« 文藝春秋 九月特別号(芥川賞発表:受賞作二作全文&選評) | トップページ | 「もとの黙阿弥  浅草七軒町界隈」(新橋演舞場) »

2015年8月18日 (火)

映画「メリー・ポピンズ」(新・午前十時の映画祭)

2015/08/17

午後からの用事で出かけるついでに早く出て、名画上映(午前十時の映画祭)を見る。
P1010370
「メリー・ポピンズ」(ジャンル:ミュージカル)
375x281
監督:ロバート・スティーブンソン
出演:ジュリー・アンドリュース、ディック・ヴァン・ダイク、デヴィット・トムリンソン 他
受賞歴:アカデミー主演女優賞、作曲賞・歌曲賞
【解説】

アカデミー賞受賞の名曲「チム・チム・チェリー」で有名な、ディズニー製作のミュージカル・ファンタジー。主演のJ・アンドリュースの「映画」デビュー作であり、翌年の『サウンド・オブ・ミュージック』と並ぶ代表作。アカデミー賞ではジュリーの主演女優賞、シャーマン兄弟の作曲賞、歌曲賞など5部門を受賞。はるか後年、『ロジャー・ラビット』(1988)で本格的に再現された実写とアニメの合成シーンも、当時としては画期的な表現だった。

【ストーリー】

時は1910年。ある日、ロンドンでも美しい桜通りのある家に、パラソルを開いた若く美しい女性が空からフワフワ舞い降りた。子供の書いた紙片を持ったその女性の名は、メリー・ポピンズ(J・アンドリュース)。降り立った家には、銀行家で気難し屋のバンクス氏(デイヴィッド・トムリンソン)と、婦人参政権運動に夢中の奥さんと腕白盛りな子供たちが住んでいた。そしてメリーが手にした紙片には、子供たちが希望する乳母の条件が書かれていたのだった。

smile皮肉なsweat02こぼればなし
本作では、ジュリー・アンドリュースが第37回アカデミー賞主演女優賞を獲得。作品賞にもノミネートされたが、オードリー・ヘプバーン主演の「マイ・フェア・レディ」に敗れてしまった。その「マイ・フェア・レディ」舞台版の主役をアンドリュースが務めていたのは皮肉な話。ジュリー・アンドリュースは、翌年もミュージカル映画の傑作「サウンド・オブ・ミュージック」に主演している。
(以上、新・午前十時の映画祭  ホームページより)
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
(以下、ネタバレあり)
大昔、テレビか何かで見たことあったような…かといって記憶があいまいな映画でした。新・午前十時の映画祭、今月のテーマは「歌って踊れる家庭教師!」というテーマでの2作品。もう一つの「王様と私」(今年、ブロードウェイで渡辺謙さんが舞台主演して話題になっていたので)こちらを改めてよく見たいと思っていたのですが、どうせなら、ジュリー・アンドリュースの歌声も・・・とrain雨の日なのに出掛けて見てきた作品。
movie
主演のジュリー、顔は美人タイプではないけれど、生き生きしていて可愛いheart01(表情が愛らしい)。
オープニングの登場のシーンが、雲の上で乳母(ナニー)姿で、出動前のお化粧直し(コンパクトでパタパタ)をしている場面。
今、NHKBS朝ドラで見ている「あまちゃん」に出ているナツ(宮本信子)の若い頃を演じている「徳永えり」さんに似ている気がした。(とりわけ、上目や横目使い…どうでっしゃろか)
P1010372 P1010374
スプーンフルオブシュガー、(A Spoonful Of Sugar)
これ、とっても有名な曲だった(というか歌詞があったんだということを初めて知りました)。ディズニーランド?で良く聞く曲、というかディズニーのテーマ音楽(落語で言ったら出囃子)って感じですね。歌詞は「「ひとさじの砂糖で苦い薬も飲める〜」という内容。
movie
映像は、さすがに50年前のものなので(CG処理とか出来ない時代)、古さを感じるけれど、人間の本質的な部分(社会的な生き物としての「人間」)の進歩の無さ、って50年でもこんなものなんだ、と改めて感じさせられました(ストーリーはあってないようなたわいない話ですが)
クライマックスのロンドンの夜の街の屋上での煙突そうじを巡るパフォーマンスでは、屋根の上を渡り歩きながらの群舞や、メリーが煙突の黒煙で階段を魔法で作り皆で登っていく様、煙突に吸い上げられたり、ストンと落ちたり・・・なんだか、デジャヴュ…どこかで見知っているような・・・と思いながら歌をきいているうちに、閃きましたthunder
マリオですsign01 スーパーマリオブラザースの画面に似ている〜
煙突と土管の違いはありますが、メリーポピンズがマリオブラザースにつながるとは・・・
あまりにも意外でした。
それにしても、皆さん、歌上手です。
子役のマシュー・ガーバー君は長男マイケル役を演じていましたが、顔の表情もセリフも歌も、登場人物の最年少で頑張っているなあ、(歌舞伎での子役を見るような気持ち)
で見ていましたが、帰宅して調べてみたら、なんと21歳の若さですい臓の病気で他界していました。息子を亡くした親御さんの気持ちになってしまうこの頃です。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« 文藝春秋 九月特別号(芥川賞発表:受賞作二作全文&選評) | トップページ | 「もとの黙阿弥  浅草七軒町界隈」(新橋演舞場) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

