Instagramはこちら

  • Other Other: ID=nyonyakato
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • rakuten
  • ブログムラ

« アフタヌーンティーを体験する | トップページ | 歌舞伎NEXT「阿弖流為」(新橋演舞場) »

2015年7月27日 (月)

ミュージカル「エリザベート」

2015/07/24

アフタヌーンティーを満喫したのは帝国ホテル、そこから徒歩で帝国劇場へ。
帝国ホテルは今年開業125周年だそうで、記念展示がありハンドブックをもらっていました。そこには
「1890年(明治23年)、Tホテルは明治政府がすすめる欧化政策の一環として、海外からの賓客を迎える「迎賓館」の役割を担い、ここに誕生しました。」とあり、初代会長には渋沢栄一氏。
book
もしかしたら、関係あるのかも、と帝国劇場を調べたら、やはり「つながり」ありました。
「帝国劇場(東京・有楽町、皇居前にある東宝直営の演劇劇場。1911年(明治44)渋沢栄一。大倉喜八郎らの手により、日本初の洋式劇場として開場された。
book
答え:「渋沢栄一氏」が共通でした。
さすが、近代日本経済の父と言われているだけあって凄いsign01
camera
さて、夜の部とはいえ、劇場到着(18時15分頃)は、まだまだ外は明るく、入り口付近の写真も撮れました。
P1020423 P1020424
井上芳雄くんのトートが見たい、良席で見たい、
この両方の希望を叶える方法として、ローソンチケットの貸切公演を選びました。
ミーハー的な感想を先に言えば、チケット入手の「良席保証」の席のお陰で?
上演中、劇中の結婚式に向かうトートが私の席(センターブロック通路側)の横を通っていったり(一瞬、遅刻してきた人かと思ったsweat01らスタイリッシュな井上トートでしたsmile)、並んで座った友人のお隣はNHKのアナウンサー(女性)だったり・・・客席だけでも「非日常」楽しめました(笑)
P1020427
【ストーリー】(ミュージカルチラシより)
19世紀末のウィーン、若き皇帝フランツ・ヨーゼフが我が妻に、と選んだのは「自由な心と魂を持つシシィ(エリザベート)だった。一目で惹かれあい、固い絆で結ばれたかに見えた2人だったが、その愛はハプスブルク王朝の破滅への序章であった。
自由を愛するエリザベートにとって、宮廷での暮らしは苦痛以外の何ものでもない。
姑の皇太后ゾフィーが取り仕切る宮廷では、自分の子供を自ら養育することも叶わなかった。
ある日、自分の美貌が武器になることに気づいたエリザベートは、自らを完璧に磨き上げ、ハプスブルク帝国の皇后として栄華を極めていく。エリザベートが念願としていた望みを叶えたのも束の間、彼女の周りには、夫の不義、国民の誹謗中傷、愛する皇太子ルドルフの死と、常に不幸の影がつきまとう。
そして、それらの不幸とともに彼女の前に現れるのが黄泉の帝王"トート=死”。
トートはエリザベートが少女の頃から彼女の愛を求め続け、彼女もいつしかその愛を意識するようになっていた。しかし、その禁じられた愛を受け入れることは、自らの死を意味することであることも、エリザベートは知っていた。
幕が下りる帝国と共に、エリザベートの「運命の日」は迫っていた・・・。
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
日記を綴っているのは7/26で、昨日は習っているピアノ教室の発表会(かちゃまたは出演を卒業したため裏方担当)お手伝いの帰り道、連弾の相方さんが「私、明日はオペラ観に行く予定になってて・・・」と言った。私は「わっ、こちらは昨夜、ミュージカルでした」と言って笑いながら、オペラとニュージカルってどう違うんだろう??と帰宅後調べました。
すると、
〔オペラ=歌劇〕
に対し、ミュージカルは、
「音楽・歌・セリフおよびダンスを結合させた演劇(19世紀後半アメリカで誕生)」
とのことでした。オペレッタはオペラ寄りのミュージカルとの合いの子らしい。
( ̄▽ ̄)
うんうん、確かにそうです。
今回、セリフが少なめのトート(黄泉の国の王様がお喋りではサマにならないsweat01
には、トートダンサーが8人付いています(wキャストではありませんので、全公演踊っているんだね)
幕が上がると、曲の前から登場済みのダンサーたちが、怪しく踊り出し、死者がムクムク湧いて来る感じがなんともおどろおどろしい。(まさにダンサー!身体で表現してます)その後も、ここかしこ、至る場面で踊る踊る
run
new
東宝だけで初演から15年(宝塚でも同じ演目あり)、それを今回初めて観るわけでありますから、今更、私が何か感想を述べるというのもおこがましい気が・・・。
それでも、いくつか印象的な点を述べると・・・
初めて見た出演者では、

