カテゴリー「体調や経過」の4件の記事

2013年6月11日 (火)

傷跡の経過観察と日記

2013/6月

今月も、上旬が過ぎた(今月が終わると今年も折り返し地点…Time flies.光陰矢の如し)健康のために、と始めたフィットネスクラブには、多忙を理由に3月、5~6月、休会していて、その代わり、ということで(?)、お金のかからない「ラジオ体操」を(お彼岸過ぎから)毎朝行っている。

物事は、継続することに意味があるものがあって、ラジオ体操などはその典型かもしれない。

運動に力の入らない女子校で、体育の授業=やっつけ仕事、のような中学高校時代、テストはラジオ体操でした。

記憶はおぼろげですが、とりわけ第二好きな先生だったようで、テストの課題は第二。

というわけで「体操」に関しては「正しく」行える自信があり、CD→i-pod録音、でご近所および車庫の外(の道=通勤通学路)から気づきにくい体制を整えて、雨の日以外はほとんど毎日、朝の6時頃に起きて体操してきたその結果…

なんと「肩こり」がゼロになりました(喜)(v^ー゜)!!

が、他にも、発見があり、体操中に術側が引き攣れるようになってきました。

「横曲げの運動」と「身体をねじる運動」の時、特に「引っ張られる」感覚です。

鏡に映すと、「横曲げ」状態の時、術痕の周辺から肋骨にかけて「数本の筋」が見えました。

何の筋?かは判りませんが、まあ、傷口とその周辺組織が、硬いので、身体を捻じ曲げると引きつるのでしょう。次回24(月)の診察で確認してくることにしよう。

ψ(`∇´)ψ

2013/06/06

勤務先の同期入社仲間四人で集まった。

パートなので年齢はもちろん、子どもの年齢も小5から社会人まで幅広い。

配属先もバラバラだけれど、会って話すと実に盛り上がるんだなこれが(^o^)/。

きっと、それぞれの配属先での仕事中の悩みなど、「思うところ」に共通部分があるのでしょう。

息子ぐらいの年齢から配偶者ほどの年齢が混在している職場は当然ながら男女入り交じっているし、主婦となって家庭に入った身としては、日常では巡り合えない人達と一緒にガンバるぞって働いている。「若い子が頑張る姿」を見ていてパワーをもらえるなぁ、(と思うのは何もAKB等のアイドルファンだけじゃないのですhappy02)

もちろん、なんでこんなにハードワークdownと思うこともあるけれど、ミスなくこなす達成感は家で料理が美味しく出来たときかそれ以上に?嬉しい(というかホッとする)

昼食は社内の食堂で早番遅番交代制でまかないのオバサンが作ってくれたお昼ご飯を食べる。(昼食の幸せ度は、オバサンの能力に比例する)

ご飯がおいしい、ということは私たちにとって「かなり重要」であることに改めて気づいた┗(^o^ )┓三

cafe

2013/06/08

 

大学生の劇団サークルの公演を観にいく

 

テレビドラマの収録ではないのでマイクが声を拾ってくれない…のに、声が小さいです。普通にしゃべってる、のが芝居がかっていなくて良いけれど。

情報化の時代、この舞台のために関わった人数の多さにびっくり「スペシャル・サンクス」に数多くの団体名と165人もの名前がずらり。

さらに劇団員のほとんどが(除く出演者)、男女に関係なく黒いスーツ姿で観客を出迎えたり見送ったり大学構内で宣伝したり、とまるで「シューカツ生」のようなキチンとした様子でさらにびっくり。

とくに、「見送り」は、「ちょっとした有名人の法事」を思わせる賑々しさ(観客を見送る道を作りその両脇にズラリとシュー活姿の学生が50人くらいはいたような)でした。

撮影した写真(といっても劇場内と上演中は撮影禁止でしたが)や、内容を記すと

いろいろバレバレになってしまうため割愛しますが、今の若者から見た「家族」というものについて考えさせられました。それと、会話を中断してまでも飲み物を飲む場面がやたら多かった!きっと、この劇団のみなさん、スタバやドトールが好きなんじゃないかな?と本気で思った。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

2013年1月31日 (木)

退院後3カ月




乳がんの手術が、昨年10/29で、退院が31日だったので、今日で退院後3か月経ったことになる。

乳房全体を 46G(1回2G x 23)

部分照射(ブースト) 9G(1回3G x 3)

合計で 55G/26回 の治療を受けました。 最後の3回は、脇の線は不要だったため、構わずにお風呂で洗ってしまってるので、ほとんど消えかかっています(入浴前に撮影すれば良かったかも…)

 

 チューブトップブラ、でもつけているかのような2色、しかも、白いほうは、ぶよ~んとしてきているε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

 

 この現実ngを見て、フィットネスに行くことを決意した。

ホルモン治療は薬を飲み始めて、2カ月と10日。

 病院から、ミニミニカレンダー(製薬会社が作ったものでこれをチェックリストに代用)をもらい、薬のシートに日付も入れ(もらってきた日に全部記入して日数分あるか確認)

朝晩なので結構習慣化してしまったことと、旅行等の外泊ゼロという(刺激のない)、毎日毎日鉄板の上で焼かれている鯛焼きくん、のようなノリ?で、放射線を浴びて過ごしていたってこと…で、「薬」は今のところ毎日毎日、朝晩すべて飲んでます。

副作用は、時折、ホットフラッシュ、なのですが、これ実は一昨年から既に症状があり、地元の婦人科で漢方薬(当帰芍薬散)を処方済み、で発症時に比べればかなり大人しいホット加減。その他、12月に、「パート仕事へ出勤&早退して放射線治療」、の日々の頃には、少し耳鳴りがあったけれど、今月(休職)に入り、のんびり「放射線治療」だけの暮らしを始めたところ耳は全く鳴らなくなりました(原因はストレス?)

血液検査で、(11年前に子宮全摘のため判断材料がこれだけ)「閉経前」という診断が出て、「リューブリン」+「ノルバデックス」というホルモン療法に決まったわけではありますが、私の場合、それでホンマに効果ありでっか?という疑問が湧きます。

アロマターゼ阻害薬を飲んでいない分、やはり「脂肪」がこれ以上つかないようになんとか防衛し、上記ぶよ~ん、のお腹や二の腕(振りそで)の脂肪もどうにかしなきゃ、と思う日々。

時節柄、ダイエットは嫌(というより挫折必須)なので、身体を動かす行動に打って出た!って感じかな。

しかし、ここへきて思った以上に楽しいsmile日々の、術後3カ月。

ノリの良い音楽notesで(ママ・ミア、君の瞳に恋してる、スリラー 等々古いですが)身体を思い切り動かすと、この音楽がその日の「テーマ曲!?」となって、寒くてもなんとなく(*^ω^*)ノ彡気持ちがup

来月(ってもう明日からなんですけど)から、パート仕事復活です。

ここまで調子が上がってきた「運動」、何割か削減は仕方ないとしても続けたいな、と思うのですが。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

2012年12月24日 (月)

復活して月末~師走へ

2012/11月末~12月

頭痛、ホットフラッシュ少々、耳鳴り時々、  これが不調のもとでしたが、とにかく睡眠、そしてゆっくり入浴してごはんを食べたら、なんとか回復。

月末は、勤務先で多忙の中、ふと気付くと、何の不定愁訴もない!あれ?どうして?

まぁ、辛くないことを気にするなんて、時間の無駄、と割り切る。

12/1(土) 一週間遅れで写真展(東京都写真美術館)へ行く

師走に入り、友人のアトリエで「私の退院を祝う会」を4人の仲間が開催してくれる。(日曜午後3時)

12/6(木)は、放射線治療の前に、渋谷でランチ(プチ・ジャカルタ会)この6人の友のうち2人には状況を伝えてあったのですが、他の4人には、この日にカミングアウト。病理結果のことを伝えるときに、ステージやグレード、というコトバ、まるで宝石鑑定みたいだ、と以前のブログに登場した友人の発言はこの時のもの。(12/8 ステージやグレードについて)

12/9(日) 葛西臨界水族園に行く(今月有効の券をもらったがゆえに…)

12/16(日) 東京芸術劇場 コンサートホール 日フィル、指揮:井上道義 

                  ベートーベン 交響曲 第9番 ニ短調 《合唱》 を聴く

一方で、治療も進む。

12/4(火)  放射線科 CTシュミレーター

12/6(木)         X線シュミレーター

12/7(金)、12/10(月)~14(金) 17(月)~21(金)  毎日、放射線治療(火曜日&金曜日はドクターの診察付き)

16日には選挙もあったし、落ち着かない世の中に連動?して毎日放射線科に通い(銀行早退)、疲れるからグッスリ眠る→翌日早起き、という「師走の追い風」を受けて進んでいるような気になるこの頃。副作用が、ホルモン療法も放射線治療も、皆無に近く、このことを診察時に尋ねたところ、

「大丈夫です。(副作用)ナイひと、は本当に「ナイなぁ」としか思わないようですし、アルひと、は想定される副作用だけでなく、いろいろさまざまな症状を言ってこられます。まぁ、人それぞれ「細胞」が違うように副作用も違うと思って、そのへんは気になされなくて結構です」

気にするのを止めることにした。気持が軽くなってきた。(薬の飲み忘れに気をつけねば)

この三連休で、ブログが現在に追いついたことも嬉しい (◎´∀`)ノ

 

2012年12月23日 (日)

不調

2012/11/23-25

勤労感謝の日から始まる3連休。私自身は「静養」に尽きる(はず)、ということなのに、家族がそれぞれ、日々、超早起きして出かける(&車で送るサービスまでしてしまった)とか、深夜の帰宅(または帰宅出来ない)などという不規則極まりない状況を、それとなくフォローしているうちに、私の体調がどんどん不調になってしまった。

あの、高額注射、きっと副作用がある!(今までと違う感じはすべてこのせいにしそうな勢い?)、そして飲み薬を毎日朝晩忘れずに飲む(というプレッシャー)、風邪ひきそうな寒さ、なんだかんだで、とうとう25日は一日寝込んでしまった。(予定の外出はすべてキャンセル…余計落ち込む)

月末に向けて、勤務先の仕事は忙しい。まして来月は、毎回「早退→放射線治療」だ。

自分の健康状態をベストコンディションにすることだけを考える。