I truly enjoy looking at on this web site , it contains superb blog posts. Heavierthanair flying machines are impossible. by Lord Kelvin. kcfbkdeabkga

かちゃまたさん、こんばんはー。
ご無沙汰しておりました・・・。
久々に開いたらリラックマになっててビックリしました(笑)
先日まで仕事でリラックマまみれになっていたのでw
(うちの会社とリラックマがコラボしてたので)
相変わらずの映画鑑賞量ですね!!スゴイ!!
私はもう全然観に行けてないです。
観たいなと思ったタイトルをメモって、気がついたらもうレンタル出てたとか
そんなのばっかり。
もう少し涼しくなったら行こうかな(笑)

ぬまさーん、お久しぶりのコメント嬉しいです!!
お仕事でリラックマとご一緒だなんて、lovely羨ましいぬまさんの職場heart04
リラックマ、って一見可愛いけど、実は結構「挑戦的な」「視線=目力」でこっちを見てますよね。
だから、?!かどうか判りませんが結構好きです。
さて、私、
この頃、暇ができると「映画おばさん」」になっているかも・・・
(猛暑対策としては涼しい映画館、いいかもです)

確かぬまさんも、百円の恋(安藤サクラ&新井浩文)ご覧になってますよね。
この映画の脚本家:足立紳氏による映画「お盆の弟」を見に行こうかと計画中ですが
時間帯的にスケジュールが合わず(来週)、結局違う作品を見る(時間つぶしの)予定です。
( ^ω^)


昨年の春に公開された映画「ウォルトディズニーの約束」は、メリーポピンズの原作者であるトラヴァワース夫人と、映画版メリーポピンズの制作にかかわった人々の心にしみるお話でした。http://blog.goo.ne.jp/pippi165/e/2dde79aeca8db14714b11d18042886b5
この映画を観た直後にBSでメリーポピンズのデジタルリマスター版が放映され、心から感動しました。本当に素敵なお話。私も映画館の大きなスクリーンで観たいです。

pippiさん、こんばんは
メリーポピンズの映画について(評価など)ネットで見ていたら、メリーポピンズみてから「ウォルトディズニーの約束」を観ると良い!(見るべき)、というような書き込みが複数ありました。レンタルビデオで見なきゃ〜って思っています。
pippiさんのブログ拝見したら、ますます(なるべく早く)見てみたくなりました。
いつも、的確なコメントありがとうございます。そして、これからもよろしくですm(_ _)m

Pharmf137 sama

Thank you so much!! 、(^_^)

I've been absent for a while, but now I remember why I used to love this site. Thank you, I'll try and check back more frequently. How frequently you update your site? bdkeaedkeafg

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/62104353

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「メリー・ポピンズ」(新・午前十時の映画祭):

« 文藝春秋 九月特別号(芥川賞発表:受賞作二作全文&選評) | トップページ | 「もとの黙阿弥  浅草七軒町界隈」(新橋演舞場) »