Instagramはこちら

  • Other Other: ID=nyonyakato
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • rakuten
  • ブログムラ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月の14件の記事

2015年6月30日 (火)

表参道:セレブ・デ・トマト  &  老舗カフェ「ジェルボー」

2015/06/30

今日で、今年も折り返しです。 昨年から何度か企画しては、何らかの事情で延期してきた表参道のランチ、ママ友4人で行きました。
P1010210 P1010209
セレブ・デ・トマト表参道本店
店舗名の通り、まさに選び抜かれたトマトを使ったレストランです。
お店のロケーションは地下1階ですが、この明るい雰囲気confident
P1010213
先ずは、食前酒、・・・(あれ、飲んだの私一人sweat02)Tomatail(とまテル)
トマト果汁とパッションフルーツ果汁を使用した甘口で飲みやすい梅酒ベースのカクテル。(このお店の人気ナンバーワンのカクテル)
P1010215 P1010214
超熟トマトサラダ(使用トマトは夢咲トマト)、右は友人のサラダ(テリーヌ)
P1010216
カボチャの冷製スープ(塩加減がとても心地よかった)
P1010219
パンに添えてあるのはトマトはちみつ(色きれい)
P1010217
メインディッシュは、魚を選択。料理方法はポアロだったが魚の名前は忘れてるsweat01
P1010223
デザートは8種類の中から3つ選択(¥500プラスで全種類いただくことも可能)
ここのお店は、内装も接客の感じもGoodですが、120分の制限時間付だったので、別のお店で「お茶」する。
201405081553006
ハンガリーの老舗カフェ「ジェルボー」(GERBEAUD 東京店)
P1010224 P1010225
ブダペストの住人ならだれもがその名を知っているほどの有名店だそうですが日本の支店は、ここ青山のみ。
ケーキセットをオーダー。4人4様でした。三角のチョコレートケーキは、「ドボシュトルタ」」と言って1885年に考案された代表作。エリザベート王妃も絶賛されたことで有名。キャラメルがけした生地でデコレートしたチョコレートケーキ。だそうですhappy01cake
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年6月29日 (月)

市川猿之助  特別舞踊公演

2015/06/24

歌舞伎役者の魅力の一つは、「舞踊」の上手さだと思うのですが、猿之助丈の踊りは、
本当に人を惹きつけるものがある気がするので、今回の「特別舞踊公演」なるものに、申し込んで(プレオーダー)、千秋楽のチケットをゲットscissors
201502060002_b
楽しみにしていたのですが、諸事情により、行けなくなりそうに・・・sweat01
(;ω;)
がしかし、状況は2転3転し、結局、
中入り(休憩)後の演目
双面水照月(ふたおもてみずにてるつき)
だけなんとか見られました!!!(ヤッタlovely
(*゚▽゚)ノ
今回の公演は、
1、 歌舞伎の見かた
2、猿翁  十種の内  独楽
3、双面水照月
というプログラム。
full
座席は、満席sweat01
かちゃまたの席は、2階の2列目、中央、でした。休憩時間中に座席に着くと、お隣のおばちゃまが、「あら〜、よかったわ〜、来られたのねえ。こんな良い席なのにお見えになれないの残念だわ、って思っていたのよー」
と話しかけてきました。
聞けば、お仲間3人で観に来ている様子、隣の二人が話し込んでいるので、おばちゃまは私に向かって休憩前の舞台のこと、いろいろ教えてくれました。
happy01
そのうち、話が徐々にエスカレートしてきて、前月の歌舞伎(浅草歌舞伎)の話になり、
私が、チケット取れずで観られなかったと言うと、歌舞伎の話から、当日のエピソードまでいっぱい聞かせてくれました(当日は、富司純子さんの斜め後ろ席だったそうで、彼女の観客態度の良さ、着物の着こなしのセンス、なんやかんやベタ誉めup。お話が上手なので、猿之助観に来たのに、なんだか、浅草歌舞伎が頭に残りそう(笑)
休憩時間も過ぎ、舞台が暗転。
moon1
双面水照月、

舞台は隅田川。永楽屋の娘『お組』に恋慕しながら殺された堕落坊主・法界坊の霊魂と、 松若丸への執念を残しながら法界坊に殺された野分姫の霊魂が、合体して、お組の姿となって、生きているお組の前に現れて・・・。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
猿之助の役どころは、法界坊の霊と野分姫(のわけひめ)の霊が合体した役。時折、男声になる美女を演じていました。ストーリー的にはなんとも複雑で、今の時代のドロドロとした展開のドラマに近いものです・・・そういったややこしい演技が、上手いsmile
白塗りの顔、千秋楽だからか?相当な疲れた顔にも見えました。その疲れた顔が、従兄弟の香川照之(市川中車)の不機嫌な顔に本当に良く似ていて、血筋、というものを感じます。
fullmoon
幕が下りて拍手喝采・・・・延々と続く続く・・・クラシックのコンサート会場みたいじゃんsign01wink。ところが、歌舞伎系は、カーテンコールという慣習が無いので、やはりどんなに拍手が続いても「これにて終わり」というアナウンス 。
隣のおばちゃまは
「まあねえ、各地を廻ってきた猿之助ほか皆さん、きっとお疲れですのよ」
とか言っていたので、帰宅後どんな「各地」だったのか?と調べたら・・・
coldsweats02
愛媛県今治市、山形県高畠町、福島県郡山市、羽田空港、群馬県みどり市、神奈川県相模原市、愛媛県松山市、京都市、大分県豊後大野市、福岡県八女市、熊本県山鹿市、東京=浅草
という巡業ぶりは、本当に凄い!!!
P1010195
P1010196
頑張る役者の姿、ちょっと私生活面で慌ただしい毎日のかちゃまたにとって
大変励みになりました。あんがちょheart04heart04猿之助丈lovely
P1010192 P1010193
浅草、雷門の周辺は、修学旅行生と中国語っぽい言葉の観光客でごった返していました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年6月21日 (日)

