« 重なったちょっと嬉しい我が家の祝い事 | トップページ | 映画「SING」 »

2017年3月28日 (火)

読書「旅猫リポート」有川浩

2017/03/25

Img_3195

インスタグラムでフォローしあっている「猫の飼い主さん」仲間のお勧め本。
著者が有川浩なら間違いない、と思い文庫本を購入。出かける際は持ち歩き、最後は自宅で、読み終える。(隣室で調律師さんが仕事中、五郎丸はキャットタワーの上で昼寝、私は涙を拭きふき読み終える、という展開)

文庫本のカバー紙、後ろ側にある「本の解説」

野良猫のナナは、瀕死の自分を助けてくれたサトルと暮らし始めた。
それから五年が経ち、ある事情からサトルはナナを手離すことに。
「僕の猫をもらってくれませんか?」一人と一匹は銀色のワゴンで『最後の旅』
に出る。 懐かしい人々や美しい風景に出会ううちに明かされる、サトルの秘密とは。 永遠の絆を描くロードノベル。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ロードノベル、というジャンルの本、
ちゃんと定義があるのですね。意識して読んだの初めてです。

ロードノベル(road novel)=主人公が旅をしていく、その先々で起きる
出来事を描く小説。

意識せずに読んだ過去のロードノベルの最たるものは「母を訪ねて三千里」かな?。
タイトルに「リポート」」という言葉を使用しているだけのことはあり、ストーリーは、猫(ナナ)の視点、サトル(ナナの飼い主)の視点、その時々の友人や保護者の視点で描かれている。有川浩さんの小説の特徴?として、おおよそ先の展開や結果(ハッピーエンドとか)が読めるようなストーリー展開なのは予想がつけやすく、その点安心して(ハラハラを楽しんで)読み終えることが出来るケースが多い。が本作は、有川浩さん、展開の後半〜終盤に向けて「これって、泣かせに来てる」とわかっちゃう書き方でした。「えsweat01 、やっぱり」などとこちらもわかっちゃいるけれど、泣けますsweat02。両目から涙が溢れ出て、鼻水でグジュグジュになり、とやられっぱなしでした(外出中でなく自宅で読んでてよかった〜smile

読みかけで知った情報ですが、この話、映画化されるそうです。
主演は福士蒼汰くん、わお、ぴったりかも。
「旅猫リポート」映画公式サイトありました。

それにしても、有川浩さんの作品って、映画化、テレビドラマ化率高いな〜。
今回の話は、賢い猫が出て来ます。どんな「タレント猫」ちゃんが演技するのか、今から楽しみsign03 (スタジオで長時間の撮影に耐えるだけでも、「猫」を脱していると思うのに、まして「演技」するなんて、凄過ぎる!!!と自分で猫を飼ってつくづく思うこの頃)

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« 重なったちょっと嬉しい我が家の祝い事 | トップページ | 映画「SING」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/65065666

この記事へのトラックバック一覧です: 読書「旅猫リポート」有川浩:

« 重なったちょっと嬉しい我が家の祝い事 | トップページ | 映画「SING」 »