Instagramはこちら

  • Other Other: ID=nyonyakato
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • rakuten
  • ブログムラ

« ホワイトデー | トップページ | 映画「マエストロ!」を観る »

2015年3月16日 (月)

パルコ劇場「趣味の部屋」を観に行く

2015/03/12

渋谷パルコ劇場で上演中(内容は2013年好評だった舞台の再演)の「趣味の部屋」
を友人3人で堪能(夕ご飯もdrama
(観劇後4日も過ぎてしまいましたが、見た翌日から今日まで外出や仕事で多忙で
感想をまとめられませんでしたsweat01
舞台が19時〜(休憩無し2時間)だったので、早めに待ち合わせてお寿司屋さんへ。
P1000584
渋谷駅の駅ビルにある「美登利寿司」。今回もボタン海老がまるまる太っていました。
美味しゅうございましたhappy01
`;:゙;`;・(゚ε゚ )!!
さて、舞台。
キャスト:  天野信親・・・中井貴一  、土井祥太郎・・・戸次重幸、 
                宮地ミカ・・・原 幹恵、  水沢昭雄・・・川平慈英                金田 登・・・白井  晃
   脚本: 古沢 良太    演出:行定 勲
ストーリー(パンフレットより)
ここはマンションの一室。
キッチンで料理する者、ジグソーパズルをやっている者、
古書を味わっている者、ガンダムのプラモデルを作っている者・・・
ここは、男たちが誰にも邪魔されることなく趣味を楽しむために、
共同で借りている「趣味の部屋」だ。
呼びかけたのは、多趣味で博識で温和な内科医・天野信親。
化粧品メーカーに勤務する土井祥太郎。
車のセールスをしている水沢昭雄。
大学の医学部で教鞭をとる金田登が集っている。
彼らがそれぞれ趣味に興じているところに、チャイムが鳴った。
玄関に立っていたのは、巡査だという宮地ミカ。
二週間前から行方不明になっている男の聞き込み捜査らしい。
その男は、この部屋の仲間だった。
彼女の訪問を機に、男たちの楽園は疑いと諍いの修羅場と化す。
彼らが最後に辿り着く結論とは・・・。
そして、「趣味の部屋」の真実とは・・・。
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。(以下、ネタバレあり)
P1000588
制服姿の巡査が単独で捜査に来る??ホントに巡査??
などと思っているうちに、部屋にいる全員すべてに殺人の容疑がかかり、
彼ら全員が無実だと主張しあうことになります。
各人の「言い分」もそれなりに論理的で嘘っぽくはない。
「もしかして・・・」とこちらが思うと、舞台上では、照明を落し気味の演出で、まさに劇画タッチの不気味感sweat01
怒濤の展開についていけないsweat01 、土井が頭を抱えるシーンがあるけれど、
確かに、展開は次ぎから次へとどんどん行きます。
先ず、行方不明者とされていた木下は、実はミカの恋人でこの時は自宅に待機、木下がミカと組んで、趣味の部屋を捜索するための「巡査」芝居を打っているのを連絡待ちしているという設定。
木下は生きている一方、天野の勤務先で働いていた、ヨーコちゃん、という看護師が趣味の秘湯巡りの際、事故死してしまうのですが、天野は、これは他殺だと言い張り、その犯人探しを始めます。
犯人探しがエスカレートして、「もう、この部屋は終わりだ」「警察へ行く」
などとなり、5人が次々と部屋を出て行き、照明が暗くなる。
しばらくすると、男優4人が部屋に戻ってくる形で再登場。
カーテンコールにしては変だぞ、と思って見ているとなんと芝居は続いているsign03
なんのことはない、最初、天野がキッチンで料理している場面から、5人が次々出ていくシーンまで全てが、「ミカを騙すためのお芝居」だったというのです。(木下が、彼女に「趣味の部屋」の存在を知られてしまったということをフォローするため、そして、土井に「趣味は演劇」というようになってもらえるように、一致団結して大芝居を打った、ということだったのでした。  要するに、観客は彼女(ミカ)1人(出演型観客ってところか?)
最後の場面、、、まさにサスペンスhappy02
天野役の中井貴一が言う。(遺体収容疑惑があった大型冷蔵庫にそっと手をかけ)
「宮地ミカ・・・か。」
そして、フッとため息しながら
「ヨーコ、おまえの代わりが見つかったよー。また趣味が続けられるさ。」
(コレ、見ていると背筋ゾワゾワ〜sweat01となる)
ええーっ??という周りを楽しんでから。「な〜んてねsign01」  幕。
中井貴一クンの上手さに大拍手です。2009年に彼が主演の「12人の怒れる男」を見に行きましたが、法廷もののサスペンス、すごく良かったのが記憶にあります。が、今回、彼はコメディアン(この舞台は。サスペンス・コメディ)としての、才能もいっぱい持っているんだ、と思いましたし、解離性同一性障害の役を演じるときの憑依型の上手さは、男優ではそういないかも(多重人格演じたら上手い、大竹しのぶさんみたいな・・・)。
今回の舞台は、中井貴一クンの思い「演劇を観る機会が少ない地域で上演したい」
によって、
今月29日まで渋谷パルコ劇場、の後は、
松山→高松→新潟→金沢→福岡→大阪→札幌→函館→仙台→広島
と1ヶ月間、精力的に日本各地を巡るようです。演じる側も楽しみにしている、とパンフにあり、こういうのっていいなあ〜heart04  座長(中井貴一)と4人の出演者、がとても仲良く雰囲気良さげで、皆さん「役者冥利を味わって」舞台もプライベートも充実しているようすです。(パンフレット隅々まで読むhappy01
P1000589
P1000590 P1000594
P1000602
脚本が優れているこの作品、すでに韓国版「趣味の部屋」が上演されたそうです。
設定も役名も全部オリジナルのまま上演して好評だったそうです。素晴らしい
P1000595
NHKの番組「サラメシ」からのお花。この番組のナレーション、大好きlovely

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« ホワイトデー | トップページ | 映画「マエストロ!」を観る »

観劇(歌舞伎以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/61291779

この記事へのトラックバック一覧です: パルコ劇場「趣味の部屋」を観に行く:

« ホワイトデー | トップページ | 映画「マエストロ!」を観る »