胃の内視鏡検査を受ける

2015/06/20

胃の内視鏡検査を受けました。
受診の経緯をザッと述べると、先ず、
昨年夏に毎年誕生月に受ける健康診断を受け、
結果はオールA(自慢じゃないけれど、ここ7〜8年ずっとオールAscissors,にもかかわらず乳がん患者を経験してマスsweat01
今年の4月末になって、「胃がんリスク分類結果通知書」が送られてきて、私のランクが
Aから Bへランクアップされていました。(ええーっsweat02
ランクアップの理由は、今年の3月に、ピロリ菌の測定結果の基準値が変更されたということで(10.0Um以上→3.1 Um以上)、測定値4.2のかちゃまたは、ランクB、
「少数ながら胃がんのリスクがあり、また、ピロリ菌の除菌が必要です。」
とありました。
weepsad
なんとも、面倒なお知らせdown
除菌は何処でできるのかな??と、プリントに記載されていた「日本ヘリコバクター学会」のHPから、なるべく近くにある(区内)クリニックを探し出して受診しました。
hospital
除菌は、薬を飲み、除菌出来たかは、「息を採取」で判定出来る、というようなことを知り、なんとなく簡単そうな気がしたので、問い合わせました。
despairが、
結局、胃部内視鏡とセットでの受診ということになり、検査を受けたのでした。
今まで、内視鏡は「大腸」なら受けたことがありますが、胃は初めてです。
胃カメラ、と言ったら「口」から、と思っていたら、そうではなく「鼻から」に進化していました。
経鼻胃内視鏡検査
P1020371 P1020370
メリットは、
1) 苦痛が少なめ
2)おう吐が起きにくい
3)会話が出来る
○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*
体調悪いと、ゲーっとなる私にはうってつけの検査です。
(これまでの人生、大切な試験の前に吐き、緊張したお見合いで吐き、つわりで吐きまくり、頭痛肩こりで吐き、食べ過ぎ飲み過ぎで吐き・・・)
なんでもなくても、歯ブラシをちょっと奥に突っ込み過ぎると、「オエっ」となる日々sweat01down
happy02
経鼻での内視鏡は、とてもスムーズでした。
結果は、7月・・・。(カメラで見ながら、胃の組織を採取されました)

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年6月20日 (土)

スウェーデン料理「アルトゴット」(ALLT GOTT)

2015/06/18

ママ友3人で北欧料理を食べに行きました。
P1020356 F757_p13
お店の名前「ALLT GOTT」は、英語表記で、 all good(It's all good または It's OK)
全ていい感じ、というような意味でしょうか。お店、まさにそんな雰囲気でした。
delicious
P1020358 P1020357
ランチは、¥1800、¥2800、とあり、期間限定サマーコースがその中間の¥2300
これには、ワンドリンクが付いてくるので、¥2300コースに、スープ¥350を加えてオーダー。
お店(内装)は、フォーマルとカジュアルの合いの子ぐらいの雰囲気で大人の落ち着きがある一方で素朴さもある、という、なんだかいい感じです(レストランは2階。オープンキッチンスタイルでした)
北欧料理は、かなり以前に、青山にあるアクアビット(aquavit)という名のレストランに行って以来、久々です。
happy01
P1020360
アミューズ(前菜?)オレッキエッテ(イタリア語:Orecchiette)という名のパスタ。
意味は「小さい耳」earearなるほどねえ・・・
P1020362
  A:   ノルウェー産ニシンのディルマリネ 北欧風マスタードソース
P1020363
  B:  ノルウェー産スモークサーモン(ここから先の説明は忘れたsweat02
ここは、AかBを選択。私のチョイスは、ニシン。(魚が美味しい→ソースが良いから??)
P1020361
自家製ライ麦パンとクネッケ(大きなクラッカーみたい)
P1020364
冷製スープ(ホワイトアスパラガスを使ったもの)
P1020367
本日の魚料理(鯛)、添えのマヨネーズは、燻製されていて、珍しい味
でした(マヨネーズ好きは、病みつきになりそう?)
P1020366
キャベツのサラダ、、アンチョビーソース
P1020369
デザート、盛り合わせ(アイスクリームの脇は、バラのジャム)
最後にコーヒーcafe
今回のランチのきっかけは、駅ビルで買い物中、ムスコ2の幼稚園時代のママ友から
「もしかして、かちゃまたさん、じゃないですかsign02」と声をかけられ、
16年振りぐらいに、そこで立ち話しながら、メルアドを伝えたことから始まりました。(ちなみに、私は彼女がN君のママだとは全く気づかずsweat01・・・彼女は当時、いつも小さい妹さんを連れていたので、セットで覚えていたのでしょうか??その娘さんも今春大学入学だと聞いて改めて、月日の流れを感じた次第)
cafe
ムスコが人生で初めて自力で見つけた(見つけてもらった?)「おともだち」(N君、H君)
この母親同士で会いました。おしゃべりが尽きないまま、もう少しだけ「お茶しましょう」」と入ったお店で、お茶1杯で、「あら、もう5時過ぎだわsweat01」と立ち上がるまで 、しゃべり続けていたのでした。
結論(・∀・)ブランクがあっても、気の合う人と話すことは本当に楽しいup
北欧料理は、見た目よりも美味しい(味わい深いというか)。また、行きたいheart04up

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年6月19日 (金)

今年もサボテン咲きました

2015/06/19

昨年とほぼ同時期にサボテンが咲きました。
P1020350
気候変動やら、温暖化sign02 、寒冷化sign02 (よくわかりませんが)カレンダーに素直に従っているとは思えない近頃の陽気・・・、人間だったら時計やカレンダーがないと、カウントするのも一苦労じゃないかと思われるのに、植物は偉いもんだなあ。
P1020327 P1020326
今年は、群生のチビサボテンの2つに花がつきました。
密集しているので苦しいのかと思っていたけど、花が咲くのなら、まあいいのかなsign02
P1020343
bud★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
P1020342
ほとんど水やりしかしていないのに、これだけ咲いてくれて、持ち主孝行の植物です。

2015年6月18日 (木)

乳腺外科の診察日

2015/06/17

術後2年9ヶ月(今日の時点では、まだ8ヶ月ですが)の検診。
先週、採血した検査結果が出ていました。
hospital
マイドクターより、「血液検査の結果が良くなりましたねえuppass
と指摘され、気分よくなる私happy02note
やはり、人間褒められると嬉しいものデス。
hospital
一ヶ月ほど前から、早起きしてウォーキングしてます。
アクアビクスも出来る限り出席penguin
やはり、運動を続けることは、健康を保つ重要な要素だと再確認した次第。
eye
検査の結果、投薬は今まで通りの「ノルバデックス」
前回、そろそろ変わるのかな??と思っていましたが、ドクターから聞いた話では、
閉経後に処方される薬「アロマターゼ阻害剤」は、骨阻喪症を促進する副作用が強い薬だそうです。だから、
「なるべくなら、ノルバ、でいけるとイイよね。ホルモン療法の薬の服用期間は術後5年間だから、次回(10月)が3年検診で、全期間の過半数分がノルバなら、副作用のことなんかそれほど気にしなくていいから」
といつもながらの前向き発言。あー、もう、とかいう言葉は、「今年も半分終わっちゃうねえ」のところに付いてきました。
happy01
映画の後、病院には早めに着いたので、たまには病院内の食堂で食べてみよう!!
と、映画で内田伽羅ちゃんが美味しそうに食べていた「天ざる」を注文してみた。
病院内のお蕎麦は・・・結構美味しいheart
売店では、餡子ものを買おうと、どら焼&大福買って(病棟内は撮影禁止で写真無し)
これも完食。  和食と和菓子。これからも美味しく頂けるよう健康管理していかなきゃgood
P1010189

2015年6月17日 (水)

映画「あん」

2015/06/17

検診で病院に通う曜日が水曜日、なので気になる映画があれば観ることにしているかちゃまたです。本日の気になった映画は、
movie 樹木希林主演、河瀬直美監督「あん」
です。(予告編見て、見に行きたくなったもの)
P1010187
原作は、ドリアン助川「あん」(ポプラ社刊)。このドリアン助川さん、の本は読んだことないのですが、朝日新聞の人生相談コーナーの回答者だったことがあり、彼の回答が楽しみだったため、共感出来る原作だろうと勝手に判断してましたが、
P1010184 P1010185
正解でした(以下ネタバレあり)
movieストーリー(公式HPより)

焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…

樹木希林さんのセリフに泣かされました。
ホームページにも大きく出てきますが、それを見ないでおいてよかった・・・。
このセリフ、映画の中の徳江になりきった樹木希林が、感情を抑え気味に言うことで
観客の心に響くのだと思うのです(文字だけ追ってみても、嘘くさいだけかもsweat01
その言葉とは、
「私たちは、この世を見るために、聞くために、生まれてきた。
この世は、ただそれだけを望んでいた。・・・・・だとすれば、何かになれなくても、私たちには生きる意味があるのよ」
であり、亡くなったあと、千太郎(永瀬正敏)とワカナ(内田伽羅)が佳子(市原悦子)から受け取るテープレコーダーの録音の「徳江のコトバ」
病気のため産めなかった子供(妊娠したのに、ハンセン病ゆえ堕胎させられた)がいたことを明かし、その子が産まれていたら、ちょうど千太郎ぐらいの年齢だろうという前提で、彼を控えめながらしっかり励ますコトバです。
こうして書き出すと、なんだか「お涙頂戴」的なストーリー展開で、演じる役者さんによっては思い切り空振りしそうな場面。樹木希林以外の女優さんだったら、「なんか、ひく」
と思ってしまいそうなんですが・・・とにかく私の両脇の同年輩とちょっと上?女性たちも、すすり泣き、ハンカチで目を抑えてました。(ちなみに朝一番の上映で満席sign03
2回目の上映では立ち見席券の人がいること・・・[整理券番号順に入場させます、みたいな]、を案内係りが放送してました)
movie
今回の映画の楽しみの一つは、内田伽羅ちゃんをスクリーンで初めて見ること。
父親:本木雅弘、母親:内田也哉子、祖母:樹木希林、祖父:内田裕也
とまあ、凄い両親と祖父母!! 顔立ちは、父親にも母親にも似ているような・・・お祖父さんには似なくてよかったね、と言ってあげたいかな。
movie
伽羅(キャラと読むのは海外でも通用するように?)ちゃん、インターナショナルスクール出て、今は、英国の学校に通う寄宿舎生活だそうです。(イギリスと日本を往復しながらの撮影だったそう)。きっと英語もペラペラなんだろうけど(そういえば東京の女子中学生の会話にしてはスピードに欠けていた気もするsign02)才色兼備です、みたいなオーラを出さない上に、お嬢様チックとか鼻にかかるような感じとか高飛車な雰囲気、がありません。今回の祖母と孫の共演も、樹木希林さんが希望し、伽羅ちゃんにオーディションを勧めたそうです。映画の登場当初は、ちょっと鈍臭い中学生の女の子だったのが終盤には、赤いコートが似合うなかなか素敵な子、に少しだけ変わって行きます。(大変身しないのも好感)
movie
そしてもう一つの楽しみは映像に出てくる「あん」
小豆からつぶあんになるまでを、樹木希林と永瀬正敏がどら焼き屋の仕込み場面で
リアルに、かつ映像的には美味しそうに描きます。
「あんこ」って東洋的な食べ物だと思うけど、きっと「日本の小豆で作った餡子」は世界一なんだろうなぁ。映画の途中から、劇中のどら焼き屋に並んで買いたくなってる自分がいました。
P1010186
movie
チョット疑問だったのは、「どら焼き屋」さんって見かけないこと(かちゃまた=東京在住)
舞台は東京都東村山なんですが、街の中で、あんこのお菓子販売、と言ったら
先ず、「鯛焼き屋」か「今川焼き屋」さん、でしょう。
店長(千太郎)の、ちょっと暗めの人生には、鯛焼きや今川焼きが似合わなかったのかな?また、ワカナと母親の事情、ワカナと学校(学業)の状況がいまいちつかめず、ワカナの表情も乏しく(子役出身の俳優とは真逆かも)、よくわかりませんでした。
movie
樹木希林さんは、乳がんを患い、手術。その後、再発と転移により、彼女いわく「全身がん」という状態だそうですが、そういった経験もすべて生かして臨んだ撮影ではないかと思いました。 生き生きと働く「あん職人」の姿と対照的な施設での静養姿。本当に前歯もなく、老けて朽ちていく様子を演じてました。一昨年観に行った、「わが母の記」でも、認知症になって壊れていくお婆さんを見事に演じていましたけれど(この演技で2013年最優秀主演女優賞を獲得)、この人、どうしてこんなに上手なんでしょう。憑依型の女優さんなんだろうか??。決して「憑かれたような」迫力は見せないのですが・・・。やはり天才sign02
movie
P1010181
タイトル「あん」、素朴で良いと思いました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年6月16日 (火)

映画「風と共に去りぬ」(午前十時の映画祭)

2015/06/15

午前十時の映画祭、で「風と共に去りぬ」を見る。
P1010179
午後からの用事を2時半に設定していたので、午前10時からの上映だったら、十分間に合うだろう、と、高を括っていたら、なんと、終了時刻が、午後2時5分。駅を挟んで、東側で映画見て、西側のビルにたどり着いたのは、時間、ギリギリセーフsweat01でした(気温30度sun 本当に汗かいたsweat02
映画は、5分の休憩挟んで、4時間5分。本編の最初と最後にオーケストラの演奏が流れる(3分間ぐらいか?)、この間、画面は無し(スクリーンはチャコールグレー色に鈍く光っている)。 今の映画では、ありえない最初と最後が、なかなか効果的で、「壮大な物語」へと誘われる自身の心が整う感じでした。(途中、まったく眠くならなかったしscissors
movie
映画は、1939年にアメリカで公開されていますが、昭和で言ったら14年(太平洋戦争前)となるから、驚くsign03(日本で公開された時、こんな映画を作る国と戦争していたんだsweat01sweat01敗戰になっても仕方ないな、と感じた人は多いと思う)
movie
この映画、実は中学生時代に見ました。何人かの友人と連れ立って行き、それぞれ原作も読んでいたので、映画としては超大作なのに「こんなに短くしちゃって」とか「原作のアシュレイはもっと美男子&好男子と思っていたのに、アシュレイ役のレスリー・ハワードにはがっかりだ」とか「クラーク・ゲーブルに惚れた」「終盤のレットが可哀想weep」だとか言いたい放題でした。
前半の最終場面でスカーレットが故郷タラの畑で、萎びた大根を一口かじってから握りしめて「ここで強く生き抜く!!」と神に誓う場面、はその後しばらく、学校で真似が上手な友人の十八番でした。(彼女、今も元気かなあ)
movie
なので、この映画、再見であり、内容は結構覚えていて、改めて、CG無しで、ここまでの映像が撮れることに(特に弾薬が次々に爆発し一面火の海状態を馬車で突破する場面など)本当に、役者魂(こんな大仕掛け、テイク2とかありえないsweat01)制作サイドのプロ根性をヒシヒシ感じました。
登場人物を、(初回観覧後、約半世紀sweat02近く経って)演じた俳優とともに振り返ってみると、
movie
・主演のスカーレット・オハラ(ヴィヴィアン・リー)は、緑色の洋服ばかり着ていて(素敵なんだけど)、性格的には、かなりキツく、今風に言えば、ブットンでる女性。(友人少なさそう、だけど、本人はそんな事全く気になることのないほど、利己主義で強い・・・勝手に生きてってねーって感じ)。この人見ていると「性格が人生を呼ぶ」という格言?が当てはまるとしみじみ思うのでした。
movie
・レット・バトラー(クラーク・ゲーブル)は、男っぽい男性用フレグランスが似合いそうなタイプのクラーク・ゲーブルが好演。ダンスのシーンも、完璧にこなしていますが、実は苦手で、特訓の末にあの映像だ、とかを知り、尊敬します。(昔は、もっと声が低い印象だったけれど、そうでもなかった)
movie
・アシュレイ・ウィルクス(レスリー・ハワード)、中学生時代の私たちからは、妙にジジくさいアシュレイ役にがっかりdown でしたが、この人、生まれた時代が悪かったのだなあ、とオバさん目線で感じました。平和な時代に生きていたら、インテリ・穏やか・紳士的、で
結婚相手には、相当良いです(資産もありそうだった笑)。今回は、セリフを一つ一つきちんと聞いて見ましたが、う〜ん、ブレてないし、身の程知ってるし・・・まあ、そんなところにスカーレットが惚れ込んだ、ということでしょうかねえ。
movie
・メラニー・ハミルトン(オリヴィア・デ・ハヴィランド)この役を射止めてから女優人生が花開いたオリヴィア。結果的にスカーレットと支えあいながら激しい時代を乗り越えて行くのですが、今回は彼女の生き方に圧倒されました。真の強さってこういう事sign02
人間が「大きい」というのは彼女のような生き方が出来ることかもしれません。
要するに、今回は、メラニーが実に魅力的で、帰宅後、Wikiで調べたら、
なんと、オリヴィア・デ・ハヴィランドは、東京で生まれていて、98歳の今も存命でした。(他の3人、リー&ゲーブル&ハワード は50代で他界してました)
movie
登場人物の中で、圧倒的に印象深い(見た目も)、乳母のマミー(ハティー・マクダニエル)の役どころも、この映画を強力に支えていましたし、表情もセリフ(翻訳字幕も実にぴったりな)も良いなあ、と感じていましたが、1940年のアカデミー賞で助演女優賞を取ったのは彼女だったのでした(今日まで知らなかったsweat01 )
movie
そして、音楽(タラのテーマ)とタイトルの邦題が何と言っても、ピタリとハマるsign03  ロングヒットの映画は、こうした条件をクリアしているんだね。
この夏は、天井裏から原作本を出してきて(結婚時に持ってきたが、天井裏の肥やしになってマス)読んでみようかなあ、などと思うのでした。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年6月15日 (月)

新国立劇場「東海道四谷怪談」

2015/06/14

新国立劇場、意外にもお初です。
P1020331 P1020333
演劇サークルの今月は、「お岩さん」で有名な「四谷怪談」
東海道四谷怪談』
作/鶴屋南北 上演台本/フジノサツコ
演出/森新太郎
出演 内野聖陽 秋山菜津子 平岳大 山本亨 有薗芳記
   花王おさむ 小野武彦 他
昨年、同じ演出家&主演(森新太郎&内野聖陽)での舞台「ザ・ビッグフェラー」が印象的だったので、秋山菜津子(ノダマップ:エッグで上手だった)のお岩さん見たさに選びました。(以下ネタバレあり)
P1020330
「お岩さん=四谷怪談」とは、あまりにも有名ですが、実はこのストーリーについて(登場人物の人間関係や、元は歌舞伎の演目で仮名手本忠臣蔵とともに上演されていた話だとか)よく知らず、お岩さんがうらめしや〜、って出てくる話で、毒を盛られるいきさつは恋愛関係のもつれ、じゃないかと勝手に思っていました。
違うのですsweat01
《ものがたり》(東海道四谷怪談のチラシより)
塩冶(えんや)の浪人、民谷伊右衛門は、自分の過去の悪行故に離縁させられていた女房、お岩との復縁を舅の四谷左門に迫り、それが叶わぬとみるや辻斬りの仕業に見せかけ惨殺する。左門の屍体を見て嘆くお岩に伊右衛門は親切めかして仇討ちを誓い、それに乗じて復縁する。
民谷の家に戻ったお岩は、産後の肥立ちが悪く床に伏すようになり、伊右衛門はお岩を疎ましく思い始める。そんななか、隣家の伊藤喜兵衛から送られた血の道の妙薬を飲んだお岩は、たちまち相貌が崩れ悶え苦しみ、放置してあった短刀に刺さり死ぬ。実は喜兵衛は、伊右衛門に懸想した孫娘のおうめの思いを叶えようと毒薬を渡していたのだった。伊右衛門は家宝の薬を盗んだとして奉公人、小仏小平も殺し、お岩、小平の死骸を川に流す。やがて二人の怨念は伊右衛門を襲い、苦しめる。
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
お岩さんは、惨劇の被害者でした。夫の伊右衛門は、非常な極悪人、だけど男前。
今風に言えば、イケメンのダメンズです。
セリフは歌舞伎調、ほぼ忠実だったようで、歌舞伎よりテンポよく、主演の二人は上手でした。
P1020337
大詰(五幕)では、雪が降りしきる中での、大立ち回り。内野聖陽vs平岳大の殺陣シーン、および歌舞伎同様といえるような、大勢の体育会系役者さんvs内野聖陽、
生で見られて大変満足です。(内野聖陽さん、ほっそり引き締まって身のこなしにキレがあり、本当に男っぽくカッコよかったheart04) 平岳大くん、はその点まだまだです。
歌舞伎は観覧料金が高い(江戸時代も結構高額だったとか)ですが、歌舞伎っぽい後半
の演出、舞台装置(大道具、戸板の使い方など)、見ていて「お得感」ありました(笑)。
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
P1020338
舞台終了後、2時間経って、同じ劇場で、演劇講座が開催されました。(新国立劇場マンスリープロジェクト)、今月は、作家の松井今朝子氏による「東海道四谷怪談の魅力」
四世鶴屋南北の人気狂言「東海道四谷怪談」は初演1825年(文政8年)から今日まで、様々、上演、上映されているのはなぜだろう、というようなことを、元松竹勤務、歌舞伎の企画、制作に携わってきた、松井今朝子さんがわかりやすくお話ししてくださいました。
この講演会のために、舞台初日を観ている、松井さんの感想が彼女のブログにあり、引用すると、
14日の講演を前にどうしても観ておく必要を感じたのだが、やはり観て正解だった。なるほど南北はこんな風にも演じられるのか!と、いささか意表を突かれた舞台で、こちらが話す内容にも大いに関わってきそうである。直助権兵衛を丸ごとばっさり大胆にカットした外はストーリーもセリフも意外にそのまま活かした台本を、森新太郎は極めて異化した形で演出しており、これについては賛否両論あろうと思うが、良くいえば刺激的な舞台といえるのかもしれない。何しろ髪梳きのメリヤスが「乙女の祈り」には、とっても驚かされた。面白いのは、かつてのアングラが歌舞伎から情念のようなものを抽き出そうとしたのに対し、この演出では全体にコミカルさを強調する分、少しも情念的には見えないのである。一つにはお岩を演じた秋山菜津子が情動性よりも知性を感じさせる女優だからということもあるだろう。一方、伊右衛門を演じる内野聖陽がいわゆる二枚目的な演技を一切排している点が、この上演をありきたりの「四谷怪談」にはしなかったといえそうだ。隠亡堀の場面は舞台機構の使い方がユニークだし、大道具小道具共に従来通りではない仕掛けがいろいろとあって、それなりのスペクタクル性を供している。というわけで14日に話す前には多くを書けませんが悪しからず。
ということでした。この劇場は、1997年にオープンしたそうですが、古典ものは、千代田区の国立劇場が主たる劇場となっていたためか、「鶴屋南北の作品」をかけるのは今回が初めてだそうです。  かちゃまたは、訪れるのが初めて、だったので、初めてどうしsmileでありました〜。
P1020334 P1020336
                                .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
P1020335
新国立劇場、隣接のオペラシティーもあるため、広大な敷地に巨大な建造物でした。
館内放送では、震度7でも大丈夫、とか。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年6月10日 (水)

