« 災害の翌日の青空に思うこと | トップページ | 映画「天空の蜂」 »

2015年9月18日 (金)

映画「ピクセル」

2015/09/14

10年来の仕事仲間とのランチを予定していたこの日は、14日→TOHOの日なので、映画が皆様1100円。  ということで、欲張りオバさんかちゃまたは、朝から映画。
ヴィンセント・・・は先週見てしまったし・・・そもそも場所と時間帯が限られているため、選択肢は2つ。「ミニオンズ」と「ピクセル」でした。(解説とあらすじ、Yahoo映画より)

(解説)

パックマン、ドンキーコング、スペースインベーダーなど、日本の名作ゲームのキャラクターたちをフィーチャーしたアドベンチャー。ゲームキャラクターにふんして地球侵略を開始したエイリアンと人類の攻防を活写する。メガホンを取るのは、『ハリー・ポッター』シリーズなどのクリス・コロンバス。『ジャックとジル』などのアダム・サンドラー、『ブラインド・フィアー』などのミシェル・モナハンらが出演する。奇想天外なストーリーもちろん、メーカーの垣根を越えてキャラクターたちが共演するビジュアルにも圧倒される。

(あらすじ)
地球や人類の文化ついての情報を電波に乗せて、宇宙人との交流を図ろうとしていたプロジェクト。それを宇宙人が受信したものの、彼らは人類からの宣戦布告だと勘違いしてしまう。「パックマン」「ギャラガ」「ディグダグ」「ドンキーコング」「スペースインベーダー」と、送られた情報からテレビゲームについて知った宇宙人たちはそれらに出てくるキャラクターに姿を変えて地球を侵攻し始める。巨大なキャラクターが次々と現れ、都市をブロック化していく事態に世界はパニックに陥り……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

迷った挙句、たまにはこんな、B級テイストの映画もお気楽で良いかも。。。と選んだ次第。
Kc3h0047
が、思っていたよりも迫力あって、ちっとも眠くならなかった(まあ、朝いちばんだからねー)  。がしかし、その後、ランチ(ビュッフェスタイルだったのでプレートにてんこ盛りのお昼ごはん・・・で、写真は省略)で、ワイワイおしゃべりに花が咲いているうちに、映画の内容は、もう、どうでもいいかも〜と、まさにピクセルの如く、パラパラパラ〜と頭の中から崩れ去ってしまいましたsweat01(しかも、この日はこんな理由で映画観てきたよ!!と友人に話したら、あら、私はもう60歳だからいつでもその金額よ〜と言われて、ええ〜そうだったのかsweat01ということに)
P1010473 P1010477
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━
P1010478 P1010476
この映画、後日(17日に)別の映画館では、派手に(撮影で使用したのと同じミニクーパー車など)展示企画をしていましたので、ついでに写真を撮ってブログに(するつもりなかったのだけれど)追加です。
P1010480

久々に、スクリーン内の年齢層が低かった。まさに、自分の子供たちの年齢層と観ている感じでありました。(でも、彼らは、コイン投入するゲーム機の時代は知らないはず・・・)


« 災害の翌日の青空に思うこと | トップページ | 映画「天空の蜂」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/62307064

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ピクセル」:

« 災害の翌日の青空に思うこと | トップページ | 映画「天空の蜂」 »