Instagramはこちら

  • Other Other: ID=nyonyakato
フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • rakuten
  • ブログムラ

« 映画「駆け込み女と駆け出し男」 | トップページ | 同窓会系イベント(連日和食三昧)の土日:その1(6/6) »

2015年6月 3日 (水)

映画「繕い裁つ人」

2015/06/02

本日は、友人と映画
「繕い裁つ人」を見に行った。
P1010109
監督:三島有紀子
原作:池辺葵
主演:中谷美紀
出演:  三浦貴大、片桐はいり、黒木華、杉咲花、中尾ミエ、伊武雅刀、余貴美子
解説:
祖母が開いた南洋裁店の2代目店主・南市江(みなみいちえ)は、顔の見える方(顧客)への仕立てとお直しに生きてきた。洋裁を通じて、とりまく人々との交流を描いた物語。
時代が移りゆく中で、祖母への意思を受け継ぎ「一生、添い遂げられる服」にこだわって、その人だけの服を作り続けてゆく。
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
(以下ネタバレあり)
原作は漫画ですが読んでいません。神戸に住んでいたことある友人から勧められての映画鑑賞。女性の監督なので「しっとりした映画」とか「光を上手く生かした映像が綺麗」などと聞いていました。
movie
確かに、主人公の中谷美紀の凜とした姿が綺麗で、「美しい写真」をみているような場面が、ロケ地の神戸、ということもあり、随所に見られます。
そういったことは承知の上で見たわけですが、映画の前に友人とベーカリーカフェで、軽食&お喋りしていたためか、途中、最初の「夜会」が催されるあたりで眠くなってしまう(この「夜会」なるものが、なんというか非現実的なので、二回目の夜会は眠気はゼロでもなんだか白けてしまう気分に・・・)
movie
職人さん、というのは、元々「生き方」にこだわりを持つ人間がなるものだと思っている私。大丸デパート(映画では違う名前でしたが)の婦人服担当の藤井(三浦貴大)のセリフに市江さんの中身は「頑固ジジイ」だとありましたが、聞いているこちらアラフィフおばさんは、「そりゃ〜そうだよ、」としか感じなかった。smile
movie
頑固に、「祖母のスタイルを貫く」洋裁店を営む主人公。
ただ、この根拠がいまいちわかりません。市江の過去に何かあったのでしょうかsign02
はたまた、洋裁師の母(だけ?)の余貴美子、映画では、訪ねてくる藤井にせっせと「お茶出し」「お団子提供(本当にてんこ盛り)」する役どころですが、彼女は何故、母親から洋裁店を継がなかったのでしょうか?(ものすごく不器用とかで挫折?・・・ま、感情移入できる登場人物、かちゃまたにはこの母親かもsign02
それにしても、あの、なんとも言えない「夜会」よりも、「偉大な先代=祖母」を持つ孫娘の苦悩がもう少し描かれても良かったのでは??というのが、内容についての感想。
movie
映画館は、想像通り、女性が多かった。私の母親世代は洋裁好き。実家の母も、収納部屋(3畳ほどのクローゼットがあるところ)にミシンを設置して、暇を見つけては、何かミシンで縫っている。こういった観客の方々は、きっと「うっとりlovely」なんだろうと思いました。
movie
主人公の「癒し?」「ストレス解消?」、いずれか知りませんが。映画の中で「サンパウロ」という喫茶店で、ほとんどホール!!!という大きさのレアチーズケーキ(でも、フォークを刺すところを見ると「ふわっふわ」
これを何度か「美味しそうに食べる」場面があるので、神戸のケーキをネットで調べたら、「サンパウロ」は実在、ケーキは無し(スフレチーズケーキがピースサイズであった)
のようでした。
「レトロなミシン」「光」「スイーツ」「神戸の風景」
目に焼き付く場面が随所に見られた作品でした。三浦貴大は、母親似だと思う。(三浦友和、百恵夫妻は二人で映画を観に行くそうなので、きっとどこかの劇場でこの映画見ているんだろうなあ)

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« 映画「駆け込み女と駆け出し男」 | トップページ | 同窓会系イベント(連日和食三昧)の土日:その1(6/6) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/61689944

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「繕い裁つ人」:

« 映画「駆け込み女と駆け出し男」 | トップページ | 同窓会系イベント(連日和食三昧)の土日:その1(6/6) »