息子たちの母校

2015/06/08

一昨日の「母の会」で集ったメンバーで都合がついた3人で、リニューアルした学校の文化祭最終日をちょっとだけ覗いてきました。
P1010124001
校舎を完全に建て替えたので、建て替え前に「池(人工池)」だったところが、こんな感じに変わって、写真の奥に見えるのは「上履きに履き替えるための靴箱」また屋根の上には
P1010158001
屋上オープンスペースが広がっていました。ベンチの真下が下駄箱スペース。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
ピカピカの学食には美味しそうなメニューが・・・
P1010131 P1010132
かちゃまたの好みだけ撮ってますけど
( ´艸`)プププ
タイトルの「息子たち」というのは、一緒に行ったママ友の息子さん方であり、またかちゃまたのムスコその1&その2でもあって、通算9年間の保護者会出席やらPTA
に携わった身としては、ビフォーアフター、じゃないが、男子校の廊下が

P1010154001こーんなに綺麗になるとは、まるで、姫路城並み(白鷺城が白すぎて、俗称が「シロ過ぎ城」)じゃん、とか思ってしまう。
あまり時間がなかったけれど、食券持参で勧誘してくれた模擬店「Flamy's CREPE」に入る。
P1010141 P1010142
 。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚
黒板いっぱいに描かれているフラミンゴの「チョーク画」にビックリsign03
店員一同、スッキリ爽やか系で、お店そのものがセンス良い。。。あれれ、校舎とともに生徒もビューティフル化したの???などと3人で喜び合ってしまいました。(写真撮りまくりのオバさん=かちゃまた、ちょっと恥ずかしいねsweat01
cafe
お昼ご飯は、文流というレストランでデイリーランチをパパッといただきました。
P1010161001 P1010162001
パスタは、ボロネーズ、紅茶は伊藤さん(というティースペシャリスト)ブレンドだそうです。

2015年6月 9日 (火)

同窓会系イベント(連日和食三昧)の土日:その2(6/7)

2015/06/07

同窓会系イベント(和食会席) その2: 女子校某クラブOG会

本日は、2年に一度、アラフィフ以上のメンバーが対象のOG会。
前回は、放射線治療が終わった少し後だったので欠席したため、今回4年ぶりの参加、でこちらも幹事学年ゆえ、写真係等、働きながら?の飲食でした。
場所は、千代田区のホテル、和食会席料理で会費=¥8000円
P1020273
最初の一品、は、緊張のあまり??乾杯の音頭を取る先輩の写真を撮り忘れsweat01
たため、なんだか味わってません💧
P1020278
刺身・・・何故かワサビがいい味でした。刺身上の野菜は、はすいも(レンコンの茎)だそうです。(食感がなんとも夏)
P1020279
本日の一番いい味、の茶碗蒸し。
器がまた良いのです。この日、上野:国立博物館で最終日を迎えていた「鳥獣戯画展」
(高山寺の至宝)、この絵巻物の図柄が施された蓋付き茶碗、5時間並んで観てきた先輩の話を聞いて、かちゃまた、行けば良かったなあ〜と後悔down
P1020280
揚げ物
P1020299
P1020308
P1020309
本日のごはんは「鯛めし、錦糸卵かけ」
P1020315
やっとデザートだ〜、と思ったのも本音であります。
参加者44人。先輩後輩、と一同に集まると、学年のカラーが改めて見えて面白かった。
同学年の人たちとは、(また来年、今度は学年の同窓会幹事の仕事が待っているため)、
これからも顔を合わせることになりました。二次会の席で、来年の話を始めた直後、ひょんなことからお腹がよじれるほど笑ったり、メンバーの皆が頭の回転よくテキパキしているので、来年の学年幹事(今度は100人以上集まる予想)も上手く行きそうな予感で終わりました。GOOD LUCK sign03 私たちsign03

