« 神楽坂ランチ | トップページ | 映画「焼肉ドラゴン」 »

2018年7月16日 (月)

映画「空飛ぶタイヤ」

2018/07/11

P1030634
原作:池井戸潤
監督:本木克英
主題歌:サザンオールスターズ「戦う戦士たちへ愛をこめて」
キャスト:長瀬智也・ディーンフジオカ ・高橋一生・深田恭子・寺脇康之・小池栄子・阿部顕嵐・ムロツヨシ・中村蒼・木下ほうか・浅利陽介・谷村美月・近藤公園・杉村蝉之介・渡辺大・矢野聖人・田口浩正・津田寛治・柄本明・佐々木蔵之介・岸部一徳・六角精児・大倉孝二・柄本明・笹野高史
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
解説とあらすじ(シネマトゥディ より)
人気ドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などの原作者として知られる池井戸潤のベストセラー小説を実写映画化。トラックの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長が自社の無実を証明すべく、製造元の自動車会社がひた隠す不正を暴く闘いに挑む。メガホンを取るのは、『超高速!参勤交代』シリーズなどの本木克英監督。主人公を『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』などの長瀬智也が熱演する。
トラックの脱輪事故で主婦が亡くなり、整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、警察の執拗(しつよう)な追及を受ける。赤松はトラックの欠陥に気付き製造元のホープ自動車に再調査を要求するが、調査は進展せず自ら調査を開始。やがて大企業のリコール隠しを知った赤松は、会社や家族を守るため、そして自身の正義のため、巨大企業に立ち向かっていく。
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
 原作は読まずに視聴。「半沢直樹」で一躍超有名になった池井戸潤氏だけれど、テレビドラマばかりだったそうで、意外にも映画化された原作はこれが「お初」だったようです。
 原作は何を基に書かれているかは知っていて、内容的に「重そう」とか、三菱という財閥系の会社の実話が基なのによく映画化出来たものだなあ、などと思うところがあったので、キャスティングに惹かれて見た(評価も良かったから)というところが本音です。
 基になっているのは三菱のリコール隠し と、そのために起きた2002年の横浜母子死傷事故。主人公役の長瀬智也くんは文字通りの熱演でした。ディーンフジオカ はこの映画の役柄としてでは上手だったし、専務役の笹野高史さん他、運送会社の人たち、および大企業で働く人達のキャスティングも「うんうん、そうそう、いるいる、こういう人達」」という印象。
 池井戸潤氏の作品は、下町ロケットしか読んだこと無いので私ごときがどうこう言うのも差し出がましいけれど、中小企業が頑張って成功を掴むサクセスストーリーならば実話に基づくことは大歓迎だし、テレビドラマでブレイクした半沢直樹は、ご自身が銀行勤務(しかも今回の映画と同じ銀行)だったからこそフィクションでもとても楽しめたhappy01。でも、空飛ぶタイヤは、あまりにも映画のストーリーが上手く出来すぎていて、ギリギリまで追い詰められた主人公がタイムリーに救われていく様はドラマチック過ぎて、多分実際とは違うのだろうなぁ、と劇場の座席で見ている間でも妙に疑わしい目になる自分がいたのです。
 帰宅後調べてみると、やはり当事者の運送会社は、すでに廃業していました。原作の中の主人公は長瀬智也くんみたいにカッコ良くなくて、どちらかと言うと整備士長の役だった六角精児さんに似た感じのようでもあり、そちらの方がずっと現実的です。でも、そんなリアルすぎるキャスティングでは映画の興行的にはNGなのでしょうね。 
 映画の中では、被害者の夫(浅利陽介くん)が、葬儀の会場で感情を爆発させた時のセリフが印象に残りました。「なんで、私の妻なんですか?彼女、何か悪いことしましたか?いきなり車道に飛び出して来たのですか?歩道を歩いていなかったのですか?そんなことないですよね。でも、もう妻は帰ってこない。それなのに、あんた達は、自分達の保身ばかり考えている。あんたらそれでも人間ですか?」 と絶叫。
 なんで?、なんで?、そう言う問いに誰も答えられないことありますよね。不条理と呼ばれるものはほとんどそうなのだと思う。しかもこれに関しては、主人公の赤松徳郎(長瀬)もホープ自動車販売部の沢田悠太(ディーンフジオカ )もどこかで同じ感情を抱いていて、映画のラストシーンで、お互いに「もう二度と会いたくない」「嫌いだ」と言いあうのです。
 お互いに、この会社から車を買わなければ、とか自分が転勤で販売部にいる時にたまたまこんなアクシデントに遭遇しなければ、などと不条理を感じている発言。
 
 結局、人間は、「お互いの立場」というものには「なってみないと分からない」とも言える生き物なんだよね、とやんわりと、でもキッパリと教えてもらった気がします。
 
 
 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

« 神楽坂ランチ | トップページ | 映画「焼肉ドラゴン」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539173/66944481

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「空飛ぶタイヤ」:

« 神楽坂ランチ | トップページ | 映画「焼肉ドラゴン」 »