Instagramはこちら

  • Other Other: ID=nyonyakato
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • rakuten
  • ブログムラ

« 映画「永い言い訳」 | トップページ | 明治座11月公演「祇園の姉妹」 »

2016年11月20日 (日)

映画「ぼくのおじさん」

2016/11/17

月に一度、高齢者夫婦でしかも老々介護で暮らしている実家にcat猫連れで訪問carすることにしていますが、今月はcat五郎丸は留守番。
この日は、父のデイサービスの日(夕方まで母親が解放される日)。
実家に着いて一息入れたのち、家から数キロ離れたシネコンまで車で行き、二人で映画鑑賞をしました。
Dsc_0372

何故、この映画、かと言うと、この映画の制作委員会の中に、親戚の勤務先の会社が入っていたからなのでした。(「見てね〜」「うん、見に行くね」「今日行くよ〜」「お〜、ありがとー」みたいなやりとりをラインでしましたが、宣伝してきた当の本人はどうも見ていない様子でしたが。)

ま、ともあれ、母と映画館へ。実に1年ぶりです。

原作:北杜夫
監督:山下敦弘
脚本:春山ユキオ(須藤泰司)
出演: 松田龍平・真木よう子・大西利空・戸次重幸・寺島しのぶ・宮藤官九郎・
    銀粉蝶・戸田恵梨香 他 (猫の まるお)
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
解説とあらすじ(シネマトゥデイより)

解説

芥川賞作家北杜夫の児童文学を、『天然コケッコー』などの山下敦弘監督が実写映画化。兄夫婦の家に居候するおじさんが、お見合いで知り合った美女を追い掛けておいとともにハワイへ向かうさまを描く。ぐうたらで変わり者のおじさんには、『舟を編む』などの松田龍平、おじさんを叱咤激励するしっかり者のおい・雪男にはオーディションで選出された子役の大西利空。松田の出演作『探偵はBARにいる』シリーズに携ってきた須藤泰司が企画・脚本を手掛ける。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

小学生のぼくこと春山雪男(大西利空)は、「自分のまわりにいる大人について」をテーマに作文コンクールの宿題を出される。題材探しに苦心していた彼は、父の弟で怠惰な生活を送り、屁理屈ばかりこねる居候のおじさん(松田龍平)をネタにすることを思いつく。ある日、親戚が用意したお見合いの席に渋々出向いたおじさんだったが、ハワイの日系4世の美女である見合い相手に一目ぼれし……。

居候しているぼくの“おじさん”(松田龍平)は大学の非常勤講師。哲学を週に一コマ教えているだけで、いつも万年床でゴロゴロして、ニャム(うちのネコ)よりも働かない。おまけに超貧乏でケチ、ドジで運動神経もゼロ。いつもくだらないイタズラをしてはぼくや妹よりもお母さんに叱られて、お説教をされても反省するどころか屁理屈ばかりこねている。雪男は、そんなおじさんを題材に『ぼくのおじさん』という作文を書くことにする。

月曜日に見た「永い言い訳」に比べたら、全くもって、のほほんとした映画でした。
9(水)に見た「深夜食堂」で、キムラ緑子さんと池松壮亮くんが親子を演じていてそれが良かった、と記していましたが、永い言い訳には池松壮亮くん、そしてこの映画には、キムラ緑子さんが(智子さんという主人公の義姉の実の姉役)でパワー全開で出ていました。 (今月は猫が我が家に来て以来、一番よく映画館へ通った月になる予感)

ニャムという名前の猫が出て来ますが、確かエンドロールで「たまお」という猫だったと記憶。白猫でしたが演技上手かった。(我が家の猫は「お手」すら出来ません。)主人公の松田龍平が遅く起きて来て食事をするシーンで、ニャムが食べている目指しを彼に横取りされるシーンとか、なんで猫が演技できるんだろう、って見入ってしまいました。
Tamaoe Tamaof
そして、ハワイ。

オアフ島のワイキキビーチのロケは、ヒルトンホテルで、昨年行ったホテルのすぐ近くだったし、ハワイ島のロケ(こちらの方が多かった)はコーヒー園(畑)を除くほとんどがなんだかすごく「懐かしい」ところばかりで嬉しくなりました。

食事もしっかりバッチリ食べてばかりいると疲れたり飽きたりして、軽食が食べたくなるように、映画も、重たいのを見た後は、こう行った「軽い」映画がいいです。
日々の生活が、重い(老々介護)母には、とても良い気分転換の映画でした。子役も上手かったし。

さて、ここのところ邦画だのシネマ歌舞伎だのばかりですから、次回は「ファンタビ(ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅)」だな!!!。エディ・レッドメインが主役で、「おっちょこちょいで人見知りの魔法使い」を演じます。楽しみ〜。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« 映画「永い言い訳」 | トップページ | 明治座11月公演「祇園の姉妹」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/64516570

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ぼくのおじさん」:

« 映画「永い言い訳」 | トップページ | 明治座11月公演「祇園の姉妹」 »