Instagramはこちら

  • Other Other: ID=nyonyakato
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • rakuten
  • ブログムラ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月の16件の記事

2015年8月31日 (月)

終わりゆく8月(葉月、晦日)

2015/08/31

今日で、8月が終わります。
8月が終わると、今年の三分の二が終わることになる・・・sweat01(歳月人を待たずsad
今月の7日あたりが、高温注意報(猛暑)のピークだったかな??
と、同じ月とは思えない(10度以上気温が下がっている)8月末の東京。
子供の自殺の多くが, 9/1に集中するそうで、ニュース等で注意を促していますが、
新学期を迎えるわけじゃなくても、何だか今日はドンヨリ気分。
そんな中、近所のスーパーで、手頃なグラスを見つけました。
P1020474
大きさがわかるように、ガムのボトルを脇に、シールも貼ったまま撮影camera
価格は税込みで、306円。気に入ってしまい、即買い( ̄▽ ̄)
P1020477
夏になると、ピアノを弾く前に、ロックで一杯飲むようになっている私。(そのほうがなんとなく指の動きが良いような錯覚sweat02
老親の入院・手術等々を理由に、ピアノとプールを2ヶ月休んでいましたが、明日(9月)からまた両方とも再開することに・・・(ちょっとした「新学期前日」気分)
book
先週の職場懇親会(女子会)をする前に、買って読み始めて一人で盛り上がっていた文庫本。・・・先輩方から「その気持ちわかる〜」っとばかりに彼女らの体験談聞いて、スッキリしてしまって、中断していたものですが、今日読み終えました。
P1010377
ギリギリ宿題終えてホッとしている小学生の気分(笑)
益田ミリさんのことは、がん友(乳がんブログで知り合った方)のオススメで知りました。ゆっくり、しっかり、よく考える主人公の言動には何だかいつもホッとさせられます。この年になって(今頃sweat01)改めて思う、「結局、綺麗ごとでは世の中渡っていけません」
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年8月30日 (日)

東京高円寺阿波おどり

2015/08/30

毎年、8月の最後の土日に行われている「高円寺阿波おどり」
ここ数日、涼しくなってくれたのは良いけれど、それに伴ってお天気も雨混じり。
でも、小雨決行、ということなので、こちらも元気を出して見に行ってきました。(下の写真は、流し踊りのもの。目深(まぶか)にかぶった網笠がカッコイイlovely
P1010445 P1010446
JR高円寺の駅の南側に南北方向に真っ直ぐ通る道をメインストリート(踊りとパフォーマンス)にして、商店街のちょっと細くてくねったり坂の上り降りがある道(流し踊り)と踊り分けながら、何組もの団体(阿波おどりではこの集団のそれぞれを「連」と呼びます。団体固有の名前をつけて「⭕️⭕️連」というように)
P1010441
「連」の名前のついた提灯を先頭に立つ人が掲げてます(たいていは竿の先)
P1010415 P1010420
老若男女が踊り(演奏も)、またそれを沢山の老若男女が見て拍手喝采する、この阿波踊りという伝統芸能は、とてもエネルギーに満ち溢れていて、小雨もなんのその、っていう気持ちになりますup 見ていてやはり力が入るのは、「子供」の阿波踊り。
P1010414 高円寺の阿波おどり  (ぽんぽこ連、という可愛い名前の「連」)
(◎´∀`)ノ
今回は、写真がなかなかうまくいかなかったので、動画アップに挑戦。
帰り道、お腹が空いたので、ラーメン食べたい! というオットに付き合って
行き当たりばったりのラーメン屋で食事。
高円寺「あいはらや」」のあはらやスペシャル(ASP)というこのお店の人気No1のラーメンを食べる。結構イケます(海苔だけはあまり好みじゃなかったけど)
P1010449 P1010450
内容:・とろうまチャーシュー2枚 ・辛ねぎ
・九条ねぎ ・味玉子 ・のり5枚 ・豪華極上豚骨醤油スープ
happy01
阿波おどりの取材(腕章付けた)外国人カメラマンが、水を得た魚のように写真を撮りまくっていました。
彼にとってはさぞかし、エキゾチックなイベントだったことでしょう。
私も満足。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年8月29日 (土)

映画「日本のいちばん長い日」

2015/08/27

P1010404
老々介護の母を気分転換に連れ出し、彼女にとっては久しぶりの映画館で、ご希望の映画「日本のいちばん長い日」」を見る。
movie
監督:原田眞人
原作:半藤一利
出演:役所広司、 山崎努、堤真一、 本木雅弘、 松坂桃李、神野三鈴、キムラ緑子、矢島健一、木場勝己、麿赤児、戸田恵梨香。松山ケンイチ、野間口徹。蓮佛美沙子、中村育二、金内喜久夫、中村靖日、大場泰正 ほか
あらすじ:

1945年7月。太平洋戦争での戦況が悪化する日本に対して、連合軍ぐんんぞうはポツダム宣言の受託を迫る。連日にわたって、降伏するか本土決戦に突き進むかを議論する閣議が開かれるが結論を一本化できずにいた。やがて広島、長崎に原爆が投下され、日本を取り巻く状況はさらに悪くなっていく。全国民一斉玉砕という案も取り沙汰される中、阿南惟幾陸軍大臣(役所広司)は決断に悩み、天皇陛下(本木雅弘)は国民を案じていた。そのころ、畑中健二少佐(松坂桃李)ら若手将校たちは終戦に反対するクーデターを画策していた。

(以下、ネタバレあり)

この映画、「松竹」が力を入れて作っているらしいことは、映画の予告編(をさらに、歌舞伎役者の尾上松也くんが紹介するという形)を見て、「戦後70年」「松竹120周年」の記念に予算かけて作っているらしいことは知っていました。

今回は、チケット購入者全員に一枚紙を折りたたむ形の「終戦の詔書(保存版)」が配られ、一緒に受け取った母は喜んで見ていました(これ「お父さんに見せよう」などと言って)それが、以下

P1020464

P1020465

P1020467 P1020466

裏面には、「現代語訳」が付いていました。これがないと私には解釈無理sweat01

P1020468 P1020469

1967年にも同じタイトルの映画が作られています(この時の主演は三船敏郎)。
Wikipediaは便利で、この時の映画と今年のデータを比較できて興味深かった。
原作は、半藤一利(彼のノンフィクションを基にした群像歴史ドラマ大作)
それが、1967年版は、「大宅壮一」となってます。
そのわけが判りました。 当時、文藝春秋社に勤めていた半藤氏は、戦争の体験談を多くの方々から聞き集め(会社主催の語る会の司会なども担当)、ノンフィクションの本を記した際、知名度の高い「大宅壮一」氏の名前を使った方が「売れる」=「世間に読んでもらえる」と判断したから、ということです。半藤氏自身も戦争体験者(墨田区あたりに在住・・・幼少の王貞治さんが近所だったらしい。1945年3/10の大空襲の際は、逃げ回って中川に飛び込み、一命を取りとめた経験あり)なので、何しろ、戦争にかかわることには強い思いがおありだったのでしょう。
movie
私は、1967年制作の方は見ていませんが、主演(阿南陸軍大臣役)が三船敏郎さんだったということで、役所広司さんは、プレッシャー(連合艦隊司令官:山本五十六の役でもそうで今回2回目)だったらしい。同じように、こういった映画で出てくる「天皇陛下」の役には「歌舞伎役者」が多く選ばれるのに、今回は本木雅弘さん。(1967年版の昭和天皇役=松本幸四郎さん。私が見た中では、一昨年、「終戦のエンペラー」の時の片岡孝太郎氏の演技は半端なく凄かった←ソックリsign03)彼も、プレッシャーだったそうですが、義母の樹木希林さんに背中を押されて引き受けたそうです。
 そういったリメイク作品に付きもののプレッシャーにも負けず、選ばれた豪華キャストの皆さん俳優陣は、大熱演でした。
青年将校(畑中)役の、松坂桃李くん、若いがゆえに怒りが半端なく、文字通り「鬼気迫る」演技。(このまま、スーパーサイア人になってしまいそうな?happy02 )。演技とは知りながら、この人を怒らせたら本当に怖いかも、と思いました。
戦後(70年)の今だから客観的に見て、青年将校の立場(クーデター失敗)を思うと、映画の主役の阿南大臣や鈴木首相が尽力している様子を見守りながら、暴徒と化していく青年たちには彼らの立場や苦悩があったことを思い、歴史は、紙一重で、無条件降伏したからこそ、本土決戦は回避され、そこから平成の今までの時の流れ(日本の復興)があるのだと何だか、知ってることながら、改めて涙が頬を伝わりました。
movie
それにしても、映画館(某シネコン)の、この映画のスクリーン(100席前後)は、なんと高齢者の多かったこと・・・。今日は、父が居ない(別のところでリハビリ)にもかかわらず、上映中、なんとなく「父の世代が使うような整髪料の香り」がして、前の列のお爺さんは、ヨロヨロ立ち上がり出て行く(多分トイレ)など、およそ、ジュラシックワールドを見た時とは違う「空気」の中で、いつもより長め(「上映時間=2時間16分)の映画を見ました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年8月28日 (金)