*フランツ役(エリザベートの夫)の田代万里生さんが歌上手でした。一目惚れの夫婦、と言っても皇帝の方が愛情量が強く、それを感情込めて歌えているので、まさに美声から「愛情が放たれてる」感じ。童顔・首長く歌う姿勢も綺麗。老けたメイクも工夫してました。

*ルキーニ役(エリザベートを暗殺する男)の山崎育三郎さん、役者だな〜と感じる演技。スタイルも良く東宝ミュージカルにはなくてはならない役者さんでしょうね。

*蘭乃はなさんのエリザベート。昨年末のモーツアルト!ではもう一人のエリザベート役の花總まりさんをモーツアルト姉の役で観ていたので、今回は別の人で楽しめばいいかな(はなさんの方が若いし)・・・と何の先入観も無かったのですが、何だかこの方「地声が低く」て一方、歌の途中で「裏声」になる。これがちょっと違和感でした。声の伸びやかさも花總さんの方が美しいかも・・・。

*お目当てだった死の帝王トート役の井上芳雄さんについては、言うまでもありません。セリフが少ないという設定で、一箇所「見つけた!」と思ったシーンは、少年時代のルドルフが手にしたピストルを見ながら「ボク、この間、猫を撃ち殺してしまったんだ」と脇に寄り添うトートに告白したシーンで、井上トートの目がギラっと光りました(死の帝王的には嬉しかったのか・・・?)
P1020425
とまあ、こんな風にWキャストというのは、比較対象があるがゆえに私たちは見比べてしまうわけで・・役者さんにとっては恐ろしいことでもあるかも。
P1020426
ローソンチケットの貸切だけに、カーテンコールの最後に主演の二人が再登場し、「皆様、ゲリラ豪雨の中、お越しくださりありがとう」とか「お買い物するならローソンで」と宣伝まで。(エリザベートの口から「ゲリラ豪雨」出ました〜!!」と井上くん、そして「黄泉の国にもローソンあります」なんてお茶目な発言していました)

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« アフタヌーンティーを体験する | トップページ | 歌舞伎NEXT「阿弖流為」(新橋演舞場) »

観劇(歌舞伎以外)」カテゴリの記事

コメント

初エリザベート、楽しんでいらしたんですね。
田代万里生くんは子どものころからお父様の田代誠さんとともに藤原歌劇団でオペラをされていた本格派なので、本当に情感のこもった歌声をお持ちですね。品のある佇まいで、皇帝陛下にぴったりですね。
この作品、本当にダンスが素敵。私は「MILK」「ハス!」などの民衆の群舞に心惹かれます。
Wキャスト、おっしゃるとおり役者さんたちは比較されるのつらいかもしれませんが、観る側としてはどの組み合わせにしようかわくわくしたり、それぞれのキャストの表現の違いを味わうことができて何倍も楽しめますheart04そんな楽しみをみつけてしまうとアリ地獄ですけど。。。sweat01それにしても、エリザベートという女性、皇太子さまと結婚しても結局は身の置き処を見つけることのできないかわいそうな人生だったんだな。。。となんだかどこかの国の高貴なお方とだぶらせてしまいます。以下自粛。。。

追記です
思わず「皇太子さま」などと口走ってしまいましたが、エリザベートと結婚したとき、フランツ・ヨーゼフは既に若き皇帝陛下でしたね。いけないいけないsweat01お詫びして訂正いたします。

Pippiさん

コメントありがとうございます。なるほどなるほど、と頷きながら拝見してます。
良い席で見たい、という友人のリクエストに応じた結果、
本当に楽しめました😋
ミュージカルは、友人と楽しむのってテンション上がりますね
そのうちいつかpippiさんとご一緒出来たら、………
夢ですけど(^^;;

私もね、きっといつかは かちゃまたさんと劇場でお会いするような予感がしてますlovely
その際には、こ~んなおばちゃんだったのか。。。と、あきれないでくださいませね。shock

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/61963362

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカル「エリザベート」:

« アフタヌーンティーを体験する | トップページ | 歌舞伎NEXT「阿弖流為」(新橋演舞場) »