同窓会系イベント(連日和食三昧)の土日:その1(6/6)

2015/06/06&07

 その1・・・ 6/6  年に一度の母の会

P1020615

ブログ書いていると便利で、昨年の今頃だったなあ、と調べると、去年は6/7にダブルヘッダー(欲張り)で参加していた行事でした。

去年はお気楽参加(早退)でしたが、今年は幹事の一人でもあり、来年への引き継ぎが出来る?出来ない?!と、甘味が出てくる頃から、対面に座った幹事さんとアイコンタクトしながらモジモジ、・・・昨年よりも少ない出席者の中で、立候補が3人出てくれて、心からホッとしました(ヤッタネ、万歳気分)

本日のお店は、 吉祥寺、中空に浮かぶ小さな隠れ家、(と、お店側が言う)新感覚の日本料理店。(ランチコース¥3240円には、グラスワインかビール、ソフトドリンク付き)

吉祥寺 わるつ (Tel:0422-27-2593)

P1020620

愛らしいグラスに入った可愛い、食前酒(*^ω^*)

P1020623

冷たいスープは、山芋と卵と青のり?が入っていました。

我が家だったら家族はこのまま熱々ごはんにざざっとかけて、猫マンマ、だろうなあ

P1020624

左にあるモズク・・手から滑り落ちそうになって焦った

P1020627

ゆず色した丸い塊は、ゆずではなくてカボチャとひき肉を使ったトロミのついたお団子でした。傍に浮いているのは、メロンの赤ちゃんのスライスだそうです。(メロン=ウリ科とよくわかった)

P1020630

P1020634

サワラの照り焼き、ミニトマトの甘露煮、パプリカの酢漬け

P1020636

煮物が美味でした(オクラ、ナス、がんも、椎茸の肉挟み、)

P1020637 P1020639

P1020638生姜ごはん、さっぱりと美味しく、お代わりを案内されたので、素直に応じる(あっさりクリアsmile)  漬物は、昆布の有馬煮ほか。(器がいちいち素敵です)

P1020641

マンゴーのゼリー寄せ

このお店は、ビルの最上階(9階)にあり、天井高(5m,とお店の案内にあった)と天然木のフローリングは床暖房完備、懐かしいJAZZが漂い、晴れた日には新宿副都心とスカイツリーまで見えるそうです。(おそらく夜景も綺麗だろうなあ)

まずは、1日目無事終了(・∀・)!!!

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年6月 3日 (水)

映画「繕い裁つ人」

2015/06/02

本日は、友人と映画
「繕い裁つ人」を見に行った。
P1010109
監督:三島有紀子
原作:池辺葵
主演:中谷美紀
出演:  三浦貴大、片桐はいり、黒木華、杉咲花、中尾ミエ、伊武雅刀、余貴美子
解説:
祖母が開いた南洋裁店の2代目店主・南市江(みなみいちえ)は、顔の見える方(顧客)への仕立てとお直しに生きてきた。洋裁を通じて、とりまく人々との交流を描いた物語。
時代が移りゆく中で、祖母への意思を受け継ぎ「一生、添い遂げられる服」にこだわって、その人だけの服を作り続けてゆく。
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
(以下ネタバレあり)
原作は漫画ですが読んでいません。神戸に住んでいたことある友人から勧められての映画鑑賞。女性の監督なので「しっとりした映画」とか「光を上手く生かした映像が綺麗」などと聞いていました。
movie
確かに、主人公の中谷美紀の凜とした姿が綺麗で、「美しい写真」をみているような場面が、ロケ地の神戸、ということもあり、随所に見られます。
そういったことは承知の上で見たわけですが、映画の前に友人とベーカリーカフェで、軽食&お喋りしていたためか、途中、最初の「夜会」が催されるあたりで眠くなってしまう(この「夜会」なるものが、なんというか非現実的なので、二回目の夜会は眠気はゼロでもなんだか白けてしまう気分に・・・)
movie
職人さん、というのは、元々「生き方」にこだわりを持つ人間がなるものだと思っている私。大丸デパート(映画では違う名前でしたが)の婦人服担当の藤井(三浦貴大)のセリフに市江さんの中身は「頑固ジジイ」だとありましたが、聞いているこちらアラフィフおばさんは、「そりゃ〜そうだよ、」としか感じなかった。smile
movie
頑固に、「祖母のスタイルを貫く」洋裁店を営む主人公。
ただ、この根拠がいまいちわかりません。市江の過去に何かあったのでしょうかsign02
はたまた、洋裁師の母(だけ?)の余貴美子、映画では、訪ねてくる藤井にせっせと「お茶出し」「お団子提供(本当にてんこ盛り)」する役どころですが、彼女は何故、母親から洋裁店を継がなかったのでしょうか?(ものすごく不器用とかで挫折?・・・ま、感情移入できる登場人物、かちゃまたにはこの母親かもsign02
それにしても、あの、なんとも言えない「夜会」よりも、「偉大な先代=祖母」を持つ孫娘の苦悩がもう少し描かれても良かったのでは??というのが、内容についての感想。
movie
映画館は、想像通り、女性が多かった。私の母親世代は洋裁好き。実家の母も、収納部屋(3畳ほどのクローゼットがあるところ)にミシンを設置して、暇を見つけては、何かミシンで縫っている。こういった観客の方々は、きっと「うっとりlovely」なんだろうと思いました。
movie
主人公の「癒し?」「ストレス解消?」、いずれか知りませんが。映画の中で「サンパウロ」という喫茶店で、ほとんどホール!!!という大きさのレアチーズケーキ(でも、フォークを刺すところを見ると「ふわっふわ」
これを何度か「美味しそうに食べる」場面があるので、神戸のケーキをネットで調べたら、「サンパウロ」は実在、ケーキは無し(スフレチーズケーキがピースサイズであった)
のようでした。
「レトロなミシン」「光」「スイーツ」「神戸の風景」
目に焼き付く場面が随所に見られた作品でした。三浦貴大は、母親似だと思う。(三浦友和、百恵夫妻は二人で映画を観に行くそうなので、きっとどこかの劇場でこの映画見ているんだろうなあ)

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年6月 2日 (火)

映画「駆け込み女と駆け出し男」

2015/05/31

Img_0352
原案:井上ひさし
脚本&監督:原田眞人
主演:大泉 洋
【解説】(映画チラシより)
質素倹約令が発令され、庶民の暮らしに暗い影が差し始めた江戸時代後期。鎌倉には離縁を求める女たちが駆け込んでくる幕府公認の縁切り寺、東慶寺があった。  但し、駆け込めばすぐに入れるわけじゃない。門前で意思表示をしたあとに、まずは御用宿で聞き取り調査が行われるのだ。 見習い医者でありながら、駆け出しの戯作者でもある信次郎は、そんな救いを求める女たちの身柄を預かる御用宿・柏屋に居候することに。 知れば知るほど女たちの別れの事情は様々。柏屋の主人・源兵衛と共に離婚調停人よろしく、奇抜なアイデアと戦術で、ワケあり女たちの人生の新たな出発を手助けしていく。
国民的作家、井上ひさしが晩年、11年をかけて紡いだ小説「東慶寺花だより」を元に、「わが母の記」の原田眞人監督が初めて時代劇に挑戦。
Img_0346       出演: 大泉洋・戸田恵梨香・満島ひかり・樹木希林・堤真一・山崎努・キムラ緑子・神野三鈴・内山理名・陽月華・中村嘉葎雄。橋下じゅん・武田真治・北村有起哉 他              
  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
Img_0349
movie(以下、ネタバレあり)
めずらしく、オットがこの映画に行きたい、と言い出し、
本当は、6月の半ば頃レディースデーで観る予定だったのが急遽見にいくことに・・・。
上映時間が2時間23分という結構長い映画でしたが、役者の顔ぶれがよく、原作を1/4ほど読んであったので、予想以上に楽しめました。
(映画館で、ポップコーン&ビールと共に買った「縁切りどらやき」写真撮る前に食べてしまった残念sweat01・・・でも何故、どら焼きなんだろう??)
movie
原作をきちんとしっかり最後まで読んでいないのですが、
映画タイトルの「駆け込み女」の中で中心的役割の「じょこ(戸田恵梨香)」は原作では「おきん」という名前であり、満島ひかり演じる「お吟」と似ていて紛らわしいので、「じょこ」になったのでしょう、この天才的鉄練り職人が「女性」だったということで彼女の辛い結婚生活(嫉み深く、遊び人の夫)から逃れようと東慶寺を目指す。
movieこの時代、寺は学校でもありましたから、字の書けない女性は字を習い、お経を勉強し、よく働いて、精進料理でしっかり食生活を正して規則正しく生きていくうちに、みんな見違えるようにきれいになっていくそうです。
movie
女子校育ちのかちゃまたにとって、懐かしいようなでもちょっとシビアでエグいような面もあるこの世界(駆け込みの成功者ばかりの集団だからそうなのかも・・・)を懐かしいけれど、絶対に戻りたくない気もする、という複雑な感情で見ていました。
movieお吟役の、満島ひかり。年齢的に戸田恵梨香といくつも違わないはずで、原作を読んだイメージだと、もっと中年の色気漂う(鈴木京香とか松雪泰子あたり??)がイメージでしたが、「お歯黒」「眉剃り」「粋な着こなし」「爽やかなあだっぽさ」で見事に演じていました。
movie
彼女が惚れる旦那さんが、堤真一演じてますが、この役どころはオイシイ(朝ドラマッサン「鴨居の大将」役思い出すカッコ良さ)
movie大泉洋は、時代劇をそうでないジャンルにしてしまうような個性があります。好き嫌いが別れるかも。やくざ役(橋本じゅん)との長ゼリフでの場面は、good jobup

movie「わが母の記」にも登場していた樹木希林やキムラ緑子、原田監督は彼女らの良さをとても上手に使っていました。この二人のセリフ、思いがけず結構泣けてきます。

movie原作を意識して、ちょっと話を盛りすぎか?と感じる場面もありましたが、役者さんたちの熱演で、チャラsmile。 御用宿「柏屋」の温かげな台所と食事風景、「駆け込み寺」の文字と通り「御用」を務める宿屋さん。家庭裁判所みたいな役回りのほか、寺の雑用、貸したお金の取り立てから話し相手まで、たいていのことは引き受けています。
movie

日本の江戸時代にこのような考えられた組織が存在していたとは、日本の昔って凄い。
駆け込んだ女性の数は
、江戸後期までに少なくとも3000人位だそうです。
Img_0348

movieこんな素晴らしいシステムを展開していた東慶寺、行ってみたくなりました〜

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »