« 上野さんぽ(名建築と文化の森):クラブツーリズム | トップページ | 術後5年検診 »

2017年9月15日 (金)

映画「関ヶ原」

2017/09/13
P1030271
検診日と水曜レディースデーが重なり、診察予約前に映画観賞。
「関ヶ原」
・原作: 司馬遼太郎
・監督・脚本: 原田眞人
キャスト:岡田准一(石田三成)、役所広司(国川家康)、平岳大(島左近)、有村架純(初芽)、東出昌大(小早川秀秋)、北村有起哉(井伊直政)、伊藤歩(蛇白/阿茶)、中島しゅう(赤耳)、和田正人(黒田長政)、キムラ緑子(北政所)、滝藤賢一(豊臣秀吉)、大場泰正(大谷刑部)、中越典子(花野)、壇蜜(妙善)、西岡徳馬(前田利家)、松山ケンイチ(直江兼続)ほか

解説とあらすじ(シネマトゥデーより)

あらすじ:豊臣秀吉の死後、豊臣家への忠義を貫く石田三成(岡田准一)は、天下取りの野望に燃える徳川家康(役所広司)と対立を深めていく。そして1600年10月21日、長きにわたった戦国時代に終止符を打った歴史的合戦「関ヶ原の戦い」は、早々に決着がついた。有利と思われた三成率いる西軍は、なぜ家康率いる東軍に敗れたのか……?

解説:
小説家・司馬遼太郎の著書を、『日本のいちばん長い日』などの原田眞人監督が映画化。豊臣秀吉亡き後の天下をめぐり、徳川家康を総大将とする東軍と、石田三成率いる西軍が激突した「関ヶ原の戦い」を描く。これまで描かれてきた人物像ではない三成を岡田准一、策略を駆使し三成を追い詰めていく家康を役所広司、三成への恋心を胸に彼を支え続ける忍びを有村架純が演じる。日本の戦国時代における重要な合戦が、どのような切り口で映し出されるのか注目。


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

 公開前から見ることを決めていた映画だったため、ある程度予習していったので良かったが、一部「関ヶ原」でのセリフ(方言、特に薩摩言葉)が(プロの指導?で)実に分かりづらかった。(実際に九州の言葉、明治生まれの祖母の九州弁は子供の頃の私には難解だったsweat01)方言での早口会話、聞き取りづらく、戦場場面を迫力出すために同時多発的な場面?を続けざまに出したために、見ている側が「置いていかれる」感があり、確認のためにパンフレットを買いました。

 原田監督の作品は、クライマーズ・ハイ(2008年:堤真一主演)から見ていますが、今回は、彼が25年前に映画化を構想していたものだそうで、司馬遼太郎原作ということもあり、気合が入って(入りすぎて?)いました。

 主演に、岡田准一、彼を支える脇役に平岳大と有村架純、敵役に役所広司、と豪華キャストでありました。岡田くんは、(憑依?というか、なりきり型の役者さんなので)いつもながらに素晴らしく、乗馬も殺陣も何もかも見事にこなして申し分なし。
脇役の平岳大さんは、お父様が亡くなられてから、一段と成長してさらにお父さん(平幹二朗)にソックリsign01になってきました。また、敵役の役所広司さんも主役に負けない迫真の演技で、家康の本当の姿、ってこんな感じかも、と妙に納得する私。
有村架純さんの「忍び」の役、今回の中では架空の人物で、まあ、なくてもよかったかな?(まして石田三成と心を通い合わせる設定は不必要かも、と思いました)。庶民の目線で、「関ヶ原の戦い」を見せたかったのかもしれませんが、それはちょっと無理、な時代の話です。

役所広司さんと同じ、無名塾出身の滝藤賢一さんも、秀吉を熱演、どことなくサルっぽいし、晩年の、感情がキレやすい認知症気味?の姿をよく演じていました。(無名塾さすが!!)

小早川秀秋役の東出昌大くんは、「苦悩に満ちた」役だったので、ずーっと「苦悩顔」で好演してた。我が家から2分ほどのところにお住まいなので、本人を「見たこと」ありますが、普段の顔は、もっとずっと爽やかで(顔小さいで)す。

パンフレットを買った理由の一つに、阿茶(白蛇)役の女優さんが誰だか判らなかったことで、私的には木南晴夏さんに見えてましたが、なんだか違う?その上、馬の乗りこなしもカッコよくて、忍びの者らしい体のキレも素晴らしい(その点、有村架純ちゃんはまだまだっぽいね)。で、どなただったのかというと伊藤歩さんでした。この人が出ている映画は、あいにく見たことありませんでした。

私は原作未読ですが、パンフの中で、ロバートキャンベル氏と原田監督の対談記事を読むと、原作にきっちりとオマージュを捧げているそうで、多種多彩な登場人物を最終章の「関ヶ原の戦い」に向けてそれぞれに引っ張ってくるためか、やや場面展開が多く(救急救命ドラマERみたいに)、上映時間も長かった(149分)。
 そんな事情が影響しているのか、 隣席の二人連れ(レディースデーなので女性が多かった)の、同年輩と思しき人は、クライマックスの合戦場のシーンが始まり、ドルビーサラウンドで殺陣や大砲やら、しみじみ残酷なシーンの時に、熟睡?かしらと思えるような大船を漕いでいたsweat01

他山の石とします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« 上野さんぽ(名建築と文化の森):クラブツーリズム | トップページ | 術後5年検診 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/65788870

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「関ヶ原」:

« 上野さんぽ(名建築と文化の森):クラブツーリズム | トップページ | 術後5年検診 »