« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月の4件の記事

2018年5月22日 (火)

サボテン咲いた(花盛丸)

2018/05/19

我が家の狭いベランダは、南向きではありますが、猫のくつろぎ場でもあるため、植物はほとんど撤収され、今は手の掛からない&猫に興味を持たれない?であろうサボテンが主流です。その中で サボテン科エキノプシス属「花盛丸:かせいまる:学名Echinopsis tubiflora」が咲きました。
Img_0212 Img_0206
俗称はチョモランマ、というらしい。夕方5時ごろまでは蕾だったのに、その後1〜2時間でパッと咲いてしまいました。
Img_0210 Img_0218
 改めて写真に撮って眺めてみても、なんとも凄い花ですね。真っ白だから救われているのかも!!これが毒々しい色だったらちょっと不気味な感じだと思う。
club
clover
hospital
 話は変わり、我が家から徒歩で5分ほどのところに心臓治療がメインの中堅規模の病院が数年前に出来ました。病院の名前が「ニューハート◯◯◯◯」という一瞬、妙に軽めの病院名で、なんなの〜?と思っていましたがheart ハート=心臓、あ、そういうことね、と合点しました。まぁ今のところ私には無縁な病院で、建物の前を通過するだけの関係が続いています。先日、たまたま通りかかったら、こんなポスターがバーン!と貼られてて、おおっsign03(今、毎週、観ているテレビドラマなので)でありました。
Img_0219
この1つ前のブログ同様、四代目猿之助さんが関わっているので見てますハイsmile
Img_0220
今回はちょっと悪いオジサン役で、チョコレート依存症。
本物の猿之助丈もチョコレート好きなのかなぁ???

2018年5月20日 (日)

町田市立国際版画美術館

2018/05/12

Img_0169

 多忙な一週間の週末がなんと単位取得のための試験でしたwobbly

なんとか頑張った自分にご褒美(といってもまだ合否は出てませんがsweat01)ということで、試験会場の最寄駅から1つ先で降り、国際版画美術館なるものに行ってきました(美術館、久ひぶりだ〜〜happy01

Img_0147

駅から徒歩15分、知らない街をテクテク歩く楽しさと重たいバッグ(筆記用具やテキスト、飲み物、などがプラスしてて、iPadまで持参(;;;´Д`)、そして地図からは全く判らなかった現地までのアップダウンにビックリ(中学校時代こんな坂を登り降りしたなあ、という急勾配だったcoldsweats02)で到着した時はホッとしました、やれやれ。

Img_0148

版画専門美術館art、緑に囲まれた静寂なスペースにありました。私立ではなくて「市立」だということが素晴らしいup

普通なら美術館や博物館見学の写真は館内撮影禁止なので、ここから先は、ナシ!なのですが、太っ腹な版画美術館サマ、で撮影OKscissorsな作品が会場内に7〜8ヶ所ありました。

Img_0156

先月買った最新iPad、持参して良かったーlovely

風景画(版画です)では、川瀬巴水氏の作品がとても良かったのですが、彼の作品の傑作などは撮影不可が多く、彼については詳しく知りたくもなったため、図書館に本を予約しました。購入した絵葉書とかはアップ可能だと思うので、少し「お勉強」してからいずれまたhappy01paper

今回、撮影出来て何より嬉しかった作品は、山村耕花(やまむらこうか)本名:豊成(とよなり)明治時代〜昭和時代にかけての日本画家・浮世絵師・版画家 の「梨園の華」シリーズなどの歌舞伎役者の版画の数々でした。

Img_0157

1916年 十一世片岡仁左衛門の大星由良之助

Img_0158_2

1917年 四世尾上松助の蝙蝠安

Img_0159

1919年 七世松本幸四郎の関守関兵衛

Img_0160

1919年 二世市川段四郎の鉄心斎

この方、四代目猿之助丈のひいひいお爺様(高祖父)です。なんとなく似ている気もする(俳優で歌舞伎役者の香川照之さんの高祖父でもありまする)

Img_0164

1921年 十三世守田勘弥のジャン・バルジャン

その昔、歌舞伎役者は版画が彼らの宣伝ポスターだったということですが、今見ても十分にカッコイイ!!。出品目録によると、「市川猿之助の早見藤太」の版画は、後期出品作品になっていました(後期=5/22〜6/17)

来月も試験があるので、元気があったら見に来ようっとsign03

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

2018年5月19日 (土)

オタフクお好み焼教室(広島焼き)

2018/05/10

昨年のオタフクソース(株)お好み焼課主催の大阪焼き教室がとても楽しかったので、有志3人で、広島焼き編にトライしました。

Img_0129

そもそも「広島焼き」ってどんなものかsign02

ということについては講習会のプリントに以下のようにありました。

「戦後広島で一銭洋食から進化した広島お好み焼き。小麦粉を水で溶いた生地やキャベツ・豚肉・麺などを重ねて焼く焼き方で「重ね焼き」とも呼ばれています。キャベツがたっぷり入っており、1食で1日に必要な野菜の半分以上を食べることができます!

 上記赤字で示した「材料を次々と重ねて焼く」というのが大阪のお好み焼きとは違うところhappy01。材料のキャベツの切り方もざっくりした千切り(大阪焼きは粗みじん角切り)で、卵は生地に混ぜ込まない、トッピングに「いか天」や「焼きそば」がある、といったところ。

Img_0197

 昨年とは違うインストラクターさんでしたが、会社の所属先が「お好み焼き課」だけあって、今回も時間配分とかポイントの伝え方、大変上手でした。昨年もきっと聞いた話?かもしれませんが、オタフクソース株式会社の設立当初の生産品は「お酢」だそうです。広島の温暖な気候、良質な軟水(賀茂の水:オバマ大統領が来日した時安倍首相と銀座の寿司店で飲んだお酒が広島の賀茂鶴でしたよね)、澄んだ空気という自然豊かな環境で酢を醸造→これはソースにも使われているのだそうです。

Img_0136

広島焼き、大変美味しゅうございましたsign03

2018年5月 8日 (火)

不思議な身体感覚に浸る

2018/05/08

Img_0118           ひこにゃんの被り物をつけてみた五郎丸
  3週間ぶりの更新。
季節は5月、辛かった花粉症もやっとこさ抜け出られたみたいであります。
花粉症が辛い時は、自転車で通うプールの往復が地獄のような気分だったがゆえに休会し自宅から250mぐらいの至近距離にあるホットヨガ教室にお試しで参加してみたところ、結構ハマりました。
 入会後3ヶ月間はかなり優遇され、それを逆手に取って、この際だからと居住地区の隣接店舗や、本店(銀座)、本店と同じプログラムがある渋谷店にも行ってみたりして、益々楽しいヨガライフsign03(オットからはヨガオバサン、と呼ばれている昨今:週末土日はそのほとんどを朝8時のプログラムでリフレッシュhappy01の3〜4月でした)
 全国展開しているこのヨガスクールでも3店舗でしか体験出来ないフローティングヨガ、なるものを楽しんできました(本日3回目)
P1030628
要するにハンモックを使ってヨガとピラティスの合いの子のような体験をするプログラムのようです(全部で4種類ありますが、私がなんとか取れた予約はそのうちの2種類を2回ずつ、でした)
P1030622 P1030625
童心に返ってハンモックに揺られてみたり、逆さまになってみたり、
不思議な身体感覚に浸ることの出来るなかなか面白い体験です。(ピラティスタイムはキツイけれどsweat01sweat01
dash
指導のインストラクターさん、どこの店舗も皆さん優秀で、今までのレッスン(なんと先月は22日も通ってた)有意義でありました。今日のIRさんは、わかりやすくて楽しい雰囲気の声の素敵な方でした。
P1030629_2
最後に写真を撮らせて欲しいとお願いしたら、ポーズをとってくれるというサービス付きsign03 (通常のホットヨガと違い、このプログラムは撮影可なのだそうです。ブログにも掲載オッケーscissorsとのことで、こうしてアップ致しておりますっsmile

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »