« 再訪☆星乃珈琲 | トップページ | 映画「ストックホルムでワルツを・・・」 »

2015年5月12日 (火)

シニア劇団「かんじゅく座:ぼくらの未来」を見に行く

2015/05/10

昨年に引き続き、今年もシニア劇団かんじゅく座の舞台を見に行きました。
上演最終公演であり、しかも5/6の東京新聞にこの舞台のことが掲載されて、
本日は満席。会場は熱気でムンムン、って感じです。
P1010067 P1010068
今年は、劇団結成10周年(かんじゅく座:第9回公演)で、戦後70年の年でもあるから、ということで、「戦後70年特別企画」でした。
劇団の主催者:鯨エマさん(作・演出)によれば、
「平均年齢71歳のかんじゅく座が、戦後70年にどんな芝居を見せるか、1年間試行錯誤した結果を今日はご覧いただきます。」
( ̄ー ̄)
かんじゅく座の座員からは、
「楽しいことをしたくて劇団に入った」
「いまさら戦争なんて・・・」
「来てくださ るお客様が楽しめない」
「戦争の話しは政治の話しに結び付くことに懸念・・・」
とかなり逆風の中のスタートだったそうです。
さらに、パンフレットにはこのようにありました。
座員みんなの思いを盛り込んだ台本にしようと、全員に戦争についての考え方や思い出を書いてもらいました。ここで私はまたビックリ!!。この世代にして自分の両親から戦争の話しを聞いていない、といいう人が多かったのです。
なぜだろう・・・・・話し合い、考えるうちに、あのころの親たちは戦争体験を「話さなかった」のではなく、「話せなかった」のではないか、というところに辿り着きました。
戦争加害者として、被害者として、人生の貴重な時間を棒に振らされた体験にこだわり、振り返っているようでは、とてもじゃないけど生きていけなかった、家族や子どものために前を見て歩くしかなかったのではないだろうかと・・・。
しかし、70年経ち、当時を知らない私たちは、どうやって戦争を語り継ぎ、回避すればいいのか、具体的な手段がわからず手をこまねいているのが現状です。ここ1〜2年の政治の動き、世界の動きを見ると、実は自分たちの生活が、遠い国の戦争とそれほど遠くないところにいることがわかります。
とあり、「知れば知るほど、いつまで『戦後』でいられるのか」と近い将来に不安を抱かずにはいられません。
☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*
こういった、モチベーションで作られた舞台だけあって、いろいろてんこ盛りでした。
集団的自衛権、特定秘密保護法、そして、設定には、引き蘢り、老人介護、シングルの増加、などなど身近にあるような要素も加え、自衛隊のことをもっと知ろう、と企画された「自衛隊一日体験」のイベントに参加した中年男性が居眠りしていた夢の話し・・・
という形になっておりました。
新聞を2誌も購読しておきながら、近年、日本の現状に問題意識を強く抱いていない私にとって、良い刺激だったかな〜sign02 先ずは、帰宅してから、集団的自衛権、特定秘密・・・と用語検索したり、デジタル版の新聞(有料なのに、これも最近ノーチェックsweat01)見たり・・・平和ボケなのか、日頃、いかに何も考えていないかが露呈。
でも、どちらかというと、個人的に支持政党も経済力も無い身としては、箱根山警戒警報や先月のネパール(ヒマラヤ)の地震等による自然大災害、の方が気になります。
どうしよう、これじゃいけない、って思いつつも、何もせず、災害の被災者になったりする前に食べたい物は食べ、観たい物は観ておかなきゃ、という刹那的な感情になって終わるところは、自分という人間の小ささが浮き彫りになる気がして小さくため息ついてます。
(#゚Д゚)y-~
本日は、見終わったあと、ご一緒した職場の先輩と「イタリアントマト」でお茶しました。
P1010076
洋梨のタルト、昔から好きだった。相変わらずここのケーキはボリュームです。
今日は、母の日。役者さんたちは、シニアだけに、「母」や「グランマ」という方たちも多いのか、カーネーション入りの花束などを持っていた観客を何人も見かけました。
小さい子が、カーネーションの一輪挿し持っているのって可愛い。
Img_0336
自宅には、ムスコ1からカーネーション鉢植えが届いています(あんがちょheart01)。ムスコ2からは、学生なので、気持ち優先の赤ワインが・・・と写真撮る前に、夕食でオットがワイングラス4つに注いでしまいwinesweat01
、もう残りボトル1/4程度か?gawksweat02「写真」撮影は見送ってしまったさ〜


にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« 再訪☆星乃珈琲 | トップページ | 映画「ストックホルムでワルツを・・・」 »

観劇(歌舞伎以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/61576350

この記事へのトラックバック一覧です: シニア劇団「かんじゅく座:ぼくらの未来」を見に行く:

« 再訪☆星乃珈琲 | トップページ | 映画「ストックホルムでワルツを・・・」 »