Instagramはこちら

  • Other Other: ID=nyonyakato
フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • rakuten
  • ブログムラ

« 宮谷理香 ピアノ・リサイタル | トップページ | 和食ランチで師走スタート »

2016年11月30日 (水)

映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

2016/11/29
P1020641
「ハリーポッター」のスピンオフ的作品。ハリーポッターシリーズよりも70年ほど前のアメリカ大陸を舞台にした、J.K.ローリングの魔法世界の新時代を描く作品。
P1020643
監督:デイビット・イエーツ
脚本:J.K.ローリング
CAST:エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストーン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、コリン・ファレル 他

あらすじ(シネマトゥデイより)
魔法動物学者のニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は。魔法動物の調査保護のためニューヨークを訪問する。ある日、彼の魔法のトランクが人間のものと取り違えられ、魔法動物たちが人間の世界に逃亡してしまう。街中がパニックに陥る中、ニュートはティナ(キャサリン・ウォーターストン)らと共に追跡を始めるが……。

Img_2360

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

(以下、ネタバレあり)

ハリーポッターは、第1作目の「ハリーポッターと賢者の石」を当時小学生だった息子の学年の子たちが読んで面白いと言い、それを親たちが読んで面白いと感じ、映画まで見に行った思い入れのある作品。その映画は原作を見事に反映したものでワクワクする映像と音楽でしたが、今日の映画の冒頭にも同じ音楽が…嬉し懐かしとはこのことですsign03
松竹のクーポンを持っていたため、丸の内ピカデリーまで出向いて3Dで見ましたが、立体映像楽しめました。この映画の売りは、タイトルにもある通り、The Beasts(魔法動物たち)なんですけど、動きや質感、表情、どれをとっても素晴らしい!!。

ただ、どうなんでしょう、この映画だけを見るなら構わないことかもしれませんが、主人公は最初から「魔法使い」です。ハリーポッターの時の「魔法学校の子供達が成長していくのを見守る楽しみ」はなく、そういう意味では、映画の冒頭の音楽に懐かしさを覚えても、あらら、という気分。
 舞台は、ニューヨーク。アメリカです。イギリスに比べてどうしてもハリウッド色を連想してしまうけれど、1920年代のNYは、禁酒法などによる「狂騒の20年代」とも言われ、この映画でも何やら怪しげな展開がある…と思わせて、実は主人公はそれに全く絡まない。主人公の目的とか、敵の設定がなんだかすごく曖昧で、予習していかなかった身には、話がとっちらかっていて、ローリングの脚本に難あり?とか思ってしまったのでした。

主人公のニュート・スキャマンダー役のエディ・レッドメインは、製作者たちが思い描いた唯一の俳優さんだったそうで、確かに適役です。(役柄として感動したのは「博士と彼女のセオリー」で演じたスティーブン・ホーキング博士の時の方が大きかったけれど)エディには真面目そうな好青年の空気感があるので、この映画の主人公(学者としての知性を持ち合わせながら、動物オタクのやや草食系、でも明るくて優しい)にはまさにぴったり。その上おっちょこちょいでどこか「抜けてる」のです(この性格を把握していないと、イラっとします。トランクに入っている魔法動物の管理の甘さから事件が始まるし、よく懐いているピケット(ボウトラックル)を取引に使ってしまったり
愛情あるのか!ってツッコミたくなる)

そんな彼がすでに不穏な気配のニューヨークで、トランク間違えられて騒ぎに巻き込まれます。結果、間違ったトランクの持ち主(人間)と魔女の姉妹との凸凹4人グループで、でも4人それぞれが普通に生活していたら「あり得ない」体験をしながらある意味成長していきます。(やっぱり成長物語かも)。

先月観た舞台「るつぼ」(アーサー・ミラー作品)は、1692年のセーラム魔女裁判を基に創作された劇でしたが、この映画にも「新セーレム救世軍」というアンチ魔法の盲信的な団体が出てきます。アーサー・ミラー作品はやや難解で不得意ですが、こちらは多数派(人間)による根強い偏見と差別で、魔法使いが抑圧されているという時代設定。なんだか、これって、イギリスのEU離脱や今月の大きな出来事であるトランプ大統領誕生、などの「排斥主義」が横行している今の時代の象徴みたいです(分かり易い)

個人的には、魔女の姉妹が非常に仲良しな反面、性格も生き方も対照的で、同じ「魔女」でもこんなに違う(みんな違ってみんないい!?)というところがツボでした。
私自身は、長女(姉)なので、映画の中の姉(ティナ=キャサリン・ウォーターストン)のような考え方や振る舞い方をすごく理解出来るのだけど、個人的には、パン屋さんが好きになる妹(仕事の野心ゼロ、実は働きたいとさえ思っていない、性格は自由奔放で、でも姉のためならどんなことでもする覚悟がある芯の強さを持つ)アリソン(クイニー・ゴールドスタイン)の方が愛らしくて好きだなあheart04

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

 

« 宮谷理香 ピアノ・リサイタル | トップページ | 和食ランチで師走スタート »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/64561242

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」:

« 宮谷理香 ピアノ・リサイタル | トップページ | 和食ランチで師走スタート »