« トラや  :文春文庫 (南木佳士著) | トップページ | 朗読会「もの語りの世界」 »

2017年10月20日 (金)

印刷博物館(Printing museum Tokyo)

2017/10/15
Img_4788

東京都文京区水道にある凸版小石川ビル: 「印刷博物館」へ行きました。
Img_4826

この春から、通信制の大学の図書館司書コースに通う身となり、今日はその「遠足」みたいなイベントであります。(参加人数15人、実際とても楽しかったnote

当日のスケジュール
13:30〜14:00  プロローグ展示ゾーンの自由見学(良く出来たレプリカ、触ることが出来る)
14:00〜14:40    印刷工房体験(活版印刷機で栞作り)
15:00〜15:30  VRシアター鑑賞
15:30〜15:50     ライブラリー見学
〜16:30              写真撮影後、流れ解散、館内の自由見学 

プロローグ展示ゾーンは、高さ7m、長さ40mにも及ぶ大壁面で、そこに100点ほどの様々な歴史のレプリカが展示されている(紀元前1万5000年頃のラスコーの洞窟壁画から、現在の多彩な印刷物やでんしメディア、エレクトロニクス製品に到るまで)

楽しかったのは、工房体験で可愛い活版印刷機(Adana) を操作して「栞作り」を体験したことです。
P1030381 P1030378
インストラクターさん(白いブラウス)の説明がわかり易くてやる気になる!!
2人一組で取り組みました。一台に一人の補助が入ります。

P1030382 Img_4823
イギリスなどでは、今でも、家庭にこうした印刷機を置いて、クリスマスカードを手作りしている人もいるそうです(お菓子の手作り、のようなノリ??)

Img_4825

図書館学の中ではかなり偉い、博学博識で名高いM教授も、この笑顔happy01
Img_4819
油性のインクは24時間しないと乾かないそうなので、わら半紙に包んで持ち帰り、後日自宅で仕上げました〜〜(るんるん)

VRシアタアーでは、ロシアのクレムリン:ウスペンスキー大聖堂を、巨大カーブスクリーンで楽しむ三次元空間体験。ギャラリーでは、現代日本のパッケージ2017(コンペや大賞受賞作品展示)を見たり、かなり目の保養になりました。日本人てつくづく器用な国民だとしみじみ思う。

ライブラリー見学は、「専門図書館」というものの実態が垣間見られて興味深かったです。凸版印刷は、こんなに充実していますが、果たして大日本印刷(DNP)はどうなんでしょう??。
Img_4826_2
印刷博物館の入り口とその前にあるオブジェのトップを写したもの。
「見る」という象形文字を元に作られているそうです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« トラや  :文春文庫 (南木佳士著) | トップページ | 朗読会「もの語りの世界」 »

出かけてきました」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/65939772

この記事へのトラックバック一覧です: 印刷博物館(Printing museum Tokyo):

« トラや  :文春文庫 (南木佳士著) | トップページ | 朗読会「もの語りの世界」 »