が再び上がり、そこは中国、万里の長城を背景にお城が建っています。南禅寺の門で見せた「絶景かな〜、あ、絶景かな〜〜」をもう一度ここで披露、と同時に、客席まで届く桜吹雪で幕を閉じました。(大拍手)

P1000349私の座席にも、花びらが落ちて来たので記念に持ち帰り、写真撮影(大きさが判りにくいので、パソコンのマウスとマウスパッドを置いてパチり)

今回は、内容が内容だけに?新春公演でもあるからか、舞台(大道具や装置)がとてもゴージャスで「歌舞伎観たsign01」実感が高い。

が、その分(裏方が大忙しの時)幕が何回も降りてきて、数分待つ、という展開がありました。

P1000345

(5分休憩が2回・・・でも5分だと席を立つひともほとんどいませんでした)

疑問だったのは、上演中「大向こう」がほとんどなかったということです。

ここで「大向こう」がなかったら、もう歌舞伎じゃない、と思ったそのとき、女性が「成田や!!」とひとことだけ。「大向こう」に関しては、とても寂しい花形歌舞伎でした。

P1000343

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年1月 7日 (水)

映画「百円の恋」を見る

2015/01/07

今日は、3ヶ月に1度の「「乳がん術後定期検診」の日。
水曜日なので、映画を見てから病院入りとしました。
気になっていた映画が、東京で一カ所だけ上映されていて、劇場の最寄り駅が
通院途中の駅でもあり、これはラッキーheart04と朝一番の上映を目指す。
水曜レディースデーだと思っていたら、なんと「水曜誰でもデー」で、
混み合っていた映画館で、良席は取れましたが、両隣りとも男性でした(ボクシング映画だけのことはあるsweat01sweat02 )。

P1000335

解説

32歳のパッとしない女性がボクサーとの出会いから、毎日をサバイブしながら恋愛とボクシングに目覚めていく姿を、安藤サクラが演じた人間ドラマ。実家を出て100円ショップで深夜労働を開始、ボクサーとの出会いと恋もうまくいかないところに、衝動的に始めたボクシングで人生をやり直そうとする姿を活写。共演は、テレビドラマ「たべるダケ」などの新井浩文。監督は『イン・ザ・ヒーロー』などの武正晴。さえない日々に葛藤し、ボクシングに傾倒するヒロインを、繊細かつ体を張った熱演で見せる安藤に引き込まれる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

32歳の一子(安藤サクラ)は実家でだらしない毎日を過ごしていたが、離婚して実家に戻ってきた妹の二三子といざこざを起こし、一人暮らしをすることに。100円ショップで深夜労働にありつき、相変わらずな日々を送っていたものの、ボクサーの狩野(新井浩文)と恋に落ちる。狩野との幸せな日々はすぐに終わってしまうが、ある日、たまたま始めたボクシングが一子の人生を変える。

シネマトゥデイ (外部リンク)

 
シネマトウデイの解説とあらすじを見る限りでは、ストーリー的に惹かれる映画には思えません。朝日も日経も誌面での映画評価がものすごく良かったので、「安藤サクラ」さん見たさに行きました。半端なくスゴい演技力(特にボクシングに目覚めてプロになってからの肉体と身体のキレ、ボクシングの試合ぶり)圧巻です。目は腫れ上がり、血を吐き、
それでも、まだ闘う!!ってリングで相手に立ち向かおうとする姿に涙と感動(あとは、親目線で、女の子なのだから、もうヤメて!!と叫びたくなる気持ちと)。
P1000333
親子というのは、こうまで似るのか、と思う安藤サクラさん。 普段の顔は、母親の安藤和津さんに似ている(彼女が自宅でノーメイクだとこんな感じ?というような顔です)のに、リングで見せる、ファイティングモードの顔つき(減量して引き締まってました)や鋭い目つきは、父親の奥田瑛二さんが乗り移った?みたいな瞬間がありました(怖)
女版、明日のジョー、という表現が合っていると思います。
ニートの主人公が、一人暮らしを始め、勤務先等のギリギリ危なっかしい人たちの中で徐々に「ボクシング」に目覚めていくという、日本映画によくありがちな展開で、これはすべて最期の15分を際立たせるためにあったのだと思いましたがあまりにヒドイdown
モチベーションを高めていくには、余りに魅力に欠けた恋人だし、思えば主人公の父親も「お父さんはこの年になってもすべてに自信がなくてね」などと言うようなテイタラク父。(家で主人公姉妹が取っ組み合い喧嘩してても何も言えず黙ったまま、自室へ引っ込むような父親←こんな父からよくぞ生まれた主人公姉妹と思った)
P1000334
映画館のロビーには、
書き込みコーナーが設けられていて、
たくさんの書き込みがあり、この写真を撮る前後も、若い人たちがマジックで何か書いていました。
(*´Д`*)
若い人はいいなあ、スラスラ書き出せる目標があって・・・(きっと、達成速度も早いのだろうなあ)
私も、歩みが遅い趣味(ピアノやカリグラフィー)の躍進を願って、心の変身したいものです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年1月 6日 (火)

新年会ランチ

2015/01/06

旧知の仕事仲間と新年会ランチ。
が、私の個人的な(家族の用事)により、二転三転変更が入り、お店探しの結果、行ったことあるMOTHERSに付き合ってもらいました。(料理の写真は、おしゃべりに夢中になり、メインディッシュの写真を撮り損ねるというお粗末な展開)
でも、ここは、改めて居心地良いお店だと感じました。初めて訪れた友人達も大満足そう・・・(ホッとした)
ウィークデーランチコース(税込み¥1860)
breadcafe 旬の食材を使用した、紅茶とパンがおかわり自由な平日コース)
P1000323
本日の三浦野菜(大根の薄切りに使われている大根は「黒大根」だそう)
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
P1000325
コンプレとラクレットチーズのブルスケッタ
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
P1000326
前菜:こだわりタマネギのパンナコッタ。寒鰤のあぶりケッカソース、
プロシュートと洋梨のゴルゴンゾーラ
.
。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
P1000327
温菜:真牡蠣と蛤のグラタン〜スモークの香り
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
P1000328
パスタ:宮﨑牛のラグー
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
(写真撮り忘れたsweat01メインディッシュ→真鯛と白子のムニエル〜アサリとサフランのスープ仕立て)
P1000329
デザート:苺のジェラートとチョコレートケーキ
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
昨春、消費税が上がってこの値段??!!とはなかなか素晴らしいです。
今まで、新宿でのランチが多かった我々ですが、このランチで吉祥寺に目覚めた感じの3人でした(笑)

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

初春大歌舞伎(歌舞伎座)に行く

2015/01/05

昨日、今日と働き(冬期講習事務)、本日の歌舞伎座、夜の部へ。
いつもながらの「欲張り」で、新宿小田急デパートで開催中の「岩合光昭写真展『ねこ歩き』:本館11階」を見てから行ったので、結構ギリギリ到着でした。
P1000331
NHK BSの「岩合光昭の世界ねこ歩き」を見ているので、写真は、動画でみたことあるようなネコたちばかりでした。
先に動画を見てしまうと、静止画の迫力はちょっと少なめで、しかも時間制限あったので、ザックリながめて終わりました。
そして、やってきました、松竹創業120周年の「歌舞伎座」『初春大歌舞伎』upup
P1000317_2
本日のお目当ては、
市川猿之助丈の「黒塚」(くろづか)
板東玉三郎丈の「「女暫」(おんなしばらく)
今回も、イヤホンガイドが大活躍。1人で観に行ったので、幕間も耳に付けて(幕間もいろいろなガイド:例えば時代背景や歌舞伎の歴史など、あるのです)ストーリーを2度聞いたら、舞台見ていてとても良く理解できたのでしたscissors(黙読するパンフレットよりgood!!)
P1000312
黒塚という演目は元々、能狂言にあったもので、それを歌舞伎バージョンにアレンジしたのが沢瀉や(オモダカヤ)の猿翁。長唄や鼓、琴、三味線など、豪華な生演奏、生歌に合わせて猿之助が「老女」として舞います。これが実に上手いsign03sign03
登場した際の拍手もですが、「大向こう」の掛け声「オモダカヤ!!」が、カメラのフラッシュのように、何度も何度もあちこちからかかりました。手の仕草、間の取り方、首の使い方・・・落ち着いて舞うさまは、彼の年齢を忘れて見入ってしまうほどheart04
一昨年、蜷川シェイクスピアで「ヴェニスの商人」シャイロック役の猿之助を見ましたが、あの演技を観てから、私はこの役者さんを「生で見たい」と思ったのでした。本当に迫力満点のシャイロックだった・・・「老いた人間」を演じるのは彼の得意分野なのでしょうか???
この先も、ずっと見続けて行きたい、応援しよう、と思いました。
巴御前の逞しく強いスーパーウーマンぶり、と時々見せる、恥ずかしがり屋さんの部分がなかなか楽しく、歌舞伎らしさに見ていて「目」が楽しい時間でした。
職場(塾)で学んでいるK君が、「僕のクラスメイトだよ」と教えてくれた市川團子クン、
可愛いです。K君も舞台に立ったらこんな感じ(年齢的にsmilesign02などと考えると、見るのに力が入ります。歌舞伎役者クンたちは、皆、それぞれ、このくらいの年齢から舞台に立っているのだ、と思うと、「積み重ねの努力の上に成り立っている「歌舞伎役者」の凄さ」に改めて拍手。遊びたい盛りも、稽古してセリフ覚えて、身体鍛えて・・・と頑張らされたのだろうな〜(それが「楽しかった」と言ってる猿之助は、やはり天才なのかも)
帰宅すると雑誌(年間購読最終号)が届いていて、なんと表紙は、玉三郎丈。
P1000318
P1000321
混沌とした時代を生きていく、というタイトルの寄稿がありました。
「ここ数年は私にとっては、苦しく試練の時でした。歌舞伎座再建の途上にあって同輩たちが亡くなっていき、気持ちも落ち込んでしまったのです。  昨年はやっと平和が戻って来たところ。変わっていくものに対しては受けとめるしかない。と覚悟ができた年でした。」
P1000319この発言通りの「覚悟」ある雄々しい「女暫」
でした。かっこいい〜(大向こうの「大和や!!」連発でした)
そして、今夜はなんと、今年初の「「満月」
、見終わって歌舞伎座入り口の写真を撮っていたら、「満月」」が一緒に収まり、これにもとっても満足でした。
P1000310
P1000309
明後日は、新橋演舞場で、海老蔵の「石川五右衛門」ですhappy01(新春から歌舞伎三昧moneybagサイフの中身は苦しいケド・・・)

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年1月 2日 (金)

初詣

2014/01/02

明けましておめでとうございます。
Img_0256
新年早々、当方の拙いブログをご覧いただきありがとうございます。
自身の行動の記録として、こうしてブログを綴ることは備忘録(本当に忘れっぽくなったと感じる一年でしたsweat01 )として有効性が高いように感じてますので引き続き今年もゆるゆるながらも続ける覚悟でございますゆえ、皆々様、(o・ω・)ノ))←(見得のポーズ)
どうぞよろしくお願いしまするm(_ _)m(最近、歌舞伎調の日本語が気に入ってマスhappy01
初詣に行きました。
例年は、大晦日の夜、除夜の鐘の頃に出発し、真夜中の初詣をするのですが、
BSプレミアムの映画「ロードオブザリング」で年越しをしたため(終了時刻午前1時半)
止めまして明るい日中に行きました。(行ったのは本日2日デス)
P1000291 P1000292
国立市の谷保天満宮です。
写真を撮っていたら、灯篭わき「旗」に「かわいい御朱印帳:ご好評頂いております」と宣伝が・・・実際に見たら本当に「かわいいheart04 」ので、購入して来ました(新年初のお買い物note
Img_0253中身には、2日に行ったのに、「元旦」付けで、御朱印が記されてありました。
Img_0255
人は単純な者で、こんなことで、気分がアップup
空いている頁には、どこの御朱印を戴くことになるのかしらん・・・?
と、早くも「ポケモンスタンプラリー」のような気分(今なら妖怪ウォッチか?!)
P1000295         いつも撫でてくる「牛さん」(菅原道真公は丑年生まれゆえ、太宰府始め、天満宮には「牛」がたくさんいるらしい)の像。訪れるたびに、参拝者がなでる「鼻」がテカテカに光っていました。よく見ると、この牛さん、哲学者のような目、でした。
P1000296
帰宅中の車窓から、撮影した「富士山」
場所は、南武線の踏切。rvcar踏切待ちで、思いがけず発見したのでしたeye(助手席から撮ってマス!)
冠雪富士山はやはりお正月にはピッタリ・・・(写真としては、手前の住宅が残念sweat02down・・・このお宅の住人はこのような富士山が毎日見られるのでしょうかね、良いね)

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »