« 江戸切子を体験してみた (;;;´Д`) | トップページ | 映画「繕い裁つ人」 »

2015年6月 2日 (火)

映画「駆け込み女と駆け出し男」

2015/05/31

Img_0352
原案:井上ひさし
脚本&監督:原田眞人
主演:大泉 洋
【解説】(映画チラシより)
質素倹約令が発令され、庶民の暮らしに暗い影が差し始めた江戸時代後期。鎌倉には離縁を求める女たちが駆け込んでくる幕府公認の縁切り寺、東慶寺があった。  但し、駆け込めばすぐに入れるわけじゃない。門前で意思表示をしたあとに、まずは御用宿で聞き取り調査が行われるのだ。 見習い医者でありながら、駆け出しの戯作者でもある信次郎は、そんな救いを求める女たちの身柄を預かる御用宿・柏屋に居候することに。 知れば知るほど女たちの別れの事情は様々。柏屋の主人・源兵衛と共に離婚調停人よろしく、奇抜なアイデアと戦術で、ワケあり女たちの人生の新たな出発を手助けしていく。
国民的作家、井上ひさしが晩年、11年をかけて紡いだ小説「東慶寺花だより」を元に、「わが母の記」の原田眞人監督が初めて時代劇に挑戦。
Img_0346       出演: 大泉洋・戸田恵梨香・満島ひかり・樹木希林・堤真一・山崎努・キムラ緑子・神野三鈴・内山理名・陽月華・中村嘉葎雄。橋下じゅん・武田真治・北村有起哉 他              
  ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
Img_0349
movie(以下、ネタバレあり)
めずらしく、オットがこの映画に行きたい、と言い出し、
本当は、6月の半ば頃レディースデーで観る予定だったのが急遽見にいくことに・・・。
上映時間が2時間23分という結構長い映画でしたが、役者の顔ぶれがよく、原作を1/4ほど読んであったので、予想以上に楽しめました。
(映画館で、ポップコーン&ビールと共に買った「縁切りどらやき」写真撮る前に食べてしまった残念sweat01・・・でも何故、どら焼きなんだろう??)
movie
原作をきちんとしっかり最後まで読んでいないのですが、
映画タイトルの「駆け込み女」の中で中心的役割の「じょこ(戸田恵梨香)」は原作では「おきん」という名前であり、満島ひかり演じる「お吟」と似ていて紛らわしいので、「じょこ」になったのでしょう、この天才的鉄練り職人が「女性」だったということで彼女の辛い結婚生活(嫉み深く、遊び人の夫)から逃れようと東慶寺を目指す。
movieこの時代、寺は学校でもありましたから、字の書けない女性は字を習い、お経を勉強し、よく働いて、精進料理でしっかり食生活を正して規則正しく生きていくうちに、みんな見違えるようにきれいになっていくそうです。
movie
女子校育ちのかちゃまたにとって、懐かしいようなでもちょっとシビアでエグいような面もあるこの世界(駆け込みの成功者ばかりの集団だからそうなのかも・・・)を懐かしいけれど、絶対に戻りたくない気もする、という複雑な感情で見ていました。
movieお吟役の、満島ひかり。年齢的に戸田恵梨香といくつも違わないはずで、原作を読んだイメージだと、もっと中年の色気漂う(鈴木京香とか松雪泰子あたり??)がイメージでしたが、「お歯黒」「眉剃り」「粋な着こなし」「爽やかなあだっぽさ」で見事に演じていました。
movie
彼女が惚れる旦那さんが、堤真一演じてますが、この役どころはオイシイ(朝ドラマッサン「鴨居の大将」役思い出すカッコ良さ)
movie大泉洋は、時代劇をそうでないジャンルにしてしまうような個性があります。好き嫌いが別れるかも。やくざ役(橋本じゅん)との長ゼリフでの場面は、good jobup

movie「わが母の記」にも登場していた樹木希林やキムラ緑子、原田監督は彼女らの良さをとても上手に使っていました。この二人のセリフ、思いがけず結構泣けてきます。

movie原作を意識して、ちょっと話を盛りすぎか?と感じる場面もありましたが、役者さんたちの熱演で、チャラsmile。 御用宿「柏屋」の温かげな台所と食事風景、「駆け込み寺」の文字と通り「御用」を務める宿屋さん。家庭裁判所みたいな役回りのほか、寺の雑用、貸したお金の取り立てから話し相手まで、たいていのことは引き受けています。
movie

日本の江戸時代にこのような考えられた組織が存在していたとは、日本の昔って凄い。
駆け込んだ女性の数は
、江戸後期までに少なくとも3000人位だそうです。
Img_0348

movieこんな素晴らしいシステムを展開していた東慶寺、行ってみたくなりました〜

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« 江戸切子を体験してみた (;;;´Д`) | トップページ | 映画「繕い裁つ人」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

|What's up every one, here every person is sharing such knowledge, so itis good to read this blog, and I used to visit this web site everyday.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/61681990

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「駆け込み女と駆け出し男」:

« 江戸切子を体験してみた (;;;´Д`) | トップページ | 映画「繕い裁つ人」 »