Instagramはこちら

  • Other Other: ID=nyonyakato
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • rakuten
  • ブログムラ

« シチズンフォー(スノーデンの暴露) | トップページ | ブログにカテゴリー(ペット)を追加 »

2016年7月 4日 (月)

シネマ歌舞伎「阿弖流為」

2016/06/30

久々の女子会で3人連れで東銀座へ。東劇にて「シネマ歌舞伎」
Dsc_0304
阿弖流為、昨年新橋演舞場に観に行ったのが1年前で。時の流れの早さを感じます。
今回、映像化されて、さらに良くなった点は、大見得の効果(アップの映像は迫力アップup)、そして2本の花道を効果的に使うこの舞台ならではのカメラアングル(改めてよく見ると両花道、多用されています)染五郎が「阿弖流為だ!」と名乗り、勘九郎が「坂の上の田村麻呂!!」とお互いに仁王立ちで両花道から向かい合う様は、やはり何度見てもカッコイイ〜sign03
一方で、笑える場面がカットされていたり(まあ本筋ではないのでね)、立ち回りはもっと「引き」で見たかったかなぁ…。
eye
今回は、感想というよりも、歌舞伎役者さんのことがさらによくわかり勉強になりました。

【配役】
阿弖流為 市川染五郎
坂上田村麻呂利仁 中村勘九郎
立烏帽子/鈴鹿 中村七之助
阿毛斗 坂東新悟
飛連通 大谷廣太郎
翔連通 中村鶴松
佐渡馬黒縄 市村橘太郎
無碍随鏡 澤村宗之助
蛮甲 片岡亀蔵
御霊御前 市村萬次郎
藤原稀継 坂東彌十郎

 一緒に観た友人たちが、15分の休憩の際、
・御霊御前(みたまごぜん:帝の巫女で田村麻呂の実姉でもある)の役の市村萬太郎のことを「てっきり大御所の女優さん」だと思った。
・ロックをBGMに殺陣ってすごい
・誰一人として、着物着てないね。髪型はレゲエに近いものもある〜。
と言ってました。歌舞伎NEXT、しゃべり方もスピード感も「現代」だし、本当に好きheart04(イヤホンガイド要らないしsmile

市村萬太郎さん、確かに妖気たっぷりで頭のキレもよく、セリフは妙に説得力さえあって、悪役にしておくには勿体無い存在。

彼女と共にある悪役のトップが、藤原稀継役の坂東彌十郎さん。映像でお顔をアップで見ていると、ヒール役ならではの、顔の隈、がどんどん濃く陰険になっていく様子がよく判りました。どのくらいの年齢の方?と彼のHPを見たら、おお、今年還暦だそうです。そして、プロフィール欄には、「身長が世界一高い歌舞伎役者です:183cm)とありました。なるほど、歌舞伎界で一番=世界で一番、ということねhappy01
そして、阿毛斗(みすず学苑風の姿で中性的な役柄?)役の坂東新悟さんは、彼の長男だということも判りました。へええ〜そうだったのか。
eye
2002年の劇団新感線の舞台(は見ておりません)では、阿弖流為はもちろん染五郎丈ですが、坂上田村麻呂は堤真一さんが演じていたそうです。今回、作者の中島かずき氏は、歌舞伎Verで田村麻呂の年齢をぐっと下げて設定したそうですが、それがまさに勘九郎丈にぴったりlovely
「若さゆえの無鉄砲さがあって、ちょっと不器用、でも成長する若者」という役を演じたら、歌舞伎役者さんの中で、彼ほど似合う人、っていないのでは?これは、故中村勘三郎さんの勘九郎時代よりも似合ってると思います。
eye
劇団新感線の公演では、立烏帽子と鈴鹿とアラハバキの神、の3役はキャラが違うところで分けて2人の女優さんが演じています。これを七之助丈が一人で演じ分け、とりわけクライマックスで「神」となって正体を明かす場面の気迫の凄さは、映像でさらに迫力アップで感じられました。
eye
立烏帽子の役では、かなりハードな殺陣もこなしています。この「女性」の姿、
同性から見ても本当にカッコイイ。七之助丈が女性に生まれて、宝塚歌劇団とかに入っても、きっとトップの座を取れるのではないかと思ってしまうくらいでした。
才能と努力。歌舞伎役者さんたちってすごいなあ。というのが今回とても印象に残ったことでした。同時代に生きているのだから、可能な範囲で「歌舞伎」観ていきたい、という思いが新たになりました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
にほんブログ村

« シチズンフォー(スノーデンの暴露) | トップページ | ブログにカテゴリー(ペット)を追加 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

本当にすごい作品ですよねhappy01才能と才能のぶつかりあいというのか、まさに新時代の歌舞伎という「熱」を感じます。ひとつ修正させていただくと、新感線のアテルイでは、立烏帽子とアラハバキは西牟田恵さんが二役演じています。私も新感線版の生舞台は見逃してしまいましたが、DVDは買いましたheart04こちらの染様、NEXTとはまた違った若く美しい狼。堤さんの素晴らしい田村麻呂も必見です!ゲキ×シネでまたやってくれるといいですね。

pippiさま
ご指摘ありがとうございました。
中途半端な調べ方で安易にブログを書いているので、時々こんな失態を演じています。
また、何かお気付きの点がありましたら、どうか懲りずにまた、よろしくお願いします。

8月の歌舞伎座、納涼歌舞伎のチケットが今週末にも発売されます。
坂東新悟さん、坂東彌十郎さんが出演する1部も見たい!
2部は、猿之助丈と染五郎丈の東海道中膝栗毛(ストーリー展開にラスベガスが加わるそうです)
2人が宙乗りする、と知って、これは外せない!!と今からチケット購入に気を揉んでいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/63868703

この記事へのトラックバック一覧です: シネマ歌舞伎「阿弖流為」:

« シチズンフォー(スノーデンの暴露) | トップページ | ブログにカテゴリー(ペット)を追加 »