« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月の5件の記事

2017年6月28日 (水)

どのように育ったんだろうなあ、藤井くんて

2017/06/28

プロ棋士四段の藤井聡太くんの連勝記録が、新記録を樹立したニュースが連日報道されている。

P1030144          写真は、ネットのニュースからパソコン画面を
          デジカメで撮ったもの(時事通信ニュース)

なんて、すごいこと!!と将棋界の人たちも口々に言っているのだから、もう本当に凄いのだ、と凄さのレベルを半分ぐらいしか理解できないながらスゴイと思う私。

プロデビュー直後からの連勝記録というのも素晴らしいが、何と言っても彼は今中学3年生(14歳)なのだ。 実はムスコその2、この年齢の頃、将棋会館の将棋教室生でした。(なので、初回は、千駄ヶ谷の将棋会館まで付き添いで行ったりしていた:将棋会館見学は一通りさせてもらいましたが、和室も含め想像していたよりもコンパクト)
中学で将棋部に入り、少し強くなりたくて通った将棋教室でしたが、学校でも将棋教室でも、なんだかパッとしないまま将棋、幽霊部員になって消滅…。この時、ああ、もっと早く、この子に将棋を教えるべきだった、と、とても後悔した思い出が。(その後息子はゲーム好きにはなりcoldsweats01、将棋よりもチェス好きになっている模様)

14歳の息子さんを持つ、聡太くんのお母様、どんな風に育てたのだろう。
もともと、天才の気質があったのだとは思うけれど、彼の言動やキャラクター見ていると、14歳なのだということが信じられなくなる。(反抗期、などやってる時間があったら、将棋が強くなるために使いたい、という感じなのでしょうか? )連勝してマスコミに騒がれていても「連勝というのはいつか止まるもの」と淡々と言い切るし、何より、言葉使いが大人です(内容も)。

世の中、わーっと「将棋」ブームになりそうな勢いですが、これはいいこと。チビッコ世代だけでなく、これから老後を迎える中高年も頭のトレーニングに、将棋などの対戦型「盤」ゲーム、いいねscissorsであります。
私の夢は、おばあちゃんになっても、ITを使いこなし車を運転し、ゲーム(囲碁か将棋、チェスか麻雀、またはビリヤード)を楽しめる体力気力とボケない頭(もう少しボケてますけどsmile)を持つことです。


2017年6月23日 (金)

シネマ歌舞伎「東海道中膝栗毛:やじきた」

2017/06/20

昨年8月の納涼歌舞伎、第二部の「東海道中膝栗毛」がシネマ歌舞伎になりました。

(v^ー゜)ヤッタネ!!
P1030130 P1030127

今日は、シネマ歌舞伎と4月にオープンした「GINZA 6」を目的に3人で銀座行き〜o(*^▽^*)o 
P1030132原作:十返舎一九
監督:浜本正機
出演:市川染五郎(弥次郎兵衛)、市川猿之助(喜多八)、中村獅童(劇場支配人出飛人)、市川右團次(盗賊白井髭左衛門)、市川笑也(天照大神)、中村壱太郎(十六夜)、坂東新悟(茶屋女&女盗賊)、松本金太郎(若君 梵太郎)、市川團子(伴侍 政之助)、市川弘太郎(読売屋 文春)、市川猿弥(劇中劇:歌舞伎役者)、片岡亀蔵(闇金利太郎)、市川門之助(アラブの石油王 アラビアータ)、市川笑三郎(石油王夫人)、市川春猿(女札親師)、坂東竹三郎(大家の女房お米)

解説とあらすじ(シネマトゥデイより)

2016年の八月納涼歌舞伎として歌舞伎座で上演され、市川染五郎と市川猿之助が弥次喜多にふんした舞台を映像化した、シネマ歌舞伎シリーズ第27弾。お伊勢参りに行くはずの弥次郎兵衛と喜多八がなぜか2人の子供と合流、ラスベガスにたどり着いたり、怪奇現象に遭遇したりといった珍道中を繰り広げる。市川右近、市川笑也、松本金太郎、市川團子らが共演。古典を大胆に翻案したストーリー、宙乗りや本水の立ち回りといった派手な演出などが楽しめる。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

借金取りに追われる弥次郎兵衛(市川染五郎)と喜多八(市川猿之助)は、たまたま大金を手にしたことからお伊勢参りに行くことにする。一方、信夫の領主・梵太郎(松本金太郎)は家督を守り、母の病気の回復を願って、お供の政之助(市川團子)と一緒に伊勢神宮へ向かう。そんな彼らが東海道で出会い、同行することに。その後一行は、なぜかラスベガスにたどり着き、さらには怪奇現象や盗賊らに遭遇し……

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
sun梅雨の晴れ間に銀座に行けてラッキーですhappy01
シネマ歌舞伎、上映時間は90分でしたが、もともと納涼歌舞伎が3部制で上演時間が短いのと、編集が映像(CGとか海とか)使ってストーリー展開を自然に仕上げていたので、私が「見たいぞ」と思った場面が全部入っていて満足ですsign03
弥次郎兵衛(染五郎)と喜多八(猿之助)、そして子供達(金太郎くんと団子くん)好演です、あとデービット(出飛人)役の中村獅童さん、面白〜い。
smile
獅童さん、手術無事終わったそうで、充分に加療&静養取って、一日も早く元の生活に元気に戻って来られますようお祈りしています。

ギンザ6、は屋上がGOODscissors  ゆったりしたベンチもあり、飲食可能で、お弁当食べているオバチャマ方もいましたし、子連れで水遊び出来るスペース(しかも傾斜がついてちょっとお洒落)もあるのでした。ま、これも好天に恵まれたから一周出来たのですね。スカイツリーも東京タワーも見られます(夜景も楽しいかもnote
P1030138 P1030125


帰り道、歌舞伎座の前(晴海通り)で、「マリオカート」のような乗り物に乗った集団を見ました。運転手は皆、外国人に見えるeye。信号待ちで止まっていたので、写真をバシバシ撮ってレイアウトアプリで4枚一緒にしちゃってこんな感じ(笑)。

Img_4005


なんか、ギンザ、って面白楽しいな
wink。 

大人になってから大好きな街になりました。

2017年6月20日 (火)

映画「花戦さ」

2017/06/14
P1030117
 今月は、3ヶ月に一度の検診の月。水曜レディースデーを使って、予告編でとても興味が湧いた「花戦さ」を見る。

 病院は本日は検査だけなので、サッサと済ませて(それでも採血の待ち時間は受付票の予想待ち時間印字が50分でしたsweat01・・・実際には35分ぐらいでしたけどhappy01

原作:鬼塚忠
監督:篠原哲雄
脚本:森下佳子
音楽:久石譲
上映時間:127分

出演:野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市、高橋克実、
   山内圭哉、和田正人、森川葵、吉田栄作、竹下景子

解説とあらすじ(シネマトゥデイより)

小説家の鬼塚忠による著書を基に、戦国の世の日本で豊臣秀吉と華道家元・初代池坊専好の伝説に着想を得た物語が描かれる時代劇。天下人となった秀吉に対して刃ではなく花で戦いを挑む専好の姿を描く。専好を狂言師で『のぼうの城』などの野村萬斎が演じるほか、歌舞伎俳優の市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市らが出演。監督は『起終点駅 ターミナル』『小川の辺』などの篠原哲雄。歴史上の人物にふんする日本を代表する俳優陣の競演に注目。

戦国時代の京都。花を生けることで世の平穏を祈る「池坊」と呼ばれる僧侶の中でも、専好(野村萬斎)は名手とうたわれていた。そのころ、織田信長(中井貴一)亡きあと天下を手中に収めた豊臣秀吉(市川猿之助)の圧政が人々を苦しめ、専好の友であった千利休(佐藤浩市)が自害に追い込まれる。専好は秀吉に対して、力ではなく花の美しさで戦おうと立ち上がる。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

予告編で出演者が、素晴らしい、と思い、さらに映画のサイトで知った「音楽担当=久石譲」「脚本担当=森下佳子」というこれまた凄い2人(森下佳子さんは、ただいま放映中のNHK大河ドラマ「直虎」の脚本家)期待しちゃいますね〜

主役の野村萬斎さん、坊主刈り頭がよく似合う。このヘアスタイルでもって、表情が豊か。設定されているキャラクターが「明るい」ということもあり、文字通り「輝く」ばかりの存在感と表情。今まで見た彼の姿で最も印象が良いのでありました。
 同じく、期待していなかった分、「あら、以外に適役」と思ったのが、中井貴一さんの信長役。今年の大河ドラマでは、市川海老蔵さんが信長役ですけれど、彼よりもずっと「「冷たい」オーラが出ていました。ここ数年は、コメディや情報バラエティ番組(ex.「サラメシ」by NHK)の絶妙なナレーション等、での、明るく楽しいイメージが強いだけに、さっすが役者あっぱれ〜でもありました。

 利休役の佐藤浩市さん、メイク?髪型?雰囲気?何かどこかが、時代錯誤に見えて仕方なく、脚本もダメなのかな、「私は陰が薄い人間なので…」というセリフ(主役の専好(萬斎)との会話)に、劇場内のオバサマ族が一斉にどっと笑う、という展開つきでした。

 お目当の四代目(猿之助さん)、ヴェニスの商人のシャイロック役でこの人の「老人役」の上手いことは判っていたし、安心して見られましたが、うーん、外見が「秀吉=猿」のイメージとちと違う
sweat01 しかも今、BSプレミアムで再放送中の大河ドラマ「風林火山」(四台目が市川亀治郎の頃にこのドラマで武田信玄を演じてました)を見ているためか、どうも、武田信玄に見えて仕方なく、すーっと安土桃山時代には入れないままでありました。

 「花戦さ」の原作「花いくさ」は読んだことありませんが、内容的に映画と同じ?なのでしょうか?。「秀吉と利休」に「花道版のスピンオフ」がくっついた感じで
ストーリー展開的に面白さ(ワクワク感)がほとんどありません。でも「戦さ」なんだから、だから最後はきっと…と期待した分、ちょっとガッカリ。最後の最後に秀吉を「あっ」と言わせたのは、「生け花」というより「猿の絵」、では?と思える話なのでした。脇役の演技(特に高橋克実さん、和田正人さん)など、粒揃いで役者さん的には、かなり良質の映画だっただけに、ストーリーが楽しめず、ちょっと残念でした。

 最後の場面(専好役の萬斎さんと、蓮役の森川葵さんが河原で会話する場面)は不要だと思うのです。「これって二人とも「死んでいる」という設定のファンタジーでしょうか?」というような感想(Yahoo映画)がありましたが、変なタイミングでCG使うので、確かに紛らわしいと思います。音楽は、申し分なし!!。


映像は「池坊」が関わっているだけあって「花」は全て美しかったです(アートフラワーでバレバレのものもあったけれど、季節的、撮影的に無理な花もあるものね)
P1030119 P1030120
帰り道、乗り換え駅のホームから見えた、線路脇の紫陽花、及び自宅近所の紫陽花の写真も貼り付けしておきます。

Dsc_0553

2017年6月11日 (日)

満月と猫

2017/06/09
Img_3863
久々にブログ更新したこの日の夜は、満月でした。

ストロベリームーンという愛称で呼ばれる6月の満月。実は、今年は今日の満月が1年で一番小さく見える満月なのだそうです。(スーパームーンの逆)
そもそも何故、月の大きさが変わるんだ??とあまり深く考えたこともなかったけれど、地上から見ていて、月の位置が高い、とか低い、でそうなるわけで…で何で?と調べたら、月の軌道が、楕円形だからだそうです。(ついでにストロベリームーン、も調べたら、アメリカでイチゴの収穫の季節の満月だからだそうsweat01sweat01そういうわけなら、赤っぽい月が見えなくても納得です)

近頃、iPad や、コンデジでばかり写真を撮っていたため、LUMIX GF7(マイクロフォーサーズのカメラ)の使い方をどーっと忘れてしまっているのでしたweep
マニュアルモードなどその最たるもので、シャッタースピードとISO感度を変えるだけでも四苦八苦、まるで他人のカメラみたいですwobbly

ベランダで月を撮影中、五郎丸もベランダにいましたが、月と猫、なんて構図では写真が撮れませんsweat01。そもそも猫は月を見上げないsign03、視力も悪そうsweat02
ということで、月だけでは殺風景なので、先月行った「猫カフェ(吉祥寺:キャリコ)」で出会ったニャンたちを、レイアウトアプリで付けました。

そして、残りは、ここ一ヶ月ほどの五郎丸の写真。

P1030038 Img_3738

Img_3830 Img_3724
「うちの子記念日」以降、「美味を求める成猫用」なる餌(カリカリ)を食べさせていたら、ここ1ヶ月で、300グラムも増えました〜(5.4キロになっている〜ギョギョッsad)そのカリカリも食べきったので、再び、去勢した猫用フードに戻ります。
久しぶりに元の餌を食べたら、それなりに美味しかったようで、グルグル言いながら食べてます(笑)。

Img_3873
湿度と気温が上がり、毛皮族には辛い季節到来だね。


 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2017年6月 9日 (金)

関西限定品

2017/06/09

今月になって一度も更新しないうちに、例年通りに「梅雨入り」しました関東地方。
そして、今夜は月齢=満月fullmoonです。夜の天気はどうだろう?

先週末に、大阪からムスコその1が、仕事でこちらへ。
その際の「お土産」が、なんと、関西限定販売だという「ぽん酢しょうゆ」

Img_3833
商品名は「旭 ぶっかけポンズ」
関西らしく、商品名の上に「食べてびっくり、かけてさっぱり」などと
宣伝文句が入ってます。果たして、びっくりするかな〜?smile

写真からは全く判りませんが、ラベルの脇部分に、「開栓方法」が詳しく記してあるので、え、なんでsign02 とよく読んだら、こちらの商品には「王冠」が使われているとのこと。(*本製品の開封には栓抜きが必要です)デターsign01sign01栓抜き必要商品bleah

ラベルには、○○に合いますよ、ということで、主に夏に食べたくなる食材やメニューが並んでもいました。

うどん・そうめん、冷し中華、和風パスタ、冷奴、サラダ、冷しゃぶ

うんうん、蒸し暑い夏に美味しいものばかり!  いただきます(◎´∀`)ノ



にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »