« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月の4件の記事

2017年12月27日 (水)

歯科検診&映画「ギフテッド」(gifted)

2017/12/27

7年前に、右奥歯の一本だけをインプラント治療してもらった。
今日はその検診日。
予約の都合で朝の9時。お陰で40分後には病院を後に出来たので、そのまま日比谷シャンテまで出向いて、今年最後の映画鑑賞。
Dsc_0658 Dsc_0659
曜日と、時間帯と場所の兼ね合い、そして、昨年当選したギフトカードの有効期限や、シネマイレージの特典交換などの有効期限を考え、選んだ映画がこの「ギフテッド」であります。がしがし、これが思いのほか良い映画でした。2017の映画鑑賞締めの1本花丸upgood

監督:マーク・ウェブ
脚本:トム・フリン
出演:クリス・エヴァンス(フランク)、マッケナ・グレイス(メアリー)、リンゼイ・ダンカン(イブリン)、ジェニー・スレイト(ボニー)、オクタヴィア・スペンサー(ロバータ)ほか
【解説とあらすじ】(解説=シネマトゥディより)(あらすじ=劇場HPより)
(解説)
『(500)日のサマー』や『アメイジング・スパイダーマン』シリーズなどのマーク・ウェブ監督が手掛けたヒューマンドラマ。7歳の少女の特殊な才能が発覚したことから、ささやかな幸せが揺らぎ始める。『キャプテン・アメリカ』シリーズなどのクリス・エヴァンス、子役のマッケンナ・グレイス、『ウィークエンドはパリで』などのリンゼイ・ダンカン、オスカー女優のオクタヴィア・スペンサーらが出演。
(あらすじ)

フロリダに暮らす、ちょっと変わった2人と1匹の家族。7歳の生意気ざかりのメアリーと、彼女の叔父でシングルのフランク、そして“歴史上一番すごい猫”のフレッドだ。互いがいるだけで、毎日が記念日のように楽しい時間は、メアリーが学校へ行くことになり揺らぎ始める。彼女には、生まれながらにして数学の天才的な才能(ギフテッド)があった。フランクはメアリーの英才教育を頑なに拒むが、そこへ縁を切ったはずのフランクの母親が現れ、彼からメアリーを奪おうとする。歴史を変える才能の開花か、愛する者と生きる人生か──果たして、メアリーにとっての本当の幸せは?


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

7歳の少女が、マサチューセッツ工科大学の学生が板書した数式の欠陥を指摘して、なおかつその証明もさらさらと黒板に書いてしまう。
ギフテッド(gifted)とは、生まれつき高度な知的能力を持った人間、あるいはその才能を指す言葉だそうです。今年、「天才」と言われたのはプロ棋士の藤井聡太くんですが、加藤一二三(ひふみん)氏の言葉で言えば、彼は「秀才型の天才」だそうで、今日の映画ののメアリーは、7歳という年齢を思うと、「生まれつきの天才」なのでしょう。

 このメアリーの育て方を巡って、他界した母親からの遺言に従って育てようとするメアリーの叔父(母親の弟)と彼ら姉弟の母親に当たるメアリーのお婆ちゃん(いわゆる毒親)が天才の育て方を巡って法廷で争います。どちらもメアリーに良かれと信じているがゆえにまさに骨肉の争いに発展。展開の後半から母親が何故命を絶ったかなどが分かってきます。映画に出てくる、数学のミレニアム懸賞問題とは数学上の未解決問題として実在し、メアリーの母親は、そのうちの1つを解き明かしたが、母娘関係で悩んだ毒親(メアリーの祖母)の死後の公開を弟に託して自殺してしまう。数学の世界というのは、まだまだ未解決の問題がミレニアム懸賞問題だけでも6つあり(解決した1つのポアンカレ予想というのも、証明したペレルマンの不可解な行動がなんともスッキリしません)、この世界に取り憑かれてしまうと、どうやら精神が不安定になりがちなのも事実のようです。
叔父の考え方、祖母の思い、学校側の態度、それぞれの立場もあり、この問題の着地点の難しさを感じながら見ていましたが、やはり落とし所は「玉虫色」にして、メアリーが叔父のフランクと笑顔で過ごしているところで映画は終わります。
映画的には、めでたしめでたし、でしたが、この続き、気になるなあ。
自殺した母親は、自分が辛く苦しかったから、同じ道を娘には歩ませたくなかったのだろうし、育ての親であるフレッドは、大学の准教授の仕事を捨てて(挫折)ボートの修理(自営業)で生活は貧しく、メアリーに「ピアノが欲しい」と言っても叶えてあげられそうもない。一方で、ケンブリッジ出身(数学科)の祖母は、娘に見た夢を孫にも…との思いが強すぎる。
特殊な才能を持った子供と保護者の心理が見どころです。
 隣人のロバータ役のオクタヴィア・スペンサーが、とても良い味出してました。昔見た「風と共に去りぬ」に出てきた、スカーレットの乳母役を彷彿とさせる演技。
生まれつき与えられている能力を持つメアリーは生まれつき片目を失っている猫を拾います。この飼い主と猫の絆がこの映画の象徴的な姿かもしれません。
映画とは関係ないけれど、NHK大河ドラマの再放送「風林火山」を毎週欠かさず見ています。主人公の山本勘助(内野聖陽さん)がやはり隻眼ですが、抜群の軍師ぶり。彼の頭脳に支えられて武田信玄(市川猿之助)は領地を拡大できるのです。
 この映画見ながら、猫に魅かれ、軍師山本勘助を思う観客も私ぐらいかもしれないなあ、と思いながら、なんだか幸せ気分になりました。
隻眼のフレッドは、鳥にも優しいネコちゃんですが、我が家の五郎丸は、毎朝ベランダで、カラスやヒヨドリにガン飛ばししています。平凡、ってこういうことですね。
 

フレッド役の猫ちゃんが実に素晴らしかったので、ネット上の写真を
無理やり撮影していますが、このネコ、生まれつき隻眼なのでしょうか?

Img_5290

(それにしても良い相棒役していました(拍手paper

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2017年12月24日 (日)

メリークリスマス

2017/12/24

2017年もあと一週間、という日クリスマスxmas
実は色々捗っていません(家事も勉強も)
勤務先の「仕事」はまあ一応仕事納め完了しました(まあそれだけでも良しとしないとね)
今年は、術後5年を無事に迎えられて有り難い一年でした。感謝です。
クリスマスイブ、だけれど、寒いので今夜はオデン🍢にしちゃおうかなあ、などと考えて今から買い物。
xmas
でも、飼い猫にはクリスマスのコスプレしっかりさせちゃいました。
Img_5276
クリスマスプレゼント、五郎丸にはふるさと納税でゲットした(一昨日届いた)
「キャットタワー」(天井突っ張りタイプ by アイリスオーヤマ)です。
どうゆう反応か楽しみ、(今までもそうだけれど、特に最近「頭の中、猫だらけ」bearingと家族に言われる日々)

2017年12月23日 (土)

銀座で今年の「食べ納めランチ」

2017/12/19

師走の銀座。
Img_5225 Img_5224
GINZA SIXの6階にある蔦屋書店、ここでクリスマスのイベントがあり、
そこをぶらぶら見てからランチのため東銀座の「うかい亭」へ。
Img_5226 Img_5227
展示のタイトルが「猫とアートとクリスマス」
現代美術作家のヤノベケンジ氏が手がけた「旅をして福を運ぶ巨大猫」おりました。
猫の本やら猫グッズ、親子連れやカップル、はたまた私のようなオバサン連れでもおひとり様でも楽しめる展示物が色々とありました。
先月訪れた、二子玉川の蔦屋家電もそうだけれど、蔦屋って、好きだなあ〜heart04
海外の素敵な図書館の写真集 にも出られそうな雰囲気を醸し出してます!。
一緒に行った友人は図書館勤務経験者だったので、興味深そうに見物していたため、もっと集合時間を早めに設定すればよかったかなあ、と少し後悔bearingdown(ま、師走だから許してね)ランチは13時からだったので、15分前に切り上げて東銀座へ向かう(といっても、ギンザシックスは6丁目、銀座うかい亭は5丁目)歩いていったらジャストタイムでありました。
Img_5221 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
Img_5222 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
Img_5223
きっかけは、先月上旬、(11/5~6あたり)米国トランプ大統領夫妻と安倍首相夫妻が、夕食で使ったレストランがここのお店だった、ということで、
一度は行ってみたいね、と意気投合し、仲間の一人が調べて予約してくれた
ゴージャスなランチ。今年の食べ納めとなりました。
メニューの表現方法がちょっと独特
・本日のオードブル(生ハムと野菜とチーズでした)
・料理長より本日のお薦めを  (4年ものの帆立貝柱のフライ)
・季節の野菜を鉄板にて  (本日のお薦めは、大分県産 椎茸でした)
・うかい特選牛ランプステーキ (🥩ステーキ以外には、北海道産インカのめざめ(ジャガイモ)の付け合わせ)
・デザート (プリン、か、ショコラパフェ、とシフォンケーキから選択)
・コーヒー・紅茶・ハーブティ 等々とお菓子(写真ご参考)お代わり自由時間制限なし(でも、もうお腹いっぱいに)。
扇状形に鉄板が設えてある場所で、3人並んで座り、私たちを担当してくれるシェフが一人ついてくれます。今回ついてくれたシェフさんフレンドリーな方で、我々と会話を楽しみながら、目の前で我々だけのために良い素材の食品を調理してくれて、出来立て(ホカホカアツアツ)を提供してもらえる贅沢感(これに加えて、フカフカの熱いおしぼり手渡しサービスが頃合いを見計らって、3回もあったことが印象的happy01)。
eye
天井を見上げると、ビルの中とは思えない、太い梁。シェフ産の話しでは、築後150年以上の新潟県の豪農の母屋から譲り受けて、東京へ運び、同じように再現したものだそうです。それが基本となる「純日本的な建築美」をベースにしながら、装飾品等の小物(大きな絵もありましたcoldsweats01)は、ガレ、ルネラリック、エミール等のクリスタル製品やバカラのアンティーク、あとは私の知識では解らずでしたがとにかく、洋風の美術品のオンパレード(小さな美術館の中、というような雰囲気でもある)。
good
これこれ、この和洋折衷ぶりは、いかにも外国人が好きそうな感じheart04
食器もマイセン中心に(珍しい角皿←写真に写り込んでいる椎茸が乗った角皿)、ウエッジウッドなどの有名どころを取り揃え、食器好きの人だと目がハートlovely になっちゃうのでは?と思える感じ。
店内は、このようにゴージャスで、接客も丁寧、おまけに気取らない雰囲気があり、下調べした友人情報「ドレスコード無し」にすんなり納得。
後から聞いた話では、誕生日の人には、バラの花プレゼントがあるそうです。
heart
お店入ってすぐのウエイティングルームに、バラの大輪が30〜40本ガラス製の花瓶に投げ込まれていました。丈が揃っていて迫力でしたが、これが頂ける?誕生日にまた来てみたい、と思いました。
ear
尚、シェフの方によると、トランプ大統領来日に備えて、外務省の方からの依頼で「ケチャップ(一応デルモンテ製)を用意していたそうですが、大統領は使われなかったそうであります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2017年12月14日 (木)

映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」

2017/12/13

Dsc_0654
原作:西岸良平
監督&脚本:山崎貴
音楽:佐藤直紀
出演:堺雅人(一色正和)、高畑充希(一色亜紀子)、堤真一(本田)、安藤サクラ
(死神)、田中泯(貧乏神)、中村玉緒(キン)、市川実日子、ムロツヨシ、要潤、大倉孝二、神戸浩、國村準、木下ほうか、鶴田真由、薬師丸ひろ子、吉行和子、橋爪功、三浦友和
解説とあらすじ(シネマトゥデイより)
西岸良平による人気漫画「鎌倉ものがたり」を、西岸が原作者である『ALWAYS』シリーズなどの山崎貴監督が実写映画化。人間だけでなく幽霊や魔物も住むという設定の鎌倉を舞台に、心霊捜査にも詳しいミステリー作家が新婚の愛妻と一緒に、怪事件を解決していくさまを描く。和装に身を包み多趣味なミステリー作家を堺雅人、年の離れた妻を高畑充希が演じる。そのほか堤真一、安藤サクラ、田中泯、國村隼、薬師丸ひろ子、三浦友和、中村玉緒らが出演。
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに亜紀子(高畑充希)が嫁いでくるが、さまざまな怪奇現象が起こる日常に彼女は戸惑ってしまう。犯罪研究や心霊捜査にも通じている正和は、迷宮入りが予想される事件の折には、鎌倉警察に協力する名探偵でもあった。ある日、資産家が殺害され……。
Dsc_0655
 予告編を見たときから、特殊撮影VFX(Visual Effects)=現実にあるものと作り上げた架空の映像を合成し違和感のないよう仕上げる、が素晴らしい作品で気になっていたもの。主演が堺雅人&高畑充希 の夫婦役、という設定もgoodd(^_^o)良さげで、仕事の合間を生かして映画館のレディースデーへscissors
 
 原作は読んではいないけれど、鎌倉を舞台に、(800年の歴史ある街には妖怪やら幽霊が存在しても違和感ない、という設定で)ジブリ作品「千と千尋の神隠し」を彷彿させる世界観を繰り広げた作品でした。作品のテーマも「大切な人を取り戻す話」でそこのところも一緒!!。
 堺雅人と山崎貴監督作品が好きな人には是非見てくださいheartとオススメな作品。
役者陣は粒ぞろいで、中でも死神役の安藤サクラ、貧乏神役の田中泯、よかったな〜。 高畑充希演じる亜紀子は、元は出版社勤務でその時の上司が堤真一演じる本田。この2人、最近テレビコマーシャル(docomo)で(社内のエレベーター内で恋人会話するところを会長役の加藤一二三に見られてしまう)を思い出してちょっと心の中でクスッと笑ってしまいました。
 子供時代の正和が、父親(三浦友和)の変装を見抜けなかったこと(というよりも普段の生活が変装状態だったというのはいかにも変)、とか正和と亜紀子が、過去に何度も夫婦として結ばれている間柄だったという設定が、さらっと語られるだけで深さがないこと。天頭鬼(てんとうき)という悪玉妖怪は、なぜ亜希子が好きなのか、など結構「sign02」なところもありましたが、ゆるりと楽しむにはもってこいの長編映画でありました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

 

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »