«  遊び心 | トップページ | 桃の節句 »

2015年2月28日 (土)

職場の懇親会

2015/02/26

勤務先の新年度は2月で切り替わる、ということで?
昨年もそうだったのですが、今年も、同じお店で「懇親会」があり、楽しく美味しい
ひとときでありました。
お店は、先月のテレビ番組(出没!アド街ック天国)(1/31放送分)で取り上げられたらしく、昨年と同じ曜日(週末)には予約が出来ず、木曜日開催となりました。
メニューは、本日分(築地市場から仕入れて来た魚介類とのこと)は手書きでなかなか上手な字で書かれていました。(御朱印帳もそうだけど、筆書きでササッと書ける方って憧れちゃうheart04
P1000495仕入れから戻り、準備時間に献立や手順を考えながら、このようなメニューをしたためる店主さんは、どんな方だったのか(テーブル席ではなく「コ」の字型のカウンターの内側にいらした様子で)、結局、お顔を良く拝見しないまま、気分良くお店を後にしてしまいましたsweat01 (料理等の写真はパカパカ撮っていたくせに・・・来年!?こそは・・・sign02
P1000496
一方で、定番のメニューもあります(見開きの左右になっておりました)。
定番の方は、印字されている上に、横書きsign03  (縦書きは店主・・多分、男性・・のこだわり??それとも、縦書きだと、パソコン等で作成しにくかったのかしら??)
隠れ家的、と評されるだけあって、お店自体は2階(1階部分は、同じ店名のイタリアン)
にありますが、コースメニューはなく、お店の方(女性)と相談しながら決めます。
こういう時、オバさんのグループは、メニューをよく見て、質問沢山しながら、納得行くチョイスをするもので、思えば、去年も来ているし(今日のメンバーの中には、別グループの「新年会」でここを使ったという人もいました)、予算等は伝えなかった割に(しかも、お酒は結構飲んでいた割に)、わお、この金額で収まったのねlovelyという嬉しさ付き。
懇親会、は、普段、(出勤曜日等の関係で)顔を合わせられにくい方々、顔を合わせていても、管理職上司について思うことがあっても、なかなか口には出せないこと等々、
『いつ言うの?、今でしょ!!』で、皆さんそれぞれ少しずつ抱えていた、プチストレスを発散〜、他には、趣味の話し、老親の話し、職場の設備等の現実的な話し・・・飲みながら食べながら話しが弾んで楽しいことほど幸せなことはない、って気分です。(お店の人からは、「勝手に幸せそうなオバさんたちの集まり」と映っただろうなあ。結構大きな声で笑っていたような・・・。)
お酒は、乾杯の生ビール以降は、事務部の人と一緒に日本酒をいただきました。
辛口、スッキリタイプを冷やで、最初は一合徳利、そのあとは二合徳利で2回注文coldsweats01
二合に変えたら、出て来た「とっくり」が「フグ」でした。愛らしいheart04
正面からと、サイドから写真を撮りましたが、サイドからのはブレてます(酔っぱらっていたんでしょうか?)
ブルーのお皿にてんこ盛りは、サラダ。
揚げ物は、湯葉(中身は海老団子?)、刺身は、全て新鮮でした(が、ボタン海老がまるまる太っていたのと、ブリ、これがとりわけ美味でした)
P1000497
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.お通しは、鶏胸肉と水菜、ナッツの和え物
P1000498
P1000500
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.刺身盛り合わせ
P1000501
P1000503
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。ふぐheart02キュートlovely

P1000505
P1000507
○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*自家製サーモンマリネと大根、カシューナッツのサラダ

P1000506
P1000509
○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*
P1000494
P1000510
入り口の看板(ダイナミックな一文字)、と、店内の壁(座った座席から見上げるように撮影「一意専心」と書かれていました。左側は英語・・・なるほど、メニューも縦書きと横書きだし、そういった「折衷」が好きなお店??

帰宅時間には、雨も上がっておりました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

«  遊び心 | トップページ | 桃の節句 »

ランチ &夕ご飯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/61207754

この記事へのトラックバック一覧です: 職場の懇親会:

«  遊び心 | トップページ | 桃の節句 »