Instagramはこちら

  • Other Other: ID=nyonyakato
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • rakuten
  • ブログムラ

« イラストレーター展 | トップページ | 落語「三遊亭円楽・春風亭昇太 二人会」 »

2015年11月 6日 (金)

月餅「木の実餡」渋谷スクランブル交差点

2015/11/06

渋谷駅前のスクランブル交差点は、今年公開の映画、「バケモノの子」や「グラスホッパー」などに取り上げられているし、(どちらの作品も予告編から出てくるシーンなので映画の主たるシーンの一つと思える)、現場へ行ってみると(2階の通路ガラス越しに海外からの旅人…ツアー客?がいつでも交差点を撮影している)、横断歩道を渡る、ということが外国人観光客の体験イベントそのものになっているようで、動画撮影しながら興奮状態で歩いていたり、というエキゾチックな光景が見られます。海外からの旅人にとって、スクランブル交差点というものはファンタスティックなんだそうです。

(以下、ウィキペディアからの引用)

日本のスクランブル交差点では、案内標識に「歩車分離式」「スクランブル式」「スクランブル信号」などと、標示においては交差点の内側方向に伸びる横断歩道が描かれたりする。

東京都渋谷駅北西側の渋谷駅前交差点(通称 渋谷のスクランブル交差点)は、日本で最大規模かつ有名なスクランブル交差点で、1回の青信号で多い時には約3000人が通行するといわれる[2]。信号の切り替わりとともに大勢の人々が一斉に歩き出す様子は、その膨大な歩行者の量から、巨大都市東京を象徴する光景として紹介されることが多く[3]、訪日外国人向けの観光ツアーの日程にも組まれるほどとなっている[4]

cafe
東横のれん街、に菓子折りを買いに行く用事があり、のれん街をぶらぶらしていたら、珍しいデザインの月餅を見つけました。

かちゃまた、月餅、大好きです。特に、国産の「新宿中村屋」の月餅。
中国の月餅(というより中華街の月餅)は、ややヘビーでたまには良いけど、やはり中村屋heart02が好き。
P1020590

木の実餡の「スクランブル交差点」バージョン、
9月に店頭に並んだ商品だそうですが、隣に並んだ「ハチ公(くるみ入り餡)月餅」と違って、渋谷限定販売なのだそうです。即決で買いました。一つ140円(税込)

cafe
P1020591
緑茶やほうじ茶はもちろん、コーヒーや紅茶にも合う(と思う)美味しさ。
cafe
改めて、原料名を見てみると、
和菓子に必須の小麦粉・砂糖・水飴、などの他に、
りんご、りんごプレザーブ、オレンジママレード、カシューナッツ、白ごま、鶏卵、くるみ、レーズン、パイナップル、冬瓜、アーモンド、イチジク、白餡、バター、洋酒、アーモンドペースト、コーンシロップ等々
cafe
多彩なフルーツの砂糖漬けと、ナッツ類が豊富です。
中国古代からの伝統菓子(諸説あるが、原型は「唐」の時代らしい)
政治面では日中関係が取り沙汰されていますが、
食べ物で言えば、月餅、中華まん、ラーメン、餃子、シュウマイなど
やはり魅力あるお手軽「食品」があるのも中国かな〜。



« イラストレーター展 | トップページ | 落語「三遊亭円楽・春風亭昇太 二人会」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/62625180

この記事へのトラックバック一覧です: 月餅「木の実餡」渋谷スクランブル交差点:

« イラストレーター展 | トップページ | 落語「三遊亭円楽・春風亭昇太 二人会」 »