Instagramはこちら

  • Other Other: ID=nyonyakato
フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • rakuten
  • ブログムラ

« 新年会ディナー | トップページ | ニューイヤーコンサート »

2015年1月14日 (水)

映画「ベイマックス」を観る

 2015/01/14
外出先で、用事と用事の合間に映画鑑賞。
先月、岡田将生くんの映画でボロ泣きしたし、その相方が藤原竜也くんだから
『ST赤と白の捜査ファイル』を見よう、と思っていたのでしたが、テレビドラマも原作も見ていないので、ちょっと気後れしていたところに、高評価の「ベイマックス」(2D)が同じような時簡帯であることが判り、3Dだとレディースデーの特典がないので迷った挙げ句、(ポスターの前で相当悩んだ結果)「ベイマックス」を2Dで鑑賞。
(以下、ネタバレです)
201412180000000view

349726_004











...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
(アニメの写真の引用は映画の公式HPより)
Yahooの映画でユーザーレビューの評価がかなり高い映画ですが、観て納得sign03
私的には、「アナと雪の女王」より、ずっと良かったですhappy01
(概要: 公式HPより)
かけがえのない大切な人を失った時、ぽっかりと胸にあいた穴はどう治せばよいのだろうか。最愛の兄を失い心に深い傷を負った14歳のヒロの前に現れたのは、何があっても彼を守ろうとする一途な<ケア・ロボット>ベイマックスだった。
 日本とサンフランシスコからインスピレーションを得た架空都市サンフランソウキョウを舞台に、壮大なスケールで描かれる二人の絆の物語は問いかける―「優しさで世界を救えるか?」と。素晴らしい奇跡が起こるその瞬間を、ぜひ大切な人と一緒に・・・。
ディズニー史上いまだかつてない優しすぎるロボットと少年ヒロの絆を描いた感動のアドベンチャー『ベイマックス』が、日本中を限りない優しさと感動で包み込む。
何と言っても、ベイマックスがお茶目で愛すべき存在なのです。私が高齢になって老人ホームとかに入るなら、ベイマックスに介護してもらいたいなあheart04

ケアロボット「ベイマックス」  5つの特徴
  1. つぶらな瞳の丸い顔は[日本の鈴]からインスパイア!
  2. ロボットなのに、風船みたいに丸く膨らむ[柔らかボディ] 
  3. 大きなおなかで、ペンギンみたいな[よちよち動き] 
  4. 戦闘力も戦闘意識もゼロの[純粋無垢で優し過ぎる] 性格
  5. 傷ついた人の[心とカラダを守る] ことをプログラムされている
  6. (公式HPより)
とまあ、こんな具合ですが、予告編では、ああまたボヨ〜ンとした「トトロ」体型のキャラだな〜ぐらいにしか思いませんでした。
が、ストーリーの設定がなかなか泣かせますsweat02
このお話は、最先端のロボット開発を手がける兄と天才肌で思春期の弟の物語。
ベイマックスを作った兄は、不慮の事故で亡くなってしまいます。
その兄が残していった、未使用の完成品が「ケアロボット:ベイマックス」
このロボットと少年ヒロの絆の話・・・と言葉にすると陳腐ですが、そこはディズニーアニメ。細かな映像から、戦闘シーンまで、素晴らしかった(やはり3Dの方が良かったかな??と戦闘シーンでは少々後悔down
クライマックス場面では、思いがけず「敵」となった、兄の恩師と闘います。
ベイマックス:「キャラハン教授を殺せば心が落ち着きますか?」
と高速で障害物を避けながらヒロに尋ねるシーンが印象的。
ベイマックスは的確ですがあくまでもロボット、それに対して、ヒロは、大学院れべるの研究がこなせる天才研究者といえどもやはり心は「14歳」、自身の感情のコントロールが出来ません。
目前の敵への憎悪に燃える目→ヒロ
鈴を下から見上げたような形ながらも優しく冷静な目→ベイマックス
対照的でした。
ボイスキャストの菅野美穂さん、小泉孝太郎さん(私生活でもお兄さんなので、何だかとても適任だったように感じます)。ベイマックスの声担当の声優「川島得愛:かわしまとくよし」さんは、帰宅してネットで調べたら、なるほど、素晴らしい声優さんでした。
ベイマックス、声とセリフ、とてもいいです。lovely
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« 新年会ディナー | トップページ | ニューイヤーコンサート »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/60974515

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ベイマックス」を観る:

« 新年会ディナー | トップページ | ニューイヤーコンサート »