暑気払いの宴

2015/08/24

半年ぶりの職場の懇親会。

日程的に「残暑厳しい中での開催」と思っていたら、あらら・・涼しい9〜10月の陽気??のような感じでちょっと拍子抜けする。

typhoon(台風15号の影響?)

前回と同じお店の同じ席、で全員ニコニコの楽しい宴でした。

P1010393

「突き出し(お通し)」の品。半熟卵と若鶏の骨付き肉

P1010395 P1010396

美味しかったものは、前回同様にオーダー。

刺身の中で左手前薄いオレンジ色のものはアナゴ、でした(こんな形で食べたの初めて)

右の写真は大根のサラダ(盛り付けがカッコイイsign01

かちゃまた→オイシイ美味しい😋と食べるだけ、に対して、先輩は「家で同じものを作ってみた」・・・そうです。美味しかったら、その味を家族にも・・・という愛情深い先輩、尊敬lovely

P1010397 P1010398

冷奴と茶碗蒸し(茶碗の中の中央には「うに」がドーンとhappy01

P1010399

P1010400

最後に食べた、土鍋ごはん(鍋の形がイイネ)  ごはん美味でした。

beer

このメンバーの中で、飛び抜けて職歴が浅いかちゃまた。実は上司の、言動にストレス溜まって、もうやだ、この職場〜sadって、思うことがありました。

そのことを、話題にしたら、「そんなのまだ良い方かもよ」というような話を次から次、と聞いて・・・結局、アンチ上司、で皆の気持ちが一致していることがこの度よく判りました。(接触の多い、2人、そしてチーフの仕事をしている先輩は尚更です)

仕事辞めたくなった話、本当に辞めようとしてギリギリ戻ってきた話、こういった話がススーッと、心に入ってきて、私の「もうヤダ」をよしよししてくれました。

というわけで、今夜の宴は、「大いに溜飲が下がった」付加価値の高いものとなったのでしたscissors

今夜集ったメンバー同士、お互いの出会いがなかったら、今ここにいないかもね、と本心からの言葉を聞いて、人間関係と出会いの摩訶不思議さを改めて思った秋を感じる一夜。(といっても、このままずーっと気温が右肩下がりなわけなく、また残暑が来るのだろうけど)

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

映画「ジュラシック・ワールド」

2015/08/24

健診あとの映画は、エンタメに徹したものに・・・
2本目の映画はジュラシック・ワールドをIMAXで、(ジュラシックシリーズもIMAXも共に初めての体験)
P1010390
監督:コリン・トレヴォロウ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
出演:クリス・ブラッド、 ブライス・ダラス・ハワード、 ヴィンセント・ドノフリオ、 タイ・シンプキンヌ、ニック・ロビンソン、 オマール・シー、BDウォン・イルファン・カーン
あらすじ:
世界的な恐竜のテーマパーク、ジュラシック・ワールド。恐竜の飼育員オーウェン(クリス・プラット)が警告したにもかかわらず、パークの責任者であるクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は遺伝子操作によって新種の恐竜インドミナス・レックスを誕生させる。知能も高い上に共食いもする凶暴なインドミナス。そんな凶暴なインドミナスが脱走してしまい……。(yahoo映画より)
(以下、ネタバレあり)
予告編見て、この迫力は「3D」以上で味わいたい、と思っていましたsign03
3Dは合う人と合わない人がいる、と聞きますが、2時間程度なら、かちゃまたはオッケーであります。4Dは、数日先まで予約で満杯。う〜ん残念gawk
 スクリーンではCMに続き、メガネをかけてください、と指示があり、予告編が流れます。その名もズバリ「エベレスト3D」・・・すごい迫力eye、途中岩場を渡る時にカメラが真下を写した映像には、思わず、自分の足の膝から下がジンジンdownwobbly
怖い・・・。
movie
本編が始まります。音楽も含めてドキドキ感が増幅していきます。メガネをかけているだけでも、ジュラシックワールドを覗き込んでる気分に・・・(かちゃまた=単純に出来ているので幸せ:笑)
最初の映像は、新種(ハイブリッド)のインドミナス・レックスが卵の殻を割って出て来るところから始まるのですが、その後すぐに、鳥(小鳥とカラスの中間ぐらい)の足あアップされて・・・視聴者には一瞬、恐竜の類の足sign02と思わせる場面(だと思う)。
そうです、アップで見ると、トカゲとかの爬虫類はまるで恐竜だし、鳥の足、というのも恐竜が徘徊していたジュラ紀?を彷彿させます。
映像や音楽は素晴らしいけれど、よくよく見てるとストーリーと登場人物は、意外にお粗末だったり感情移入出来そうもない人物だらけだったりです。
 クレア(ジュラシックワールドの経営陣の一人:ブライス・ダラス・ハワードが演じる・・・)は、見た目は、切れ者の美人経営者(髪型がボブでそれがとっても綺麗で似合ってる)が、まず、身勝手で無能(だから、ほらね、ジュラシック・ワールドはメチャクチャになっちゃった!!)。
movie
プライベートでも、姉から依頼された息子たち(クレアの甥っ子たち)の世話を秘書のザラに丸投げです(しかも、ザラはかなり悲惨な死に方をします。なんだかとても気の毒sweat02
甥っ子たちの弟の方、髪型・髪色が「小さな恋のメロディ」のマークレスターによく似ています。(が、マークよりもうっとうしくて、ハサミがあれば切ってあげたい感じ)。
兄の方は、ジュラシックワールドの制止も無視して、「立ち入り禁止」区域にノコノコ入っていく、おバカさんsad
movie
このような目線で見ると、(ここまで素晴らしい人間と恐竜のふれあいパークを作り上げたにもかかわらず)、投資家は目先の利益ばかり見ているし、経営陣は現場の事情を把握していない。研究者たちは専門馬鹿で研究費だけが欲しくてハイリスクな実験に走ってしまう・・・という欠点だらけが目に付くのでしたsweat01
movie
まあ、そうしたこうした、があって脱走した「インドミナス・レックス」の恐ろしさ・・・
そして、海にいる巨大恐竜(?と呼ぶのでしょうか)の「ど迫力」←(エサとして吊り下げられているのがサメで、そのサメが、シーワールドのイルカショーで演技中にエサをもらう「イルカとイワシ」の大きさ・・・というような相似の関係・・・と表現すればいいのかな)
movie
クライマックスシーンからエンディングにかけて、うわあ〜・・ということで
(海からこのタイミング?とか、ええ〜?!?、共食いってウソじゃん、みたいな)
ジュラシック・ワールドのこうした迫力映像を映画で撮りたくて、逆算してストーリーがありましたとさ・・・。がちょっと見え見え、な感じではありましたがsweat02
それにしても、3Dの映像は楽しかった。(ミーハーな映画好きにとっては、4Dで堪能したかった・・・、ま、これは映画見たあと「凄かったねー」と言い合いたいので一人ではなく誰かと連れ立って行きたいかも・・・)

P1010392シアターから出て、廊下で撮った『IMAX』のロゴの写真。実際はもっとブルーが濃く光ってたのですが・・・

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年8月26日 (水)

映画「ナイトクローラー」

2015/08/24

P1010387001

年に一度の健康診断の日。夜には職場の暑気払い・・・

自宅に戻るのも(暑いし→実際は涼しい日となったけどsweat01)と映画を見た(しかも2本もsmile) その1本目は、8/22に公開された「ナイトクローラー」(第87回アカデミー賞「脚本賞」にノミネートされたもの)。

出演:ジェイク・ギレンホール、 レネ・ルッソ 、 リズ・アーメッド、 ビル・バクストン 他

監督・脚本  ダン・ギルロイ

音楽  ジェームズ・ニュートン・ハワード

(ストーリー)

工事現場などに侵入しては銅線や金網・マンホールなどの建設資材を盗み、業者に売り払うチンケなコソ泥をしているルイス・ブルーム(ジェイク・ギレンホール)
ある日の夜、車で移動中に交通事故の現場に出くわし、野次馬根性から車を降り現場を眺めていると、あとから車で駆けつけたビデオカメラを持ったクルーに出くわす。
彼らが引き上げるときに何をしてたか聞くと、事件や事故の現場映像を、映像素材としてテレビ局に売るんだということを聞き、自分でもやってみようと思いたつ。
自分が保有している金目になりそうなロードバイクを売って、警察無線を傍受するための無線機とビデオカメラを購入し、見よう見まねでパパラッチ(ナイトクローラー)稼業を始めるのだが...

(Yahoo映画より)

報道スクープを狙うパパラッチのことを「ナイトクローラー(夜に這いずり回る者)」と呼ぶこと自体知りませんでした。主演のジェイク・ギレンホールも初めて。痩せて目だけが異様にギロギロしていかにもサイコパス(反社会性人格障害)の人を演じていましたが、なんと撮影のために12キロも減量したそうで、帰宅後彼の減量前の写真をネットで見つけたら、なかなか賢そうな美男子でありました(唇薄くて、タイプではないけど)。

(以下ネタバレあり)

主人公のルイスにはもともと「良心の呵責」というものが欠如しています。普通なら、良心の呵責との葛藤ありき、なんですが、この人は最初からダークサイドに落ちている!!。

この映画の意図は、モラルを置き去りにして、ひたすら視聴率のためにどんどん手段を選ばなくなるマスメディアへの批判的精神です。

しかしながら、メディアへの批判をしながら一方で「もっと刺激」を求めている(より刺激的なチャンネルが視聴率競争で勝ち抜くような)視聴者の存在も問題点として感じる内容になっている。

また主人公ルイスは、貧困や格差といった社会の構造から生まれた存在ということで、この人は、ナイトクローラーという天職(彼にはその点では才能があった)に気づかなければ一生、万引きのようなことばかりして社会の底辺にはびこって暮らす人間だったりするのです。

人生、紙一重・・・。

「血塗られた映像」という商品の価値に気づいたルイスとTV局の視聴率競争に勝ち抜きたい局の女性ディレクター、ニーナ(レネ・ルッソ=実はこの人、監督の奥様だそうです)。この二人が手を組んでからの展開が怖い・・・。

人の不幸を追いながら、カメラマンとディレクターの二人は完全に「人間としてのごく普通の感情」を失って行く。

感情を失っても、頭の回転は良い二人。法的にギリギリ瀬戸際、やモラルに関しては映像の受け取り側に「良心的に」解釈されるよう指示して、結果オーライで良しという考え方。

仕事のステップアップの過程でアシスタントを務める若者を、こき使った挙句、邪魔になると直接手を下すことなく結果的に彼は殺されてしまう展開。(見てて予感があったからドキドキハラハラ・・・またこの俳優(リズ・アーメッド)が満島慎之介と伊勢谷友介を足して2で割った感じで、いい人っぽいので、わー殺されちゃうよ〜っ、早くルイスから離れたほうが身のためだよ〜って、心の声で警告しっぱなしsweat01

健康診断のために、前の晩以降、水しか飲んでいなかったためお腹空いていたせいか画面の中の「明け方の空に輝く満月」や「音楽」が身体に染み込むように感じる映画でした。

P1010389001

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年8月20日 (木)

「もとの黙阿弥  浅草七軒町界隈」(新橋演舞場)

2015/08/19

P1010379_2
このポスターと同じ写真を使った舞台のチラシには、
井上ひさしの傑作、豪華キャストを得て、ここに復活!!
とありました。
調べてみますと、この戯曲は、1983年に井上氏が新橋演舞場のために書き下ろしたもの、だそうです。「新橋演舞場のため」とは、その前年、全面リニューアル工事し、完成した演舞場のこけら落とし的な演目で、今となっては新橋演舞場の財産演目、と言われているそう・・・。(初演の主役は、片岡仁左衛門(当時の名前は孝夫)さん、で今回の上演は彼の甥っ子に当たる片岡愛之助丈・・・これを知っただけでも見る価値ありそうな気がするhappy01
○o。+..:*○o。
ついでに新橋演舞場の歴史まで調べてみたら、ここは1925年に新橋芸者たちが技芸向上を披露する場として建設されたもの。(ちなみに、本日8/20決勝戦が行われた「甲子園球場」はその前年の1924年=干支でいうと甲(きのえ)ネズミ(子)の年の建設だったので甲子園と名付けられたそう)
Σ(・ω・ノ)ノ!
芸者さんの発表会の場が、歌舞伎の松竹に使われるようになったのは、太平洋戦争で帝国劇場などが焼失したからだそうです。
なるほどー、今まで、歌舞伎の上演場所が近すぎではないか(歌舞伎座と新橋演舞場は最寄駅が共に東銀座で直線距離で数百メートルと離れていない)と気になっていましたが(かちゃまたの財力と余暇レベルでは、歌舞伎座と演舞場のハシゴは無理sweat01ゆえ、この距離が便利だと感じたことはありません) そういうことだったのですね。
P1010384P1010381_2
会場には、明治の浅草を思わせる「大きな提灯」と「幕」。
「もとの黙阿弥」とタイトルがわかりやすく白く書かれているのは良いけれど、なんだかこの文字のフォントが、(学校のお知らせプリントなどにある明朝体っぽい)似合いませんsweat02。チラシやポスターのタイトル文字のフォント(隷書?っぽいのか)の方がずっと似合うのにな〜なんて、開幕前10分ぐらい、座席から見上げて思ってました。
さて、やっとキャストとストーリー
出演:片岡愛之助・貫地谷しほり・早乙女太一・真飛聖・波乃久里子・大沢健・床嶋佳子・渡辺哲・浜中文一 ほか
○o。+
ストーリー
鹿鳴館華やかなりし明治時代。浅草の小さな劇場、大和座は黙阿弥作品のまがいものを上演したために、興行停止処分を受ける。
座頭の坂東飛鶴と番頭格・坂東飛太郎は「よろず稽古指南所」を開いて日々をやり過ごしていた。そんな2人のもとに、河辺男爵家の跡取り・隆次が書生を連れて現れる。
姉・賀津子が勝手に政商長崎屋商会の娘・お琴との見合い話を決めてしまったという。それと入れ違いに、今度はお琴が女中とともに現れる。
双方とも縁談の相手と大舞踏会で踊る、踊りを習いにやってきたのだ。
しかし相手を見極めたいと考えた隆次とお琴は、それぞれ書生と女中と入れ替わり、偽者同士がお見合いすることに――。
井上喜劇ならではの温かいまなざしで、明治時代に生きた庶民の息吹と人間像をやさしく浮き彫りにする。
(以下ネタバレあり)
舞台が大和座という浅草の芝居小屋ゆえに「劇中劇」「歌」「踊り」「楽隊のジンタ」が出てくる、(楽隊の音楽はどこかで聞いたことある耳に残るチンドン屋さんのパチンコ屋新装開店のときの音楽みたいで、帰り道の私の頭の中のテーマソングになってしまったsweat01
愛之助さんは、落ち着いた余裕の演技。
それに比べて、長いセリフになると、「ど素人」っぽさが漂う、学生演劇見てる気分になってしまう早乙女太一くん。
えーーーっsign03sign02こんな、滑舌悪げなオーラのない人だったっけ?
生で見たのは実は初めてですが、劇団⭐︎新感線のゲキ⭐︎シネ「蛮幽鬼」で見た太一くんは
ものすごく、シャープで身のこなしも顔つきも色気と殺気とが漂っててカッコイイなあ〜って思っていました。(あの頃は10代・・・でも今だって、20代前半だよね)
帰宅してググルと、やはり個人的にもここ数年いろいろあった模様・・・。
役者さんもスポーツ選手も、若い時からずっとトップランナーでいるのは、やはりシンドイんでしょうか。(いずれにしても、がんばって!!)
波乃久里子さんは、いわずと知れた、故18代勘三郎のお姉さん。彼女の姿は、実物の方がずっとずっと弟「勘三郎」に似てる気が・・・。今回のお役が、江戸っ子肌でキップの良い役だからでもあるのですが、歩き方やセリフの前後のちょっとした表情(てやんでえ、みたいな)が、ホント、勘三郎さんにそっくりです。(ついでに鼠小僧やって〜って言いたくなったsmile )ただ・・・セリフのキレがいまひとつかも。
.。.:**:.。..。.:**
上手だったのは、真飛聖さん。この方、宝塚の男役トップ出身ですが、名前とお顔だけは10年前から知っていました。以前の職場の先輩が彼女の後援会の副会長(?というの)で、ロッカールームでは彼女のブロマイド写真が扉の内側にいつも貼られていて、出待ち入り待ち(という宝塚ファンの伝統行事)の話しをよく聞いていたからでした。
が、基本的に宝塚に興味ないかちゃまたは、今まで生の彼女を見ることもなく先輩の話し(真飛聖さんがトップスターでいるためにどれほどセルフコントロールの努力家だったか・・・みたいな話しが多かった)聞いている限りでは、「弾けるセリフ回し」や「笑いを誘うセリフ」などが「デキル」女優さんじゃない、って勝手に思っていたので、意表を突かれました。
貫地谷しほりさんは、声が好き(NHK朝ドラちりとてちん、のころから)。歌舞伎風の舞、
可愛かったheart04
同じく朝ドラ、梅ちゃん先生の義兄(加藤)となる、大沢健さん、なかなかいい味出していて器用な役者さんだと思いました。床嶋佳子さんは、容姿やスタイルの良さは、宝塚出身、と言っても通るんじゃないかと思うほど。声も力強くてまるで演歌歌手みたいでした。
全3幕のお話しは、次第に大きな騒動に発展、3幕目ではとうとう事態が混迷の様相を呈する状況に・・・ここで飛鶴(波乃久里子)が事実を打ち明ければ簡単に収まること、にもかかわらず彼女はあくまでもそうしません。
「それでは、お互いの心眼で相手を見極められないから」
物事って、自分の眼で見ることが大切なんだな、と改めて気づきました。
でも、それは、厳しい現実(状況)を客観的に把握してしまうことにもなるのです。
P1010382 P1010380
お気楽なハッピーエンドにならない、考えさせられる作品でした。
Motonomokuami_0731a
疑問に思った些細なこと。
チラシやポスターの出演者の衣装と、実際の舞台での衣装の色や雰囲気がなんだか違っておりました。(聖ちゃんの鹿鳴館風ドレスの色もオレンジがかったピンクだったし・・・)。こういうこともあるのかな〜

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年8月18日 (火)

映画「メリー・ポピンズ」(新・午前十時の映画祭)

2015/08/17

午後からの用事で出かけるついでに早く出て、名画上映(午前十時の映画祭)を見る。
P1010370
「メリー・ポピンズ」(ジャンル:ミュージカル)
375x281
監督:ロバート・スティーブンソン
出演:ジュリー・アンドリュース、ディック・ヴァン・ダイク、デヴィット・トムリンソン 他
受賞歴:アカデミー主演女優賞、作曲賞・歌曲賞
【解説】

アカデミー賞受賞の名曲「チム・チム・チェリー」で有名な、ディズニー製作のミュージカル・ファンタジー。主演のJ・アンドリュースの「映画」デビュー作であり、翌年の『サウンド・オブ・ミュージック』と並ぶ代表作。アカデミー賞ではジュリーの主演女優賞、シャーマン兄弟の作曲賞、歌曲賞など5部門を受賞。はるか後年、『ロジャー・ラビット』(1988)で本格的に再現された実写とアニメの合成シーンも、当時としては画期的な表現だった。

【ストーリー】

時は1910年。ある日、ロンドンでも美しい桜通りのある家に、パラソルを開いた若く美しい女性が空からフワフワ舞い降りた。子供の書いた紙片を持ったその女性の名は、メリー・ポピンズ(J・アンドリュース)。降り立った家には、銀行家で気難し屋のバンクス氏(デイヴィッド・トムリンソン)と、婦人参政権運動に夢中の奥さんと腕白盛りな子供たちが住んでいた。そしてメリーが手にした紙片には、子供たちが希望する乳母の条件が書かれていたのだった。

smile皮肉なsweat02こぼればなし
本作では、ジュリー・アンドリュースが第37回アカデミー賞主演女優賞を獲得。作品賞にもノミネートされたが、オードリー・ヘプバーン主演の「マイ・フェア・レディ」に敗れてしまった。その「マイ・フェア・レディ」舞台版の主役をアンドリュースが務めていたのは皮肉な話。ジュリー・アンドリュースは、翌年もミュージカル映画の傑作「サウンド・オブ・ミュージック」に主演している。
(以上、新・午前十時の映画祭  ホームページより)
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
(以下、ネタバレあり)
大昔、テレビか何かで見たことあったような…かといって記憶があいまいな映画でした。新・午前十時の映画祭、今月のテーマは「歌って踊れる家庭教師!」というテーマでの2作品。もう一つの「王様と私」(今年、ブロードウェイで渡辺謙さんが舞台主演して話題になっていたので)こちらを改めてよく見たいと思っていたのですが、どうせなら、ジュリー・アンドリュースの歌声も・・・とrain雨の日なのに出掛けて見てきた作品。
movie
主演のジュリー、顔は美人タイプではないけれど、生き生きしていて可愛いheart01(表情が愛らしい)。
オープニングの登場のシーンが、雲の上で乳母(ナニー)姿で、出動前のお化粧直し(コンパクトでパタパタ)をしている場面。
今、NHKBS朝ドラで見ている「あまちゃん」に出ているナツ(宮本信子)の若い頃を演じている「徳永えり」さんに似ている気がした。(とりわけ、上目や横目使い…どうでっしゃろか)
P1010372 P1010374
スプーンフルオブシュガー、(A Spoonful Of Sugar)
これ、とっても有名な曲だった(というか歌詞があったんだということを初めて知りました)。ディズニーランド?で良く聞く曲、というかディズニーのテーマ音楽(落語で言ったら出囃子)って感じですね。歌詞は「「ひとさじの砂糖で苦い薬も飲める〜」という内容。
movie
映像は、さすがに50年前のものなので(CG処理とか出来ない時代)、古さを感じるけれど、人間の本質的な部分(社会的な生き物としての「人間」)の進歩の無さ、って50年でもこんなものなんだ、と改めて感じさせられました(ストーリーはあってないようなたわいない話ですが)
クライマックスのロンドンの夜の街の屋上での煙突そうじを巡るパフォーマンスでは、屋根の上を渡り歩きながらの群舞や、メリーが煙突の黒煙で階段を魔法で作り皆で登っていく様、煙突に吸い上げられたり、ストンと落ちたり・・・なんだか、デジャヴュ…どこかで見知っているような・・・と思いながら歌をきいているうちに、閃きましたthunder
マリオですsign01 スーパーマリオブラザースの画面に似ている〜
煙突と土管の違いはありますが、メリーポピンズがマリオブラザースにつながるとは・・・
あまりにも意外でした。
それにしても、皆さん、歌上手です。
子役のマシュー・ガーバー君は長男マイケル役を演じていましたが、顔の表情もセリフも歌も、登場人物の最年少で頑張っているなあ、(歌舞伎での子役を見るような気持ち)
で見ていましたが、帰宅して調べてみたら、なんと21歳の若さですい臓の病気で他界していました。息子を亡くした親御さんの気持ちになってしまうこの頃です。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年8月15日 (土)

文藝春秋 九月特別号(芥川賞発表:受賞作二作全文&選評)

2015/08/13

お盆休みに東京に戻らないムスコ1から、
又吉直樹の「火花」、まだ買ってなければ、これが「お得」だと思うよ〜
と情報が入り、発売日の8/7に購入。
P1020460
確かに、受賞作品二作とも全文掲載されてそれぞれの選評やらインタビューが入っているなら、この月刊誌¥970は、大変お得ですdollarup
なぜ、ムスコからLINEで「火花」情報が入ったのかといえば、以前から入手したいと私が言っておりまして・・・。まず、火花が掲載された「文學界」(文藝春秋社:2015/2月号)を書店に買いに行き、「売り切れ」で買えなかったことで、出鼻をくじかれていたからです。(一度、メゲると結構立ち直りが悪いタイプ)
down
その時に代わりに購入した本が、写真に一緒に収めた文庫本
「第2図書係補佐」(幻冬社よしもと文庫)
表紙の又吉直樹の着物姿に魅かれて、なんだか即買いしてしまいました。
P1020461
が、この本を読んで、彼の「読書量」と決して浮かれない物の見方(ある意味醒めてる?)
は、作家業の基礎としてはかなりレベル高いかも…とも感じていました。
基本的に、「好きな本」の紹介、という内容なのですが、その中で又吉自身のこれまでの30年を小出しに語っています。
僧侶で芥川賞作家の玄侑宗久 著「中陰の花」(芥川賞受賞作でもある)の紹介ページで又吉が占い師に手相を見てもらうエピソードを書いているのですが…。(以下、原文を引用:95~96ページ)
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
・・・そして昨年、友達に誘われ横浜の占い師に見てもらった。占い師は手相を見るなり「長男だね。実家はもう離れたんだ。感受性強いね。本とか好きでしょう?」と驚くほどズバズバと当て、」さらに「アナタの手相は『偉人』と『犯罪者』に多いの。大成功するか大失敗するかどっちかだわね」と恐ろしいことを言った。・・・中略・・・最後に占い師は僕の手を取り「しかし、いい手相だなぁ、何歳?」と微笑む。  26歳だと答えると占い師は僕の手を見て「26・27・・・・34・・・35あっ!!」 と言って僕の手を放した。
35歳の僕に一体何があるのか?
占い師は途中まで良い手相だったからテンションが上がり素に近いノリが出てしまったのだろう。帰り道、僕は始終無言だった。僕の占いを隣で聞いていた友達が取り繕うようにやたらと明るいのも気になった。僕が「占い師『35あっ!!』って言うてたよなあ?」と聞くと友達は「言ってない!言ってない!」と必死で否定する。友達はさらに「仮に言ってたとしても死なないよ!!」と言った。友達よ、僕そこまでは考えていなかったよ。
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
又吉直樹、35歳・・・9年前の占いが当たりましたねsign03(芥川賞受賞の第一報をネットのニュースで知った時、移動中の電車内で鳥肌立ちました〜占い師スゴイ!!!)
さて、受賞作の「火花」  (以下、ネタバレあり)
読んでみると、主人公と彼の師匠がともに関西弁なので、会話はほとんどが関西言葉なのに、舞台がほぼ東京でしかも、かちゃまたの地元、沿線、行ったことある駅名やら公園ばかりでありました。(逆に言えば、知らない人には分かりにくいロケ地設定では?)
( ^ω^ )
語り手の「僕」が本質的に真面目で良い人なので、「僕」に気持ちを沿わせて読み進めると先輩との会話やメールのやり取り(結構な量です)が生き生きとしてくる感じです。
ほとんどが日の目を浴びずに消えていく若い芸人たちの挫折や、登場してくる女性の薄幸そうな様子(太宰的?だけど、彼女本人は気づいてないので救われる)とか、芸能界そのものがそうなのかもしれませんが、どことなく憂鬱な面を持つ世界を傍観しているような気分になりました。(音楽で言えば、ラヴェルのボレロみたいに同じフレーズ:火花では会話とメール:延々と続くので、やや飽きてきた)
本のタイトルが「火花」
というのは、恐らく語り部役の「僕」の漫才ユニット名「スパークス」(spark)
から来ているのだと思いました。が実際には、熱海の花火(最初と最後)が情景的にかなり印象深いので、「花火」でも良かったんじゃないかと、(「文學界2月号」を買いに行った時、書店の方に「火花」を「花火」と言い間違えそうだったから、というわけでもないけど(;´Д`A ```)、こっそり思ってみたりpig

2015年8月14日 (金)

映画「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」を見る

2015/08/12

時節柄sign02映画館はとても混んでましたsweat01(駐車場からして大混雑で、ジュラシックパークを見ようとしていたのが、思いがけず、ミッション・・・のスパイ映画を見ることに。)
P1010369
予習しないで見たために、この映画がアメリカで大人気だった「スパイ大作戦」から派生したものと知らず、「音楽」が「スパイ大作戦」をパクっているみたいだけどいいの??なんてトンチンカンな観覧ぶりでした。
happy02
トム・クルーズ主演のミッション:インポッシブルは、1996年から、「2」「3」・・・とシリーズ化され今回がなんと第5弾。
にもかかわらず、トム・クルーズもミッション・・・シリーズも映画、初めてでした。
movie
監督:クリストファー・マッカリー
キャストトム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ジェレミー・レナー、アレック・ボールドウィン、レベッカ・ファーガソン
あらすじ:
  各国の腕利きスパイによって構成された謎の組織「シンジケート」。
彼らの陰謀によって、イーサン・ハント(トムクルーズ)が所属する諜報機関IMFは解体の窮地に追い込まれ、同時に世界も危機的状況へ・・・。
組織の後ろ盾を失ったイーサンが絶体絶命のピンチを迎える中、彼が率いるチームのメンバーたちにも危険が迫る!
(TOHOシネマズマガジン Vol.100より)
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
(以下、ネタバレあり)
( ̄▽ ̄)
・映画ポスターにもなった、『スカイ アクション』(トムがノースタントで時速400kmno
飛行機にしがみつき上空1500mへ )
movie
・タイムリミットは3分間、酸素ボンベ無しの潜水スタントをする『ダイブ アクション』
movie
・高速バイクを乗り回しながら、敵の追跡をかわし、銃撃に応戦しながら熾烈なバイクチェイスに身を投じる『バイク アクション』
movie
・イーサンに接近する謎の美女イルサ(レベッカ・ファーガソン)。敵か味方かの探り合いの中、ウィーンのオペラハウスで展開する華麗な『セクシーゴージャス アクション』
movie
このアクションシーンがオーストリアのウィーンでのロケ、モロッコのカサブランカでのロケ、というように、街が観光も兼ねた映画になっていました。
ロケ地がなかなか素敵です。ウィーンのオペラハウスとエキゾチックなモロッコの旧市街(カーチェイスもある)。
オペラハウスでの演目がプッチーニの「トゥーランドット」ですが、この曲、日本ではトリノ冬季五輪で荒川静香がゴールドメダリストの滑りをした曲(イナバウアー付き)で有名。この曲目タイトルの「誰も寝てはならない」ってどういう意味??と調べた記憶があります。
このオペラのタイトルは、お姫様の名前であり、彼女に一目惚れするカラフ王子ほかが登場する「千一日物語」から来たもの。(ちなみに姫の国籍は中国)
一方、この映画のヒロイン謎の美女イルサは、設定が二重スパイ。
イーサンの興味(恋愛的にも)を惹きつけながら彼を利用するという人物設定です。
これって、なんとなくオペラと連動している感じ・・・。
そこまでやるのなら、イルサの役を、東洋系の美女が演じれば良かったのに〜
などと思って見ていたの私だけかしら
sign02
鍛え上げた上半身が眩しい、トム・クルーズは、なんと実年齢が53歳。
トップガン、という映画で一躍スターダムにのし上がった頃、なんだかあまり私のタイプじゃないし、映画の成功で、天狗になっているんじゃないかと勝手に決め付けていましたが(その頃はWikipediaとかなかったし)、実は「発達障害」を抱え、乗り越え、今の彼の実力と容姿は、「訓練」と「努力」の賜物なのだ、と知りました。
ちょっと見直しました。年齢も、お友だちになれそうな近さだし(笑)
movie
最後に、本当に笑いそうになったこと。
悪のトップ役のショーン・ハリス(ソロモン・レーン役)、彼の声が「かすれ過ぎ」で
迫力に欠けるどころか聞き取りずらいくらいです。
悪のボスキャラにはあまりにも似つかわしくないので、「龍角散」とか手渡したくなる。
声帯の調子が悪いのでしょうか?それとも、この声でずっと今まで役者稼業をしてきたのかしら??
と雑念が浮かんでしまうほどの「声」の持ち主でありました。
最後にイーサンに捉えられて警察に送られちゃいますが、閉じ込められた密室に充満する「ガス」で喉の調子がさらに悪化するんじゃないの??なんて要らぬ心配していました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年8月13日 (木)

劇団⭐︎新感線「五右衛門VS轟天」

2015/08/11

今年、結成35周年を迎える 劇団⭐︎新感線が、「五右衛門VS轟天」を上演。
古田新太の当たり役「石川五右衛門」と橋本じゅんの当たり役「剣 轟天(つるぎごうてん)」の2人を主役に対決とパロディー&ギャグ(ネタもの)満載の新作、と聞いて是非是非見たいと思っていた舞台です。
P1010355
シアター脇の大看板(サブタイトルに「熱い男V暑苦しい男」とありました、笑える〜)
P1010341
昨年8月に「大人⭐︎新感線」(ラストフラワーズ)と同じ赤坂ACTシアター(しかも夜の部)なので、去年と同じお店(トップス)でムスコ2と、カレー&チョコレートケーキで小腹を満たし、
P1010343 P1010353
さらに、TBS社屋前の広場で開催中の「デリシャカス 2015」を見物(ムスコは達磨落としイベントに参加)してから劇場入り。
P1010359
(会場内で唯一撮影OKだった、レゴで出来た主な登場人物たち)
 
これまで、劇団⭐︎新感線の生舞台は見たことなかったので、(2人とも)
期待度マックスup
作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
作詞:森 雪之丞  いのうえひでのり
音楽:岡崎 司
出演:古田新太、橋本じゅん、松雪泰子、池田成志、賀来賢人、高田聖子、粟根まこと他
(以下ネタバレあり)
ストーリーは、あってないようなものでしたが、要するに、「密命(実は結構ナンセンス)」を帯びた轟天(橋本)が、石川五右衛門(古田)のいる安土桃山時代にタイムスリップし対決する、というもの。
happy01
劇中、ばってん不知火(池田成志)の登場時に使う「小物(指を入れてクルクル回す❌」が各座席に置いてあり、楽しみが増します。
真砂のお竜役でお馴染みの松雪泰子さんも年齢を感じさせない、若々しい動きとセリフ。
この女優さん、映画の「フラガール」での主演を見てから「尊敬」する役者さんです。
真砂の・・・の役柄は、強いて言えばルパン三世の「不二子」に近いものがあるのでピッタリです。
happy01
賀来賢人君、かちゃまたは朝ドラ「花子とアン」の主人公花子の兄役で知った役者さんですが、実物は、想像以上にスタイルよく、顔小さく、モデルちっくsign02な役者だなあ、という印象。(帰宅後調べてみたら何と、女優の賀来千香子の甥っ子さんでした)
初、新感線参加ですが、大健闘だと思います。笑いもたくさん取ってました。アシタカ役も似合ってたしね。
他に、大健闘だったと思うのは「鎌霧之助」役のインディ高橋さん、彼の演技は、お腹がよじれる、とか息が苦しい、と言えるような笑いで、「役者さん」のパワーを体で感じました。
smile
「お得感」だったのは、天海祐希さんが、今上映中のミニオンズ(ボブ)のヌイグルミ(現在の仕事仲間と紹介)を抱えて登場してきたこと(天海さんは女優のサンドラ・ブロックが声を担当したキャラクターの日本版役)。安土桃山時代の居酒屋?で「お久しぶり」と五右衛門と会話する流れでしたが、五右衛門(古田)から、「なんで役者になったの?」「どうして宝塚に・・・?」などという質問に「素」になって答えていました。
「ゆりちゃん(天海祐希本名)は、声も大きく、役になりきってのびのびと演技していてとっても上手ね」って「幼稚園の先生に褒められ」、その時即座に「私は、将来こういうこと出来る大人になろう」と決心したのだそうです。幼き頃の初志貫徹・・・ってなんともすごい。sign03そして、3日前に48歳のお誕生日を迎えたとは思えない美しさとスタイル。(世の中ってカッコイイ女性がたくさんいるなあ)
橋本じゅんさんの「轟天」のモデルは、千葉真一だそうで、登場してきた顔を見ただけで、もうワハハ・・・でした。ジブリのパロディーはジブリ作品を繰り返し見てきた我々親子にとっては、涙流して笑えるもので、帰りの道中でムスコ2が思い出し笑いするほどでした。(思い出し笑いって不気味だから止めてね)
この日は何処かで「花火大会」があったようで、帰り道渋谷で寄り道しようと思ったお店は既に満席(浴衣姿がカウンターにたくさん)。で仕方なく、地元の「日本酒バー」のお店へ・・・。初めて行きましたが、カウンター席の奥にテーブル席(4人掛け)が2つありました。
P1010362 P1010364
利き酒お試しセット(1人前990円)をそれぞれ頼んでみました。
お店の方から、一升瓶も撮りますか?と言われてお言葉に甘えてパチリcamera
写真左から、
・蒼斗七星(あおとしちせい)=島根県
・綿屋 特別純米酒=宮城県
・白瀑 山本 純米吟醸=秋田県
・花の露 特別純米酒=福岡県
・林 純米吟醸 美山錦=富山県
・あべ 純米吟醸生原酒=新潟県
でした。我々は徒歩で自宅まで数分で帰れましたが(それでも午前0時過ぎてたsweat01
お店のお客さんたちまだ結構残っていましたが・・・(若い女性お一人様カウンター、とかいて、イイなぁ、見習っちゃおうかなあlovelyなんてそれとなく観察してました)
bottle
好きな芝居を見て、美味しいお酒を飲んで・・・
こういう生活が一生出来ますように(そのためなら、気合入れて働こうと思うのでした)
以上、誕生月の「お楽しみ」、予定通り終了です。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年8月 8日 (土)

塩すだち…その後(多分完成)

2015/08/08

新鮮な「すだち」をいただき、そうだ、塩すだちにしてみよう!!
と実行してから1ヶ月。
P1020455
このようになりました。
P1020456
発酵してトロみがかった状態になっているので、多分完成です。
さて、どのように使おうかしら・・・
(そのまま食べたら結構なしょっぱさですsweat02
今日は、仕事帰りにスーパーで
こんなものを買いました(遅めのお昼ゴハン)
P1010336
「マグロとアボカドのサラダちらし寿司」
付いてきたのが「ハワイ料理 ポキのたれ」
ポキって何だろうsign02 と調べてみたら、
ポキ=poke=ハワイ語で魚を小さく切ることだそうです。
このお弁当で言えば、角切りのマグロのこと。
このたれの成分は、醤油やゴマ油、酸味の調味料等々なので
未開封ですが、多分、和風ドレッシングのような味かな〜
( ̄▽ ̄)
それを、塩すだち、に置き換えてみました。
すだちをササッと洗って粗みじん切りにしてふりかけ、ワサビと共に食べてみました。
P1010338
美味しいheart04
happy01
熱々ごはんにも合いそうです。
やってみよ〜

2015年8月 6日 (木)

映画「海のふた」を見る

2015/08/05

実家の用事を手伝って、rvcar午後2時頃帰宅したら、密閉された自宅内は熱気がこもってものすごい暑さdowndown(水道の蛇口からは「お湯」のような水が出てくるし、南向きのリビングの床は「床暖房の最高レベル」みたいな暑さsweat01
これでは、家にいるのも辛いbleahという口実のもと、水曜日(ファンサービスデー)なので涼しい映画館に涼を求めて観に行ってきた次第。
P1010329
海のふた
原作:吉本ばなな
監督:豊島圭介
゜.+:。.+:。
出演:菊池亜希子 、 三根梓、小林ユウキチ、天衣織女、鈴木慶一 他
゜.+:。.+:。
あらすじ(Yahoo映画より)
夢のために東京で生活するものの、都会暮らしに疲れたまり(菊池亜希子)は大好きなかき氷の店を開くため、かつて観光地としてにぎわうも今は閑散とした西伊豆の海辺の町に戻って来る。かき氷のシロップは糖蜜とみかん水のみ。一緒に暮らしていた祖母が他界しまりの実家に預けられた、顔にやけどの傷があるはじめ(三根梓)と一緒に店を切り盛りしながら、自分らしい生き方を模索していく。
以前から、チラシの写真が気になり、(主人公の背景のお店のインテリアやロケ地)
写真拡大するとこんな感じ
P1010326 P1010331
短めの映画(84分)で判りやすい舞台(西伊豆の土肥)、そして主人公の菊池亜希子の誕生日がかちゃまたと一緒だという親近感も手伝って、& 作者:吉本ばなな の初新聞連載小説だったということで、機会があれば見に行こう(かな)と思っていた作品。
movie
当初の目的→涼しい映画館で、リラックスできる映画に浸り、リフレッシュhappy01heart04
達成ですscissors(闘病以来、「見たいものは見る!!」生活で行動的になれたと思う・・・半面ワガママな傾向でもあるか・・・)(以下ネタバレあり)
movie
ムスコたちが小さい頃は、毎夏必ず伊豆の海に行っていたためか(土肥も1度だけあり)、「伊豆の夏の海」を頭に描いて見てしまったためなのか、海が・・「え?これで『夏』ですかいsign02」というような、どことなく冷えた感じの海で、(そのうえ映画館もとても冷えていて、)最後まで「かき氷」が食べたい!!などとは一度も思わず終わってしまいました。weep
movie
主人公(役者は好きだし、何故か菊池亜希子を見るといつも決まって福山雅治を思い出しているかちゃまたです)の、「前向き」「元気」「こだわる生き方」には共感しますが、そもそも観光客減少傾向?の伊豆の海で、「通年でのカキ氷屋」を開く気持ちが理解できない。(主人公は「不思議ちゃん」なのでしょうか)
開店資金を貯めて帰郷したのか定かではないですが、店舗の物件は自分で探し出して(交渉)、さらに、自身の力でリフォームします。
リケジョの強み発揮??菊池亜希子の、電動ドライバーを使いこなす能力と手元の美しさは見ていて気持ちよいup。ガラスブロックをフレーム加工したり、壁のペンキ塗りしたり・・・と、職業柄(元モデル)か、どんな動作も見ていて「あ、私も手伝いたいhappy01」と感じます。
そんな作業の末に完成した「かき氷屋🍧」は、都会のセンスが持ち込まれ、なかなか素敵ですが、半面、メニューの値段設定が「かき氷1つ500円」と高く、バリエーションも「さとうきび」と「みかん水」の2つのみ(エンディングで「いちご」が加わるけど)。
飲み物に至っては「エスプレッソ」のみ。
元カレのオサムが「なんで、エスプレッソだけなんだよう。」と言ってましたがその通りです。

movie

「私が良いと思ったモノしか置かない」(開店祝いに店舗貸主のおばあちゃんが持ってきた「手作り(五円玉大量に使った)宝船」以外は)お店は、お手伝いのはじめちゃんがいるにもかかわらず、お店をテキトーに空にして二人で泳ぎに行ったりしています。
これじゃ、営業が軌道に乗らないよねー(この採算度外視的なところは映画「かもめ食堂」を思いだす)
って思った矢先、フランチャイズ化の話を持って営業マンがやってきます。
まり(菊池亜希子)が断ると、営業マンは捨て台詞「後悔しても知らねーよ」とか言ってお店を去ります。
・・・う〜ん、このへん、ちゃんちゃら可笑しい
そもそも、こんな「かき氷屋」には、金融からの融資が降りると思えないし(ま、だから独力でお店を仕上げたのでしょうけど)、あまり流行ってもいなさそうなのに、営業マンがいきなり乗り込んで説得しようとするなんて・・・
とだんだん現実的にチェックして見るようになると、この少女小説っぽい映画にも
はじめちゃん(まりの家に預けられた暗い過去をもつ子)と元カレのオサム(実家の酒屋の経営不振により夜逃げ同然に町を去る)が、はじめちゃんの最愛の祖母の遺産相続(相続→争続)の件、やオサムの発言から過疎化にあえぐ地方の実態、が垣間見えて、ああ、現実的〜と思ったのもつかの間、課題提供??で終わってしまい、起承転結の「転結」が全然分かりません(わざとでしょうか?)
movie
はじめちゃん役は、三根梓(みねあずさ)・・・どこかで見かけた!と思ったら、テレビドラマ「三匹のおっさん」に出てきた「「早苗ちゃん」でした。暗い過去を持つ・・・という設定、彼女には合ってます(ビリギャルとか絶対に似合わない感じ)
movie
そんな、中途半端な映画でしたが、サラーっと見て涼んでくるには良かったと思います。主人公役の菊池亜希子は、豆大福が大好物でそれが高じて「豆大福ものがたり」という映画に主演しているそうです。そんな情報を見て「ああ、豆大福が食べたいな〜」「近くのコンビニで買ってこようかなあ・・・でも暑いなあ・・・」などと思いつつテレビを見ていたら、ファミリーマートのCMが流れ、なんとそこに出ていたのはファミマの店員の格好した菊池亜希子でした。(なんだか、妙に馴染んでるし自然catface
movie
是枝監督の「海街ダイアリー」がカンヌ映画祭に出品されて話題になっていましたが、「やや地味目の伊豆版:海街ダイアリー」かもしれません。「海のふた」、というタイトルは・・・不思議な感じでそそられましたが、
なんとなくしっくりこなかった・・・。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

 

2015年8月 3日 (月)

テレビと外付けHDD

2015/08/02

今でこそ「みたい映画は見るsign01」と、時間があれば電車や車、および自転車で簡単に映画館に行ってしまう癖がついてしまったかちゃまたですが、出産後〜ムスコ2が中学生になる頃までは、個人的な好みの映画は見に行けませんでした(行くとしたらドラえもん、とかジブリ系やポケモンなどなど)
eye
そんな私の「テレビっ子(てれびオバさん)」の始まりは、20代後半、ムスコ1が寝静まると、ストレス発散を兼ねて「火曜サスペンス劇場」「土曜ドラマ」等の2時間ドラマを見たり、子供と一緒に「子供向け番組(NHK教育テレビやポンキッキ、オハスタなど)」を見ることでした。
eye
今から15年ほど前に、NHKのモニターに選ばれた時は、指定番組を録画して見るようになり、その後、民放番組などはCM飛ばして見るのに、この方法を採り・・・と徐々にエスカレートした結果、なんと我が家のテレビには、今や、外付けHDDが4台sign03 も接続されています。
eye
この夏、撮り溜めた番組を整理して、HDDに空き容量を増やす予定でしたが、いざ取り組んでみると・・・う〜ん、なかなか消せませんsweat01sweat01(とくに映画と面白かったドラマシリーズ)
じゃあ、ということでムスコ2と話し合って(彼も負担金出すと言い出したため)思い切って、5台目のHDDを購入することになりました。
P1020451 P1020452
*写真は、箱の表と裏面
どうせ買うなら、と、『3テラバイト』に・・・録画可能時間は、約265時間(BSデジタル対応)〜約374時間(地上デジタル対応)∑(゚∇゚|||)スゴイです。
eye
一昨日、夜9時からのテレビ「NHKスペシャル」で「日航機事故30年 墜落の夜 に何が」という特集番組がありましたが、墜落後16時間も「墜落地点」を特定出来なかったり、第一発見者の目撃情報が埋もれてしまっていた、などという事実が明らかにされていました。
 今だったら、GPSで一発で判るでしょうし、目撃者もツイッターやフェイスブック等自分から発信出来る情報提供が(個人から複数または組織へ向けて)可能です。
「ドローン」が何かと話題になった今年ですが、危険な現場に一番に乗り込めるのは
恐らく こうしたハイテク機械類ではないでしょうか。
eye
テレビに話を戻せば、私がテレビを見てきた半世紀を振り返っても、(白黒画面の記憶は微かにあるだけですが)、カラー化、ビデオの登場(当時はβとVHS方式があった)、衛星放送(BSやCS等)、HDDレコーダーの登場、外付けHDD,地デジ化等々、思えば進歩し続けてます。
これに加えて、子供たちは(私も子育て中は)テレビゲームを楽しめる時代。
eye
喫茶店にインベーダーゲームが登場した頃を思うと隔世の感であります。
こうしたゲームに限らず、お酒やタバコ、コーヒーやチョコレートにも中毒性があると聞くしそう思う一方で、「夢中」になれるものがあるのは幸せかも、とも思うのだけど。
eye
まあ、テレビ好きの家族なので、まっさらな3TBがこれからどんな録画番組で埋まっていくのか楽しみですが・・・(記念すべき一番最初の録画番組は、日テレ「行列の出来る法律相談所」でした〜coldsweats01
P1010323
  今まで、HDD4台繋いでいたテレビの裏面など撮影したこともなかったけど、記念に撮っておきました(笑)。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2015年8月 1日 (土)

2015/07/31:今月2回目の満月

2015/07/31

  日光浴より月光浴のほうが好き(というかこの年になるとこの方が美容に良いと信じている私)というかちゃまたです。
happy01
そんな私にとって今月は3年に1度くらいしかチャンスがない「ブルームーン」
ブルームーンとは・・・
7月31日は、「ブルームーン」が見られる日。

 国立天文台によると、1か月の間に2回満月がある場合、2回目の満月を「ブルームーン」とよぶ。色こそ青くはないが、英語の慣用句で珍しいことや稀なことのたとえを“once in a blue moon”と表すように、稀なこの現象を「ブルームーン」という
通常、月の満ち欠けは約29.5日周期で起こるため、満月を見られる日は1か月に1回程度。よって、1か月に2度、満月を見ることができるカレンダーの並びはなかなか起こらない。福岡県青少年科学館によれば、ひと月で2度の満月を見られるタイミングはだいたい3年に1度程度だという。
その現象が起こるのが、本日、2015年7月31日である。(教育ニュース・リセマム より)
○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*
たしか、月初めの満月は、天候不良で見られなかった(はず)。
ってことで、今日は楽しみにしていました。
夕方、東の空から、やや赤みがかった大きな(大きく見える)満月が昇ってきました。
地元(徒歩圏内)で、夕飯食べに家族と出ていたので、写真は帰宅後、真夜中の月を撮ってみたcamera (月を撮るには、いまいちなカメラ:レンズ35mm~100mm)
fullmoon
P1020447
うう、これでは、月に見えないsweat01sweat01 
ま、記念撮影、ということで・・・

真夏の日帰りドライブ

2015/07/30

オット夏休みにつき、本人の希望を聞いて山中湖一周サイクリングを含む、富士五湖巡りをしてきました。

P1010296 .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

P1030133

山中湖は、サイクリング道路もかなり整備されていて(まだ全周ではないので一部道路(車道の脇)を走ります。(サイクリング専用道路とか自転車の写真がないので説得力もありませんが・・・)

P1010295

途中、目にした不思議な球状の湖面に浮かぶ物(なんだろうね)

P1010302 P1010307

白鳥もいました。家族連れも見かけた(微笑ましいlovely白鳥の子供を見るのは初めてです)

P1030161 P1030156

忍野八海でお蕎麦の昼食(池本茶屋にて)・・・
中国語を話す観光客御一行様がそこいらじゅう沢山いて、お土産の爆買い中でした
(聞きしに勝る凄さsweat01途中で、一時的ににわか雨がザーッと降ったのですが、その時彼らが使う「傘」の色とデザインの派手なこと(妙に納得smile

P1020436

かちゃまたは「山中湖」以外は訪れたことなかったため、車で一気に巡ってしまおう、とドライブ(オットは4つ制覇済みらしい)

精進湖・・・いきなり観光客がいない世界に・・・一言で言うと「地味」

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

 

P1010309本栖湖では、ウインドサーフィン族が静かに練習中

水深が5湖中一番深いそうで、遊泳禁止の看板がありました。

P1010310

このドライブ中、運転は交代で行い、

富士五湖巡りでは約半分ほどハンドル

を握っていましたが、山中湖と河口湖

以外はなんというか地味で、サイクリ

ングロードは全く整備されておらず、

車道ですらもまるで山道のようで、

見かける看板は「落石注意」ばかりです。(車で湖を一周すると、運転手は湖見

物を堪能出来ない感じ、で今日の印象はサイクリングの山中湖が圧倒的とい

うことでした)

8/1から、山中湖を皮切りに、連続5日、富士五湖それぞれで花火大会が催さ

れるようですが、集客力はどうなんでしょう・・・。

(暇だったら来てみたいね、

などと言いながら帰路に着く)

P1020445

お土産もしっかり買いました。名前が良いです。


富士錦酒造の限定販売の純米酒「樹海」。


これと並んで「赤富士」というのもあり、迷った挙句に「樹海」を選んだところ


お店の女主人から、「ああ、それ、中身は一緒」


と言われて、ズッコケそうになりました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »