Instagramはこちら

  • Other Other: ID=nyonyakato
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • rakuten
  • ブログムラ

« リフレッシュ休暇(その1) | トップページ | リフレッシュ休暇(その3) »

2016年1月 7日 (木)

リフレッシュ休暇(その2)

ホノルル3日目は、オプショナルツアーです。
「ダイヤモンドヘッド(ハイキング)とパールハーバー見学」
パールハーバーは、個人で行くとやや面倒そう(チケット入手後時間を潰さなくてはならない、とか手荷物禁止なので預けなければならない)なので、日本人ガイドさん付きのツアーにしました(正解ですscissors
P1010672          頂上からはワイキキビーチが一望です(標高232m)
      広々した海も眺めましたが、つい泊まっているホテルを探してしまうbleah

shineshine
ハワイのシンボルといえば、このダイヤモンドヘッド。前述しましたが、火山の噴火によって出来たクレーターです。19世紀初め、イギリスの船員たちが、この山にゴロゴロしていた方解石の結晶をダイヤモンドと勘違いしたことからこの名がついたそうです。(なあんだ、そんなアホっぽいネーミングだったとはつゆ知らず
coldsweats02
runP1010665
大人の足で片道約25分。
朝だったので、日差しもさほどキツくなく辛さのないプチ登山でした。
下山中は、夫と私はほぼ無言だったのに比べ、すぐ後ろにいた、アメリカン?の3人連れの男子(大学生ぐらいか?)が、頂上から登山口までずうっとしゃべりっぱなしだったのには舌を巻きました。(発音はさすがにキレイだったけどsweat02
クレーターのほぼ真ん中にある、ワイキキ・トロリー停車場まで、バスが迎えに来てくれて、さあ、次は、パールハーバー見学です。
P1010677
途中で虹がキレイでした(特にこの日は何度も虹を見る展開になるのでした)
ホノルル空港から近いオアフ島の南真ん中にある真珠湾(地理学的には「入り江」らしいですsweat01)。
1941年12月7日(日本時間では8日となります)旧日本軍の真珠湾攻撃によって、1100人を超える乗組員を抱いたまま海中に没している戦艦アリゾナ号、その上に沈んだ戦艦をまたぐように建設されたモニュメント(戦艦がお墓ということで十字架の意味合いがあるようです)まで、船(シャトルボート:航海士の軍人さんがなかなかのナイスガイでした)で行く、というのが、このツアーの見どころです。
P1010695 P1010717

モニュメントに窓が7つあるのは、12月7日の7を意識しているそうです。
(Remember pearl harbor. なので…)

P1010710 P1010716

USS とは米海軍の軍艦の意味、、BBは、Battleshipの略語だそうです。

お墓参り、の精神で、と思っていましたが、観光スポット化されていて、日本人以外の観客も、そのノリでした.。右の写真は赤錆びたアリゾナの砲塔です。奥に虹が2重に出ていました(写真では微妙)
P1010722
船体から今も漏れて浮かんでくる燃料が漂っています。これはなかなかリアル。
とはいえ、この海、珊瑚が生息し、魚が元気に泳ぎ回ってるのも確認できました。
P1010719虹をたくさん見たからかもしれませんが、私の印象としては、悲しみの象徴というよりも、見学者がそれぞれに何かを感じるために訪れる場所、かもしれないと思うのでした。
このパールハーバーには、戦艦ミズーリが現役引退後、記念館として存在しており、そちらの見学も、日本人ガイドさん付きで実物を見てきました。
(甲板の脇、船のヘリに特攻隊が体当たりして出来た凹みやそれにまつわるエピソードなども、ガイドさんの熱い話ぶりで目頭が熱くなりました。特攻隊員って今のムスコたちの年齢だと思うにつけ、戦争とは「残酷」以外のなにものでもないと思う)
第二次世界大戦で活躍、硫黄島上陸作戦、沖縄戦に関わり、昭和20 年9月東京湾にて降伏文書調印式,、その後朝鮮戦争、そして記憶に新しいところでは、湾岸戦争で働いた戦艦だそうです。(ミサイルのトマホークを発射できるため、湾岸戦争開始時に使われたトマホークを発射する映像、は全てこのミズーリからのものだそうです)
P1010686P1010711
16インチ砲が6門。重さ1t以上の砲弾を37km先まで飛ばすことが可能。
この1門(1本)の重量が、飛行機のジャンボ機1機と同じだそうです(ヒエ〜)
P1010693
水兵さん(音楽隊)がクリスマスソングを演奏していました。
P1010729P1010731
軍港施設は芝生や植木などもきちんと管理され(国定公園)、プルメリアの花が綺麗です。

  P1010732
ツリー・オブ・ライフ と呼ばれる約12mの平和記念碑。
余談ですが、このツアーのメインガイドさんは、元北海道旭川の旭山動物園の設計に携わった方だそうです。リタイア後の楽しみながらのハワイ生活?、などと勝手に想像してしまうような雰囲気の素敵なおじさん(とお爺さんの合いの子ぐらい)でした。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村


« リフレッシュ休暇(その1) | トップページ | リフレッシュ休暇(その3) »

出かけてきました」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます!
猫を家に迎えてからは家族で海外旅行にいけなくなった我が家bearingですが、ハワイに反応して来ちゃいましたsunうらやましい!
我が家はかつてシェラトン・ワイキキをよく利用してました。ワイキキビーチも潜水艦も楽しかったですが、印象的だったのはやっぱりダイヤモンドヘッドと真珠湾でした。普通の路線バスに乗って、個人で真珠湾に行きましたが、想像通り、かなり感じ悪かったですhappy02
でも、それが日本人に対する生の感情なのかもしれないねと、夫と話したのを覚えてます。
言語ストレスフリーでのんびりできる楽しいハワイにも、日本との辛い歴史があったことを忘れてはいけないですね。

pippiさま

おお、そうでしたか! こちら、泊まったホテルはシェラトン・ワイキキの2つ隣りのアウトリガー・リーフ・ワイキキビーチリゾート、でした。ワイキキビーチは朝の散歩でビーチ沿いにシェラトン前まで行きましたが大っきなホテルですね。ワイキキビーチは、老若男女誰にでも愛されるところだということが改めてわかりました。ホテルではwifiが無料で利用可能なため、結局、ハワイの現地情報を日本語(yahooなど)検索したり、撮ってきた写真をカメラからiPadに送ってLINE やFacebookにあげたり、と部屋ではそんなことばかりしていました(東京と変わりないじゃん、という状況)。持参した本で読書したのは初日だけsweat01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/63015981

この記事へのトラックバック一覧です: リフレッシュ休暇(その2):

« リフレッシュ休暇(その1) | トップページ | リフレッシュ休暇(その3) »