Instagramはこちら

  • Other Other: ID=nyonyakato
フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • rakuten
  • ブログムラ

« シネマイレージで当たる!! | トップページ | 今日は猫の日(忍者の日?) »

2017年2月15日 (水)

映画「キセキーあの日のソビトー」

2017/02/15

Dsc_0453

監督:兼重淳
脚本:斉藤ひろし
音楽:GReeeen

出演:松坂桃李、菅田将暉、忽那汐里、平祐奈、横浜流星、成田凌、杉野遥亮
   早織、奥野瑛太、野間口徹、麻生祐未、小林薫

解説とあらすじ(シネマトゥデイより)

解説
異色の4人組音楽グループGReeeeNの代表曲「キセキ」誕生秘話を映画化した青春ドラマ。GReeeeNのプロデュースを手掛けてきたJINとその弟であるリーダーHIDEの青春期のエピソードを基に、兄弟が家族や仲間との衝突を経験しながら、音楽を志し突き進む姿を描く。JINとHIDEには、『ピース オブ ケイク』などで幾度も共演している松坂桃李と菅田将暉。『そして父になる』などの助監督を務めた兼重淳がメガホンを取り、脚本を『黄泉がえり』などの斉藤ひろしが担当する。

シネマトゥデイ (外部リンク)


あらすじ
厳格な父の反対を押し切って音楽の道に進んだジン(松坂桃李)だったが、なかなか思うようにいかない。あるとき、父の期待に応え歯科医を目指していた弟のヒデ(菅田将暉)と仲間に音楽の才能があることに気付き、彼らに自分の夢を託す。そして、歯科医を目指しつつ音楽も諦めたくないということを父に言い出せない兄弟は、顔を出さずにCDデビューしようと考える。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+(以下ネタバレあり)

予告編の頃から、「この映画見たいわあ」と思っていて、予定通りレディースデーに
鑑賞出来ました゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

目的はm菅田将暉くん。彼が歌うシーンを見て、聞いてみたくなったのです。
歌、上手goodgoodlovelyで、満足度が上がりました。

もともと菅田将暉くんは、昨年3月に「星ヶ丘ワンダーランド(中村倫也主演)」に複雑な義理の弟、として登場し、倫也君をボコボコにするシーンがあって、本気で暴力振るう顔つきが(演技としては上手なのです!)鬼の形相で、「ああ嫌なヤツ」と
印象悪く、それが、7月の「セトウツミ(菅田将暉&池松壮亮ダブル主演)」で一気に好きになり、テレビのCM「三太郎シリーズ(au)」の「鬼ちゃん」で好きレベルがグレードアップした、俳優さんです。(今、再放送の朝ドラ「ごちそうさん」に主人公の長男役で出ているので、「べっぴんさん」より楽しく見ている次第)

しかし、この映画の主役は、兄JIN役の松坂桃李くんでした。
冒頭シーンは、JINがボーカルでリーダー役のバンドのライブシーンから始まり、興奮のあまりに観客らとケンカして帰宅、厳格な父親(小林薫)に怒られる場面で、これが印象的です。勤務先では、立派なお医者様なのに、自宅では心の狭い頑固オヤジ。父親の前では、兄弟共に、緊張して正座して、会話もぎこちなくなるような親子関係です。激昂すると、床の間にある日本刀を鷲掴みにするような父親…を小林薫さんは演じてましたが、ん?これって数年前の朝ドラ「カーネーション」でヒロイン(尾野真千子)の父親役演じた小林薫さんとそっくりではないか!?。その上、その時の妻役が今回も一緒の麻生祐未さん。そういえば、野間口徹さんの役も、音楽プロデューサーで、やはり朝ドラ「あまちゃん」の岩手のローカルテレビ局のディレクター役となんとなく被ってるなあ、の雰囲気&喋り方。
 まあ、安心して見られる=菅田くんやストーリーに集中できる、というメリットと考えれば、上手い俳優さんは2時間見ていて大丈夫、飽きません。
 ストーリーは、サクセスストーリー、ではありましたが、兄の葛藤(父親との葛藤はもちろん、バンド仲間との軋轢、音楽プロデューサーとの人間関係等々)弟の大学受験(合格まで)、そして、映画の前半で「人物描写」がよく描かれていたためか、後半から終盤、結構ウルウルでした。GReeeeNの歌の歌詞や歌い方からは、私立歯科大学のボンボン学生が、出来心で歌って見たらヒットしちゃいました〜、というようなノリかと思っていたら、そんなことなく、兄弟それぞれもがき苦しみながら父の理解を得て今があるのでありました。大学の勉強とバンドの両立に、続けるか否かともがく弟、結局、努力して頑張り続けていまがあるのだ(ウルウルweep )、と知って聴くと、うん、一段といい曲だわ。

音楽に対して夢も想いも一番熱かった、長男のJINの気持ちの変化を演じる松坂桃李くんが秀逸。歯科大学に合格した次男HIDEが、大学の仲間と「趣味」で始めたバンドがうなぎ登りに人気が出て、メジャーデビューしヒットを飛ばす、という現実。

人間には、それぞれの人生に「与えられた役割」というものがある、と冷静に考えるようになり、もどかしい気持ちを抑えながら、弟の音楽バンドの「縁の下の力持ち」になっていくのです。

GReeeeNは、顔も名前も非公開の歯科医師(当時は歯科大生)ゆえ、本人たちのすぐ脇を通るファンも気づかず、言うまでもなく、兄弟の父親ももちろん知らない。
父親の担当患者(入院中の10代女子)がGReeeeNのファンで話題にして、音楽を父親(担当医)に聞かせる場面があるが、その時の小林薫さんの表情がとても良かった。世の中広いようで狭い、案外こんな感じの出来事って、他にもあるかもしれませんね。

Dsc_0454
水曜レディースデーだけあって、若い女性、あまり若くない女性、と女性がほとんどでした。親子連れ(母と娘)が何組か、母と娘で同じ俳優さん好きなのかな?、あ、それともGReeeeN好きなのかな?
それにしても、歌、上手かったな〜〜。井上陽水さんも、実家歯科医院で、歯医者さんを目指していたそうで、歯科医師になっていたら、歌の上手な歯医者さんのパイオニアだったかもね。でも、あの声で「今から削ります、痛かったら左手を挙げてくださいね〜〜」とか言われたら多くの患者さんは戸惑うと思う(笑)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« シネマイレージで当たる!! | トップページ | 今日は猫の日(忍者の日?) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

安心して下さい。ざぁーっと、流し&拾い読みしました。
いっぱいいろいろ観たり食べたり出掛けたりの充実した毎日と、大量の文章をすらすら書ききる能力に、ただただ、びっくり&尊敬!
私の10倍以上(いやもっとかも)の人生濃度です。たぶん生まれつきヒトパワーレベルが違うのだなあと思いました。人と猫くらい違うかもね。大病されたことも霞んでしまうほど、元気に暮らしていらっしゃる。また時々のぞきにきますね😉

おはようございます😃
ありがとうございました😊そして、大変お疲れさまでした
(訳わからない文面も多々あったかと予想)
家族は私のブログ読みません(−_−;)
(長男は大阪に行ってから多少は見るようですが)
「ほら、私の人生って、いいでしょう、って自慢している感じ」
が、匂ってくるそうです💦💦。
まあ、乳がんしてもこんなに元気だよ〜、
って言いたかったというのもありましたが、
今は、インスタグラムに的確な短めのコメント
する方々のほうが、お洒落でカッコイイなあ〜って憧れてます。
ぴーすけくん家は、お家そのものが、とってもオシャレ💗で、
それを築いたご夫婦は、生活スタイルそのものが
魅力的なんだと思ってます。
猫をきっかけにインスタグラムに出会い、
多分犬のお散歩より濃い、視覚的楽しみを味わってます。
息子様が本帰国され、東京に基地が出来たら、
観劇回数が増えますように❗️
そのうち、劇場でお目にかかれると楽しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/64897548

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「キセキーあの日のソビトー」:

» 『キセキ あの日のソビト』 [京の昼寝~♪]
□作品オフィシャルサイト 「キセキ あの日のソビト」□監督 兼重 淳□脚本 斉藤ひろし□キャスト 松坂桃李、菅田将暉、忽那汐里、平 祐奈、横浜流星 ■鑑賞日 2月5日(日)■劇 場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5) <感想>なるほどGReeeeN...... [続きを読む]

« シネマイレージで当たる!! | トップページ | 今日は猫の日(忍者の日?) »