« 新年会 | トップページ | 映画「神様はバリにいる」を見に行く »

2015年1月27日 (火)

テレビドラマ

2015/01/26

映画もテレビも映像を見る、という点では共通で、寒い季節は余計にテレビっこ(テレビオバさん)になってしまう・・・。
通年見ているドラマは、NHKの朝ドラと大河ドラマ・・・ではありますが、
今期のドラマは、配役や脚本に惹かれてついつい増加傾向に・・・。
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
Img_0270
TBS日曜、夜9時〜の「流星ワゴン」
面白そうなので、原作読みました。
文庫本の表紙絵が「ガソリンスタンド」を彷彿させる(エネオス?)もので、この絵を見たとき、先ず思い浮かんだのは、このドラマの準主役(と言える?)の香川照之が、これまたスクリーンで準主役(主役はオダギリジョー)でいぶし銀の輝きだった映画「ゆれる」(西川美和監督)でした。(映画はガソリンスタンド経営の家の跡取り兄弟の話し)
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
主役は西島秀俊。ドラマで香川&西島のコンビは、ダブルフェイス、MOZU、等共演作品が多く、「あれ、また?」というような印象でしたが(しかも、演技力はアクションならともかくセリフはちょっと一本調子で長時間見ると飽きちゃうのですが、ムスコたちがお世話になった学校の卒業生でもあるので、やはり応援することにしてます。ガンバッて!)、見始めたら、結構面白く見られています。原作読んでから見るのも良い感じ。
(´,_ゝ`)
ドラマのナレーションを、主役や準主役ではなく、幽霊役の橋本父子の父役(吉岡秀隆)が担当しているのも、なかなかはまり役で上手いですし、我が家の車が、2011年までオデッセイだったのも(ワインカラーではありませんが)妙に懐かしくて気に入ってます。
が、しかし、「黒ひげ危機一発」(オモチャ:ゲーム)が、第2話で自宅の天袋収納から出てきてしまい(原作ではほぼ最終ページ)、ちょっとこれからどうなるのか?気になります。原作のストーリーは、大まかに言って2話目でほぼ終わってしまったような印象sweat02

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*
リーガルハイ、や3月に観に行く予定の舞台「趣味の部屋」の脚本家:古沢良太が初挑戦というフジテレビ(月9)の「デート」、も録画したままであり、さらにまた、今日、友人から「アイアングランマ」(NHK BSプレミアム)が面白いよ!!と聞かされ、これも見てみたくなりました。
我が家の居間のテレビには、外付けHDDが4台も繋がっています。
一人一台、と決めた訳じゃないけど、ま、それでも良いと思って設置したのですが、
いまや、録画のほとんどは、私とムスコのお気に入り番組だらけですsweat01
今日こそ、wowowの録画済み連続ドラマを見なきゃ!!
とお昼過ぎに帰宅して、テレビに向かって電源入れたら、
「間もなく、錦織登場」(全豪オープンテニス)
という展開で、結局そのまま、錦織圭 vs フェレール 戦を最後まで観戦してしまう。
錦織くんの快進撃を見て、気持ちが上がりました。(ベスト8、おめでとうsign01
が、予定していた色々は、オットの「帰るメール」で
明日に後回し(テレビドラマもピアノの練習も)sweat01sweat01

寒いので、掃除も後回ししているし、(今日は気温が高かったのでチャンスだったが)
未だに、お正月気分のダラダラ(している自分)に凹みます。
(錦織圭くんのように、目標を定めて、それが、平凡で小ちゃくても我が身にカツをいれなきゃね)

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« 新年会 | トップページ | 映画「神様はバリにいる」を見に行く »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私も面白そうなので流星ワゴンの原作読みました。が…家族の再生の物語にしては、奥さんの描写が納得いかず、父と息子の物語とはいえ女性の扱いが雑でイマイチな感じでした。ドラマはまた違った展開だといいなあ。。。

今季ドラマでは、女性を丁寧に描いているという点で、木曜日の「問題のあるレストラン」が好みです。組織の中で働く女性にも専業主婦にも共感できる台詞があって、いちいち頷きながらみています。
趣味の部屋、いかれるんですね。初演をwowowで観ましたが、中井さんいいですね~(^o^)/

pippiさん、コメントありがとうございます。

先ずは、ドラマ情報に感謝!!今日が水曜日でラッキーheart
明日から見てみます(◎´∀`)ノ
タイトルが微妙に感じられたのとと東出くんが出ているのとで
気になりながらも避けてしまったドラマでした。(映画の東出くん見て
つくづく大根役者だとガッカリしていたもので・・・)

流星ワゴン、ご指摘通り、「父と息子」という三組の父子の話しで、
それに尽きてしまってる感じです。主人公の妻も母親も共に存在感が薄い。
そのうえ、妻は簡単に夫を裏切る軽薄な存在で、官能小説みたいな場面が
あるのにも閉口しました。ドラマとはいえ、父と息子の関係性について、じっくり
想いを馳せるのと、「昭和の父」っぽチューさん役の香川照之の演技見たさに
見ています。

香川さん、いいですよね。ご自身も壮絶な「父と息子」の物語をお持ちだし、いろんな意味で深い役者だと思います。なんだかんだと文句をつけてる私も、最終回までお付き合いしそうな予感です。(^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/61040478

この記事へのトラックバック一覧です: テレビドラマ:

« 新年会 | トップページ | 映画「神様はバリにいる」を見に行く »