« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月の4件の記事

2017年5月30日 (火)

ミュージカル「レ・ミゼラブル」帝国劇場

2017/05/27
P1030100 P1030098
19世紀のフランスを舞台に、交錯する人々の運命。見る者の心を鷲掴みにし、熱く震わせる無償の愛。
ミュージカル「レ・ミゼラブル」が、今年日本初演から30周年を迎えました。
 チケット救済サイト、で以前からお世話になっている「オケピ」の貸切公演。
今回は、テナルディエ役で橋本じゅんさんが出演する、ということで、行きたがっていたムスコその2、の誕生日祝い、という名目で応募し、当選したもの。

P1030105
主な配役は、
・ジャン・バルジャン=ヤン・ジュンモ
・ジャベール=吉原光夫
・ファンテーヌ=和音美桜
・エポニーヌ=唯月ふうか
・マリウス=海宝直人
・コゼット=生田絵梨花
・アンジョルラス=上山竜治
・デナルティエ=橋本じゅん
・マダムデナルティエ=鈴木ほのか

原作は19世紀、フランスの文豪ビクトル・ユゴーが発表した大河小説。
19年にわたる監獄での生活から仮釈放されたジャン・バルジャンは、寛大な司教と接して改心する。実業家としても成功し、市長に就任したバルジャンは、死の床にあった売春婦(元女工)のファンテーヌから娘のコゼットを引き取り育てるが、警部ジャベールの追っ手が迫る。やがてパリでは社会の変革を目指し、学生たちが革命に立ち上がる。学生の一人マリウスは、コゼットと恋に落ちるが、パリは暴動の渦に巻き込まれる。(岩波文庫4冊分のボリュームを持つ壮大な物語)

今回の主役はヤン・ジュンモ氏。韓国の方が主演するのだからきっといかにもジャン・バルジャンらしい人に違いない、と思っていたらその通り。輝かしい経歴、本格的な歌のプロ、で、歌のセリフには、韓国の方特有の「言いずらそうな日本語(音)」が感じられず、カーテンコールでマイクを持って挨拶するときに初めて、「あ、この人在日(日本で生まれ育つ=日本語ペラペラ)じゃあないんだ!」と気づいた次第。バルジャン、神父の導きによって改心するのですが、そのビフォーアフターが「姿・顔つき・歌い方」違うのが2階席(B列中央)から見てもわかる!(若い頃と晩年の使い分けも上手)
そしてたくましい身体つきは、原作にある人となりを表現するエピソード=馬車の下敷きになった通行人を、身を呈して助け出す、は、まさにピッタリな主役でした。

約10年ほど前に観に行った時は、ジャベールを演じる岡幸二郎さん、がカッコいいsign01の一言で、「ジャベールの苦悩」などにも心揺さぶられた記憶が残ってますが、今回のジャベール(吉原光夫さん)は威圧感のある、殺気を感じるほどの人。カーテンコールで、「自分も劇団持っているので、オケピさんには感謝してます〜」という発言してました。
帰宅後調べたら、なんとファンテーヌ役の和音美桜さんが奥様なのですねー。
38歳とまだお若いのに、ジャン・バルジャンもジャベールもこなせるスーパー役者さん(今回のキャストにも、どちらでもエントリーされてます。すごいです)

お目当のデナルティエ。橋本じゅんさん、ノリ良く演じていました。歌上手いしup
面白発言もチラホラあって、楽しい〜。ムスコは初帝劇、初ミュージカル、初スタンディングオベーション、という「初」のトリプル体験でしたが、喜んでいた様子scissors


P1030107 P1030106
30年を記念して、今まで出演した役者さんの顔写真を集めて作った
モザイク画のレミゼラブル!!!何気に凄いですsign03

30年という年月は、本当に長く、開始年に生まれたムスコその1(長男)は、
今年三十路ですsweat01(当時20代の私も50代、ギョギョギョsweat02


全キャストをオーディションで選び、俳優たちがスターへの足がかりを掴む、というのもこの演目の特徴だそうで、子役時代の高橋一生、山本耕史、新妻聖子、山崎育三郎など、ここから飛躍し、今日に至っているようです。



2017年5月29日 (月)

オタフクソース(株)お好み焼き教室

2017/05/25

地下鉄東西線「木場」駅から徒歩数分。オタフクソース(株)東京本部が主催する
「フライパンで作る!お好み焼き&カクたこ教室」に参加してきました。(6人で)
Img_3801

フライパンでカリっふわっお好み焼きと、四角いたこ焼き「カクたこ」
教室定員24人。講師2人。11時〜13時。中学生以上。参加費用¥700(←お土産付きです。こんなに安くていいのかしら?と思える価格)
Img_3800
本部1Fは、展示ルーム兼売店です。粉もん、楽しい〜note
カリッふわっのポイントは、①粉を水に溶いたら混ぜすぎないこと

             ②一回ぶんづつを適量サイズのボウルで作り
              焼く直前に大きなスプーンでフワっっと混ぜること
でした。
Img_3804
カクたこ…なんのことはない、厚焼き卵を作る四角いフライパン使用。
なんと、こんなに上手く出来るのね〜と嬉しくなるhappy01

インストラクターさんから教わり、各自の調理台は戻り、さあ、開始sign01
P1030085 P1030088
この調理実習スタイル、気の合う同士で参加すると想像以上に楽しいです。
P1030094 P1030097
カクたこは、刻みネギと紅生姜をタップリ入れるのがポイント。
焼き上がりの切断面も美しい(自己満足)

Img_3805
作って食べて、美味しくて満足〜〜幹事さん(彼女はもう数回受講済み、広島焼き、も体験済みだそうです。今回のは大阪風ですね)ありがとうございました。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」

2017/05/24

ママ友映画の会、で「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を観る。
P1030031                             映画館のロビーで撮影📷
2017年アカデミー賞
主演男優賞、を ケイシー・アフレック が、
脚本賞を、ケネス・ロナーガン  が取った作品。

監督&脚本:ケネス・ロナーガン
プロデューサー:マット・デイモン

出演:ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー
         ルーカス・ヘッジズ

あらすじと解説(シネマトゥデイより)

解説

マット・デイモンがプロデューサー、ケイシー・アフレックが主演を務め、数々の映画賞を席巻した人間ドラマ。ボストン郊外で暮らす便利屋が兄が亡くなったのを機に帰郷し、16歳のおいの世話をしつつ自身が抱える過去のトラウマと向き合う姿が描かれる。メガホンを取るのは、『ギャング・オブ・ニューヨーク』などの脚本を担当してきたケネス・ロナーガン。共演には『ブルーバレンタイン』などのミシェル・ウィリアムズ、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などのカイル・チャンドラーらが名を連ねる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

ボストン郊外で便利屋をしている孤独な男リー(ケイシー・アフレック)は、兄ジョー(カイル・チャンドラー)の急死をきっかけに故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってくる。兄の死を悲しむ暇もなく、遺言で16歳になるおいのパトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人を引き受けた彼は、おいの面倒を見るため故郷の町に留まるうちに、自身が心を閉ざすことになった過去の悲劇と向き合うことになり……。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚
Yahoo映画のユーザーレビュー欄に、「村上春樹が翻訳した出来のいい海外短編を読んだ後のようだ」というのがあったけれど、設定は重く哀しいですが、そうそう、そうかもしれなあ〜と思えるような作品。(映画自体は、137分、と長いです)。

映画を観たのが24(水)で、この前日23日(現地時間では22日)、イギリスのコンサート会場で爆発、というニュースが流れました。場所はマンチェスター(マンチェスター・アリーナで自爆テロと見られる爆発物事件。死者22名)。このニュースを見ながら、明日見る映画の舞台ってイギリス???と思い、珍しく予習して場所を確認。
なんと、マンチェスター・バイ・ザ・シー、という町は、アメリカ、マサチューセッツ州にありました。現地ロケが、なんとも寒そうです。主人公の甥(高校生のパトリック)は、部活動でアイスホッケーしています。

主人公リー(ケイシー・アフレック)は、アメリカ・ボストン郊外で便利屋として働く一般的な労働者。やや厭世的ですが、まあ、こういうオジサン、いるよなあ、です。二度と戻ることはない、思っていた故郷(マンチェスター・バイ・ザ・シー)。
実兄の遺言で甥の後見人となり戻らざるを得なくなる。父親を失ったパトリックよりもリーの方が、一歩を踏み出すには重症だなあ、と思う理由(過去の出来事)にあまりにも胸が痛む。

本作のプロデュースを手掛けたマット・デイモンは、当初、監督兼主演も務める予定だったが、スケジュールの都合により監督をロナーガンに、主演をアフレックに委ねた。その結果、「力ある役者と脚本、そしてケネスの演出によって、この映画は忘れられないものとなった」とデイモン。

アカデミー賞授賞式では、壇上からアフレックが「チャンスを与えてくれてありがとう」とデイモンへ心から感謝を語り、また、監督として「アルゴ」で作品賞を受賞した兄、ベン・アフレックと共に、兄弟でオスカーを受賞したことも話題になった。

個人的な感想ですが、今春、次男(ムスコその2)が大学卒業、就職&自立で家を出ることになり、送り出す母の立場から、「次男、がんばれーsign03」という思いがありました。ベンの弟。ケイシー・アフレック、「これでダメならもう辞めようかと思った」そうで、お兄さんのプレッシャー?!にも打ち勝って、おめでとうさんです。

兄弟、というだけでもライバルになり得るのに、まして「同じ業界、同じ職業」
これでは、弟に「ライバル視するな」という方が嘘っぽい。

私自身は、弟が一人、という兄弟なので、ライバル視、というのは少なくとも私には皆無でありました。(卒業した小学校も違えば、女子校、男子校に進んで文系理系も違い…逆に言えば共通点が無いねえ笑)でも、ムスコたちは、同じ高校に通わせているし、文系同士だし、顔もなんとなく似ているし…共通点多いですね。
みんな違ってみんないい、とは、もう軌道修正が効かなくなってから結果オーライscissors
で言えることなのかもしれません。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

 閑話休題:今回の上映館は、恵比寿ガーデンプレイス内にある
「YEBISU GARDEN CINEMA」 でした。こじんまりとしながら素敵な映画館(そもそも恵比寿ガーデンプレイスにある、というだけでワンダフォーlovely

10:40amからの上映で、映画館前で待ち合わせしたところ、友人たちは同じプレイス敷地内にある「俺のベーカリー」に並んで、話題のパンをゲットしてくれましたsign03
P1030036


マスカルポーネチーズとハチミツのパン。お値段なんと¥900
厳選された材料で作られているようです。すごっsmile

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2017年5月14日 (日)

気がつけば、もう母の日(;´д`)…

2017/05/14

 更新を先延ばしにしているうちに、4月が過ぎ去り、気がつけば連休突入。
そして、連休明けには、立て直そう(ブログ更新も)と思いながら何故か次の用事が出来る、というような生活で、気がつけば母の日sweat01(明日から5月も後半に突入だ)
 銀行の預金通帳の記帳を一括にまとめて印字するように、ここで一気に写真を貼り付けて「追いついた」ことにしちゃおう〜smile

P1030529 Img_3494

友人から新鮮なタケノコが届きました。

P1030568 P1030575
マイカーに自転車2台積み込んで、国営武蔵丘陵森林公演(埼玉県)まで出かける(オットに付き合う家族サービスcoldsweats01
満開の花畑が見られました。上の写真は「ポピー」

P1030551 P1030542
こちらは、ルピナス

P1030565 P1030555
そして、一度は見てみたかった「ネモフィラ」(ひたち海浜公園が有名)

Img_3648
猫も、春は眠いらしく、寝ている写真が多かった(笑)

Img_3672 Img_3685
母の日、月並みですが、お花貰うのが一番嬉しいかもhappy01heart04
五郎丸には、配送に使われた「箱」を進呈
present
実は当方、この春、思い切って新しいことに挑戦し始め、連休もなんだかんだ毎日出かけることになり、今頃になって、ちょっと疲れてきました(ため息)。
それが何かは、1年後、資格が無事に取れたらカミングアウトということにしておこう(今の状況は、亀の歩みのノロさsweat01 で、そもそも1年で終わるのかさえ見通し立たずcrying)。というわけで、明日からまたバタバタ暮らして行くかちゃまたであります。
(A;´・ω・)アセアセ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »